Hioqzae3xqgqu17eujxl

暮らし

CATEGORY | 暮らし

カーテンは赤でインテリアに暖かみを!おしゃれな部屋の実例も紹介

2018.06.22

カーテンは赤に統一をすると部屋が暖かみのあるおしゃれな雰囲気に包まれます。今回はそんな赤いカーテンの魅力を紹介。カーテンの柄やインテリアとの相性など、部屋に合わせやすい赤いカーテンを紹介していきます。また、おしゃれな部屋の実例も見ていきましょう!

  1. 赤いカーテンは部屋に暖かみをアップさせるアイテム
  2. 赤いカーテンは1年を通して使える色
  3. 淡い赤のカーテンならば春~夏で華やかで涼しい印象になる
  4. 秋にはややオレンジ・ブラウン系の赤いカーテンで部屋の暖かさをアップ
  5. 冬は厚手の赤いカーテンで部屋を暖かく、落ち着いた印象に
  6. 赤×柄のカーテンは飛び抜けたおしゃれさを感じさせる
  7. 赤いカーテンのおしゃれな部屋の例【柄付きの赤いカーテン】
  8. 赤いカーテンのおしゃれな部屋の例【厚手の赤いカーテン】
  9. 赤いカーテンのおしゃれな部屋の例【春夏におすすめの赤いカーテン】
  10. まとめ
みなさん赤、ときいてどんなイメージを浮かべますか?赤という色は【暖かみ】【情熱】【やる気】【積極性】などのイメージを持つことの出来る色として有名ですよね。色の力はその人や物の印象や雰囲気、または気持ちに大きく影響するものなので、赤い物を身につける、または身近に赤いものがあると、先程のイメージのような雰囲気や気持ちにさせてくれる効果が期待出来る、と言われています。
そういったこともあり、インテリアの中でもカーテンの色を赤くすれば、部屋全体が暖かみを増し、さらにはその部屋にいると情熱ややる気、積極性などの気持ちにも影響させてくれることもあります。実際部屋に赤いインテリアやカーテンがあると、部屋はとても暖かく感じますし、なんとなく頑張ろう、とい前向きな気持ちにさせてくれる気がするものです。
そのため、部屋に暖かみをプラスしたい、というのであれば部屋の印象を一気に変えることの出来るカーテンの色を赤にするのがおすすめ!今回はそんな赤のカーテンの魅力について細かく紹介していくので、赤いカーテンに模様替えしたいという人や、インテリアも赤いカーテンと合うようなおしゃれな部屋にしたいという人は、是非注目していきましょう。
なんとなく赤いカーテンと聞くと、重たいイメージをしてしまう人もいるでしょう。確かに赤いカーテンと言えば、厚手で、冬にふさわしいようなものに思えてしまう人もいますよね。また中にはステージなどに使われている赤い絨毯のようなカーテンをイメージして、インテリアには合わなさそう…と思えてしまう人もいるでしょう。
しかし実際赤いカーテンは1年を通して使える色であり、赤にも様々な種類があるため自分の部屋やインテリアに合った赤いカーテンをつけることは十分に可能なのです!赤のカーテンは確かに選び方を間違えてしまうと暖かみよりも重々しさが部屋に響いてしまいますが、季節や部屋のインテリアを意識した選び方さえわかってしまえば、誰もが暖かみのあるおしゃれな部屋にコーディネイト出来るはずなので、早速その選び方や赤いカーテンの種類を見ていきましょう。
赤にも様々なものがあります。たとえば淡い赤、パステルカラーのような赤やカーテンの生地自体が春夏仕様、透け感があるものであれば、重々しい印象を部屋に与えることはありません。
むしろ淡く可愛らしいような赤は、部屋に暖かみを与えつつ、華やかで涼しさもプラスしてくれるため、春や夏のカーテンとしてもぴったりなのです。また柄物を選ぶことによって赤いカーテンの印象もかなり変わってくるため、春夏に赤いカーテンを選びたい場合には、春夏仕様のものであると同時に、透け感や色合いなどを踏まえた上で選んでみましょう!
引用: http://www.e-windy.com/blog/ishida/files/2011/06/36.jpg
次に注目をしていきたいのが秋の赤いカーテン選びです。秋は暑い日もあれば、やや肌寒いと感じる日もあるため、丁度いい暖かみを部屋にプラスしていきたい季節ですよね。そんな秋にぴったりの赤というのが、オレンジやブラウン系が少し入っている赤いカーテンがおすすめ。
引用: http://interiro.com/wp-content/uploads/2014/12/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88%EF%BC%882014-12-19-5.02.12%EF%BC%89.png
真っ赤なカーテンもいいものの、秋はぬくもりを感じられるような程よい暖かさが欲しい季節なので、オレンジやブラウンと言った、じんわりと暖かさが伝わってきそうな赤を選ぶことがポイントなのです。ちょうど秋は夏がおわり、ガラリと部屋の模様替えやインテリアを変える時期でもあるので、それに合わせてオレンジ系、またはブラウン系の赤いカーテンを選んでみてはいかがでしょうか。
引用: http://monreve.co.jp/wp-content/uploads/2013/08/IMG_0006-facebox.jpg
冬は赤いカーテンを合わせやすい時期です。ただし真っ赤なカーテンで厚手のものを選んでしまうとやや部屋がゴージャスな感じになってしまい、部屋のインテリアと合わない…と悩みを抱えている人もいるでしょう。確かにステージカーテンのような厚く重々しい赤いカーテンだと、部屋にとってはミスマッチということもあります。
引用: http://img-cdn.jg.jugem.jp/e6c/1925849/20101204_1415403.jpg
しかし真っ赤なカーテンではなく、たとえばややくすんだ色の赤やブラウンがかった赤などのカーテンを選べば、部屋の印象はとても落ち着き、じんわりと体の芯から暖かさが増してくるような気持ちにさせてくれます。真っ赤なカーテンだからこそ重々しい雰囲気になってしまうため、赤は赤でも落ち着いた赤のカーテンを選べば、暖かさを出しつつホット一息つけそうな落ちついた部屋にさせてくれます。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRDohFXZMejFgDjyQi9aX61WQpY7j6qtL13p-PdPOiHEQmHZgmW
赤×柄のカーテンは飛び抜けたおしゃれさを部屋に演出させてくれます。柄にもよりますが、ちょっと無地のカーテンだとアクセントが足りないかもしれない、暖かさは欲しいけれどおしゃれさやセンスの良さを感じさせるようなカーテンが欲しいという場合には、赤×柄のカーテンを是非選んでみてください。
引用: http://www.curtain-info.com/wp/wp-content/uploads/2017/02/red_nordic.jpg
特に部屋全体がシンプルなインテリアでまとまっている場合、カーテンも無地のシンプルなカーテンにしてしまうと、シンプル過ぎてしまい、少々物足りなさを感じてしまうこともあります。そんなシンプルな部屋にこそ、少しインパクトのある柄物の赤いカーテンを選ぶと、部屋全体に統一感とおしゃれな雰囲気が出るため、センスの良い部屋に仕上げることが出来るのです。
引用: http://pata2mama.sakura.ne.jp/sblo_files/patapata-mama/image/P1020496.JPG
こちらの赤いカーテンのおしゃれな部屋は、赤いカーテンを柄物にすることによってポップで明るい印象を持たせる部屋にしています。インテリアがたとえポップなものではなかったとしても、あえてシンプルや白といったインテリアを選ぶことによってカーテンが際立ち、部屋全体に統一感が生まれているのがわかります。
引用: https://www.toli-life.com/howto/curtain/purpose/color/img/i1.jpg
こちらも柄付きの赤いカーテンの部屋。赤というよりかは少し淡くピンク色に近い赤いカーテンになっているため、主張しすぎず柔らかな印象を部屋全体に与えてくれています。こちらも柄物ということもあり明るくポップな雰囲気を部屋全体に与えてくれるため、子供部屋などにも最適なカーテンだと言えます。
引用: https://i.pinimg.com/736x/f6/a3/ac/f6a3acc2d2b63dce343888164aa79cfd.jpg
赤いカーテンと言えばやっぱり冬、という人も多いでしょう。そんな人に紹介をしていくのが、赤いカーテンの魅力がより際立つ厚手の赤いカーテン。冬の寒さを感じさせない厚みのあるカーテンと赤の与えてくれる暖かさは見ているだけでも冬をホット一息つけるようなものにしてくれそうな気がしてくるものです。赤と相性の良い白のインテリアと組み合わせることで、おしゃれさを出しています。
引用: https://ieny.jp/images/upload/2016/11/a386f810f6a8775b63cc132dfc1ec10d.jpg
赤いカーテンに加え、赤と白をベースにしたインテリアで部屋をコーディネイトしたおしゃれな部屋の例です。赤い厚手のカーテンはそこまで真っ赤ではなく、オレンジよりになっているのでやわらかな暖かさを感じさせてくれます。また、ジュータンもふわふわとしたものになっているので、赤いカーテンと赤い絨毯の効果もあって部屋に暖かさをよりプラスしてくれています。
引用: https://stylish-room.com/wp-content/uploads/2014/11/curtain-select5.jpg
春や夏などに赤いカーテンを使うにはどうすればいいか、という人のために紹介をしていきたいのがこちら。こういった薄手の春夏用の赤いカーテンは重さを感じず、爽やかな部屋へと演出してくれる効果があります。赤いカーテンを部屋につけるだけで、部屋は一段と明るい印象になるため、他のインテリアには赤の他に赤と相性の良い白のインテリアや、観葉植物を置くことによって、爽やかさがさらにプラスされていきます。
引用: http://image.interior-book.jp/item/image/normal/1628713.jpg?time=1450499482
こちらは厚手のカーテンでも薄いカーテンでも一年を通して赤いカーテンを使っていけるようなおしゃれな部屋です。インテリアに赤いものや赤と相性の良い白いものを置いているため、赤と白が際立ち、全体的におしゃれな統一感を出してくれています。薄手のカーテンならば爽やかな部屋になりますし、厚手のカーテンならば冬は暖かみと白の落ち着いた雰囲気が安心感のある部屋へと演出してくれることでしょう。
引用: http://7-ma.com/shop/item/img2/kash-0127-3.jpg
いかがでしたか?赤いカーテンの魅力を知ってみると、部屋をおしゃれにするためにすぐに付けたくなってしまうものです。赤いカーテンは部屋の雰囲気を変えるもので、柄やインテリアとの相性にもよって様々な姿を見せてくれます。今回紹介した赤いカーテンの魅力や、おしゃれなインテリアが魅力の部屋の例を参考にして、部屋をおしゃれな赤いカーテンで彩っていきましょう!