Wp7wxhciosovsnjsz201

暮らし

CATEGORY | 暮らし

ミニマリストの一人暮らし女性はおしゃれ?食器などで必要なものは?

2020.08.03

物を持たないシンプルな暮らしをするミニマリストが女性の間で大ブームとなっています。一人暮らしに必要な食器はどの位?本当に必要なものとは?一人暮らしでミニマリストな生活送るポイントをまとめました。無駄なくおしゃれな生活を始めてみませんか?

  1. ミニマリストとは
  2. ミニマリストの一人暮らしとは
  3. ミニマリストの一人暮らし【玄関編】
  4. ミニマリストの一人暮らし【水回り編】
  5. ミニマリストの一人暮らし【キッチン編】
  6. ミニマリストの一人暮らし【クローゼット編】
  7. ミニマリストの一人暮らし【リビング・寝室編】
  8. ミニマリストはバッグの中身もシンプル
  9. 一人暮らしのミニマリストは意外と買い物をする?
  10. ミニマリストの一人暮らし女性は賢くおしゃれに暮らしてる
最近雑誌やインターネット上で「ミニマリスト」と言う言葉をよく目にするようになりました。特にSNSではミニマリストを名乗る人も多く、彼女たちの投稿からシンプルでスッキリした生活を送っている事が伺えます。実際ミニマリストは必要最小限の物で生活をしている人の事を言います。シンプルや統一感のある無印良品のモデルルームのような家を想像しがちですが、実はもっと極限まで極まった何もないに近い暮らしをしています。具体的に見ていきましょう。
一人暮らしはミニマリストデビューをする絶好の機会です。家族や恋人と一緒に暮らしていると、どうしても自分の物でない物が増えてしまい、かと言って勝手に捨てる訳にも行きません。子供のいる家庭ではどうしてもおもちゃが溢れかえってしまいますが、なかなかおもちゃを買わないわけにもいきません。
一人暮らしであれば自分の物だけなので必要なものなのか、必要ないものなのか自分で出来ます。ベテランミニマリストの中には携帯で時間は確認できるから時計は要らない、仕事で家にいる時間は短いしパソコンやスマホでテレビは見えるからテレビは要らないなんて言う方もいます。一人暮らしで物が少ないのでもちろんチェストや棚なんてありません。備え付けのクローゼットさえあれば十分なのです。
I5tre0ybeexa7opl18wy
玄関には必要なもの以外は置きません。必要最小限の物しか持たないミニマリストの人は折り畳み傘を愛用しているケースが多く、コンパクトに畳んで収納出来るので場所を取らない事や常に鞄に入れて持ち歩いておけば傘を忘れたと都度買い足して余計な傘を増やさないと言う利点があるそうです。また、傘を収納する「傘立て」も折り畳み傘を使えば必要の無い物になります。
もちろん靴も最小限数しか持ちません。例で挙げると、①冠婚葬祭用のフォーマルなパンプス②何にでも合わせやすいスニーカー③歩きやすいフラットシューズ(④通勤用パンプス)と通勤用の靴が不要であれば3足あれば十分なんて考える人もいるようです。夏用のサンダルはワンシーズンで使い捨てが出来るように高価な物ではなくてプチプラな物を購入する等在庫を持たない工夫もあるようです。
洗面所やお風呂場等の水回りはアイテムが多く特に女性だとごちゃついてしまいがちな部分の1つです。化粧水や美容液等色々と必需品はあるかと思いますが洗面台には物を置かないのが鉄則です。また、バスマットも本当に必要なものですか?毎日洗うものではないと衛生的にも良くないですがお風呂上がりのバスタオルで濡れた床もサッと吹いて洗濯に出してしまえば衛生的でバスタオル要らずな一石二鳥です。
洗濯のペースやタオルを使う箇所を考えて、バスタオルやフェイスタオルも何枚あれば良いのかを見直してみましょう。
ここ、誰か住んでいるの?と疑問に思う程物がなく生活感も漂わせないのがミニマリストのお部屋のイメージですが、最も生活感が出やすいのがキッチンです。でも、キッチンが片付いているととってもおしゃれなお部屋の印象になります。女性なら、自炊をする方も結構多いかと思いますが調理道具はキッチンの棚に収まる量以外は持たないのがミニマリストです。やかんが入らないからコンロの上に…なんて事はNGです。
フライパンや鍋もいくつも必要ありません。色々な物に使いまわせるサイズを選んで置いておきましょう。鍋でも簡単にご飯が炊けるから炊飯器は要らない、と言う人もいれば、炊飯器1つでご飯以外にも煮物や蒸し物が作れたり保温が出来るからほとんど調理道具が必要ない!と言う考えの方もいます。様々なアイディアで自分に合った物の減らし方を楽しんでいるんですね。
キッチンで数が多いものといえば食器です。必要最小限の食器と言っても人それぞれです。あまり自炊はせずに殆ど食器の必要ない方は極端な数で言えばワンプレート皿1枚とお椀、グラスぐらい食器があれば生きていけますが、一通り所持しているミニマリストの方の例ではお茶碗、お椀、丼、深皿、大皿、グラス、マグカップなどの食器を各1枚ずつ所持しておられました。「人が来た時に…」と自分以外の人の分の食器を所持する事はミニマリストの考え的にNGです。
ミニマリストのクローゼットの中はガラ空き状態、服も必要最小限しか持ちません。1シーズンが90日間と考えるとボトムス5着、トップスのインナー、アウターが各5着ずつあれば、なんと125通りの組み合わせができるとの事。毎日違う組み合わせにしても、十分に事足ります。1週間を1サイクルと考えて7パターンのコーディネートプラスアルファの服しか所持しないと言う考え方もあります。
その為ワンコーデになってしまう柄物のワンピース等はミニマリストの方達からはあまり好まれず、ユニクロや無印良品等シンプルで着回しのきく服を取り入れる人が多いようです。もともとシンプルなファッションが好きだからこそシンプルな暮らしが合っているのでしょう。衣類もミニマリスト化出来るようになったら持っている服の魅力を最大限に引き出しながらアレンジを考えてコーディネートを楽しむおしゃれ上級者です。
一人暮らしだと住居スペースが寝室と兼用である場合がほとんどかと思います。どんなにスッキリさせてもベッドや布団といった寝具の存在が一気に生活感を醸し出してしまいます。
寝具には壁や床に近い色と柄絵のない物を選んで存在感を出さないようにするとスッキリとします。シーツと枕カバーの統一はもちろんカーテンも近い物で合わせられるとなお良いですね。物を持たない=ミニマリストであり、シンプルなインテリアがミニマリストと言う訳ではありませんがミニマリストの皆さんはこのようにインテリアもスッキリとおしゃれに楽しんでいます。
最初にお話しした時計やテレビの例のように何で何を補えるのかと言う工夫を凝らしながらストレスのない範囲内で物を減らして行けると良いですね。
ミニマリストの方々カバンの中も整ってスッキリしています。荷物の少ない女性は女子力が低いなんて言うような事を言われることもありますがミニマリストはおしゃれで素敵な方ばかりで全くそんな事はありませんね。意外と物を出す時、あれこれごちゃごちゃとカバンの中を探る女性の姿を見て「だらしがない」と引いてる男性も多いんですよ。男性に引かれない女性になりましょう。
ミニマリストはほとんど買い物をしないのでは?と思う方も多いでしょうがミニマリストの方だって買い物はします。大切なのは本当に必要なものだけを考えて買うスキルを身に付けることです。食材や日用品等生活に不可欠なものは安売りされているとついつい買い置きしてしまいがちですがストックを持たないのが鉄則です。
買い置きやストックが要らないのも一人暮らしだから実現しやすい生活スタイルです。また、服や靴等の衣類に関しても頻繁に買い替えを行なっているようです。同じような服を持たないで色々な着まわしをしたり、通勤靴は一足だけをしか持たないとすぐに履きつぶしてしまいます。その中でお気に入りの1足、1着を見つけてこまめに買い替えを行っています。
様々な工夫を凝らしながら賢くおしゃれに生活をしているミニマリスト。本当に必要なものなのかを考えるだけで出費を抑えることも出来て良い事ばかりです。様々な例をご紹介しましたが必要なもの、不要なものは人それぞれです。自分の持ち物を見直してストレスなくミニマムな暮らしを始めてみてくださいね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BkILPkIn4rU/?tagged=%E3%83%9F%E3%83%8B%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88