Uihfhxfhzqjdazrxgu9z

ファッション

CATEGORY | ファッション

トレンドの服って何?2018春夏おすすめレディースブランドを紹介

2018.06.16

2018年春夏のトレンド服を着こなしていますか?服は自分を映し出す鏡のようなアイテムです。今トレンドの服を身にまとって、他の人と差をつけよう。そこでこの記事では、2018年春夏のレディースのトレンド服をアイテム別に紹介します。おすすめブランド服情報も!

  1. 2018春夏トレンド服【パステルカラー】
  2. 2018春夏トレンド服【ポルカドット柄】
  3. 2018春夏トレンド服【花柄】
  4. 2018春夏トレンド服【チェック柄】
  5. 2018春夏トレンド服【ハイウエスト】
  6. 2018春夏トレンド服【サッシュベルト】
  7. ブランド「GU」が人気
  8. 2018春夏トレンド服【トレンチスカート】
  9. 2018春夏トレンド服【ラッフル】
  10. 2018春夏トレンド服【オフショル】
  11. まとめ
2018年春夏のトレンドカラーは、季節にピッタリな淡い色のパステルカラーが流行しています。春らしい温かなイメージと、夏の青空にもマッチする爽やかな色味が特徴です。パステルカラーにもいろんな色があるので、おすすめカラーと共にアイテムを見ていきましょう。

トップスに取り入れたパステルカラースタイル

パステルの中でも一押しは「ピーチピンク」です。色合いとしては、オレンジや黄色がかったピンクを指します。
S0tdfuitbdjjoqajmfgo
引用: https://wear.jp/maki7ofi/9495227/
今年大流行しているブランド「MUSE」のラッフルにピーチピンクを取り入れたスタイルです。ボトムに茶系を添えると春っぽい印象になりますね。夏ならジーンズ生地がおすすめです。
Sfgfzzifval7inkxsggc
引用: https://wear.jp/item/13504566/
ブランド「CASPER JOHN AIVER」のラフな五分袖Tシャツには、ショーパンを合わせて春夏を楽しみましょう。元気いっぱい、爽やかスポーティースタイルにも使えるカラーですよ。
Qdkqmijlzabwmd2y3m54
引用: https://wear.jp/pyon94/12278118/
ピーチピンクの他には、ラベンダー色も今年の春夏トレンドカラーです。パステルでもフェミニンになり過ぎないので、着やすい色味です。こちはブランド「w closet」のショートレングスカーディガンを小さめドット柄が可愛いブランド「GU」のパンツに合わせたトレンドスタイルです。
T2ygnqdptszqrcrjwthy
引用: https://wear.jp/0510a/12225393/
もちろん、ジーパンとの相性もバッチリです。こちらのアイテムは、「ユニクロ」ブランドのキャミソールです。白カーディガンはパステルカラーに合わせやすいアウターです。
Twpiemzvea53l1ssornr
引用: https://wear.jp/okumochi/1355500/
Bx1p9xwrrboyfat7lnxd
引用: https://wear.jp/dholic/3465565/
レモンイエローやライトブルーもおすすめ色ですよ。上が「KATHARINE ROSS」のブラウス、下が「DHOLIC」のロングカーディガンです。
P3do6vuwonwblfjsgf2z
引用: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E7%8E%89%E6%A8%A1%E6%A7%98
トレンド柄の上位に毎年上がってくるドット、2018年の春夏では「ポルカドット」がレディースアイテムで人気となっています。ドット柄の中では中間の大きさです。レトロさを感じさせるポルカドットが今季レディースブランドで多く扱われています。

無地と合わせると着こなしやすい

Je2xmfbh69ld2rmdcayr
引用: https://wear.jp/item/23396297/
ブランド「DRWCYS」のポルカドットギャザーパンツです。ウエストがゴムになっているのではき心地が抜群です。
Kubldaggce2plg8mkhcu
引用: https://wear.jp/erierieri/7203018/
思い切ったピンクスカートは、ブランド「DEPT」のポルカドット柄スカートです。人と差をつけたいおしゃれさんは、ビビッド柄でせめても個性的です。レトロ感がアップしますよ。
Rjudyn6wzrv6gkmnean5
引用: https://wear.jp/sae0813/12081814/
ポルカドットは、トップスに使ってもおしゃれですよ。こちらはブランド「Gready Brilliant」のブラウスです。ハイウエストのパンツにインすると、まとまりのあるすっきりスタイルになりますね。
Nv7jewb54myyduet9dj6
引用: https://wear.jp/chie1217/11689539/
2018年春夏は、レトロなポルカドットをあしらったワンピースも人気です。ウエストポーチを付けることでメリハリができています。ワンピースはブランド「DHOLIC」、シースルーで春夏にピッタリです。夏はサンダルで着こなしましょう。
Zkeewhcl7nkm4zgwncpb
花柄の服は、2018年春夏も激アツなトレンド柄です。花柄の中でも、今年は中花柄で全体的に花が散りばめられている総花柄がレディースのトレンドです。ポルカドットと同じように、レトロ感の感じる服が人気となっています。

中花柄&総花柄がポイント

Nmo1hib0ktevmvathn5s
引用: https://wear.jp/iwts2777/10323098/
白ブラウスに控えめに描かれた中花柄が清楚なイメージを与えるスタイルです。シンプルなアイテムが揃っているブランド「ZARA」のブラウスです。ツバ広の帽子と合わせればリゾートに合いますね。
Fehqlcaak2kwkqd8f8it
引用: https://wear.jp/machouroi/12559173/
今年もレディースアイテムで欠かせないオフショルを花柄で楽しんでいるスタイルです。CONVERSEのスニーカーと合わせると、フェミニンになり過ぎない大人カジュアルなスタイルにも活用できます。
Fnqtic9deox1w46ieorf
引用: https://wear.jp/grl1234/12605250/
思いっきり花柄を楽しみたい人は、ワンピースがおすすめです。白や今年流行のパステルカラーをチョイスすれば、クドさのないスタイルになります。膝丈が新鮮なブランド「GRL」のワンピースです。
Fl9gueegfpijzq2aat1o
引用: https://wear.jp/mayline/12592011/
ワンピースをカーディガン代わりに活用してもおしゃれですね。こちらはブランド「Andemiu」のロングワンピースになります。
Dvrostkcgalczfniutyh
引用: https://store.shopping.yahoo.co.jp/cottonhouse-cecile/500-709.html
一年を通して使える柄は、春夏もアイテムに取り入れてトレンドファッションを楽しみましょう。中でも、小柄のギンガムチャックは、大人スタイルにも合わせやすいのでおすすめです。

子供っぽさを感じない小柄ギンガムチェックがおすすめ

Ssvlr2dhvlqemefutjah
引用: https://wear.jp/mikupiyo/12213611/
黒のギンガムチェックは、大人ガーリースタイルの定番アイテムです。ブランド「natural couture」のブラウスは、襟元がV字なので子供っぽくならずスッキリ見えるのが特徴です。リボンのついた袖が腕を細く見せてくれます。
Nqcecd78jwh1o0tj6pjn
引用: https://wear.jp/mallonchar/12606811/
「GU」のギンガムチェックワンピースは、ウエスト部分のリボンがくびれ効果を発揮、背が低い人でもスラッと見えるように厚底サンダルで着こなしましょう。
Ngq5k9toic0dhe7vligd
引用: https://wear.jp/ingni123/12605259/
ギンガムチェックとオフショルの組み合わせは、どんなスタイルにも合わせやすいのが特徴です。「INGNI」のアイテムは肩部分にゴムがついて動きやすいため、子供がいる主婦の方にもおすすめです。
Miiudlwm3ychr5m0fwk6
引用: https://wear.jp/tom0wear/12592149/
2018年はレトロ感がレディースファッションのトレンドになっているので、マキシスカートにギンガムチェック柄を取り入れる人が増えています。「GU」のマキシスカートは、軽くてはき心地が良いと評判です。
去年からレディースファッションで爆発的人気を得ているハイウエストは、今年も安定した人気を見せています。中でもワイドパンツは足長効果があるためか、一番人気のアイテムです。トップスは、ショートレングスかインして着こなしましょう。

トップスはスッキリまとめよう

Krvnnkxra45o5jfjpe7c
引用: https://wear.jp/yumi0904/12607604/
ウエスト部分がベルトタイプになったブランド「Settimissimo」のハイウエストは、くびれと足長の2大効果でスタイル良く見える人気のアイテムです。春夏でも着こなせる淡いベージュが人気色ですよ。
Iturftdhozvjg1o56cat
引用: https://wear.jp/iwts2777/12601050/
ブランド「BEAMS LIGHTS」のハイウエストは、折り返すとオックスパンツになる2wayタイプです。ウエスト部分の大きなリボンがお腹を隠してくれるのでウエスト周りが気になる人におすすめです。トップスはインしてはきこなしましょう。
Rmktjicicfhfapwiz3ex
引用: https://wear.jp/2nonmama/10401398/
大人カジュアルを目指すなら、ジーンズタイプのハイウエストにパンプスを加えて足元を引き締めましょう。「TODAYFUL」のハイウエストは、ウエスト部分が切りっぱなしになっているのでラフなTシャツともマッチします。
Xdzjx0nvhh5xbu3rekev
引用: https://wear.jp/hsgwtmm1121/1292157/
もちろん、ショートパンツも春から夏にかけて注目のアイテムです。ショートレングスのTシャツと合わせれば、夏先取りのスタイルになります。
Fwen5d24ny2yzs8exjry
引用: https://item.rakuten.co.jp/titivate/apwg0036/
去年からブームを巻き起こしているサッシュベルトをつかったファッションは、2018年春夏コーデでも欠かせないアイテムです。脚長や細見せ効果があるので、積極的に取り入れておしゃれを楽しみましょう。
C8sn4dkjmzpvkdr89yrx
引用: https://wear.jp/mariko0121/9969938/
2018年春夏トレンドアイテムのハイウエストにもぴったりですね。腰の位置が高くなるので脚長が強調されます。
Uj7qwn3hmbs1xrpgaf2d
引用: https://wear.jp/co2na/12492775/
ギンガムチェックのワンピースにも合わせられます。同系色だとギンガムチェック柄を邪魔しません。
Opjvtmmeg7rdityt9w3j
引用: https://wear.jp/mememe1120/9926533/
サッシュベルトを使って、ハイウエスト切り替えしたスタイルも人気です。
U9oersegzds57zqkjxvk
引用: https://wear.jp/misato36/9892825/
巻いているベルトは、ブランド「Another Edition」のフェイクスエードサッシュベルトです。今年の花柄にはベージュタイプがおすすめです。
Owj4ftw5sbolghphozox
引用: https://item.rakuten.co.jp/majesticlegon/k91072/
トレンチコートを切り取ったようなスカート、それがトレンチスカートです。今年流行りのハイウエストやサッシュベルトを合わせたような作りをしていることから、2018年春夏のトレンドアイテムに選ばれました。

流行りのアイテムを一緒に取り入れよう

Nbsvwdgmpvpdbsa9j1pk
引用: https://wear.jp/ch_mj0267/11916121/
ギンガムチェック柄のトレンチスカートは「MAJESTIC LEGON」ブランドです。甘くなりすぎないように、レザージャケットと赤い挿し色のバックがポイントになっています。
L0ads1fkz1bhxppuhyca
引用: https://wear.jp/ingni123/12594831/
流行りのパステルカラーは、優しい印象を与えます。こちらのトレンチスカートは「INGNI」です。女性らしいシルエットで人気ですよ。
S7dd57hdxtpbxlgsfxkp
引用: https://wear.jp/wear10051/12593256/
ドット柄にも合わせやすいですね。「natural couture」のトレンチスカートは、パープルとオレンジの計3色を展開しています。
Ikpzt36ow1tutlgeqinr
引用: https://wear.jp/iwts2777/12479874/
「MOROKOBAR」のタイトなトレンチスカートは、さらに大人の雰囲気をかもし出します。背が低めな人は、厚底を履いて脚長をプラスしましょう。
Ynjhozvh8iojkoeolg6t
引用: https://wear.jp/stellatwo/12225158/
ガーリーファッションの定番アイテム「ラッフル」にカジュアル要素を合わせたスタイルが今季のトレンドです。特にラッフルスカートのバリエーションが充実しているので、上手に組みわせながら2018年のレトロファッションに加えていきましょう。

ポイントはトップスにシンプルさを効かせる

Hiewncqyfh2shvpim4ch
引用: https://wear.jp/noble01/12334083/
目を引く色鮮やかなスカートは「Spick and Span Noble」のラッフルスカートです。パンチが効いてる分、トップスはシンプルなブラックで引き締めたスタイルです。ぺたんこサンダルがレトロとカジュアルを演出しています。
Smaqpkvphkr19i0n6lwp
引用: https://wear.jp/dholic/7654720/
レトロな雰囲気たっぷりなシースルーのスカートは、ブランド「DHOLIC」のラッフルスカートです。大きめなTシャツとスニーカーで、女性らしいカジュアルなファッションに仕上がっています。
F0vcxgmd7zxrssokwf2z
引用: https://wear.jp/yuriism1225/11792844/
「AS KNOW AS PINKY」のラッフルスカートにレトロなバレーシュズを加えたガーリースタイルですが、カジュアルなアウターを添えるだけで、甘さが引き締まって今年のトレンドスタイルにピッタリなコーデですね。
Dsjz68gj6ww9cpkmlwqu
引用: https://wear.jp/ungrid_staffsnap/12187792/
2018年も引き続きオフショルのトップスは高い人気を得ています。しかし、ヌーディー感が前面に出るのが嫌だ、そんな人も多いですね。それでは、2018年春夏のレディースファッションのおおとりは、フェミニンが抑えられるオフショルを紹介します。

甘さ控えめなオフショルで楽しもう

P5ftsjpvf3ctohyknoek
引用: https://wear.jp/nyaobu/9960138/
「MOUSSY」の大胆なオフショルは、大人かっこいいスタイルにピッタリです。ハイウエストのジーパンとスニーカーに合わせると、大きく開いた襟元のヌーディーさも控えめに見えますね。
Xsuhclim0kzigcx7w6by
引用: https://wear.jp/item/30737855/
個性的なアイテムが揃っている「HYSTERIC GLAMOUR」のオフショルアイテムです。片方の肩を思い切り出したワンショルダーで着こなすのが今年流です。総柄でパンチが効いているので、フェミニンになり過ぎずに着こなせます。
Who6mu1xwexqzkzfudho
引用: https://wear.jp/namigreen/12286312/
ゆったりとしたバルーンタイプのオフショルは「select MOCA」のアイテムです。スパッツとの相性も良いのは驚きの発見ですね。
Qgzhz6mdfgmdba5yqucf
引用: https://wear.jp/wear10124/12576525/
今年のオフショルは、ワンショルダータイプも人気です。「LAGUNAMOON」のワンショルダーなら、太めな肩ショルが付いているのでヌーディー感が比較的抑えられて着やすいアイテムです。
As7wns70iryoxynyvi4g
2018年春夏のトレンドレディース服特集はいかがでしたか?今年は中間サイズのポルカドットや花柄、ギンガムチェックが人気の柄となっています。大きいワンポイントではないところが共通していますね。全体的に柄が入っているので、合わせる洋服はシンプルなタイプがおすすめです。また、春夏にピッタリなパステルカラーも柄に合わせやすいので積極的に取り入れてみましょう。
そして、昨年に引き続き流行が続いているハイウエストやオフショルは、今年も十分に活躍するので使いまわしてください。「GU」のおすすめブランドサッシュベルトを添えるとハイウエストが引き立つので活用してみましょう。また、ハイウエスト効果の高いトレンチスカートやレトロ感漂うラッフルも忘れてはいけないトレンドアイテムです。この記事を参考にしながら、目一杯おしゃれを楽しんでくださいね。