F3egc20dv0ikhoh5iqzk

ドリンク

CATEGORY | ドリンク

カフェインで眠くなる?その原因や注意したい摂取方法・飲み方とは?

2018.06.11

カフェインを摂取すると、眠気が吹き飛ぶ効果があると言われていますが、逆にカフェインによって眠くなると言う場合があるようです。なんだか気になりますね。そんなカフェインで眠くなる原因や注意したい摂取方法・飲み方などをご紹介して行きたいと思います!

  1. カフェイン摂取で眠くなる?
  2. カフェインは眠くなる?そもそもの効果とは
  3. カフェイン摂取で眠くなるはウソ?
  4. カフェイン摂取で眠くなるのは副作用?
  5. カフェイン摂取で眠くなるのは副作用?「カフェイン中毒とは?」
  6. カフェインを取りすぎてしまったら病院へ
  7. カフェイン摂取で眠くなる原因とは
  8. カフェイン摂取で眠くなる飲み方とは
  9. カフェイン摂取で眠くなる?眠くならないようにするには
  10. まとめ
Wvgtx7s0llcoja15tsiz
カフェインを摂取すると、基本的には目がさめる、シャッキリすると言う効果がよく言われていますが、カフェインを摂取することで、逆に眠くなってしまうと言うこともあるようです。せっかく目がさめる効果を期待して飲んだのに、眠くなってしまうのでは意味が無くなってしまいます。このページでは、カフェインの基本的な効果や摂取することで眠くなる原因や摂取量、飲み方についてご紹介します!
Ue5i9dizaiezqsszfqvf
Xsdistj3jmqeharf0xks
まずはカフェインの効果にはどんなものがあるのかから見て行きましょう!さっそくwikipediaのカフェインの項目を調べて見ました!
カフェイン(英: caffeine, 独: Coffein)は、アルカロイドの1種であり、プリン環を持ったキサンチンの誘導体として知られている。興奮作用を持ち精神刺激薬のひとつである。カフェインは、アデノシン受容体に拮抗することによって覚醒作用、解熱鎮痛作用、強心作用、利尿作用を示す。(一部抜粋)

Qk7nk1orjgkiuc4rfgnt
カフェインを摂取することで、興奮作用・覚醒作用があると書かれています。と言うことはカフェインを摂取して眠くなると言うのと逆になります。カフェインの基本的な効果としては、やはり巷でも言われているように、目がさめる・シャッキリすると言うので間違いはなさそうです。ですが、どうしてカフェイン摂取で眠くなるのでしょうか?
H7z5uyxoz7ph1uy6jmug
カフェインによる良い効果を見ると、眠くなると言うのはあまり信じがたいですね。ですが、カフェインを取りすぎると、カフェイン中毒になりかねないと言う話もあります。カフェイン中毒がどのような状態なのかも見て行きましょう。twitterにて、どんな状態になったか投稿している方のツイートを見てみましょう。
Nnsuknylta2vfjvrdyon
こちらの方の場合には、エナジードリンクから多くのカフェインを摂取してしまったようですね。同期が激しくなって気持ちが悪くなると言うのは、とっても怖いです。退出して保健室に行ったために早めに医者に診てもらえることができてよかったですね。
Q3fbt4as0exzqzaabdzj
飲んだ後に欝みたいになると言うのは、ちょっと危ない感じがしますね。のちほども解説していきたいと思いますが、カフェイン中毒の症状と似ています。忙しいようですが、カフェインが入っているエナジードリンクを欲していると言うのも気になりますね。
Wzkn8middazjnnnceqpl
こちらの方は、かなり危険な状態のようです。吐いてしまっているようですね。病院に行っていることを願います。
このようにカフェイン中毒と診断された方、カフェイン中毒か、もしくはカフェインによる副作用での症状と思われる方のツイートを見ると、体がだるくなってしまったり、吐き気や震えがあったりすることもあるようです。この取りすぎによる症状として眠くなると言うのもありそうです。追求して行きましょう。
Dfwyzghvjejzw13qemy4
カフェイン摂取による副作用についても調べて見ました。
副作用として不眠、めまいなどが含まれる。減量あるいは中止による離脱症状として、頭痛、集中欠如、疲労感、気分の落ち込みなど吐き気や筋肉痛が、ピークがおよそ2日後として生じることがある[1]。頭痛は1日平均235mgの摂取で、2日目には52%が経験する[2]。(一部抜粋)

Bpirgm078bhhnsdjn14p
ここでも眠くなると言う記述は無く、不眠症と言うのはありますね。これでは眠くなる原因とは言えません。ここでは副作用についてをご紹介しましたが、カフェイン中毒についても見て行きましょう。
Ubfexahgguqdxrimtolr
では副作用に続き、カフェイン中毒についても見て行きましょう。
カフェイン中毒(カフェインちゅうどく、英語: caffeine Poisoning)は、カフェインによって引き起こされる中毒である。カフェインの引き起こす症状は、カフェイン自体が持つ神経毒性によって引き起こされる。(一部抜粋)

精神症状 落ち着きがなくなる、緊張感、感覚過敏、多弁、不安、焦燥感、気分高揚、一時的な不眠症を生じる。(一部抜粋)

こちらでも一時的な不眠とあります。ですが、このような症状が出てきてしまう事自体もとっても怖いですね。
Ddvi8rxv2ptlxqcjdrb5
カフェインの1日の摂取目安としては、健康な成人では400mgまでとカナダ保険証が注意喚起しています。それを超えてしまうと健康に悪影響が出てしまう可能性があります。また一度に200mgを超えてしまうのも良くないようです。上記のような症状や違和感がある時には、すぐに病院へ行って医師の診察を受けましょう。過剰摂取をしてしまうと、最悪の場合死に至ることもありますので、注意しましょう。
Irgczvtgxftgjb4bl4ll
ここまでで副作用やカフェイン中毒の場合には、不眠になってしまうことが多いことは分かりました。コーヒー自体の飲み方に着目すると、カフェインによって眠くなる原因にたどり着きました!
血糖値がジェットコースター状態に!? 眠気覚ましの定番といえばコーヒーですが、缶コーヒーは微糖でも角砂糖1つ、通常のものは3つ分の角砂糖に相当する糖分が含まれています。(一部抜粋)

Fugxpelfagz7qycw4jac
コーヒーにはたくさんの砂糖が含まれているのですね。自分で砂糖を入れてると分かりますが、確かに甘みを感じるように入れると多くなってしまいます。
Nymqvsrveugfeamacvz4
糖分を摂取すると、体内の血糖値が急上昇し、それをおさえるために体内ホルモンのインシュリンが緊急分泌されます。インシュリンは血糖値を下げる効果があるので、急上昇した血糖値は逆に急降下して、飲み終わった後は低血糖になってしまいます。(一部抜粋)

こうして低血糖になってしまうと、眠くなってしまう事もあるようです。コーヒーの作用よりも、低血糖状態で眠くなる方が勝ってしまうこともあるようですね。このせいで、眠くなってしまうのですね。
Syfljqkgazpimmd8eukc
眠くなってしまう飲み方としては、一気に飲んでしまうような飲み方が特に良くないようです。確かに血糖値を急上昇させてしまうのが良くないとされているので、一気に飲んでしまうと余計に急上昇してしまいそうです。一気に飲む飲み方には注意しましょう。
Hzccar8juh7gnmqzujib
眠くならないようにするには、糖分が入っていないコーヒーするか、糖分が少量でも入っている場合には、一気に飲みすぎないようにするのが対策として挙げられます。飲む前から眠いと言う場合には、コーヒーを飲んでから30分ほど仮眠をすると言うのも良い手です。そうすることで、コーヒーの覚醒作用が出始める30〜1時間ごろに目覚めることができます。
Aufr3rd0jnibhbwf4atm
またカフェインを常用している方も、カフェインによる作用に対して耐性ができてしまっていて、作用を感じにくくなってしまうことがあるそうです。ですので、あまり継続的に多くのカフェインを常用してしまうのは良くありませんね。そちらにも注意しておくと良いでしょう。
Ietd8zuhyf6hfbnjkuqs
最後まで読んでいただいてありがとうございます!ここまでカフェインの効果や、カフェインで眠くなる原因や注意したい摂取方法・飲み方などについてご紹介させて頂きました!カフェインで眠くなる原因には、このようなことがあったんですね。カフェインのリスクなどに気をつけて、目安内のほどほどを意識して行きたいですね。カフェインの過剰摂取に関する記事も発見しましたので、併せて読んでみて下さいね↓
Qatygotbrs1iwgcyigvu