Qcpxlj9odsfbs6dramu5

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

ターンオーバーの促進ってどうすればいいの?仕組みと意識したいことまとめ

2018.12.15

ターンオーバーという言葉をよくお聞きになられると思います。ターンオーバーとはどのようなことを意味しているのでしょう。ターンオーバーを促進するには、ターンオーバーの促進の仕組みを理解しなければなりません。仕組みを理解して美肌作りをして見ませんか?

  1. ターンオーバーとは
  2. お肌のターンオーバーとは?
  3. ターンオーバーの促進の仕組みを見てみると
  4. ターンオーバーの乱れの原因から見えること
  5. ターンオーバーの促進の乱れを正常に保つコツ
  6. ターンオーバーの促進の乱れのスキンケアとは?
  7. ターンオーバーの促進を促すスキンケアとは?
  8. ターンオーバーの促進で意識したいポイント
  9. ターンオーバーは部位や年齢によっても速度や周期が異なる
  10. まとめ
Tywabrssdrx3tyg4dxir
ターンオーバーを言葉だけ調べてみると、物事の移り変わりや割合などで、生物などは新しく生まれ変わる細胞などが増殖し死滅するものを表すといわれています。
Ufqzzuugjuurx1usjrux
お肌のターンオーバーというのは、肌が生まれ変わる新陳代謝のことで、生物の細胞の増殖と死滅を表すものと同じです。人間の肌においてもターンオーバーはそのような構造になっていて、ターンオーバーの正常化は、エイジングケアの基本ともなっています。
皮膚は皮下組織→真皮→表皮から成り立っているのですが、表皮は外側から角質層(かくしつそう)→顆粒層(かりゅうそう)→有棘層(ゆうきょくそう)→基底層(きていそう)となっていて、基底層で誕生した細胞は、角質層まで表面に形を変化させながら押し上げられて行くのです。
J6b56bvqnuhqud5kkebj
そして角質層までたどりつくと、無核となっていて角化細胞として死滅して、やがて垢となって体内から剥がれ落ちて行くのです。この構造をターンオーバーといわれています。
Ff76mszqwfqp0tw2pe6k
このターンオーバーが促進することで、新陳代謝が起こり、いつまでもキメの細かい肌を維持し続けることができるのですが、日常生活の乱れや加齢によって、ターンオーバーの促進に乱れが起きてきます。ターンオーバーの促進が乱れてくると、ターンオーバーが早すぎたり遅すぎたりしてきます。ターンオーバーの促進を正常に戻すことが大切なのです。
Efgy12hkjmmzfyxghiw0
引用: https://www.instagram.com/p/Betwo7ygkjc/?tagged=%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC
ターンオーバーの仕組みは上でも話したように、基底層で作られた皮膚細胞が有棘層に行き形を変え、顆粒層に行き、最後に角質層に形を変えながら変化し押し上げられて行く仕組みになっています。
皮下組織は外から加わる圧力などから身体を守る働きをし、真皮は表皮を支え、表皮は外敵刺激から身を守っています。この3層から肌は作られていて、3層の表皮でターンオーバーは行われる仕組みなのです。
Kj9ceqjo5dlqlfmxwakz
表皮はこのようにいつも新陳代謝を繰り返し、表皮に傷がついてもある一定の日にちがたてば、かさぶたとなって剥がれ落ちて行きます。傷などができると良く分かりますが、ターンオーバーが遅くなってくると、傷が治りにくくなってきます。ターンオーバーの促進が乱れてくると、角質が溜まったりくすんだり、皮膚がごわついたりします。
Ydaplzjcsbzyteo0xgri
ターンオーバーの原因で促進のみを考えられる方がいますが、ターンオーバーの乱れの原因は、ターンオーバーが早すぎることが多いのです。ターンオーバーの乱れが原因で、ターンオーバーが早すぎることが起こってくると、ターンオーバーが遅いと感じる現象が起こります。ですから、ターンオーバーが早いか遅いかは普通分からないことが多いのです。
Ktufrj3qlc86edwozwq7

ターンオーバーの乱れの原因はターンオーバーの早いことが多い

ターンオーバーの乱れが原因に、お肌の表面に未熟な細胞が押し上げられ、不全角化されたものと、古くなった角質が剥がれ落ちず表面に溜まって、角質が厚くなった角質肥厚によるものがあります。
Nnbc3rg92vtqzlnzdvq2
ターンオーバーの乱れの肌トラブルは、ターンオーバーが早い原因が多く、スキンケアのやり過ぎによるものなどがあります。
個人的に違いがあるものの、大体ターンオーバーの角層で14日間かけ、垢となって剥がれ落ちます。ターンオーバーの乱れが早くなると、細胞が育たなく未熟な細胞が角層に上げられてきて、保湿力のないもろい角質が溜まり酵素が不十分なため、体内から中々剥がれ落ちることができません。
Ur4unxd9yufubgzujlnn
ターンオーバーは早すぎても、遅すぎても肌の乱れの原因となって現れてきます。ターンオーバーの乱れの原因は日常生活に大きく関係し、日常生活が乱れてくると、ターンオーバーの乱れの原因が加速して行きます。その乱れの原因となる睡眠・バランスの取れた食事・ストレスを溜めない・適度な運動などが規則正しく行われていれば、ターンオーバーの乱れはなくなってきます。
Fq2gnlgbxugsvjdg001z
引用: https://www.instagram.com/p/BetrDJVgdJd/?tagged=%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC
ですから角質のスキンケアばかりに頼っていても、ターンオーバーを正常に保つことはできません。これらの日常生活の基本ができていて、その上でスキンケアの正しいやり方をマスターしなければ、ターンオーバーの正常化を期待することはできないのです。
Mvvvq71xta80hatdc2m7
引用: https://www.instagram.com/p/BrY6ctRldaH/?utm_source=ig_web_copy_link
スキンケアするときに、ターンオーバーの乱れの促進だけを考えてはいけません。原因のところでも書きましたが、ターンオーバーの乱れが原因に、ターンオーバーが早いことが多く、早くて未熟な細胞が角質細胞を覆うことになります。ターンオーバーの促進が乱れたときは、美容クリニックを利用して、ターンオーバーの周期を確認して、ピーリングは自分の判断で行わず、専門家による適度なピーリングを行うことです。
Ahkh5kvboiptsfyyepqv
ターンオーバーが早い場合は保湿を心がけることです。セラミドや天然保湿因子が減少すると、肌の水分を保つ力が弱まり、乾燥肌になって行きます。ターンオーバーの促進が乱れる1つに、スキンケアのやり過ぎがあります。このような場合保湿効果の高い、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、アミノ酸、グリセリンなどがあり、蒸発を防ぐものに乳液やクリームなどがあります。
ターンオーバーを正常にするには、美容液や化粧水を使う方法や、ワセリンやニベアなどを使う方法があって、ターンオーバーを正常にすることが必要となります。
Ckm1cwap1oun8oxzh9kb
ターンオーバーの促進を促す正常化の基本は、正しい洗顔、保湿、紫外線対策の3つで、日常生活を規則正しく送っているのに、ターンオーバーの促進が乱れている場合は、これらの3つのうちに、問題があります。

正しい洗顔がターンオーバーを正常化に改める

スキンケアでターンオーバーと特に関係があるものに洗顔があり、誤った洗顔をするとターンオーバーの乱れが起こります。正しく洗顔すればターンオーバーの正常化ができます。
Rkrminegtijxwtfwem5u
洗顔はターンオーバーの正常化をする大切な行為ですが、刺激の強い洗顔で洗いすぎたり、刺激の強いクレンジングで落とし過ぎたり、するとお肌を傷つけセラミドを流しすぎてターンオーバーを早めることになります。

メイクとクレンジング

Rc7opbmghgnwjrnzykde
お肌の状態が悪いときは、できるだけしっかりメイクをやめてナチョラルメイクにすることが大切です。メイクをつけたままクレンジングしないでいると、過酸化脂質ができ肌トラブルの原因となります。

保湿について

保湿はターンオーバーを正常化する基本となります。スキンケアの基礎化粧品や保湿化粧品もその役割を果たすのに欠かせない必須アイテムで、エイジングケア化粧品はお肌のバリア機能を正常化に戻すものです。角層の中に20~30%の水分が十分に保湿されていれば健康な肌です。
Drga8zfdvplejvrz8ro6

過剰なスキンケア

人間の肌は自然治癒力が備わっていて、自ら保湿できる力があります。スキンケアとはそれをサポートするものです。日常生活の不備をスキンケアだけで取り戻すことはできません。
過剰なスキンケアはターンオーバーを早めてしまいます。

保湿力をアップさせる化粧品

ヒト型セラミドは、バリア機能をサポートするお肌の保湿力をアップさせ、ターンオーバーを正常化にして、セラミドは肌の保湿力のカギとなっています。
Zhci9swa6z5q33jiczks
ターンオーバーの速度は文献によっても、部位によっても異なり約28~56日程度かかります。顆粒層から基底層までを14~42日かかり、角質細胞となって剥がれ落ちるまでに14日ほどかかります。これは個人差があり、また、手や足などの抹消血行の関係もあり違いがあって、比較的遅いです。
一般的にターンオーバーの周期というのは28日が理想といわれています。
Hdtxlamqeonz0imjgv3z
引用: https://www.instagram.com/p/BeADQtVlKpG/?tagged=%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC
ターンオーバーは加齢とともに新陳代謝が低下するとともに、その周期も遅くなってきます。30代~40代になると個人差もありますが、45日程度かかるのが一般的です。傷も年齢とともに治りにくくなっているのは、ターンオーバーの周期の乱れの原因による遅れです。
肌がくすんだり、シミが増えたり、濃くなったなどの症状は、ターンオーバーの促進の乱れの原因によるもので、機能低下を起こしているサインと見た方が良いでしょう。
表皮のターンオーバーを促進させ、正常な機能の状態にして、健康で丈夫な表皮を作ることが大切です。
Gfr7spjgpcxeyescegfy
ターンオーバーの促進の意識したいことのまとめは、ターンオーバーの促進だけでなく、ターンオーバーの正常化が必要だということです。ターンオーバーの正常化には、スキンケアだけでなく、生活習慣の乱れなども原因となっているので、正常化する必要があります。また、食生活の乱れも上げられ、過度なダイエットなどもその影響を受けることになります。美肌を保つには、食生活の乱れ、生活習慣の乱れなどを正常にして、その上で正しいスキンケアを行うことが大切です。