Fsu9xh2t5echlys54xdu

ドリンク

CATEGORY | ドリンク

コーヒー本おすすめランキング10選!基礎知識を学ぶにはこれ!

2020.08.03

コーヒーの人気店やコンビニコーヒーが定着し、コーヒーの世界は今注目を集めています。それに伴い書店ではコーヒーにまつわる本も沢山出ています。今回はコーヒーの基礎知識を身に付けたいと思っている方必見のおすすめコーヒー本をランキング形式でご紹介します。

  1. コーヒーを知りたい
  2. おすすめのコーヒー本ランキング①COFFEE BOOK〜コーヒーの基礎知識・バリスタテクニック・100のレシピ
  3. おすすめのコーヒー本ランキング②コーヒーのすべて〜本格コーヒーから人気のアレンジメニューまでプロの味の秘密がすべてわかる
  4. おすすめのコーヒー本ランキング③珈琲完全バイブル
  5. おすすめのコーヒー本ランキング④ビジュアルスペシャリティコーヒー大事典
  6. おすすめのコーヒー本ランキング⑤極める・愉しむ珈琲事典
  7. おすすめのコーヒー本ランキング⑥コーヒーの科学「おいしさ」はどこで生まれるのか
  8. おすすめのコーヒー本ランキング⑦コーヒー「こつ」の科学〜コーヒーを正しく知るために
  9. おすすめのコーヒー本ランキング⑧珈琲のすべて〜うまいコーヒーには理由がある。
  10. おすすめのコーヒー本ランキング⑨プロが教えるこだわりの珈琲
  11. おすすめのコーヒー本ランキング⑩コーヒーの事典〜豆の選び方、淹れ方、自家焙煎の楽しみ方
  12. コーヒーおすすめ本ランキングまとめ
スターバックス等の人気店が全国各地に出店したり、オシャレなカフェの増加、ハイクオリティなコンビニコーヒーの普及により、コーヒーを飲む習慣も昔に比べて随分と広まっています。また、自宅用のコーヒーマシンも高機能な物が増えてコーヒーにこだわりのある人やコーヒーの世界に魅了されている人も多いのではないでしょうか。
中にはもっとコーヒーの知識を身に付けたいと思う人や、基礎を学んでカフェで働きたいと思っている人もいますよね。しかし、学ぶと言っても美味しいコーヒーの淹れ方、豆の種類や特徴、ドリップの方法や特徴等知りたい事が多すぎて何から学べば良いのか分からないなんて方もいるのではないでしょうか?今回はコーヒーの基礎知識を学べるおすすめの本を集めました。コーヒーが好きな方ならきっと夢中になって読めちゃいますよ。
Yqeqwwakxofo2l2tif0r
こちらは、コーヒーに関する基礎知識や教養、様々なな器具を使ったコーヒーの淹れ方やバリスタのラテアートテクニック、実際に楽しむ事の出来るフラット・ホワイトやフラッペ・モカ、アフォガートやカフェ・オ・レ等100種類以上のコーヒーレシピが紹介されており、情報量が多いのでコーヒーに関する色々な知識をバランスよく知る事が出来ます。これからコーヒーの事を勉強したいと思っている方にもぴったりな本です。
オールカラーで図解や写真も豊富なので本を読むのが苦手な方でも読みやすく分かりやすいのも特徴です。なお、こちらはイギリスのドーリング・キンダースレイ(DK社)の『COFFEE OBSESSION』を翻訳したもので、コーヒーの大会で審判を務めるほど実力の高い方が書いた本です。その為非常に多彩な知識を身につける事が出来ます。この本を1冊読めば十分なコーヒー通になれるでしょう。
Pzhmnlek0z1k4ypfiil7
こちらは、とにかく自宅で美味しいコーヒーを飲めるようになりたいからコーヒーの知識を身に付けたい!と言う方にぴったりの本です。コーヒー豆の選び方や最高の一杯を入れる方法とテクニックをカフェでしか味わえないようなアレンジコーヒーレシピと合わせて紹介されています。世界のコーヒーやコーヒーに関する道具等基本的な知識も載っており趣味でコーヒーを楽しんでいる方は必見です。
U3bakzgziguujbulhvua
この本を監修している丸山健太郎氏とは、バリスタ世界チャンピオンまでも生み出したあの丸山珈琲の代表です。豆の種類や選び方、美味しいコーヒーの淹れ方はどれも丸山氏が自ら世界中のコーヒー豆産地を飛び回って得たものならではで目から鱗の情報が満載です。
プロならではの知識をだけではなく、自宅での焙煎方法やブレンドの楽しみ方、雑学まで楽しい情報も盛りだくさんでまさに読んだ人にとってはバイブルになるような一冊です。
R9xcbsgk0aoup7whqit7
こちらも丸山健太郎氏が日本語訳に監修したコーヒー本です。ちなみにランキング1位に紹介した「COFFEE BOOK〜コーヒーの基礎知識・バリスタテクニック・100のレシピ」でも日本語訳には丸山氏が監修しております。丸山氏は日本のコーヒー界においては欠かせない存在ですね。
味を決めるにおいて大きな要素となる豆の産地を国別に紹介し、地図、写真、品種、銘柄、味、トレーサビリティー等が詳しく解説されているコーヒー事典の決定版です。 豆の情報はもちろん、正しい選び方や美味しい淹れ方の基本まで一挙に収録されておりコーヒー好きなら夢中になって読み入ってしまう大事典です。また、日本ではまだあまり知られていない注目の最新情報等も盛り込まれており初めてのコーヒー本を選ぶ人にも、もう何冊か読んだ事のあるにもおすすめ出来る一冊です。
O8p9o61ru2jilnxwxc3g
自宅でも、専門店のようなコーヒーを味わいたいと思っているコーヒー初心者の方におすすめなのがこちらのコーヒー事典です。今更聞けないコーヒーの疑問や豆の品種、産地、苦味、酸味、コク等細かな違いを徹底的に解説し美味しい入れ方をドリッパー別に紹介しています。コーヒーの種類は45地域、61銘柄を収録しどんどんとコーヒーに魅了されていってしまうような一冊です。
Qze7asmwqf5mpy1gkib3
コーヒー豆の違いや美味しい入れ方もある程度知っているがコーヒーの知識をもっともっと深めたい方やコーヒーに対してあらゆる「なぜ」を感じている上級者の方に読んで欲しいのがコーヒーの科学です。
自家焙煎店で学んだ職人の技術と知恵を科学の視点で徹底分析し、味をコントロールする事で自分の好みに合ったコーヒーを淹れる秘訣分かってきます。あの独特の香味はどのようにして生まれるのだろう?等さまざまな疑問に迫り科学的論文に基づく知識で理解を深めていきます。
Ud7oln5vfdebfh21aksa
ドリップはのの時に注ぐと良い、深煎りする程カフェインが少ない等コーヒーに関する根拠が曖昧な様々なうんちくに対し、科学の視点で軽快に答えを導き出す内容です。コーヒーを語る上では欠かす事の出来ない用語や基礎知識も収録されており、誰が読んでも楽しめる内容です。
同じ科学でも先にご紹介した「コーヒーの科学」とは違い知識が浅くても簡単に読み進める事のできる本です。
Nsk8q8heazs9x9iffhkm
コーヒーの美味しい入れ方、コーヒー豆に関する知識、コーヒーの器具、焙煎や挽き方などコーヒーの基本的な情報を広く浅く知る事のできる本です。写真付きで分かりやすい説明と難しくマニアックな事が書かれているわけではないので初心者の方には大変読みやすく入門書の定番のような本となっています。
Dcqcahg7z2xzfqnye90q
コーヒー豆についての知識や焙煎方法、こだわりの淹れ方について等コーヒーレシピについてとの内容と、コーヒー豆を収穫してから実際に飲むまでの流れが書かれている本です。それぞれの項目が結構詳しく深い内容で記載されているので初心者には少し難しい内容となっています。自家焙煎を極めたいと思っている中級者〜上級者向けの本です。
Ldwercwqds1iiqcozedp
こちらは自家焙煎を楽しみたいという初心者の方向けの本です。カフェで飲むような美味しいコーヒーを入れるための定番アレンジと人気カフェドリンクのレシピ集のような本です。コーヒー豆カタログ等も収録されているのでコーヒー入門における最低限の知識は収録されています。主に自分で味わうコーヒーをメインで学びたい方におすすめです。
コーヒーの知識を深めたいと思っている方は良い本が見つかりましたか?コーヒーの専門書と言ってもものすごい量の本があります。また、自分が何を知りたいのかが分からないと本を買ってみたもののさっぱり意味が分からなかったなんて事にもなりかねません。
今回のランキングでは初心者の方〜上級者の方やコーヒーの淹れ方、細かい知識等内容も分かりやすいようにご紹介したので是非自分に合った本を見つける参考にしてみてくださいね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BizBq_BDG5v/?tagged=%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%92%E3%83%BC%E6%9C%AC