Ihwsul6zjf4djcxjwc8x

セルフネイル

CATEGORY | セルフネイル

ネイルのムラを直すことってできる?ごまかすコツなどを徹底解説!

2018.06.19

「ネイルにムラがよくできてしまう」「セルフネイル初心者でムラが怖い…」という人必見です!この記事では、ネイルのムラを直す・ごまかすコツをご紹介します。「実はわざとやってるんだ」なんて言い訳をしないために、ぜひ本ページを参考にしてください。

  1. ネイルのムラを直す・ごまかすコツ①:下準備が大切
  2. ネイルのムラを直す・ごまかすコツ②:塗り方のコツ
  3. ネイルのムラを直す・ごまかすコツ③:長い時間キープさせるコツ
  4. ネイルのムラを直す・ごまかすコツ④:注意ポイント
  5. ネイルのムラを直す・ごまかすコツ⑤:ムラになりにくいカラー
  6. ネイルのムラを直す・ごまかすコツ⑥:その他のコツ
  7. ネイルのムラを直す・ごまかすコツ⑦:ブラシ&クリーナーを!
  8. ネイルのムラを直す・ごまかすコツ⑧:シール・ストーンもおすすめ
  9. ネイルのムラを直す・ごまかすコツ⑨:ラメも活用しよう
  10. ネイルのムラを直すことってできる?ごまかすコツなどを徹底解説!のまとめ
ネイルのムラを作らないためには、下準備が必要ですね。まずは、甘皮のケアです。甘皮とは、ネイルの生え際にあるものですが、この部分をしっかりと処理しておきましょう。わざと切りすぎてしまったり、雑に扱うと指先を傷めてしまうことがありますので、十分ご注意ください。
Elx3fythdkvlfso70ke7
甘皮を処理するためには、指をぬるま湯について、ふやかす必要がありますね。そしてガーゼなどを使用して甘皮を処理していきますが、無理やり処理しないように気を付けましょう。ぬるま湯につけずにふやかさない状態でケアしてしまうと、ささくれなどを起こしてしまう可能性があります。甘皮処理は大切な工程ですが、くれぐれも丁寧さを忘れないようにしてください。
塗り方のコツをおさえておけば、ムラがでにくいですね。もっとも重要なことは、日々のお手入れかもしれません。ネイルをケアしておかなければ、どんなに塗り方のコツを知っていたとしても、ムラなどが出てしまうでしょう。キレイに仕上げたり、もちを長くするためには、毎日のお手入れが欠かせませんね。
Iix1cql2x2c0xwe0mn4a
また、アイテムの種類によって塗り方の順番がありますので、その通りに対応するようにしましょう。順序を間違えるだけで、ムラがでてしまうかもしれません。キレイに仕上げるためには、ちょっとしたはみ出し部分でもすぐに除去するようにし、ネイルの細かい部分にも気をつかうことですね。「めんどくさい」と思ってしまうと、上手に仕上げることは難しいですよ。
長い時間キープさせるためにも、甘皮の処理は欠かせません。ほかにも、凹凸があったり、清潔でなければ、はがれやすい状態でしょう。ネイルのお手入れが済み、どのアイテムをどんな順番で爪に塗っていくのかも、重要ですね。ベースコートやトップコートなどもネイルには欠かせないアイテムです。
Ajvgevhopniaavmsnt6n
ネイルに色をつけるまえに、まずはベースコートをのせ、仕上げにはトップコートなどを乗せていく必要があります。こうした工程を無視してしまえば、ネイルがはがれやすく、また爪先にもわるい影響がでてしまい、ツヤなども出にくいでしょう。ネイルを長持ちさせるためには、お手入れをして、順番を守るようにしてください。
ここで少しだけネイルを落とすときの注意点について触れておきます。リムーバーなどでネイルを落としますが、使い過ぎ・やり過ぎには注意が必要ですね。なぜなら、水分や皮脂も除去することになり、それは爪先へダメージを与えることにつながります。その爪に色をのせたとしても、ムラができてしまう可能性があるでしょう。もちろん、爪の健康的にもよいことではありませんよね。
H1fxoqg0kdi0b30h67rk
また、不健康な爪は、すぐに割れてしまったり、二枚爪になってしまうリスクもあるでしょう。こうしたことにならないためには、爪の健康状態を確認しておく必要があります。ネイルをより一層楽しむためには、塗り方のコツやカラーの選び方だけではなく、爪の健康状態の把握も無視できないことですね。
できるだけムラがなくきれいなネイルに仕上げるためには、どんなカラーを使用すれば良いのでしょうか。もっともおすすめできるのが淡いピンク系の色ですね。ムラがあっても目立ち難いメリットがあるだけではなく、肌馴染みもよいでしょう。マットタイプであれば、それなりにテクニックが必要になりますので、セルフネイル初心者は、薄いピンクから始めてみてはいかがでしょうか。
Rqmd3xcwkdpuuuanzvlf
ネイルに色をのせていくとき、利き手から塗ることをおすすめします。これは、塗りにくさを防止するためですね。また、厚塗りは避けて、うすく2度塗りすれば、キレイに仕上げることができるでしょう。たっぷりとハケなどに色を取るのではなく、余分な分はしっかりと落としてから塗るようにしてくださいね。
「わざとムラを作っている」なんて言い訳をしないためにも、上記でご紹介してきたコツ以外をみていきましょう。例えば、あまりにもムラを意識しすぎているため、ものすごく丁寧にやりすぎても逆に力が入ってしまいます。そのため、やけに薄い部分や異常に厚い部分などができてしまうこともあるでしょう。
M1pad2chbllwi1roye2j
塗り方のスピードも無視できません。できるだけはやめに塗ったほうがよいですね。わざとのろのろと塗ってしまうと、ムラになりがちです。また、肘をしっかりと固定して塗るようにしましょう。その方が塗りやすいだけではなく、失敗も少なくなりますね。
ネイルのムラを直す・ごまかすコツをお伝えします。ネイルにおいてフレンチラインがうまくいかないという人も多いのではないでしょうか。とりわけ利き手の場合は、より一層難しさを感じている人も少なくありません。ずれたり、あるいはゆがんだりすることもあるでしょう。
Btidqgorrccesnn3pxet
ブラシ&クリーナーを用いれば、フレンチラインを整えることができますよね。乾くまでに時間がかかりますから、それまでに形を調整すれば、キレイな仕上がりを実現させることができますよ。はじめからムリしてキレイに作るのではなく、わざと大まかに作り、そこから微調整しながら輪郭を作りましょうね。
ネイルが乾ききってしまっている場合、そこから直すのは難しいですよね。その際は、失敗してしまった部分にシールやストーンを貼り付けて、わざとごまかしてみてはいかがでしょうか。シールやストーンのサイズにもよりますが、大きめのものであれば、すっきり隠すことができるでしょう。よりデザイン性が高まるメリットもありますよね!
Qmbcqbybq2vrl7qsorp5
そもそもムラを防ぐためには、ラメ・パール入りのジェルなどを用いれば、それほどムラが目立つことはありません。ラメ・パールは、光り輝きますよね。それがムラをごまかす効果があるんですよ。セルフネイル初心者であれば、ラメ入りなどのネイルからはじめてみるのもよいですね。テクニックが上達するにつれて、ムラなどを作らずに、きれいなネイルを仕上げることができるでしょう。
Lyo0r4pdgqy3f3qwjfpg
ネイルのムラの対処法などについてご紹介してきました。わざとムラがあるような、あえて雑につくるネイルアートもありますが、基本的にはムラをなくしたいものですよね。そのためには、甘皮の処理など、下準備をしっかりしてからネイルをはじめましょう。塗り方のコツをおさえておけば、そもそもムラができにくいですよね。
Iodlxgpsadia5kgp5mft
ムラになりにくいカラーもありますので、初心者さんは、淡いピンク系からセルフをしてみましょう。もしムラができてしまったら、ストーン・シールなどでごまかす方法もありますし、そもそもラメ入りジェルなどを用いれば、ムラが目立ちにくいです。いままでわざとムラがあるんだと言い訳をしていた人もムラの対処方法を学んで、オシャレなネイルを楽しんでくださいね!