Bdm1w9isaugwz2pwfcgj

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

乳液とクリームの違いって?役割を知って自分の肌質に合うものを

2018.12.12

美肌に大活躍の乳液とクリームですが、使うときは肌質に合うものを使うとより効果的です。乳液とクリームの違いと、それぞれの肌質に合う選び方をこれからご紹介します。自分に合った乳液とクリームを見つけて、うるおい美肌になりましょう!

  1. 乳液とクリームはなりたい肌になれるベストアイテム
  2. 乳液とクリームの違いを知って美肌になろう
  3. 肌質の違いにあわせて乳液とクリームを選ぼう
  4. 肌質別の乳液とクリームの上手な選び方
  5. 乳液の正しい使い方
  6. クリームの正しい使い方
  7. 乳液とクリームの保湿効果が高くなる方法
  8. 乳液とクリームの注意点
  9. 生活習慣を正しくして美肌になりましょう
  10. 自分にあった乳液とクリームで美肌になろう
Ykdnpft6kl5j5d0geges
引用: https://www.instagram.com/p/BclM7v9ge8M/?tagged=%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%83%8A
お肌は、メイクや、紫外線、乾燥などといった刺激で思ったよりも沢山のダメージを受けています。ダメージから守るために、毎日の保湿ケアをすることは、美肌になるためにとても必要なことです。特に、乳液や、クリームはお肌を保湿するベストアイテムですから、上手に活用したいものです。とはいっても、乳液やクリームは沢山ありますので、どれを選んだらよいか悩んでしまうのではないでしょうか。美肌になるには、乳液とクリームの役割と、肌質別の選び方を知ることが大切です。これから詳しくご紹介します!
Vehjiqung1pehdlnttpb
引用: https://www.instagram.com/p/BezDPGPnyrb/?tagged=%E4%BF%9D%E6%B9%BF%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%A0
Q4covpujwvv9ppndtjp1
引用: https://www.instagram.com/p/Be6xdu-jBJI/?tagged=%E4%BF%9D%E6%B9%BF%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%A0
乳液とクリームの違いを簡単に言うと、肌から水分が蒸発しないように油分で閉じ込める役割といえるでしょう。乳液には、水分が多めで、20パーセントから30パーセント位油が配合されています。伸びはよく、お肌を潤しながら保湿をしてくれる効果が期待できます。一方で、クリームは、油分がほとんどで、こってりしたクリームです。少量を付けるだけで、しっかりと保湿し、まるでパックのように水分を逃がしません。乾燥がひどいところにはクリームを使って、そうでもないところには乳液を使ったりするなど、必要に応じて使い方を変えることが出来ます。
Rsnenwg40qrllfjantyd
引用: https://www.instagram.com/p/Be5NnBxj78m/?tagged=%E3%81%86%E3%82%8B%E3%81%8A%E3%81%84
F7gkachke5bmabwk1vn2
引用: https://www.instagram.com/p/BXoybC0B1rs/?tagged=%E8%82%8C%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%97
乳液や、クリームはいろいろなタイプのものがありますので、どれを選んだらよいか悩みますよね。実は、お肌には、タイプがありますので、肌質の違いにあわせて乳液とクリームを選ぶと、潤いの満ちたお肌に導かれて、スキンケアも効果的になりますよ♪
Lflbxvp6hnyanxtuvco3
引用: https://www.instagram.com/p/BYoDSMynDzY/?tagged=%E8%A7%92%E5%B1%A4

肌質の違い①普通肌

普通肌は、なんの目立ったトラブルがない、いたって問題の見られないお肌の事です。このお肌になっていれば、キメも潤いも整っているので、お手入れも簡単にできますし、理想の肌状態といえるでしょう。

肌質の違い②乾燥肌

乾燥肌は、お肌に水分が留まることが出来ないので、すぐに乾燥しがちなお肌の事です。常に保湿をして潤いを与えないと、乾燥が進んでシワ、かゆみなどが出てしまうのでお手入れには保湿を重点にしてケアをすることが大切です。

肌質の違い③混合肌

混合肌は、同じお顔の皮膚なのに、一部乾燥していて、一部脂っぽいなど、困った症状が混ざっているお肌の事です。Tゾーンが脂っぽいのに、あごは乾燥しているなどしていていたら、混合肌ケアをした方が良いでしょう。

肌質の違い④脂性肌(オイリー肌)

お顔の中で脂っぽい部分が多く、洗顔後少し時間がたつと、皮脂分泌の多さから、顔がテカテカしてきてしまうお肌で、脂取り紙でこまめにケアをしないとメイクも崩れて大変というお肌の事です。毛穴が詰まり、ニキビといったトラブルに見舞われやすいお肌なので、スキンケア、メイク用品もオイルフリーなどを使う方が良いでしょう。

肌質の違い⑤敏感肌

敏感肌は、乾燥が進んで、少しの刺激にも敏感に反応してしまうデリケートなお肌のことです。毎日のメイク落としや、生活習慣で、お肌のターンオーバーが崩れ、かゆみや赤みなどのトラブルに見舞われやすいです。敏感肌用の低刺激商品を使わないと、かゆみがひどくなったりするので注意が必要なお肌です。
Lw534lhsw974xfwufa7n
引用: https://www.instagram.com/p/BeTzob6HHyZ/?tagged=%E4%BF%9D%E6%B9%BF%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%A0

普通肌にぴったりの乳液とクリーム

普通肌にぴったりの乳液とクリームは、水分と油分のバランスの良いもので、使い心地の良い乳液を使うと良いでしょう。お肌トラブルが少ないお肌ですが、お肌の保湿は毎日しっかりと続けていきましょう。

乾燥肌にぴったりの乳液とクリーム

乾燥肌には、お肌の潤いを強力にサポートしてくれるセラミドやヒアルロン酸といった保湿力の高い成分が配合されていて、低刺激の乳液が良いでしょう。水分が蒸発しないように、油分多めの乳液とクリームが最適です。

混合肌にぴったりの乳液とクリーム

混合肌は、乳液とクリームを部分別に使い分けるテクニックが必要です。乾燥している部分には、ヒアルロン酸や、セラミドの入ったものを使い、皮脂分泌が多いところには、油分少な目のさっぱりとした乳液やクリームを使うと良いでしょう。

脂性肌にぴったりの乳液とクリーム

皮脂分泌が多いのに、乳液やクリームを使うと、ニキビが悪化したり、お肌に悪いから使わないほうがいいんじゃないのという質問をされる方が多いのですが、実は、皮脂分泌が多いお肌でもお肌に保湿は必要です。洗顔後、必要な油分を補うことで、お肌に必要なハリと柔らかさを与えますから、お肌トラブルが改善されたという方も多いです。油分が少なめのさっぱりタイプの乳液やクリームを使ってお肌をケアしていくことが良いでしょう。

敏感肌にぴったりの乳液とクリーム

敏感肌は、敏感なお肌に余計な刺激と負担を与えないように、低刺激性で天然成分が配合されたお肌にやさしい成分で作られた乳液やクリームを使うことをおすすめします。セラミドやヒアルロン酸などは、敏感肌のお肌を優しく保湿してくれますので、積極的に選ぶとよいでしょう。パッチテストをしてから使うと、お肌に合わないか事前に分かるので、安心して使うことが出来ますよ♪
Cn6cbelk3qzw8hzu8u5j
引用: https://www.instagram.com/p/BdCkzhflp2n/?tagged=%E4%BF%9D%E6%B9%BF%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%A0
Ticl5qbujzcikdfaxnts
引用: https://www.instagram.com/p/Bdh-1t9ALLx/?tagged=%E4%BF%9D%E6%B9%BF%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%A0
乳液は、化粧水がお肌に馴染んだ後に使いましょう。乳液は、顔の中央から、外側に向けて優しく伸ばし、最後に手のひらでお顔全体を優しく押さえて馴染ませると効果的です。手の体温で乳液が柔らかくなり、お顔に優しくフィットしてくれます。お肌にトラブルがある方でも、お肌への刺激を少なくして、キレイに浸透させることが出来ます。乳液には油分が含まれていますので、皮脂分泌が多いTゾーンは、少なめに乳液を付けると効果的です。
Fjaeg1mxcpo6aowhj20c
引用: https://www.instagram.com/p/BaLB-dJFWQz/?tagged=%E8%82%8C%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%97
Ig2e47onuakdbtsjbg5p
引用: https://www.instagram.com/p/Bd38Y5OnMG0/?tagged=%E4%BF%9D%E6%B9%BF%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%A0
クリームは、油分が多いので、使う量は少量が良いです。人差し指に少しクリームを付けて、両手の指先に馴染ませて体温で温めて、クリームの伸びを良くします。先に、乾燥しがちな頬、口元、目元にぬってから、最後に皮脂分泌量が最も多いTゾーンにほんの薄くつけて、外側に向けてやさしくスーッと伸ばしていきましょう。こってりとしたクリームの油分は、お肌を潤いに導いてくれますよ。
Atchx83sbklzbrlavodx
引用: https://www.instagram.com/p/BdwUpZuFaDL/?tagged=%E4%BF%9D%E6%B9%BF%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%A0
Vpfevzmevtoqh9y2gq7h
引用: https://www.instagram.com/p/BeB0Fc-h5JU/?tagged=%E4%BF%9D%E6%B9%BF%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%A0
乳液とクリームを使う場合は、洗顔の後、化粧水、美容液をつけて乳液、クリームの順につけるようにすると効果的です。スキンケアをさらに効果的するには、最初の洗顔がとても大切なポイントです。皮脂の汚れをしっかりと落として清潔なお肌にスキンケアをすることで、スキンケアの効果が格段に高くなります。たっぷりの泡で、優しく包み込むようにお肌を洗いましょう。洗顔後は乾燥してしまいますので、すぐに化粧水を付けましょう。メーカーの推奨している用量の半分を手のひらに馴染ませて、温めてから顔を包み込むようにして押さえて付けます。残りの半分を同じ方法で手のひらに化粧水を馴染ませ、お顔に押さえて付けましょう。手のひらにお肌が吸い付くような弾力を感じたら、お肌のキメが潤い、保湿されたことになります。
Dbxlmaenpohfldrcngiq
引用: https://www.instagram.com/p/Be44eTshtaP/?tagged=%E4%BF%9D%E6%B9%BF
Uck3zcrmjhfnbg0oab9t
引用: https://www.instagram.com/p/BrQan4inPur/?utm_source=ig_web_copy_link
乳液もクリームも油分が多いので、付けるときは部分別に適量を塗りましょう。皮脂の分泌量が多いTゾーンやニキビができている部分には少な目に、刺激を与えないよう手のひらで押さえるようにつけ、乾燥する部分にはたっぷりと2回に分けて使うと効果的です。多くつければ良くなるというわけではないので、最初に取扱説明書をよく読んで、用法・容量をしっかり守りましょう。お肌が生まれ変わるまで、一か月はかかりますので、あせらず、毎日の保湿ケアを続けていきましょう。塗るときは、お肌に刺激を与えないように気を付けて塗りましょう。容器も衛生的に使うように心がけるとともに、お肌に塗るときは、くれぐれも清潔な手で塗りつけるようにしていきましょう。
Rxzpvxtu1hpqgedh5bmb
引用: https://www.instagram.com/p/Be6ly7agsrM/?tagged=%E8%8A%B1%E6%9D%9F
I8kzxetqttjpeies5iir
引用: https://www.instagram.com/p/Be9bzPUhFnm/?tagged=%E4%BF%9D%E6%B9%BF
お肌のターンオーバーを整えていくことも美肌に繋がる大切なスキンケアの一つといえるでしょう。美肌になるために、毎日の生活習慣を一度見直してみると良いでしょう。栄養バランスの取れた食事、良質な睡眠、適度な運動などをしていくと、お肌の新陳代謝も高まり、美しいお肌へと生まれ変わるサイクルが出来ますから、おすすめです。
Ckqlfvywxvfdpk3lsp3n
引用: https://www.instagram.com/p/BrScXL0FQLc/?utm_source=ig_web_copy_link
Bybjkophclwzxrfi1gi2
引用: https://www.instagram.com/p/BrNYJsqhSQ6/?utm_source=ig_web_copy_link
乳液やクリームは是非、自分の肌質にあったものを選んで、効果的なスキンケアを心がけていきましょう。キメの整った美しいお肌になりましょう!
Jikzputtuztk8f9hgmpc
引用: https://www.instagram.com/p/BfAO3LIHAqw/?tagged=%E7%BE%8E%E8%82%8C