Igeghe4sovqgyvc0dakr

ヘアスタイル・アレンジ

CATEGORY | ヘアスタイル・アレンジ

トレンドヘアスタイル2018!流行のレディースロングヘアーを紹介

2018.06.20

2018年レディーストレンドヘアスタイルと言えばミディアムとロング。特にロングはいろんなスタイルが楽しめる長さですよね。そこで今回は、ロングのトレンドヘアスタイルについて紹介していきます。今すぐにでも美容院に駆け込みたくなる魅力的なヘアスタイルが満載ですよ。

  1. トレンドロングヘアスタイル【レトロモダン】
  2. レトロモダンヘアスタイル<アレンジ1>
  3. レトロモダンヘアスタイル<アレンジ2>
  4. トレンドロングヘアスタイル【ゆるふわウェーブ】
  5. ゆるふわウェーブヘアスタイル<アレンジ1>
  6. ゆるふわウェーブヘアスタイル<アレンジ2>
  7. トレンドロングヘアスタイル【グラマラスロング】
  8. グラマラスロングヘアおすすめスタイル
  9. ロングヘアの王道!ストレートトレンドヘア
  10. まとめ
2018年レディースファッションを賑わせている花やドット柄。まさに昔を感じさせるレトロファッションが今年のトレンドスタイルです。そんなファッションにマッチするレトロなヘアスタイルが、ロングでも人気を呼んでいます。

春夏流行ファッションにピッタリ

B5fahjkoex8c8cnzo5pz
引用: https://wear.jp/wear10103/12273638/
総花柄のワンピースに麦わら帽子、足元はスポーティーなスニーカー。そして、おばあちゃんを思い出すような編み込まれているバッグ。これぞ、今年のトレンドファッションです。そんな服装にピッタリな髪型は、レトロを感じるパッツン前髪とふるゆわウェーブですね。麦わら帽子とロングの相性は、2018年のレディースファッションで外せないコーデです。
Fihmvahba15nsqe2omlp
引用: https://wear.jp/iwts2777/12550889/
こちらも今年流行のドット柄スタイル。アンダーでゆるふわにまとめられたロングヘアーと麦わらベレー帽がレトロ感たっぷりです。それでは早速、レトロモダンなヘアスタイルを見ていきましょう。
レトロモダンなロングヘアを楽しむには、前髪がキーポイント。どんなスタイルにも共通しますが、前髪に一工夫手を加えるだけで、あっと言う間にレトロなモダンスタイルが完成します。

前髪に変化を与えれてトレンドを楽しむ

D2lzas4zvtz8idngifl8
引用: http://pledge-hairdesign.com/gallery/%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB-2/
斜めにパッツンと切りそろえられた前髪。レトロながらも、都会の匂いを感じさせるレトロモダンなロングスタイルになっています。
Ocqojht2khbxjg2qvaam
引用: http://52.68.81.3/news/life/pelulu/21256.html
シースルー気味な前髪も、眉毛ラインに切り揃えればレトロが完成します。シースルーバングは、黒髪ならではな重たさを和らげる効果もあるんですよ。
Wnkprap1rkm8t83c87ro
引用: http://makeacute.com/archives/2414
前髪をポンパドールにするだけでも、グッとレトロ感が高まります。短く切るのに抵抗がある人は簡単にアレンジできますね。リーゼント風に仕上げるのもおすすめです。
洋服に合わせて髪型を変えるのもおしゃれ女子基本です。そんな時も、髪の毛ふが長いロングさんならレパートリが豊富です。レトロなスタイルにするのは簡単です。特別なテクニックもいらないので、ぜひアレンジしてみましょう。

まとめ髪でトレンドを演出

H7j1vjzhiezyca8nhhno
引用: https://www.biteki.com/hair/hair-arrange/267405
まずは簡単なツイストを使ったアレンジ方法です。ポイントは斜め横にツイストを流すこと。レトロなゴムを使えば、さらに雰囲気がアップしますよ。
次に紹介するまとめ髪はギブソンタックです。後ろでくるくるまとめたスタイルで、ポジションが下なほどレトロ感が増します。かんざしなどを添えてもおしゃれですね。
Hlfkpvhmnykzh8rslupc
引用: http://howcollect.jp/article/3066
ロック調のまとめ髪も、レトロな雰囲気にマッチします。甘さがプラスされるので、ぜひワンピースと合わせてみましょう。
ミディアムなボブスタイルもレトロなイメージを与えます。でも、髪は切りたくない。そんな人は、ミディアム風にまとめるまとめ髪で楽しんでみましょう。
今年のトレンドファッションカラーはパステル。柔らかいイメージを与えるパステルにピッタリなゆるふわウェーブも、2018年レディースロングヘアーで人気です。ミディアムから伸ばし途中の人にもアレンジしやすいのでおすすめです。

パステルカラーとのコラボは激アツ

Rnoesaqg2xtmyq8cqh4m
引用: https://wear.jp/ingni123/12558558/
袖口に動きのあるパステルピンクのTシャツと花柄のスカートも今年の春夏を楽しむトレンドスタイルです。優しい雰囲気を与えるピンクと白のコンビネーションには、ゆるふわウェーブがムードを盛り上げます。清楚な女性のイメージにピッタリですね。
Kemx51xdtw7a3ydujkrl
引用: https://wear.jp/wear10068/9069447/
パステルなレモンイエローのVネックセーター、紺色ベースに白の花柄模様がエレガントなスタイルです。緩めなロングウェーブが、大人な女性のスタイルにピッタリです。前髪を揃えているところもトレンドをしっかり取り入れています。
ボリュームが出やすいゆるふわウェーブは、思いっきりおでこを出すことですっきりまとまります。小顔効果もあるので、フェイスラインを隠したいと思っている人もゆるふわウェーブで頬をカバーしつつ、おでこはオープンにしましょうね。

センターパート分けでトレンド感アップ

Ia1a8nlh8z86i5guqnbn
引用: https://beauty.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/detail-L001848384
甘い印象を与えるふるゆわウェーブと言えば、手ぐしでも作れるくらいのナチェラルなウェーブと、センター分けしてサイドに流した前髪です。フェイスラインもしっかりカバーできてますね。
O35fvyp1fi2gkqonhru1
引用: https://beauty.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/detail-L002890932
フェロモンを感じるヌーディーな雰囲気も、パステルカラーにピッタリです。チークをピンクからオレンジにかえると、ガーリッシュにもなりますよ。
Ggduryl8omwslwagdboy
引用: https://beauty.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/detail-L005077167
思い切って前髪からゆるふわウェーブをかけると外国人のようなスタイルにもなっちゃいます。オレンジ系のカラーが、白いロンTに映えますね。髪と同系色のパステルオレンジをボトムに添えると、統一感のあるおしゃれコーデになるのでおすすめです。
センター分けも良いけど、ふるゆわウェーブは前髪をかえるだけでイメージがガラッと変わってきます。そこで、前髪アレンジ別に与える印象を見ていきましょう。好きな前髪はどのタイプですか?

前髪を変えてトレンドスタイルを満喫

K9m784w34mx3atdzwuoe
引用: https://beauty.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/detail-L003147782
前髪をパッツンと短めに揃えたふるゆわウェーブにすると、2018年のトレンドレディースロングヘアーでもあるレトロなイメージになります。流行をしっかり抑えたい人におすすめです。
Uh6sa1ausc4lmbfe0p28
引用: https://beauty.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/detail-L002837145
前髪を厚めにとったふるゆわウェーブです。純粋にかわいいと言う言葉が出てくるロングヘアーですね。明るくなり過ぎないヘアカラーからも、純粋さが伝わってきます。
K5cxnut74sgsx8i1kned
引用: https://beauty.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/detail-L009583445
前髪が長いワンレンのふるゆわウェーブは、神秘的なイメージで大人の女性にピッタリですね。目元がキリッとしたキツネ顏タイプの人によくにあるスタイルです。ミエィアムからずっと伸ばし続けてる、そんな人はぜひ挑戦してみましょう。
ふゆるわウェーブにボリュームをもたせたスタイルがグラマラルロング。髪の毛量が多い人やミディアムからずっと伸ばしっぱなしの人におすすめですが、今年はロングのトレンドスタイルとして人気です。柔らかいイメージを与えるパステルカラーに迫力のあるグラマラスロングが大人女子にピッタリですよ。

ファッションの甘さを抑えるのにピッタリ

Atmwvlnarkr91di1jisk
引用: https://wear.jp/hxnxpixx104/3911611/
どうしても甘い印象になってしまうのがパステルカラーのデメリットですね。しかし、グラマラスロングを合わせることで、爽やかさが加わるので大人女子にピッタリ。グラマラスに仕上げる時には、パンプスもパンチを効かせてみるのがおすすめです。ヘアスタイルとパンプスのボリュウム感が、2018年のレディースファッションに馴染んでいます。
Gdf4kcrkxx63pfwt9tvy
引用: https://wear.jp/serip1018/6316794/
花柄のアウターに今年のパステルをパンプスに取り入れたコーデも、グラマラスなヘアーがパンチを効かせてますね。
グラマラスとは、ゴージャスだけど奇抜になり過ぎない微妙なライン。一見、ウェーブをたっぷりかければグラマラスになりそうですが、間違えるとおばちゃんスタイルになってしまいます。トレンドをしっかり取り入れたレディースグラマラスロングを見てみましょう。

ボリュームアップがトレンドスタイル

Q43x2iz1bu04wkmgy49p
引用: https://beauty.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/detail-L005217734
グラマラスのポイントは、ボリューム感。トップを持ち上げることによって、大きな動きが出るのでグラマラスに演出しやすくなります。くせ毛風のウェーブが奇抜過ぎないゴージャス感を出すのにピッタリなウェーブです。
W0avnswli7ml46eocwp0
引用: https://beauty.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/detail-L001672437https://beauty.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/detail-L001672437
前髪を大きく立ち上げるだけでもグラマラスなイメージが出るのでおすすめです。立ち上げた前髪は、真横に流しましょう。後ろに流すと奇抜になります。
Pjbgvx6eb3ncw30avr4c
引用: https://beauty.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/detail-L003771301
こちらは大きなウェーブがポイントのグラマラスヘアーです。ミディアムからロングへ伸ばしたての人にもおすすめですよ。ポイントは髪をすくのではなく、レイヤーを入れて動きを出しやすくすることです。
ロングヘアと言えばストレートですよね。まっすぐ伸びた綺麗なロングは、ミディアムから一生懸命伸ばしている人の目標地点でもあります。女性なら一度は憧れるロングスタイルは、2018年のも不動の指示を得ていますよ。

2018年トレンドカラーでヘアスタイルに差をつける

Z0fuzpjmlahpatfrvdxe
引用: https://beauty.biglobe.ne.jp/news/hair/rcm_180119_1823333369/
清純派で決めたい人は、黒に近いブラウンカラーでロングを満喫しましょう。肌を白く見せる効果もあるので、美白女子に人気です。
Gskce04kgbwakjpbivaq
引用: https://beauty.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/detail-L001114192
2018年レディースファッションに一番マッチするカラーは、レッドやピンクが混じったフェミニン色。温かみのある可愛らしいスタイルに仕上がります。毛先をワンカールさせるのが2018年のストレートロングのトレンドです。
U63gtdhagrk3ehxlmn0d
引用: https://beauty.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/detail-L002508794
今年も引き続きアッシュ系は大人気。透明感を与える色味なので、肌を綺麗に見せてくれます。髪のダメージが強い人や、赤みがかった髪の人におすすめです。
Slecut4ywyy7ziwoisic
2018年レディーストレンドヘアスタイル「ロング編」はいかがでしたか?ロングと言っても、アレンジの方法はたくさんありましたね。特に2018年は、レトロな花柄やドット柄がファッションアイテムで人気のためか、ロングスタイルもレトロモダンが流行しています。前髪やまとめ髪でレトロを楽しんでみるのもアリですよ。
また、パステルカラーも今年の人気色。柔らかいイメージを与える服装にマッチしたゆるふわウェーブや、甘さを抑えるグラマラスロングも見逃せません。そして、ミディアムからロングに伸ばしている人の憧れでもあるロングヘアの王道ストレートは、今年人気のカラーにチェンジすればトレンドヘアスタイルに早変わりします。たくさん楽しめるロング、季節ごとに変えながらいろんな髪型を楽しむのがおすすめです。