Snw0wwr78z3jffk09g3s

暮らし

CATEGORY | 暮らし

一人暮らしの光熱費は平均いくら?おすすめの節約法も紹介!

2018.06.21

いざ一人暮らしをするとなると、光熱費はいくらくらいかかるのか気になりますよね。一人暮らしをするとなると光熱費以外に食費のお金がかかる場合も!今回は1ヶ月にかかる一人暮らしの光熱費の平均金額と、節約方法も一緒に紹介します。

  1. 一人暮らしの光熱費と平均の水道代はいくら?
  2. 一人暮らしの光熱費と平均のガス代はいくら?
  3. 一人暮らしの光熱費と平均の電気代はいくら?
  4. 一人暮らしの光熱費と月の平均合計金額はいくら?
  5. 一人暮らしの光熱費 水道代の節約方法
  6. 一人暮らしの光熱費 ガス代の節約方法
  7. 一人暮らしの光熱費 電気代の節約方法
  8. 一人暮らしの光熱費 地域によって違う
  9. 一人暮らしの光熱費以外に食費の節約も
  10. まとめ
生活するのに絶対に必要な光熱費。その中ので必要不可欠な水道。手を洗ったりお風呂に入ったり、食器洗いに料理を使うのにも!日常生活のいろいろの場面で水を使いますよね。それだけよく使うことのある水道料金の、ひとり暮らしの平均金額はいくらなのでしょうか。
Ngrmsewtgp37cbvk2lug
水道料金は、基本料金+使用した量が請求金額になります。ですが水道料金の基本料金には一定の使用料金が含まれているので、ひとり暮らしの人はよほどでない限りその中で収まることでしょう。額にすると平均3000円程度。基本料金や基本料金の中の一定の使用量は、地域によって違いがあり東京と大阪でも料金に違いがあります。全国的にみると3000円〜4000円とみていれば大丈夫でしょう。1ヶ月の食費などと比べるとだいぶ少ないですね。ですが水の出しっぱなしや毎日お風呂の浴槽に浸かる方などは、それ以上かかる場合もあります。
Y2vosk2kgn9ntmrycwtr
A6ne7l8fuynr5euawkcm
家の中でガスを使用する場所というと、限られてきますよね。基本的にはお風呂のお湯やお湯を使うとき。あとは食費を節約するための自炊をするときのガスコンロ。最近のマンションとかだとオール電化も増えました。ガス料金にも水道と同様に基本料金があります。ですが水道の基本料金のように、その中に一定の使用料は含まれていません。ガスの契約をしている限り基本料金は支払いそれ+使用量の計算になります。ガスは主にお湯を使うお風呂や、料理に使用しますよね。普通にお風呂に入り、普通に自炊をしたとしての平均金額は、月に3000円程度だと言われています。ですがガス料金は夏と冬で金額に大きな違いがでるので注意!夏は暑いことからお湯を使うことが減り、冬は寒いことからお湯を使う機会が増えます。そのようなことからガス料金は、季節によって違いがあります。
Psbtvqccyaehhmwymvwi
Xprx7vpotzrytwelmhgc
電気料金もガス料金と同様に基本料金が発生し、一定使用量は含まれていません。その為基本料金+使用量になります。そして日常の生活の中で1番使用しているのが電気!部屋の明かりやテレビを観るのにも、洗濯機や冷蔵庫など家電類は常に電気と繋がっている状態ですよね。それにガス料金のとこらでも言ったように、最近はオール電化が増えお湯を出すにも、キッチンのコンロも全て電気になっているマンションもあります。そうなるとガス料金はかかりませんが、電気料金がその分かかりますよね。ガス料金より電気料金の方がいくらか高い傾向にもあるので、思っている以上に電気が高くなる場合もあります。オール電化ではない普通の状況での1カ月の電気料金の平均は4000円程度。こちらも1ヶ月の食費と比べるとだいぶ少ないですね。電気を点けっぱなしにしたり無駄遣いしない場合!ですが電気代も季節で大きく異なります。夏は冷房冬は暖房を使用しますよね!エアコンは電気の消費量が高く、暑い季節や寒い季節にエアコンを使用することで電気料金が跳ね上がります。その点気候が落ち着いている春や秋には、電気料金が下がることも!
Biagma5c9pl1ktpcwg1i
Vadvdsyopvsrbpojoony
水道料金、ガス料金、電気料金の月の平均金額についてお話ししました。水道料金3000円+ガス料金3000円+電気料金4000円=10000円。一人暮らしの1カ月にかかる光熱費の平均金額は、10000円程度です。地域や使用量、その他電気とガスの自由化によるプランや会社選びなどにより料金が異なることもあります。オール電化なのでガス料金は0円という人も。基本的には10000円くらいと思っていれば大丈夫でしょう。もし平均額より料金が高い場合は、無駄遣いをしている可能性が高いと言えます。次は水道ガス電気の節約方法についてお話ししていきますね!
Kgyzk1hbzbo6mhxqb7ax
Aixvdnxmpuagh8i9bk0u
水は生活するのに欠かすことのできないもの。欠かすことのできないものだからこそ、その水の節約方法はたくさんあり気をつけることができます。まずはお風呂!お風呂での水の使用量が1番多いとされており、浴槽に浸かったりシャワーを使ったり使用するときに結構な量の水を使用しています。浴槽にたっぷりお湯を溜めるのではなく半身浴にする。シャワーの出しっぱなしに気をつけたり、節水用のシャワーベッドに変えるのもおすすめです。その他にも浴槽の水を洗濯の際に使用する。最近は洗濯機に浴槽のお湯を使用する為のホースが付属されていることが多いですよね。自分一人しか入っていない浴槽のお湯はそこまで汚れていません。そして洗濯物も一人だと少ないですよね。洗濯の際に使用する水を節約する為にお風呂のお湯を使用してみるといいでしょう。
Mmtllayo1ypz6jqamnch
Yefzz92rpcp2iu4sg2br
ガス代の節約方法としては、1番はやはりお風呂!水道料金の節約方法と同様に、ガスはお風呂で1番使用しています。毎日浴槽にお湯をたっぷり入れて入ったり、シャワーを出しっぱなしにしたりするとその分ガス料金はかさみます。浴槽に入れるお湯の量を減らしたり、長時間のシャワー出しっぱなしに気をつけましょう。その他にもお風呂に入る寸前に浴槽にお湯を入れるようにし、追い炊きやお湯を足すことのないようにしたり浴槽の蓋を使用したりするのもいいでしょう。食器を洗う際にお湯を使用した方が油汚れは落ちやすいですが、夏は水で洗うようにするなどと気をつけるのもガス料金の節約になります。
U4mzkno0me9yyd4ljkhd
Iltghckqdqyqspnwwzsh
電気料金の節約方法はたくさんあります。 まずは現在使用されている電気のアンペアを確認してみましょう。アンペアは一度に使用することのできる電気の量のことなので、アンペアが大きいとその分電気の基本料金は高くなります。一人暮らしには20アンペア程度で大丈夫だと言われているので、アンペアを見直すだけで電気料金を節約することができます。その他に、使用頻度の少ない家電ってありますよね。使っていなくてもコンセントがささっていると、待機電力として電気は使われています。普段使用してないない家電はコンセントを抜いたり、主電源から切ってしまうようにしましょう。部屋の電気を全てLEDに変えるのもおすすめです!LEDに変えるだけで電気の消費量を減らすことができます。
Anhupc3jtl9edmbvqvod
エアコンは節約できないと思っている方が多いでしょう。ですがエアコンも少なからず節約することはできます!それは頻繁にフィルターなどの掃除をすることです!フィルターが汚れたままの状態で使用していると、エアコンの効きが悪くなります。エアコン掃除をして常に綺麗な状態を保っていれば、エアコンが使う消費電力も少し抑えることができます。
Spqsyoq8a2vii2vhi1cr
公共料金は地域によって基本料金が違うと少しお話ししました。ほとんどの場所はもう都市ガスになっていますが、ガスにも都市ガスとプロパンガスがありそれだけでも料金が変わります。ガス以外の電気や水道なども、地域により基本料金に差があります。東京と大阪だけでも100円ほど違いがあるとされており、自由化によりどこの電気を使用するのか、どこのガスを使用するのかで金額も変わってくることがあります。
Gx6xanliavzbtvaxhjov
Jzpzxtunthzwbncsv9wi
一人暮らしに光熱費以上に意外とお金がかかっているのが食費。自炊をしない人は外食ばかりになり、自炊をするより食費はかかってしまいます。食費を節約するにはやはり自炊をすることがおすすめ!仕事にお弁当を持って行くなどすると、ランチ代の節約にもなります!
Clz0rnr1wsyj30ssiqa1
Rpot7njodl8ab5h8esuh
今回は一人暮らしにかかる光熱費の平均金額と節約方法についてお話ししました。今月光熱費の出費が多いと思った方は無駄遣いしている可能性も!少し意識するだけで光熱費は節約することができます。光熱費の節約にも目を向けてみるといいでしょう。
Fi67sgc71l9v6lw0dcfw