Vtfse3b95l46bpy1lelx

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

乳液の正しい付け方まとめ|役割・順番・選び方徹底リサーチ

2018.12.13

乳液には、お肌をしっとりとやさしく潤してキメを整えてくれる効果があります。効果的に使うためには、乳液の正しいつけ方をすることが大切です。乳液の効果がでるように、これから、乳液のつけ方の順番、お肌に合った選び方についてご紹介します。

  1. 乳液は美肌になるためのマストアイテム
  2. 乳液の正しい役割を知ろう
  3. 乳液は正しいつけ方が大切
  4. 乳液の基本的なつけ方の手順
  5. 乳液のつけ方の注意点
  6. お肌に合った乳液を使うことがポイント
  7. 乳液の種類と選び方
  8. 乳液を使う注意点
  9. 美肌になるには生活習慣も改善しよう
  10. 乳液を正しく上手に使ってすっぴん美肌になろう
Nikl99uyzsjsuiigayjg
引用: https://www.instagram.com/p/Be-y-wdj0FI/?tagged=%E4%B9%B3%E6%B6%B2
スキンケアに必ず使った方が良いとされている乳液ですが、その使用感や使い心地に悩んでいる方が多いのもよく聞く話です。理由には、べたつきが気に入らない、効果があまり分からない、油成分で逆に肌トラブルが出来そうという様々なことが挙げられますが、乳液はお肌を美肌にしてくれるマストアイテムです。どんなに良い製品でも正しく使うことをしないと効果が半減してしまいます。乳液の効果を最大限に生かすことができるように、これから乳液の正しい使い方、手順、注意点についてご紹介していきます。
Fiyfssj4yoxirvzemzyr
引用: https://www.instagram.com/p/BrUHVVhAt48/?utm_source=ig_web_copy_link
Rsue44z20de02r71hymn
引用: https://www.instagram.com/p/BZveLEtDSsO/?tagged=%E7%B6%BA%E9%BA%97%E3%81%AA%E8%82%8C%E3%81%B8
乳液の中には、水分と油分がバランスよく配合されています。特に水分量が多くて、油分は10%から30%程度しか配合されていません。乳液の目的は、お肌に潤い成分を保湿して、油分でしっかりとガードしてお肌から大切な水分が蒸発しないように守ってくれる役割をしてくれます。年齢を重ねるごとに、お肌はどんどん乾燥に傾いて、お肌にシワやニキビなどのトラブルなども出てきますから、乳液を使うことによって、普段からお肌の保湿効果を高めて、シワやお肌のトラブルが出来にくい状態に整えてくれる乳液はスキンケアに是非取り入れていきたいアイテムといえるでしょう。
Cicm5hbbedwd1etdw0v6
引用: https://www.instagram.com/p/BrSPNhhAnEQ/?utm_source=ig_web_copy_link
Z4xl67hyqmvxie4qfqas
引用: https://www.instagram.com/p/BfF6zvKlESu/?tagged=%E4%B9%B3%E6%B6%B2
乳液には、正しいつけ方がとても大切です。どんなに良い乳液でも、つけ方が良くないと、効果が半減したり、余計な肌トラブルを招いてしまうことになってしまうかもしれませんので注意をしていきましょう。これから、乳液の正しいつけ方について詳しくご紹介していきます。
Wbm6gmflsd4k5uyp2prz
引用: https://www.instagram.com/p/BfCsBRclKhF/?tagged=%E4%B9%B3%E6%B6%B2
Pj9kfzsi7etyx8a7myve
引用: https://www.instagram.com/p/BfDHWnoDe4Z/?tagged=%E4%B9%B3%E6%B6%B2
乳液のつけ方はとても簡単です。乳液を正しい方法で上手につけることでお肌の潤いを高めていきましょう!乳液のつける順番は、①洗顔、②化粧水、③乳液という手順になります。この手順を守って、乳液をつけていきましょう。
Vjqkgaoft68mdropxb0p
引用: https://www.instagram.com/p/BrSNaWCBIrB/?utm_source=ig_web_copy_link

乳液の基本的なつけ方①

たっぷりの泡で洗顔し、化粧水で十分に保湿したお肌に、乳液を優しく伸ばして付けていきましょう。製品ごとに適量がかかれていますので、最初に一回分の乳液の必要量を手のひらにのせて、優しく手のひら同士で温めましょう。こうすることで乳液が温められ顔の上で伸びやすいくなります。

乳液の基本的なつけ方②

温まった乳液を顔の中心から、外側に向けて優しく滑らしながら塗りつけていきましょう。この時のポイントは塗り残しのないように塗ることと、指でこすらないように、優しく塗ることが大切です。最後にハンドプレスをしてしっかりとなじませましょう。
Agscuiou0dgitpxaooid
引用: https://www.instagram.com/p/BrU0bugn8f1/?utm_source=ig_web_copy_link
乳液をつけるときは、出来るだけ手のはらでやさしく塗るようにすることをおすすめします。コットンで塗るやり方もありますが、お肌は刺激にとても弱く、デリケートな部分です。擦るなどといった摩擦によって、シワやたるみ、くすみの原因になってしまうことがあります。そうならないために、優しく手のはらで塗りつけていくことで、お肌への摩擦からの負担を抑えることが出来ます。やさしくケアされたお顔は、より潤いに満ちたキメの整ったお肌に導かれていくことになるでしょう。
Qpdxxlqrwihrkqswoprz
引用: https://www.instagram.com/p/BfALCJDnrn-/?tagged=%E4%B9%B3%E6%B6%B2
V7iwgcup7uc9cndv0vbu
引用: https://www.instagram.com/p/BfHt6BRj2Os/?tagged=%E7%BE%8E%E8%82%8C
乳液は、是非お肌のタイプに合わせて選んで使っていくことをおすすめします。お肌のタイプには、普通肌、乾燥肌、敏感肌、脂性肌、肌トラブルが出ているニキビ肌などがあります。それぞれの肌の状態やタイプに合わせて乳液を選んでいくことで、乳液の効果を実感できるでしょう。例えば、乾燥肌、敏感肌の方には、お肌の角質のきめを整えるセラミドが配合された乳液が良いでしょう。高い保湿効果が期待できる成分が贅沢に配合されていて、低刺激性のものがふさわしいです。脂性肌の方は、もともとお肌がオイリーなので、乳液には油分が多く含まれておらず、使用感もさっぱりとした乳液を使うと良いでしょう。ノンコメドジェニックテスト済だとより安心して使うことが出来ます。どの肌タイプであっても、洗顔後に必要な油分が入った乳液で保湿していくことは必要です。お肌が乾燥に傾くとお肌の困ったトラブルが出てきてしまいますので、乳液をスキンケアに積極的に取り入れていきましょう。
Ons51abhoshb7tithjty
引用: https://www.instagram.com/p/BfHrQdGBfaf/?tagged=%E7%BE%8E%E8%82%8C
Nadmcxs1vfc0wnimi3da
引用: https://www.instagram.com/p/Be8PBl_jxxt/?tagged=%E4%B9%B3%E6%B6%B2
乳液には大きく分けて三つの種類があります。一つ目は一般的に知られている乳液の事で、化粧水の後に付けるお肌を保湿してくれる成分がたっぷり入ったものです。肌タイプに合わせて、種類も豊富に出ているので、毎日のスキンケアに欠かさず使うことが出来ます。二つ目は、ティント乳液で、顔色を良く見せてくれて、主に化粧下地に使う乳液です。日中のメイクの仕上がりを美しく、フェイスカラーコントロールをしてくれますので、メイクに大活躍の乳液です。三つ目はUVカット乳液で、紫外線が強くなる時期から、お肌を紫外線のダメージを守りたい方に、大活躍の乳液になります。乳液は三種類ありますので、それぞれ、季節的なものや、使用用途にふさわしい乳液を選んでいくことをして、上手に使い分けてスキンケアをしていきましょう
T6dwbnfx3bdvpecn5dyj
引用: https://www.instagram.com/p/BesZ76VnIKg/?tagged=%E4%B9%B3%E6%B6%B2
Ukyrr4cbh02xkuvjxjay
引用: https://www.instagram.com/p/BfHvPzKAggs/?tagged=%E7%BE%8E%E8%82%8C
使い続けていくうちにお顔が赤くなったり、かゆみがある場合は乳液に配合されている成分がお肌に合わないサインなので、使用を中止しましょう。乳液のそれぞれの製品には、取扱説明書が必ずありますが、使い始める前に、用法、用量などをしっかりと確認してから、適量を使うようにしましょう。塗りすぎても逆にお肌に負担をかけて効果が良くないこともありますのでご注意下さい。脂っぽいTゾーンには、薄く、乾燥しているところには二度塗りなどと同じお肌の中でも塗り方を変えることによって、よりお肌に合った塗り方をすることが出来るでしょう。ニキビ肌さんや、脂性肌、乾燥肌、敏感肌に嬉しい成分が配合された乳液を探して使うことも大切です。年代別に肌トラブルが出てきますので、肌を美しく保っていくために乳液は年齢と肌状態にふさわしいものを選ぶようにすると良いでしょう。
Ipephxlgzfmeqghuiqyk
引用: https://www.instagram.com/p/BfHqMjXgLKc/?tagged=%E7%BE%8E%E8%82%8C
Cuyqewxu0culldmaevik
引用: https://www.instagram.com/p/BezpPQ6h6Rn/?tagged=%E4%B9%B3%E6%B6%B2
美肌になるためには、毎日の生活習慣も正しくすることが大切です。お肌が綺麗に生まれ変わるためには、毎日、有酸素運動を取り入れて、適度な運動をしたり、良質な睡眠、栄養バランスが取れた食事をとり続けることが必要です。体調を整えることによってターンオーバーが正常に働くようになり、お肌が美しくなるでしょう。冷えは体に良くないので、体を冷やさないようにすることも良いでしょう。ストレスをためるとお肌にも悪影響ですから、気分転換を上手にして、お肌の状態を良くしていきましょう。
Fi2megeol1w4xea4vh5g
引用: https://www.instagram.com/p/BrUw7Q-nio5/?utm_source=ig_web_copy_link
Jyxbkbvkuxbxgyrh0zqp
引用: https://www.instagram.com/p/BrUv1LkHiR-/?utm_source=ig_web_copy_link
乳液は正しく選んで使うことで、使用感や使い心地を良くすることが出来ます。乳液はスキンケアから省いていたという方も、是非毎日のスキンケアに乳液を取り入れていきましょう。洗顔後、乾燥した状態に化粧水をつけても、その後に、お肌に適量の油分を補わなくては乾燥がどんどん進んで行ってしまいます。乾燥からくる肌トラブルが出来ないように、毎日たっぷりと化粧水で保湿し、乳液でしっかり潤いを閉じ込めていきましょう。毎日の乳液ケアを続けていくことで、5年、10年先のお肌の状態が変わってきますよ。40代になってもシワの少ない美肌美人になれるように、乳液で保湿ケアを是非していきましょう!
Rzvnpsuugk4rydlwthft
引用: https://www.instagram.com/p/BrUuCJVlB8j/?utm_source=ig_web_copy_link