Fexr2dyuv9tst0d0mflv

ごはん

CATEGORY | ごはん

はちみつドリンクのレシピ!冷たいものからホットまでご紹介!

2018.06.13

はちみつは美容や健康にいいので、ぜひ毎日摂取して欲しい食材。ドリンクにすると摂取できるのでおすすめです♪今回ははちみつを用いた簡単レシピをたくさんご紹介しましょう!ホットのドリンクも冷たいドリンクも、どちらでもお好きな方を作ってみてください。

  1. ホットでもアイスでもおいしい♪はちみつドリンク
  2. おすすめはちみつドリンクレシピ①レモン風味のはちみつヨーグルト
  3. このはちみつドリンクの作り方
  4. おすすめはちみつドリンクレシピ②ビネガーレモンはちみつ
  5. このはちみつドリンクの作り方
  6. おすすめはちみつドリンクレシピ③ゆずを使った爽やかドリンク
  7. このはちみつドリンクの作り方
  8. おすすめはちみつドリンクレシピ④シナモン&はちみつでほっこりドリンク
  9. このはちみつドリンクの作り方
  10. おすすめはちみつドリンクレシピ⑤はちみつ黒ゴマドリンク
  11. このはちみつドリンクの作り方
  12. はちみつと相性のいい食材をどんどん使おう!
はちみつにはビタミンやミネラル、ポリフェノールなどが豊富に含まれています。美容や健康にいい成分をたっぷり含んでいるので、ぜひ毎日摂取して欲しいです!簡単にはちみつを摂取する方法としておすすめなのが、「ドリンクにして飲んではちみつを体内に取り入れる」というもの。おいしくサラッとはちみつを摂取できますよ♪
今回はおすすめのはちみつドリンクを、冷たいものもホットもどちらもご紹介します!詳しいレシピを載せていきますので、ぜひ参考にして作ってみてください。レシピ通りのはちみつの量にしなくても大丈夫、自分の好みの甘さに合わせて入れる量を調整していきましょう!
まずは冷たいドリンクの作り方からご紹介します。「飲むヨーグルト」が市販されていますが、それを自宅でも作ってみましょう!ヨーグルトは骨を健康にしてくれる乳製品、腸の働きを活発にして便秘を防ぐ役割も担ってくれます。ヨーグルト好きな方は、はちみつを使ったドリンクを作ってみてください。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DfVNWefV4AUmaot.jpg
用意するのはプレーンのヨーグルト100g、はちみつ50g、コンデンスミルク20g、牛乳300cc、レモン汁大さじ3杯です。はちみつだけでも甘さをつけることができますが、コンデンスミルクを使うとより濃厚で奥深い味わいになります。レモン汁も、できれば生のレモンを絞ったものを使うのが○!これで4人分のレシピです。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DfTRFl-UYAAJvIL.jpg
まずはボウルの中にヨーグルトとはちみつとコンデンスミルクを入れてください。よく混ぜ合わさったら、そこに牛乳を投入!最後にレモン汁を加えたら完成です。すごく簡単ですよね♪氷を入れたグラスに注いでももいいですが、ヨーグルトが薄まってしまうのでドリンクをボウルごと冷やすようにするのがおすすめです。
ビネガーで大人のはちみつドリンクも作ってみましょう!ハニーレモンビネガーの原液を作っておけば、それを水や炭酸で割っていつでもおいしく飲むことができます。ストックしておくと非常に便利、ホームパーティのときにも使える人気のドリンクです♪
アルコールで割って飲むのも好評、お酒が好きだという方はぜひ試してみてくださいね!用意するものはレモン2個、塩少々、リンゴ酢100cc、はちみつ100ccです。レモンは塩でもみ込んで、皮に付着しているワックスや汚れをきれいにするようにしてください。輪切りのレモンを入れるので、この仕込みはとっても重要です。
まずはビンの中に、リンゴ酢を入れてください。レモンは種をとって輪切りにしておきます(だいたい2~3ミリくらいにカットするといいでしょう)。レモンを切ったら、これもビンの中に入れていきましょう。最後にはちみつを注いで、かき混ぜましょう。冷蔵庫に入れて、三日間ほど放置すれば完成です!
はちみつと言えばレモンを合わせるのが定番・・・というイメージがありますが、ゆずも相性ピッタリなのでぜひドリンクでコラボさせましょう!夏にグビグビ飲める爽やかなドリンクで、大人も子供もおいしく頂ける冷たい飲み物です。はちみつの量を調整して、好みの甘さに近づけてくださいね!
用意するものはミントの葉10枚、ゆず半個、はちみつ大さじ1杯(調整してください)、すりおろししょうが少々です。これでゆずミントの原液ができますので、適当に炭酸水や水で割って飲みましょう。しょうがを入れないで、ジンジャエールで割ってもおいしいですよ♪
しょうがをすりおろしておく、ミントの葉をちぎっておく、という下準備をしておきましょう。終わったらドリンクづくりに移ります。はちみつを少しお湯で溶かして、ドリンクに馴染みやすいようにしてください。そこにミントとゆずとしょうがを入れて・・・完成です!とっても簡単ですよね!?
ここにすぐに炭酸水や水を入れて飲んでもいいですが、1日冷蔵庫に入れて置いておくとゆずの香りがしっかりはちみつに溶け込んでおいしいです。この材料だと1人分なので、原液をまとめて作りたい場合は10倍ほどの量で作ってみてくださいね。
冷たい飲み物の次は、ホットドリンクのレシピをご紹介します。まずはシナモンとはちみつのドリンク、冬にぴったりのほっこりする一品です。シナモンも血行促進効果があって、代謝を上げることができる優秀な食材です。どんどん活用するようにしましょう。
用意するのははちみつ125g、シナモンパウダー小さじ2杯です。シナモンパウダーはスーパーやドラッグストアで簡単に入手できますので、ぜひ家に一つ常備しておきましょう。お菓子作りなどにも活用できますよ!
引用: https://pbs.twimg.com/media/DfNtW8tUYAA2zJE.jpg
まずははちみつにシナモンパウダーを入れてください。はちみつが固すぎてなかなか混ざらない・・・という場合は、はちみつだけ耐熱容器にいれて数十秒レンチンするといいでしょう。適度に柔らかくなって、混ざりやすくなりますよ。それかはちみつのボトルごと、湯せんをするのもいいかもしれません。ボトルに残っているはちみつが少なめだったら、湯せんの方がやりやすいと思います。
これではちみつシナモンのトッピングが完成しました!あとはこれを、紅茶やコーヒーなど自分の好きなドリンクに小さじ1杯ほど加えるだけです。ブラックコーヒーやストレートティーに入れてもいいですし、カフェラテやミルクティーに加えてもおいしいですよ♪シナモンだけホットドリンクに入れると粉が浮いてしまうので、こうしてはちみつと組み合わせておくのがおすすめです!
より健康的なホットドリンクを飲みたいという方は、はちみつと黒ゴマのドリンクを作ってみてください!黒ゴマ大さじ1杯、はちみつお好きな量、すりおろししょうが適量、豆乳200ccを用意しましょう。和風なドリンクにしたい場合は、きな粉を大さじ1杯追加材料として用意してもいいかもしれません。
カップの中にきな粉・黒ゴマ・はちみつ・しょうがを入れて。少量のお湯で溶かしていきます。お湯を入れすぎるとドリンクが薄くなってしまうので、本当に少量で大丈夫です!材料が溶けきったら、そこに温めた豆乳を入れて完成です♪体中に健康的でホットな成分がじんわり行き届く、おいしいはちみつドリンク・・・ご賞味ください。
一般的に冷たいはちみつドリンクなら今回紹介したゆずやレモンを、食材として使うことが多いでしょう。他にもみかんやリンゴもはちみつといっしょに食べるとおいしいです♪例えばすりおろしリンゴにはちみつを入れて、少量のお湯で溶かして、最後にサイダーを入れる・・・これも立派な冷たいはちみつドリンクレシピですよ。
ホットだと黒ゴマ、きな粉、しょうがなどが相性のいい食材として知られていますね。体を温めるとはちみつの美容効果・健康効果もさらにアップするので、積極的に飲む習慣をつけてください。自分のオリジナルドリンクのレシピを開発してもいいかもしれませんね♪