Kkb1rlxxjhvut8pucqoi

ドリンク

CATEGORY | ドリンク

コーヒーを毎日飲むのは良いの?健康やダイエットへの影響を紹介!

2020.08.03

コーヒーを毎日飲んでいる人は多いかと思いますが、毎日飲むと健康に影響があるのでは、と、不安になったことはありませんか?この記事ではコーヒーを毎日飲むことで、ダイエットや健康に対してどのような影響があるのかをご紹介します。

  1. コーヒー、毎日飲んでますか?
  2. コーヒーは毎日飲むと健康になれる
  3. コーヒーは毎日どれくらい飲んでいいの?
  4. コーヒーに含まれるポリフェノールで健康促進
  5. コーヒーを毎日飲まない人に有効な手段は?
  6. 毎日のコーヒーを避けるべき時間帯は?
  7. 毎日、どのタイミングでコーヒーを飲めばいいの?
  8. コーヒーは毎日飲みすぎないように!!
  9. 毎日のコーヒーはブラックで飲もう
  10. コーヒーはホットで飲もう
  11. 紅茶やお茶が好きな人は気をつけよう
  12. コーヒーで毎日の健康を手に入れよう
日々の生活の中にコーヒーが溶け込んでいる人も多いかと思いますが、皆さんは毎日コーヒーを飲んでいますか?
今は自宅やカフェのみならず、コンビニでも手軽に購入出来るようになったコーヒー。仕事前や仕事中、仕事終わりなど、その日の決まったタイミングで飲んでいる人も多いかと思います。
引用: http://finebase.jp/news/wp-content/uploads/2016/02/whether-the-coffee-to-the-health-good01_R.jpg
しかし、コーヒーと言えば「カフェインは体に悪い」「1日1杯のコーヒーは健康によい」など、色々なうわさ話を聞いたことはありませんか?
この記事ではコーヒーと健康、ダイエットなど、体に対する影響についてまとめました。
引用: http://finebase.jp/news/wp-content/uploads/2016/02/whether-the-coffee-to-the-health-good05_R.jpg
これは何事にも言えることですが、適量を摂取すれば健康に有効ですし、過剰に摂取すると悪影響を及ぼす可能性が高くなります。
それはコーヒーに対しても同じこと。日々、適量を摂取していけば、健康やダイエットに対して良い影響が期待出来ますよ。
Ttvienluvluufcydqcho
コーヒーに含まれているポリフェノールには、抗酸化作用があります。また、カフェインには覚醒効果と利尿作用があるので、コーヒーを定期的に飲むことで、老廃物がたまりづらくて錆びつきにくい、健康な体に導いてくれるのです。
Ffdbrglp519v4ulmroz1
飲みすぎてしまうとカフェインの副作用に悩まされることもあるコーヒー。1日の適量はどれくらいなのでしょうか。
Pwe4msnig0ppjffh17ko
1日に摂取していい適正量は、体重によって変わってきます。下記のサイトに解説がありますので、日々コーヒーを飲んでいる人は、一度チェックしてみてはいかがですか。
コーヒーに多く含まれているポリフェノールには、前述の通り、抗酸化作用があります。
私達の体内にある活性酵素は、普段は体内の細菌を殺菌してくれるのですが、ストレスがたまったり体が疲れてくると、この活性酵素が増えすぎてしまい、毒素を出すことになってしまうのです。これを酸化と呼びます。
ポリフェノールは増えすぎた活性酵素を撃退して、血液の流れを正常に保ってくれるんですよ。
Ztxbg3v8zyeh7xumxxrb
勿論、コーヒーを毎日飲まない人も多くいらっしゃるかと思います。たまにコーヒーを飲む人は、どんなタイミングで飲めば、健康に良い影響があるのでしょうか。

運動する30分前

脂肪燃焼を促進し、汗とともに体重を減らしてくれる効果が期待出来ます。ポリフェノールが効果を発揮するまでに約30分かかりますので、少し時間をあけて飲むのがおすすめです。
ちなみに、毎日コーヒーを飲むことで体質的に脂肪が燃焼しやすくなり、ダイエットに対しても良い影響がありますよ。
Gk3w0skrineryu0eas2z

夜遅くまで起きている必要がある時

勉強や仕事などで深夜遅くまで起きていなければならない、徹夜しなければならないときに、コーヒーを飲むのは、誰しもやったことがあるのではないでしょうか。
カフェインの覚醒効果で目が覚めて、集中力や記憶力を高めることが出来ますよ。
Nrney0hovhb9buklk4cc

偏頭痛を感じた時

偏頭痛が軽減されるかもしれません。
Aqp4thbyibwefeyaff29
日々のコーヒーは好きな時間、飲める時間に飲むのが一番かと思いますが、飲まないほうが良い、避けたほうが良い時間帯・状態もあります。

空腹時

空腹時にコーヒーを飲むと、お腹が痛くなることがあります。これは、コーヒーのカフェインに胃酸を分泌させる働きがありますが、胃は空っぽなので、胃酸で傷ついてしまうからです。
Uyx5eiozscinfr7bsrs3

寝る前

コーヒーの覚醒作用により、眠れなくなってしまうことがあります。寝る前は水やホットミルクにしておきましょう。
Ao4h8rlijcrqcomcnkf7
日々の生活の中で、コーヒーはどのタイミングで飲むのが最も有効なのでしょうか。
例えば、「コーヒーは毎日どれくらい飲んでいいの?」内で紹介した方法で計算し、1日の適正量がコーヒー4杯になったと仮定します。その場合は、下記のような飲み方がオススメです。
コーヒーは消化促進作用があるので、一番のタイミングは食後です。前述のように食前は避けましょう。
Qf14bdazeur6aolculrx
そして、昼食と夕食の時間が6~7時間離れている場合は、その間に一度、コーヒーブレイクを挟むのが有効です。
各食後に1杯ずつ飲んで3杯、昼食と夕食の間に1杯なので、これで4杯になりますね。皆さんも自分のデータと照らし合わせて、どのタイミングで飲むのかを考えてみましょう。
飲む時はブラックコーヒーにしましょう。砂糖などが入っているとカロリーオーバーになって、ダイエットをしなければならなくなってしまいますよ。
X9ujjwruttwn2ng2sihr
コーヒーには適正量がありますので、それを超えて飲みすぎてしまうと、健康を害することになってしまいます。
また、カフェインをとりすぎると依存体質になってしまい、過剰摂取が常習化してしまいます。他にも胃潰瘍や皮膚疾患などを患う可能性もありますので、日々の適正量は守るように心がけましょう。
Silgq4jhpvscgpkms1fd
コーヒーを飲むことを習慣づけるのは良いことですが、飲む際にミルクや砂糖を入れていませんか?
コーヒーに砂糖やミルクが入っていると、コーヒーを飲めば糖分や脂質も一緒に摂取していることになるので、結果的に体重が増えてしまうかも。
健康になるためにコーヒーを飲んでいるはずが、ダイエットが必要になるくらいに体重が増えてしまっては逆効果です。体に悪影響を及ぼさないように、コーヒーはブラックで飲むようにしましょう。
引用: http://finebase.jp/news/wp-content/uploads/2016/02/whether-the-coffee-to-the-health-good06_R.jpg
特にこれからの季節は、アイスコーヒーが美味しくなりますね。しかし、体のことを考えると、コーヒーはホットで飲むようにしましょう。
火照った体を冷ますことも大切ですが、人の体は体温が下がることで、体の免疫力が低下してしまいます。
Ne47jkgypxulncnjqurx
また、コーヒーの濃度が下がってしまうため、摂取出来るカフェインやポリフェノールの成分濃度も減ってしまい、効果が薄くなります。
特に食後は、少し落ち着いてコーヒーを飲む時間があるかと思いますので、ホットコーヒーを飲んで一息つくのがおすすめです。
Sybvg4tkwwof1lx94lcw
ご存知の方も多いかと思いますが、緑茶や紅茶にもカフェインは含まれています。
コーヒーと比べると緑茶や紅茶に含まれているカフェインの量は少ないですが、コーヒー以外にお茶や紅茶も飲んでいると、結果的にカフェインを過剰摂取していることになってしまいますよね。健康のためにお茶を飲んでいるつもりが、逆効果になってしまうかも。
H3ogwcqvq7p1aj4ds5wi
コーヒーを毎日飲む人は、お茶や紅茶の摂取量や接種間隔も考えましょう。
特にこれからの季節は冷たいお茶も美味しくなりますので、1日4杯のコーヒーが適正だという人は、3杯に減らして、他の飲み物を飲む余裕を残しておくと良いかもしれませんね。
Gitwdeplfdea7ijd6q1f
コーヒーは日々、飲みすぎないように気をつけながら飲むことが、健康にもダイエットにも効果的。飲む時は空腹時や就寝前を避けて、ブラックコーヒーで飲むようにしましょう。
Ulkrny1viywe1kowkkqb
コーヒーにはカフェインが入っているので、妊娠中や授乳中の人は飲むことが出来ませんが、最近はカフェイレスのコーヒーもありますので、それを試してみるのも良いかも。
1杯のコーヒーでリラックスして体も健康になれるなら、継続していくべきですよね。皆さんも日々の生活の中にコーヒーを取り入れてみてくださいね。
G0lzmwtpgyoorrsvcx9y