Nebpmxryg7ln3je3wk3e

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

ハトムギ化粧水徹底解析!美肌をつくる成分と避けたいポイント

2020.07.14

ハトムギに含まれる成分が美容や健康食品、お茶などで人気があり幅広い年齢層で愛用されてます。ハトムギ化粧水が美肌にいいと言われていますが実際はどうなのでしょうか?ハトムギ化粧水の美肌をつくる成分と美肌には避けたほうがいいポイントを徹底解析します。

  1. ハトムギ化粧水にはどんな効果があるの?
  2. ニキビの改善・予防効果
  3. 日焼け後の炎症抑制効果
  4. 肌のくすみ・シミ予防
  5. アンチエイジング効果
  6. ハトムギ化粧水とニベアでさらに美肌アップ?
  7. ナチュリエハトムギ化粧水の主な配合成分
  8. ハトムギ化粧水の美肌をつくる成分
  9. DPG(ジプロプレングリコール)
  10. BG(ブチレングリコール)
  11. ハトムギエキス(ヨクイニン)
  12. グリチルリチン酸2K
  13. クエン酸
  14. 化粧品には必ず入っている気をつけたい成分
  15. 合成ポリマー
  16. 合成界面活性剤
  17. 防腐剤
  18. エタノール
  19. ハトムギ化粧水徹底解析!美肌をつくる成分と避けたいポイントまとめ
Wdbmc1h3ebhzjavviejh
ハトムギにはタンパク質や食物繊維を含むほか、カルシウムや鉄分、ビタミンB1、ビタミンB2などを豊富に含まれており、美肌効果やデトックス効果、アレルギーの抑制などの効果があると言われています。では、ハトムギ化粧水にはどのような効果があるのでしょうか?1つずつチェックしてみましょう。
Cqezymtkaunsoqivpulb
ニキビができる原因は、皮脂に汚れが詰まったりストレスや不摂生な生活習慣などでできることがあります。ハトムギに含まれるグリチルリチン酸2Kが炎症を抑えてくれる作用があるためニキビの改善や予防効果があります。できてまもない白ニキビには効果がありますが、赤く膨れ上がったニキビや黒ニキビ、またニキビ跡を消したりすることはできないようです。
X7jpvge2mlxtr5rlqdly
ハトムギ化粧水の成分にコイクセノライドという炎症抑制成分が含まれています。この作用により、日焼け後の肌のほてりや熱を鎮め、落ち着かせてくれる効果があります。日差しの強い夏場にはハトムギ化粧水を持参するだけでも心地よく使えます。さらっとしているので全身にも使用することができます。
Itklbhy32rsqqqvn1bjg
ハトムギの中に含まれているアミノ酸には、血流や肌のターンオーバーを促進させる働きがあるため、古い角質を排出させ、くすみを改善させたりシミを薄くするなどの効果があると考えられています。ハトムギ化粧水で美白効果はありませんが、肌のくすみやシミの予防に発揮できる化粧水と言えます。
O2lo3nz9o440lhatf4pt
ハトムギには血流を促し、余分な水分や老廃物を排出させる働きがあります。血流がよくなることで、質の良い血液が肌のすみずみまでいき渡りく美しい肌に生まれ変わります。シワやたるみが消せるわけではなく、肌を柔らかくするのでエイジングケアとして使用するなら、美容液などとのセットで使うことをおすすめします。
Crwjevmzw6wqbe9hppky
お馴染みの青缶ニベアにはハトムギ化粧水と同様、コスパの良さから幅広い年齢層が使用していますが乾燥を防ぐだけでなく、ニキビや肌荒れを防ぐ効果があることでハトムギ化粧水とニベアには美肌効果がアップするようです。さらに効果を実感したい人はニベアをプラスにしてみてもいいでしょう。
Afmuwahphou2rwkzorwj
水、DPG、BG、グリセリン、グリチルリチン酸2K、ハトムギエキス、(スチレン/アクリレーツ)コポリマー、エタノール、クエン酸、クエン酸Na、メチルパラベン、プロピルパラベン
Luslgv8kqxtoiz5j1e5h
Jjpsb71swxaknviqdhsh
ハトムギにはニキビを抑える効果や日焼けの炎症を抑える効果など様々な使い方ができることがわかりました。ハトムギ化粧水の効果がわかったところでつぎは、ナチュリエのハトムギ化粧水の成分を例に、どのような美肌成分が入っているのか見ていきたいと思います。主に働きがある成分のみをご紹介します。
Ijupe2sogvrf63ohrcsk
化粧品以外にもシャンプーなどにも入っているDPGですが、無色透明な粘性のある液体です。DPGにはとても保湿性が高く、伸びやすべりがよくなるという効果が期待できます。植物成分からできて環境にも配慮された成分なので、地球にもやさしいというメリットがあります。
T1unjltdw1jp011jbjdz
化粧水によく配合される成分ので、DPG、BG、水のセットで化粧品のベースとして使われます。単独で使用するより様々セットで組み合わせることで保湿効果を高めたり、滑りやのびをよくするなどの目的で配合されます。エイジングケア化粧水にもよく配合されており、低刺激の成分なので安心です。保湿と抗菌効果があります。
Jafxcxxdhvaitihkchv1
ヨクイニンとは、ハトムギの皮をとって種子を乾燥させたもので、成分はハトムギとほぼ同じです。ハトムギは栄養価が高く、タンパク質、カルシウム、鉄、ビタミンB群などが、豊富に含まれておりイボやニキビ、シミなど肌のトラブルに幅広い作用を持つのが特徴です。しかし、ウイルス性のイボにヨクイニンは効きますが首や体にできるイボのほとんどは、ヨクイニンでは取れないと言われています。
Xeear1fobcfl64bbute8
グリチルリチン酸は、もともと漢方の原料としても知られる成分です。正式名称はグリチルリチン酸ジカリウムとも呼ばれています。化粧品以外にも、抗アレルギー薬、風邪薬などの医薬品にも使用されています。赤ニキビのように炎症を伴うニキビの炎症抑制効果を持っています。
Nrvpgdudgntsv7a9auqx
クエン酸とは、柑橘類や梅干しなどの酸味成分で化粧品をはじめ、洗剤や健康食品、掃除や洗濯などにも使われています。毛穴に詰まった黒ずみを解消する効果や古い角質を取り除く美白・ピーリング効果等にも期待できます。肌あれやニキビ、シミなどのアンチエイジング効果があります。
Fqo6cllhuawm0tsr64qc
スキンケア商品や化粧品に入っている気をつけたい成分をご紹介したいと思います。乾燥肌の場合は、ハトムギ化粧水を使った後は保湿効果が優れた乳液や美容液でしっかり保湿することで肌トラブルを回避することができそうです。
K2rjzupoogokvzc1whbo
合成ポリマーは合成樹脂・合成ゴム・合成セルロースのことで巨大分子で、高分子とも言われています。少量でクリーム状の化粧品を作ることができるため化粧品のほとんどにに使われています。合成ポリマーを化粧品に入れると肌がふっくらしてツルツルした感じになります。肌にハリが出たような感覚になりますが、肌コンディションを崩しやすく肌本来の潤いが減りってしまいます。
Febamrzc469w4g8nzoez
界面活性剤という言葉は一度は耳にしたことがあるかもしれません。シャンプーや化粧品などに含まれてアトピーや肌荒れの原因になった、という話もあります。合成界面活性剤は、水と油が分離しないようにくっつける働きをする成分で、化粧品には水性・油性どちらの成分も入っているため、均一に混ざるようにしてくれる働きがあります。 また肌についた油や汚れを浮かせて落とす洗浄作用もあるため、洗顔料やクレンジングには必ず使われています。
Rr1jnamesy8co8fisq0v
化粧品には微生物が繁殖しやすいためと防腐剤が入っています。カビがはえたり繁殖を抑えるためには防腐剤はかかせない存在です。防腐剤を配合することで、菌が入って品質が落ちるのを防いだり、肌トラブルを未然に防いだりします。。また低コストで済むので、防腐剤が配合される理由の1つとなっています。
Akhzrtycxtmacegky24e
エタノールとは一般的にアルコールとも呼ばれてて乾燥肌や敏感肌の方にはピリピリしたり、肌があれたりすることもあります。抗菌作用や防腐作用があるので化粧品に入っていることが多いですが、今はアルコールフリーやアルコール無添加などの化粧品も数多く存在します。
Dfgopn59neo9siodxrle
並べてみるとハトムギ化粧水が悪い物ばかり入っている感じもしますが、使い方によっては肌の炎症を抑える効果があったり、ニキビやイボの予防に優れていたりとそれぞれの効果があります。避けたい成分には、化粧品のカビを抑えたり、汚れを浮かせて落とすために必要な成分だったりと効果が出るうえでかかせないものが入っていることになります。全て排除することは難しいと思いますが、なるだけ自分に合った化粧品選びをするのがポイントになってきそうですね。