Uslu0cnhyyngbrtm68fk

ドリンク

CATEGORY | ドリンク

コーヒーとはちみつは美味しい?味や効果、おすすめの作り方ご紹介!

2018.06.09

コーヒーに砂糖などを入れて甘さを出すことは多いのですが、その砂糖をはちみつに変えてカロリーなどを抑えたいという人が増えています。コーヒーにはちみつを入れると美味しいのか?味や効果、おすすめ作り方は?気になる情報をまとめてみました。

  1. コーヒーにはちみつを入れると美味しいの?
  2. はちみつをコーヒーに入れることによるメリットとは
  3. コーヒーにはちみつを入れるメリットその1.豊富な栄養成分が摂れる
  4. コーヒーにはちみつを入れるメリットその2.美容効果の相乗
  5. コーヒーにはちみつを入れるメリットその3.病気予防に効果的
  6. コーヒーにはちみつを入れるメリットその4.カロリー制限ができる
  7. はちみつ入りコーヒーの美味しい作り方
  8. はちみつ入りコーヒーを更に美味しくするためのポイント
  9. はちみつの入れすぎには注意!
  10. 適量で美味しいはちみつ入りコーヒーを作ろう
Jdulnoandcqipk9emksw
コーヒーには基本、砂糖を入れて甘みを出すことがほとんどなのですが、ダイエットや健康的な意味から砂糖ではなく別のもので代用して甘みを出したいという人も多くいます。そこで選ばれているのがはちみつです。
Aphmq5exdoxt6ykzyccl
しかし、はちみつには蜜ごとにそれぞれ独特の風味や味があって、コーヒーに入れるのは合わないのではないか、と心配な面もありますよね。そんなコーヒーとはちみつの気になる味の相性、そして入れることによる効果などを中心に、美味しい作り方も調べてみました。
Mrbyfcjw1uzx2n9io38l
コーヒーにはちみつを入れる、というのは実はコーヒーチェーン店でも行われており、実際に商品として販売している店も存在しています。ではなぜコーヒーにはちみつを入れるのでしょうか?それにははちみつに含まれる成分などにそれだけ期待できる効果があるということにも繋がります。
Fvdmdshazvqyqth7r7xj
Gv6rcpfnlyh00cgpoqc6
はちみつには豊富な栄養成分などが含まれていることが有名です。はちみつ一つでビタミン、ミネラル、ポリフェノールに至るまで豊富で、味も美味しく摂れることから老若男女、年齢に関係なく何らかの料理などに入れて摂るようにしているという人も少なくないでしょう。
Qxabwiijidm3pzlurr24
中でも注目すべきが必須アミノ酸を摂れるということでしょう。体の中で合成することなども出来ず、毎日の食生活で摂るようにしなければならない9種類を摂るために四苦八苦しているという人も多いのではないでしょうか?そんな必須アミノ酸もはちみつの中にはほとんどが含まれています。一日に必要な分を摂ることはできませんが、サポートとしては十分に効果を発揮してくれるでしょう。
Opvzbstoge6wf908uzzr
コーヒーには元々ポリフェノールなどを始めとした美容効果が期待できる成分が配合されています。シミやくすみを予防、改善する美白効果などを始め、利尿効果などからむくみの改善にも効果が期待できるため、美容のためにコーヒーを飲むようにしているという人も少なくありません。
Azxyljuzvambf0rht7bf
そしてはちみつにも美容に良い効果を期待できる成分が豊富に含まれています。ビタミン、ポリフェノール、ミネラルとコーヒーだけでは補うことができない美容的な面を補うことができる成分を始め、コーヒーの成分と合わせて美容成分の相乗効果を狙うことが出来るというのもはちみつを入れる十分なメリットの一つでもあるでしょう。
K74fgygfvdku9g3ve1sa
はちみつというのは栄養豊富なところから分かる通り、病気予防に対して昔から用いられてきました。日本でははちみつ大根などのレシピがおばあちゃんやお母さんから受け継がれ、今でも作って食べているという人も少なくありません。免疫力を高めるために、はちみつというのはとても効果的なのです。
Kpsn8kvjpi3eywryziwn
はちみつは免疫力の向上に対しても効果が期待できる食べ物です。そのため色んな料理に砂糖の代わりに入れて、病気を予防しようという話をよく聞くことはあります。しかし、そんなはちみつを料理などに入れるのではなく、もっと手軽にはちみつで免疫力を上げていきたいという人におすすめなのがはちみつにコーヒーを入れるという事です。
Pgormqyzhrazdqj13vl5
コーヒーを飲みやすくするために、砂糖やミルクを入れて飲むことが普通である人がほとんどですが、中にはホイップクリームなどを乗せて更にまろやかにして飲みやすくするという人もいます。しかし、そうした飲み方というのは確かに美味しいものの、女性にとってはカロリー的な問題で頭を悩ませることも少なくありません。
Xfafkjswie2eijp8vpq3
カロリーはもちろん、糖分の取り過ぎなどは健康的な意味からしても控えておきたいところです。そんな悩みを抱えている人におすすめなのがはちみつです。はちみつは主成分が実は糖類であるため、砂糖の場合スプーン三杯の甘さをはちみつはスプーン一杯で作ることが出来ます。その分カロリーを抑えて健康や美容的な目的にも大きく貢献してくれるようになるのです。
Ss0e1z70i1ze2bsplecc
はちみつ入りコーヒーを作ろうと思った時、コーヒーの中にはちみつをただ入れるだけではそんなに美味しいと思わない、ということもあります。実は美味しく作るための作り方というものも存在しているのです。
Gqclmic0hfcho1pa7w39
作り方はとても簡単で、コーヒーに入れるのをホットコーヒーにホットミルクを入れてあげるだけでとても美味しいはちみつ入りコーヒーになります。ホットコーヒーにホットミルクを半分くらい入れて、そこにはちみつを入れてあげると綺麗に溶けて味も上手くマッチして美味しいはちみつ入りコーヒーを作れるようになります。
Ehkyykw10fqfwacbqa3h
はちみつ入りコーヒーを作る時、ちょっとしたポイントを気を付けるだけで更に美味しくなります。それはコーヒー豆を深煎りのものを使うようにしてみることです。それだけで、コーヒー自体の味が濃くなるためより美味しいコーヒーになります。
Xjcdtydr6q2vedj6kkwq
はちみつ入りコーヒーを作る場合、基本的にブラックコーヒーに入れるよりミルクやホットミルクを入れるとうまく味が調和して美味しくなります。そのためミルクやホットミルクなどを入れるのは良いのですが、逆にコーヒー自体の味が薄くなってしまい、甘すぎるということにもなってしまうのです。そんな甘すぎたり薄くなったりするコーヒーの味を保って美味しく飲むのであれば、豆にこだわって深煎りのものを使って、上記の作り方で作って飲むとより美味しく感じることもできるでしょう。
Xxnfn0yjtpxym6hqnsuc
はちみつをコーヒーに入れる、という作り方において気を付けたいのがはちみつを入れすぎてしまうという事です。はちみつは栄養も豊富で砂糖よりも少ない量で十分な甘さを作ることができる食べ物ではありますが、それでもやはりコーヒーなどにも入れすぎることは注意しておかなければならないのです。
Wpr9ilcjxukq2ndn5zjg
はちみつの入れすぎに注意したいという理由には、はちみつには1日に摂取する目安量というものがある、ということと生活習慣病などの予防のためです。はちみつは確かに一杯で砂糖三杯の甘さを作ることができますが、それでも入れすぎるとカロリーオーバーになってしまいます。1日の摂取目安量はスプーン大さじ三杯程度と言われています。中性脂肪が高めの場合はスプーン一杯程度になるため、それ以上摂るのはカロリーなどからしてもオーバーしてしまいます。ダイエットや美容目的のためにはちみつを使う場合、入れすぎは逆効果になってしまうでしょう。
Ib4737e69uykegunurg1
はちみつ入りコーヒーについて紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?はちみつを入れることでのメリットはもちろん、風味や味というのもいつものコーヒーとは違うため、似ているようで違うコーヒーを楽しむことができるようになります。特に大きなメリットとしてあげられるのがカロリーを抑えられることです。砂糖によるカロリーを気にしている人ははちみつ一杯から飲んでみて量を調節するだけでとてもヘルシーになります。はちみつをコーヒーに入れて、美味しくそして低カロリーのコーヒーを楽しみましょう。
Wxqsqhdyvywvhtgc2wxg