Pfb7ko8xovgiyqk0gfwz

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

コーヒーの出がらしは肥料になる?乾燥させたり食べる方法をご紹介!

2018.06.13

コーヒーをドリップして飲んだ後の出がらし、どうしていますか?そのまま捨ててしまっていませんか?もし捨ててしまっていたらもったいないです!実は、コーヒーの出がらしには乾燥させて肥料になったり食べることができたりと、多くの再利用方法があります。

目次

  1. コーヒーの"出がらし"って何?
  2. コーヒーの出がらしを乾燥させる3つの方法
  3. コーヒーの出がらし活用術①肥料にする
  4. コーヒーの出がらし活用術②食べる
  5. コーヒーの出がらし活用術③虫よけ対策
  6. コーヒーの出がらし活用術④掃除
  7. コーヒーの出がらし活用術⑤消臭効果
  8. コーヒーの出がらし活用術⑥美髪効果
  9. コーヒーの出がらし活用術⑦美肌効果
  10. まとめ
Dkghzld3nuph01xug7v8

ドリップコーヒーを淹れた後にコーヒーの"かす"が出ますよね。これが出がらしと呼ばれるものです。使用後は捨ててしまう人も多いと思いますが、「なんだかもったいないな・・・」と感じませんか?実は、この出がらしにはたくさんの活用方法があります!ぜひ参考にして再利用してみましょう。

Bbv30cmdr8hov1kmavdt

一つ目は自然乾燥です。新聞紙やお皿などに出がらしを薄く広げて数日間乾燥させます。屋内で乾燥させる場合は、カビが発生しないように風通しの良いところに置くようにしてください。二つ目は電子レンジでの乾燥です。少し深めの皿に出がらしを平らになるように入れてレンジにかけます。ときどきスプーンで全体的に混ぜながら行い水分を飛ばしましょう。3つ目はフライパンです。出がらしから水分がなくなるまで煎ります。

Iuuxxslt13ew8rqnnnjw

コーヒーの出がらしは土に混ぜると肥料として活躍します。コーヒーの香りで虫や猫よけにもなるので、良いことだらけですね。ただし、コーヒーのカフェインやポリフェノールといった成分によって、そのまま土に混ぜるのでは野菜や花などの成長の妨げになる場合もあります。次の項目で正しい方法をチェックし肥料にして活用しましょう。

コーヒーの出がらしで肥料を作る

Tsxlijuwosckqwtewhxv

まず、①コーヒーの出がらし②腐葉土③バケツ(段ボールなどの容器でも可)④シャベルを用意します。用意したバケツに、材料をすべて混ぜ合わせます。1日1回混ぜる作業を1か月続ければ、コーヒーの出がらしが熟成されて肥料が完成します。コーヒーの出がらしが増えたら都度追加して混ぜていきましょう。ただし、あまりにも多く混ぜすぎるとコーヒーの出がらしの成分が土の中の養分バランスが崩れる恐れがあるので、注意が必要です。

コーヒーの出がらし+アロマオイルで防虫効果も

Knx2mpuxg2ca4rurjz7y

先ほども述べましたように、コーヒーには防虫効果や猫よけが期待できます。コーヒーは、虫や猫が嫌う香りだそうです。そして、その肥料にアロマオイルを2、3滴混ぜると、さらにその効果を高めることができるそうです。せっかく育てている野菜や花などがやられてしまうのは嫌ですよね。お手軽に対策できるので、ぜひコーヒーの出がらしとあわせて活用してみてください!

Ejzicuk6qzo4lxbyq0y1

実は食べることができるコーヒーの出がらし。しかし、そのまま食べるのは厳しいので、料理に混ぜて食べるのがおすすめです。何の料理でも混ぜられますが、ひとつはケーキやクッキーなどといったスイーツ系がよいでしょう。コーヒーの香りはなじむのでおいしく食べることができます。スイーツ系以外だと、コーヒーを隠し味で使うことがあるカレーや肉料理、ハヤシライスにもおすすめです。ただし、ドリップの粉は溶けにくいので、通常よりも煮込む時間を長めにしましょう。香りとコクが増しておいしく食べることができます!

1 / 4