Gxlrq4gmi26opl7twpie

ダイエット

CATEGORY | ダイエット

コーヒーの糖質やカロリーは?ダイエット中の飲み方もご紹介します!

2018.06.11

コーヒーは、目覚めの一杯やティータイムに欠かせない飲み物として身近な存在です。しかし、ダイエットをしている人は、コーヒー一杯あたりの糖質やカロリー量が気になりますよね。そこで、糖質やカロリーと共に、ダイエット中の太るのを避ける飲み方について調べてみました。

  1. 砂糖を入れない低糖質のブラックコーヒーは日本だけ
  2. コーヒー1杯あたりのカロリーは?
  3. コーヒー1杯あたりの糖質は?
  4. コーヒーはダイエットに最適な飲み物
  5. コーヒーに含まれるクロロゲン酸効果とは?
  6. クロロゲン酸は脂肪の燃焼も進める
  7. コーヒーに糖質は禁物
  8. コーヒーの太らない飲み方
  9. どうしても糖質が欲しい時は?
  10. コーヒーは食後に!
  11. バターコーヒーも低糖質でおすすめ
  12. まとめ
Sgkv7n4mqxqlyahylicm
コーヒー通の人なら、迷わず飲むスタイルがブラックコーヒーです。ブラックコーヒーとは、砂糖やミルク、その他のシロップ等何も入れていないコーヒー豆から抽出したそのままの状態のコーヒーです。しかし、このブラックコーヒースタイルは日本流の飲み方なんですよ。

糖質はコーヒー本来の味を邪魔する

Jc3xttxxgcqnhwx8jigj
実は、コーヒーに糖質となる砂糖やミルクを入れないコーヒーをブラックコーヒーと呼ぶのは日本だけのようです。海外では、コーヒーに砂糖を入れたスタイルでもブラックコーヒーと呼んでいます。しかし、ミルクや砂糖はコーヒーの本来の味を邪魔することは確かです。香りやコーヒーならではな酸味やキレが変わってしまいます。お茶の文化が根強い日本人の繊細な味覚が、ジャパニーズブラックコーヒースタイルを作り出したのかもしれませんね。
Q3ecxzdxwmt2kl85323u
ジャパニーズブラックコーヒー(以下ブラックコーヒーと記載)は、糖質となる砂糖もミルクも入れない飲み方ですが、1杯あたりのカロリーはどのくらいになるのでしょうか?ゼロなのか、それともコーヒー豆のカロリーは想像以上に高いのか?驚きべき結果がこちらです。

コーヒー1杯約4kcal

Xub68wyw3m2iw8u0atrl
一般的にコーヒーを注ぐカップはおおよそ100mlです。そして、1杯あたりのブラックコーヒーのカロリーは、なんと「4kcal」なんですよ。ピンとこない人のために、どれだけ低カロリーかをその他の飲み物と比較してみました。オレンジジュースであれば約41kcal、牛乳は約138kcal、コーラは約45kcalです。低カロリーであることは確かです。カロリーの面からダイエットに適しているかを判断するならば、もちろん「適している」と言える結果が判明しましたね。
Ymzift6rutjzay64asnm
それでは、ブラックコーヒーに含まれる糖質はどの程度の量なのでしょうか?カロリーが少ないことから、その量の少なさを期待しちゃいますよね。糖質制限ダイエット中の人にも向いているのか、含まれている量を調べた結果を見てみましょう。

1杯あたり糖質約0.7g

ブラックコーヒー1杯あたりの糖質は「0.7g」と言う結果が出ました。0.7gと言われてもどのくらいか分かり難いですね。小さじ1杯5gとすると、おおよそ小さじ1/4杯です。微々たる量ですね。では、他の飲み物とも比較してみましょう。オレンジジュースは約10g、牛乳は約4.8g、コーラであれば約11.3gです。糖質も、明らかに少ないことが判明です。厳しい糖質制限ダイエットをしている人にも向いていることが分かりましたね。
Rmvsdqlnifyiy8tyafi1
低カロリーな上に低糖質なコーヒーは、ダイエット中に飲んでも太る心配が無いことが統計から判明しましたね。さらに調べを進めて行くうちに、ダイエットに意外な効果をもたらすことが分かったのです。飲む方が痩せる!?その実態に迫ります。

糖質と深い関わりを持つ成分が含まれている

Tom8kqug3o7sv5cl72xc
コーヒに含まれる成分と言えば、真っ先に思いつくのはカフェインですよね。脳が活性化して目が醒める、覚醒して集中力が増すなどの効果が得られる成分です。しかし、コーヒーには太ることを気にするダイエット中の人に有効な成分も含まれているのです。その名は「クロロゲン酸」です。ポリフェノールの一種で糖質と深い関わりを持ち、ダイエットに効果があるとして注目を集めている成分なのです。聞きなれない名前のクロロゲン酸が、どんな効果を与えるのか気になりますね。
Caxgvsczco02kz38h9fi
引用: https://kotobank.jp/word/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%AD%E3%82%B2%E3%83%B3%E9%85%B8-58206
クロロゲン酸は、アンチエイジングや糖尿病の予防効果のあるポリフェノールです。中でも、ダイエット効果が高いことで知られている成分です。「コーヒーダイエット」が流行しつつあるのは、クロロゲン酸が含まれているからなんですよ。

糖質の吸収を抑制する

J96tkvbylbt5rhppp4bj
クロロゲン酸がダイエットに与える効果の1つ目は、糖質の吸収を抑える働きです。摂取された糖質は、糖質分解酵素によって体内に吸収しやすい形に分解されます。その後糖質は吸収されるのですが、クロロゲン酸は糖質分解酵素の働きを阻害するのです。わかりやすく例えると、細かく分解することによって体内に吸収される糖質を、細かくさせないようにブロックするように働きかけます。体に糖質が入り込めないため、ダイエットで太る原因を阻止してくれるのがクロロゲン酸のダイエット効果です。
W4opo38iaqwbvkccgttw
メタボ症候群の人におすすめなトクホのヘルシアコーヒー、耳にしたことありませんか?脂肪燃焼が高い有名なコーヒーですね。実は、脂肪燃焼を促しているのは糖質を抑制するクロロゲン酸なんです。恐るべし、コーヒーパワーですね。

コーヒーは糖質抑制脂肪燃焼に効果大

Wfgg0c5ma3xe8bhcljhq
糖質抑制の他に、太る人が気にしている脂肪を燃焼させる働きもクロロゲン酸のダイエット効果として有名です。クロロゲン酸は、ミトコンドリアに脂肪酸の取り込みを促して脂肪の燃焼を促す働きがあります。食事から摂取した脂肪を燃焼する場所に送り込んでくれると言うわけです。新しい脂肪の蓄積が防げますね。
Bbemtblxwojvixguabig
また、コーヒーに含まれるカフェインも脂肪分解酵素の働きを活性化させるため、もともと体に蓄積している脂肪の燃焼を促すため、太る天敵脂肪をダブル攻撃するためダイエットに効果的です。
Ksuhwin5mja4igdip4hj
コーヒーのダイエットパワー、これほどまでだとは思いませんでしたね。ただし、効果を発揮させるにはコーヒーをブラックで飲むことが大前提となります。コーヒーに糖質や風味をまろやかにするミルクを入れておいしく頂こうは禁物です。

糖質たっぷり缶コーヒーには注意

今では手軽にコンビニでもおいしい缶コーヒーが飲めますね。甘さもたっぷりでミルクをふんだんに使った缶コーヒーについ目がいってしまいます。しかし、ダイエットの効果を求めるなら、缶コーヒーに目をやってはいけません。糖質たっぷりでカロリーも高いからです。また、缶コーヒーはドリップされたコーヒーに比べると、ダイエット成分であるクロロゲン酸やカフェインが少ないため、コーヒーを飲む場合は自分でドリップするか、その場で淹れてくれるコーヒーショップで飲むように心がけましょう。
Abf3mc2mfhhfz5zqh6sk
コーヒーにはダイエットを後押ししてくれる高い効果がありますが、カロリーの少ない抵糖質のブラックコーヒーがどうしても飲めないと言う人もいますね。コーヒー独特な酸味や苦味が苦手な人です。そんな人でも太らない飲み方を見つけました。

糖質の少ないミルクを上手く活用する

苦味や酸味は、ミルクのまろやかさがある程度消し去ってくれます。よって、苦手な人はミルクを上手く活用して行きましょう。しかし、ミルクといっても、糖質の少ない低糖ミルク限定です。おすすめは「無調整豆乳」です。100mlあたりの糖質は約1.2g、ほんのり色つく程度に入れる分には問題ありません。一方コーヒー専用ミルクは、100mlあたり約3.1gもの糖質が含まれています。入れる量は少量でも、少ないことにマイナスはないので、無調整豆乳を活用してください。
L1xfrljp3tbms7xk8rgb
ミルクを入れても、それでもまだ飲みにくいと言う人は糖質の甘さを欲していますね。しかし、カロリーがあるため太る原因となってしまいます。また、糖質制限をしている人にとって、コーヒーで摂取するのはもったいないです。

エリスリトールをコーヒーに入れよう

ダイエット中でカロリーを気にしている人でも安心なのは糖アルコールの一種であるエリスリトールです。メロンやぶどうなどに含まれています。天然にも存在うが、糖に水素を添加する化学的製法によって人工的に作られたものが一般的に出回っているエリスリトールです。カロリーゼロの糖質なので、コーヒーに混ぜても安心ですよ。すっきりとした後味も、コーヒーにぴったりです。人工甘味料の中では、下痢などの症状が出にくいため安心して使えますが様子を見ながら入れる量は調節しましょう。
エリスリトール (erythritol) 1200g [01] エネルギー:0 kcal/g【天然甘味料・糖質制限・砂糖代替甘味料】NICHIGA(ニチガ)
価格 ¥ 949
エリスリトール
コーヒーのダイエット効果を高めて太る原因を撃退するには、飲むタイミングも気を配りましょう。コーヒーと言えば食後の一杯と言うイメージを持っている人が多いですが、実は飲むベストタイミングが食後だから、その習慣が確立されたとも言えるんですよ。

糖質と脂肪を分解してくれるため

Xr1fyvtgwzmbpaw2owtn
コーヒーには、糖質が体内に取り込まれるのを防ぐダイエット効果があります。また、新しく取り込まれた脂肪を燃焼しやすいように、溜まってしまった脂肪を燃焼させる効果もあります。と言うことは、食事を摂る前よりは食後の方が糖質や脂肪が体にある状態なので、食後に飲む飲み方がベストなタイミングとなるのです。また、脂肪燃焼の効果を利用するならば、運動の30分前に飲むのもおすすめです。脂肪燃焼効果を利用して、太ると目立つ脂肪の燃焼をさらに促進させます。
G3hew7wxmvugc7p4qhe4
突然ですが、バターコーヒーをご存知ですか?ダイエット効果が非常に高いと注目されている新しいタイプのコーヒーの飲み方です。バターって脂肪の塊じゃないの?そうですね、確かに脂肪たっぷりです。しかし、使っているバターがポイントなんですよ。

バターコーヒーがダイエットに向く理由

Xywer4v3cehvzws52xsj
バターコーヒーに使うのは、普通のバターではありません。無塩バターやグラスフェッドバターと呼ばれる種類を活用します。中性脂肪や悪玉コレステロールを減らして脂肪として蓄積されないのが特徴です。バターコーヒー1杯あたりのカロリーは約66kcal、糖質は約0.7gです。ブラックコーヒーよりは高めですが、太る原因となる脂肪蓄積が防げる上に糖質も低いので、ダイエットに取り入れている人が増えています。
コンビニやドラッグストアーで販売されている他にも、専門店もあるのでお取り寄せも可能です。バターの他にもオイルなどを含んでいるので、作る手間やバター探しを考えたら、買った方が早いかもしれません。
Srau4uo5tlqpwhmmqtfq
コーヒーは、糖質やミルクを加えないブラックコーヒーであれば1杯あたりのカロリーは約4kcal、糖質はおおよそ0.7gとなります。オレンジジュースと比べると、なんと10分の1の量しかないダイエットに向いた飲み物です。その上、コーヒーに含まれるクロロゲン酸が糖質の吸収を抑制、さらに、カフェインとダブルの効果によって脂肪の蓄積を防いで今ある脂肪の燃焼をも手助けしてくれるスーパー飲料なんですよ。
ダイエット中で太ることを気にしている人や糖質制限をしている人は、飲まなきゃ損ですね。しかし、飲み方には細心の注意が必要です。糖質は入れない、ミルクはなるべく無調整豆乳を使う、食後や運動前に飲むことさえ守れば、ダイエットをしっかりと後押ししてくれます。もし、コーヒーの苦みなどが気になるようであれば、エリスリトールやバターコーヒーを試してみましょう。ストレスなく続けることができます。