Kmpe7ic8yblt2kypq9jb

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

乳液と化粧水の役割って?基本のスキンケアをマスターして理想の肌に

2018.12.13

化粧水と乳液は、それぞれの役割や基本のスキンケア方法をマスターすることで、美肌になれて、理想のお肌に近づくことが出来ますよ。これから化粧水や乳液の基本のスキンケア方法を一挙にご紹介します。正しいお手入れをして、潤ってキメの整ったお肌になりましょう!

  1. 美肌になるために化粧水と乳液の役割を正しく知ろう
  2. 化粧水と乳液は美肌になれるマストアイテム
  3. 化粧水の役割
  4. 乳液の役割
  5. 潤い肌になれるスキンケアの方法
  6. 化粧水の基本的な使い方
  7. 乳液の基本的な使い方
  8. お肌タイプ別の化粧水と乳液のスキンケア方法
  9. 化粧水と乳液を使うときの注意点
  10. 化粧水と乳液の使い方をマスターしてどんどん美肌になろう
J5kx9pxyvxppbnzowres
引用: https://www.instagram.com/p/BrUpvF8FcFK/?utm_source=ig_web_copy_link
普段のスキンケアに、化粧水と乳液の両方を使うことは必要なの?乳液はべたつくから苦手、お肌にニキビが出来そうだから心配。そんなご心配をされている方に朗報です!化粧水と乳液は、役割を正しく知って活用することで、お肌をどんどん美肌に導いてくれますよ。これから、美肌になるために必須の化粧水と乳液の役割と、基本のスキンケア方法を詳しくご紹介します。スキンケア方法をマスターして、うっとりとするようなもちもちの潤い美肌になりましょう。
Kp0tknh9ktqrrlmjrl6f
引用: https://www.instagram.com/p/BfBO55gnh46/
Kcdajspldf2c2iusyige
引用: https://www.instagram.com/p/BfKEsN7h2k2/
お顔からは、毎日毛穴から沢山の皮脂が分泌されています。メイクなどをしたときは毛穴に汚れがたまってしまうこともあり、毎日のクレンジングや、洗顔は、お肌トラブルにならないために必要です。とはいっても、クレンジングや、洗顔は、お顔の皮脂膜をも取り除いてしまう為、そのあと適切な保湿をしていかないとお肌トラブルに簡単に発展してしまいます。皮脂膜が取り除かれたことによって、お顔が乾燥肌に傾いたり、敏感なお肌になってしまうこともあります。オイリーなお肌の脂性肌の方も、べたつきが嫌だからといって、クレンジングや洗顔でしっかりと皮脂膜やメイクを落とした後、そのまま保湿しないでいると、お肌は乾燥を防ごうと余計な皮脂を分泌し始めてしまい、毛穴が詰まり、ニキビや、湿疹など、余計にお肌トラブルが起こりやすくなってしまいます。お肌が潤い続けてしっとりとキメの整った状態になるためには、毎日の化粧水と乳液を使ったスキンケアがとても大切です。
I3e26cycib987mpia2vh
引用: https://www.instagram.com/p/BfJ2ZgmD-ry/
Ev5i9mogxsxgkiiixnmd
引用: https://www.instagram.com/p/Be-AQuZFrSh/
化粧水の役割は、簡単に言うと、お肌に必要な潤いを与えることです。クレンジングや洗顔では、残念なことに、余計な汚れと一緒に、お肌の潤いも洗い流されてしまいます。クレンジングや洗顔後に、何もしないでいると、顔から水分がどんどん蒸発し始めて、顔がつっぱったり、小じわができやすくなったり、お肌が敏感肌になって、少しの刺激にもかゆくなったりします。困ったお肌トラブルが起きないように、化粧水でうるおい補給をしましょう。クレンジングや洗顔後は、すぐにお肌が乾燥に傾き始めます。速やかに、化粧水で保湿することで、お肌が乾燥しすぎないように防いでいくようにしましょう。
V5fgeivne5g6grjkc0rx
引用: https://www.instagram.com/p/BfC98zuFH-z/
Lz3nvldms13lajpznx4q
引用: https://www.instagram.com/p/BrUpVo9BJWT/?utm_source=ig_web_copy_link
乳液の役割は、潤いを与えたお肌の水分が蒸発しないように配合されている油分で閉じ込めることです。水分は、蒸発しますから、化粧水だけつけておくと、その後どんどん水分が失われて、顔のつっぱり感を感じたりすることが出てくるでしょう。乳液はべたつくから嫌というお話しはよく聞きますが、化粧水だけつけていても顔の乾燥を防ぐことはできないため、スキンケアには、必ず乳液を使うことをおすすめします。今は、乳液の使用感、使い心地は、いろいろなタイプが出ていて、好きなタイプを選ぶことが出来ます。自分の肌タイプに合っていて、使用感も良いものを選んで使うと、使用感も良く、心地よく使うことが出来ますよ。
Eijafubln9omanlmowu7
引用: https://www.instagram.com/p/BfKGIv6nbeE/
Spopk8puqbg9j3jc28qv
引用: https://www.instagram.com/p/BfInoAeDETF/
スキンケアには、お肌を美肌にするために、効果的な順番があります。最初に、クレンジングまたは洗顔、化粧水、美容液、乳液、クリームといった順番を守ると良いでしょう。化粧水だけ、乳液だけつけておしまい。または、洗顔後何もつけないというやり方をしていると、歳を重ねるごとに困ったお肌トラブルが起こりやすくなるでしょう。20代のころは、皮脂分泌量が多くてカバーが出来ても、30代、40代になるにつれて、どんどん皮脂分泌量が減ってきますから、お肌のシワが増えてきたり、ほうれい線が出てきてしまいます。乾燥から引き起こされるトラブルなので、いつまでも若々しく、老け顔にならないためにも保湿ケアをしっかりとしていきましょう。
Ym1ujtz1n6r7nbaw8cla
引用: https://www.instagram.com/p/BfGDRIyA64L/
Dcvy3clzd5pumt9yn5hb
引用: https://www.instagram.com/p/Be-nFRIgxpg/
化粧水は、クレンジング、洗顔後に、速やかにお肌に付けることが大切です。つけ方は、コットンにたっぷりと化粧水を含ませて、優しくお顔をパッティングしていきましょう。乾燥が気になるところには、コットンを小さく切ってお顔の上にのせて、パックのようにして少し置いておきましょう。お顔が敏感な方は、コットンの繊維がお肌を刺激してしまうことがありますので、手で行いましょう。手のひらに一回分の化粧水を出して、少しずつ、刺激をしないように、二回に分けて付けていきましょう。最後にハンドプレスをして、お肌に化粧水をしっかりとなじませましょう。
Vvsjlipaowuk20ym6gjt
引用: https://www.instagram.com/p/BfKX7RtBx3k/
Ural3ygfwazbssbo9cna
引用: https://www.instagram.com/p/BfIMnYTFHe0/
乳液は、お肌をしっかりと化粧水で保湿した後に速やかに付けましょう。一回分の乳液の量を手のひらに出し、手のひらで乳液を温めます。こうすることで、乳液の油分が温められ、お顔に塗るときに伸びがよくなりますのでおすすめです。次に、手のはらを使って、目の周り、頬、口元などを塗っていき、最後に皮脂分泌の最も多いTゾーンを塗りましょう。乳液を塗った後は、ハンドプレスをしてお顔にしっかりとなじませましょう。乾燥がひどいところは、二度塗りをするなどして、保湿をしていきましょう。
Trrvcg2u5mdervzm3amz
引用: https://www.instagram.com/p/BfIQucegMFb/
O27bw53m6rc2q6q5u9dv
引用: https://www.instagram.com/p/BfJro3-gi9A/
お肌タイプが違っていても、クレンジングや洗顔後の化粧水、乳液でのスキンケアはどんなお肌のタイプにも必ず必要ですから、毎日していきましょう。化粧水や乳液の選び方も正しくしましょう。化粧水や乳液でスキンケアをする際には、是非自分の肌タイプをしっかりと知っておくことが大切です。お肌のタイプには、敏感肌、乾燥肌、混合肌、普通肌、ニキビ肌、脂性肌があります。化粧水も、乳液も、乾燥肌用、敏感肌用、オイリーな脂性肌用といった表示で売られているものがあります。それぞれ配合されている成分も違っていて、角層のきめを整えるセラミド配合のものや、高い保湿成分が配合されているもの、ニキビ肌用に、安心のノンコメドジェニックテスト済のものなど多岐にわたります。自分の肌タイプに合った成分かどうかよく確認して肌にベストな化粧水と、乳液を選びましょう。
Kunmzz3iagdwnktzy1cl
引用: https://www.instagram.com/p/BfI3CvxlQsG/
Vnrske0mqdox8rpps0ok
引用: https://www.instagram.com/p/BrUo_RmgM13/?utm_source=ig_web_copy_link
お肌タイプ別に選んで使ってみても、お肌の状態が良くならない、湿疹がふえたということがありましたら、お肌に合わないこともあるので、そんな時は、今使っている化粧水や乳液は使うことはやめましょう。お肌の状態は、毎日変わってきますので、使用感や使い心地が良くなければ、他の化粧水や乳液に変えて使うことが大切です。お肌の状態が悪い時は、皮膚科などで治療することも必要でしょう。化粧水と乳液を使うときは、最初に添付されている取扱説明書を読みましょう。一回分の使用量の目安を守って、スキンケアしてきましょう。沢山塗ったから効果が良くなるというわけではありませんので、適量を使うようにしましょう。大切なのは、毎日の保湿を習慣にして、しっかりとスキンケアしていくことです。化粧水や乳液を付けるときは、擦らず、お肌に刺激を与えすぎないように優しく丁寧に塗りつけていきましょう。
Jhg8d9mhzya4ehrn1kvv
引用: https://www.instagram.com/p/BrUn2B9gw0e/?utm_source=ig_web_copy_link
Jrbm0jgparjcwo5bojaa
引用: https://www.instagram.com/p/BrUnygIAhrb/?utm_source=ig_web_copy_link
化粧水と乳液は、お肌を綺麗にしてくれるスキンケアアイテムです。スキンケアの手順をきちんと守って、スキンケアを毎日の習慣にして続けていくと、お肌はどんどん美肌になっていくでしょう。丁寧なお手入れを続けていくことで、近い将来、潤い美肌に嬉しくなる日も近いでしょう!
Zyjfwmuu3isb9ireotc0
引用: https://www.instagram.com/p/BfKnr4alr1D/