Madimdwd1ejfe8lhtprd

暮らし

CATEGORY | 暮らし

一人暮らしでいるもの、いらないものは?女子必見のリストを大公開!

2018.06.22

はじめての一人暮らし。いるものと思っていても実はそれはいらないものだったということも。一人暮らしをはじめる女子が必要な家電・家具から小物までいるものをまとめましたので、これから一人暮らしをはじめる方はいるものリストを参考にしてみてください。

  1. 女子の一人暮らしにいるものは?
  2. 一人暮らしにいるものリスト①家具
  3. 一人暮らしにいるものリスト②家電
  4. 一人暮らしにいるものリスト③キッチン用品
  5. 一人暮らしにいるものリスト④掃除用品
  6. 一人暮らしにいるものリスト⑤トイレ用品
  7. 一人暮らしにいるものリスト⑥お風呂用品
  8. 一人暮らしにいるものリスト⑦洗濯用品
  9. なるべくそろえたい、あると便利なものリスト
  10. まとめ
一人暮らしをはじめると、家電から家具、日用品まで1からそろえなくてはなりません。これから一人暮らしをはじめる女子に必要なもの、意外といらないもの、あれば便利な小物までご紹介します!これから一人暮らしをはじめる女子のみなさんは参考にしてください。
家具は生活をするうえで欠かせません。買うのも大変なので、できれば必要なものは早めに用意したいところ。一人暮らしをはじめる女子に必要な家具をご紹介します。

カーテン

女子の一人暮らしは何かと物騒なもの。ベランダの窓にカーテンがないと、思っているより外から丸見えなのです。防犯・盗撮などの防止には不可欠です。また、部屋の向きによっては強く光りが差し込むこともあるので、一人暮らしをはじめたらまっさきに買うことをおすすめします。

寝具

ベッドや布団、掛け布団に枕は必要です。浅い睡眠は健康な日常生活の妨げとなるので、一式そろえるとお金はかかりますが、なるべく早めに用意するようにしましょう。寝具は毎日の疲れを癒すもの。良質な睡眠のために、多少お金がかかっても寝心地の良いものを選ぶようにするとよいです。ベッドや布団にかけるシーツや枕カバーは替えの分もあると洗濯しているときも困らないので安心です。

テーブル

Dkbcc7qlmn59iwtzw3jw
食事をとるときだけではなく、女子ならメイク、髪のセットをするときにもテーブルを使う人はいるでしょう。ちょっとした小物を置くときにも便利です。高さがあるテーブルなら、あわせて椅子も用意しましょう。ローテーブルなら、座椅子もしくはソファがあるとよいでしょう。折り畳み式など持ち運びがしやすいテーブルだとレイアウト変更も容易なのでおすすめです。

タンス

女子は服も多いものです。タンスも早めに用意しておくのがおすすめです。服だけでなく、バスタオルやハンドタオル、靴下なども入れるので、十分と思っても意外とタンスがいっぱいいっぱいになってしまうことがあるので、あまり小さいものだと不便です。タンスがすぐに用意しきれない場合は、プラスチックの衣装ケースでタンスを買うまでつなぐこともできます。

照明

照明も早めに購入するようにしましょう。部屋の照明はもともとついていないことがほとんどです。昼間は明るくて気づかず、暗くなって慌てて買いに走る、ということがないようにしたいですよね。何畳用の照明かは購入前に必ずチェックしておきましょう。ネット通販でも買えますが、明るさや調整のしやすさなど、実際に店頭で見てみると失敗がありません。
料理、洗濯、掃除など、日常生活を送るためには家具と同様家電は欠かせません。ただ、家電はお金もかかるので、必要最低限いるものをご紹介します。

冷蔵庫

できる限り早めに用意しておきたいです。その必要性は説明不要ですね。食材を適切に保存するためには不可欠です。冬場なら気温によっては緊急性はないかもしれませんが、夏場であれば数時間で食材・料理が悪くなってしまうことも。一人暮らしであれば200ℓ程度がちょうどよいかもしれませんが、自炊を頻繁にする場合はそれ以上が良いです。家電量販店で購入しても、届くまで数日かかることもあるので注意してください。

洗濯機

洗濯物は毎日出るもの。これも早めに用意しましょう。サイズは結構幅があります。家の洗濯機置き場のサイズと、洗濯する頻度によって選ぶようにしましょう。参考までに、一人当たり1日で出る洗濯物の量は約1~1.5kgです。毎日洗濯する人なら、5kg以下でも問題ありませんが、まとめて洗濯したり、ラグやマットなど大きいものも洗濯したい人はそれ以上のサイズを選ぶとよいでしょう。洗濯機も購入から届くまで時間がかかることも。数日かかる場合はコインランドリーを利用したほうが良いですね。

電子レンジ

お弁当やレトルト食品、冷凍食品などを温めるときに必要になります。とくに自炊をあまりしない人には強い味方になってくれる家電なので、これもできるだけ早めに用意しておきたいです。電子レンジの中にはオーブン機能付きの電子レンジもあるので、オーブン機能も使いたいという人は、兼用のものを購入するとスペースもとられないので便利です。

炊飯器

お米をまったく炊かないのであればいらないものですが、たいていの人は白米を食べると思います。ただ、一人だからといって小さいサイズを選ぶのはNGです。一人暮らしだからこそ、頻繁に炊くのは面倒という人がほとんどだと思います。なので、一人暮らしの人はまとめて炊いて冷凍しておくのがおすすめです。5号ほど炊けるものだとよいでしょう。

トースター

朝はパンをトーストで食べる人も多いでしょう。使い方次第ではほかにもいろんな料理に活用できるので、あれば便利です。小さくてキッチンスペースの邪魔になりませんし、値段も数千円程度で買えるものが多いので、持っておいて損はないと思います。

いらないもの

いらないもの、というと語弊があるかもしれませんが、必ずしも必要ではない家電もあります。まず、掃除機。ワンルームなどの狭めの部屋であれば、毎日掃除機をかけるのも面倒ですよね。一人暮らしなら、掃除機でなくともクイックルワイパーなどでも十分です。次に、テレビです。テレビが好きだという人は別ですが、今はスマートフォンやPCでも見られるため、必ずしも必要ということはないでしょう。テレビを買う場合は、テレビ台も忘れずに。
こだわりだすといろいろと出てきますが、まずは最低限のものを。包丁、まな板、コップ、お皿、茶碗、お箸、スプーン、フォーク、料理をする人はフライパンや鍋もあるといいですね。キッチンスペースは小物も多いので、小物入れがあると便利かもしれません。最初は少なめに用意しておくのがおすすめ。また、洗剤とスポンジも用意しておきましょう。さあ洗うぞ!というときにこの2つがないと困りますよね。
一人暮らしの部屋ならそれほど広くないかと思います。家電の項目でも述べましたが、掃除機は案外いらないものです。クイックルワイパーひとつあれば十分です。掃除は引っ越した当日からしないといけないので、クイックルワイパーであればすぐに準備できます。ごみ袋も忘れずに用意しましょう。
忘れがちですが、トイレットペーパーは必ず当日から置いておきましょう。うっかり購入しないままトイレに行くと・・・想像するだけでぞっとしますね。また、スリッパもあると良いですね。トイレマットや便座カバーは、一人暮らしだと洗濯が億劫になってしまうので、いらないものかと思います。ないと冷えてしまうという人はあってもよいでしょう。
お風呂に入ってシャンプーやボディソープがない!となれば大変です。必ず当日中に用意しましょう。シャンプー、ボディソープ、洗顔料、バスタオルは必須です。女子だとこれのほかにも、コンディショナーやトリートメント、化粧水、保湿クリーム、ドライヤーなども必要になるので、忘れずに。
洗剤に柔軟剤、また、洗濯ものかご、ハンガーを購入しておきましょう。外干しする場合は物干し竿と洗濯ばさみが必要になります。
すぐになくても困らなくても、あったほうが便利なものもあります。便利なものは日常生活を快適に豊かにしてくれるものです。楽しい一人暮らしのために、できればそろえておきましょう。

姿見

洗面所の鏡や手鏡だけでは全身を確認することができません。女子はおしゃれにも気を使いたいですよね。毎日の服装・髪型チェックのためには姿見があると便利です。

ごみ箱

ごみ袋があればごみを捨てるのに問題ありません。ですが、ごみ袋をそのまま置いてある状態は、部屋の見た目を台無しにするものですよね。見た目だけでなく、やはりごみ袋だけでは頼りなくて捨てにくいです。できればそろえておきましょう。

スリッパ

スリッパを履く習慣がない人もいるかもしれませんが、普段スリッパを履いている人は用意しておきましょう。当たり前に使っているものは意外と気づかないことが多いです。部屋用、トイレ用とあったほうがいいと思います。洗えるスリッパであれば頻繁に取り換える必要がないので便利です。

雨はいつ降るかわかりません。安いのでよいので、1本は置いておくといざ雨が降ったとき困らないですね。最初は折り畳み傘が持ち歩けるので便利かもしれません。傘立ても買っておくと置く場所に困らないのでよいですね。

小物入れ

生活するうえで、意外と小物は多いです。ペン類、爪切り、綿棒などなど。小物類がそのまま置かれていると煩雑になってしまいます。小物入れをいくつか用意しておくと便利です。
Czhjdacs7yasrgpozewo
女子の一人暮らしにいるもの、案外いらないもの、あると便利なものをご紹介しました。中には当日にないと困るものも多いので、これから一人暮らしをはじめる人は参考にして事前に準備できるものはチェックしておきましょう!