Lot557htxqwamo0hudgp

暮らし

CATEGORY | 暮らし

タオルをふわふわに復活させるには?おすすめの洗濯法と柔軟剤を紹介

2018.06.21

最初はふわふわだったタオルが洗濯するとどんどんごわごわしていたり、固い感触になっていくのはとても残念ですよね。タオルのふわふわ感を復活させるためにはどんな洗剤や柔軟剤を使えばいいのか、おすすめのものについて調べてみました。

  1. タオルをふわふわに戻したい!どうすればふわふわに戻る?
  2. ふわふわだったタオルがごわごわになる原因は?
  3. ふわふわのタオルを復活させる洗濯法 1.ネットを使う
  4. ふわふわのタオルを復活させる洗濯法 2.洗剤は適正量で使う
  5. ふわふわのタオルを復活させる洗濯法 3.水の量を多めにする
  6. ふわふわのタオルを復活させる洗濯法 4.パイルを立てて干す
  7. ふわふわのタオルにするために柔軟剤は必要ない!?
  8. ふわふわのタオルにするなら、柔軟剤よりもおすすめのものがある
  9. それでも柔軟剤を使ってふわふわのタオルにしたい!
  10. ふわふわのタオルで気持ちのいい日常を楽しもう
B4vkiy3wrvo1ty0a5elc
最初は使い心地や触り心地が極上と言われているタオルでも、洗濯するごとにどんどん固くなり、ごわごわの触感のタオルになってしまいます。あれだけ使い心地が浴的に行っていたタオルが残念なことになってしまうと、落ち込んでしまいますし、体や顔を拭いたときに固くて痛い思いをするのも嫌ですよね。一体どうすればタオルのふわふわが復活してくれるのでしょうか?気になるその方法や洗濯の仕方、そしておすすめの柔軟剤に至るまで調べてまとめてみました。
Ejycwhnr4rhno9qb9hg0
Jol09u2akyt7jvmdxg80
まずはどうしてタオルがごわごわや固い触感になってしまうのか、ということについてその原因を知っておきましょう。タオルがごわごわになったり、固い触感になる原因としては濡れたまま長時間放置している、洗剤を大量に入れて洗っている、干す時間が長いというのが主な原因として挙げられることが多くあります。洗剤を大量に入れると、汚れがしっかり落ちるというイメージがありますが、汚れは落ちても今度はその洗剤が落ちなくなるため、雑菌の餌となり繁殖を手伝ってしまうことにもなるのです。濡れたまま長時間放置していても、同じく湿気などが雑菌の繁殖の手助けをしてしまうことになります。この繁殖した雑菌が生地を傷めてしまうため、ごわごわとした感触にしてしまいます。
Vcxfyrnxicp61xwikzvc
そして干す時間が長すぎることは、タオルの感触が固くなることに大きく繋がっています。タオルの繊維というのは実は乾いた状態でも少し水分を含んでいるものです。その水分のおかげでふんわりとした触り心地の良い生地となり、気持ちの良いタオルになってくれています。しかし、あまり長時間タオルを干しているとすでに丁度良く乾いているものが更に乾燥してしまい、繊維の中に含まれていた必要な水分すらも無くなって固くなってしまうのです。気持ちの良いタオルが固くなったり、ごわごわしたりしてしまう理由にはこうしたものがあったのです。
Cmed5sietjvvuzre9mdc
ではどんな洗濯方法や柔軟剤、洗剤などを使えば良いのでしょうか?気になるふわふわのタオルを復活させるための洗濯法を調べてみた方法を順番に説明していきます。まず洗濯する際にはタオルをネットに入れて洗濯するようにしてみましょう。タオルにはよく見ると細いループが作られています。このループのことを「パイル」と呼ぶのですが、パイルこそがタオルの手触りに大きく関係している部分です。
T1sdadik6n42mot2htlx
通常タオルをそのまま洗濯機に放り込み、柔軟剤や洗剤を入れて洗濯することがほとんどですが、そのままの状態で入れて洗濯してしまうと、パイルが他の生地とぶつかってしまうことで潰れてしまいます。その結果ふわふわとした肌触りも無くなり、固くごわごわとした触り心地のタオルになってしまうのです。タオルにネットを使うのはちょっともったいない、と思っている人もいるでしょうが、一度試してみるとその違いが分かります。特に卸したてのタオルだとより違いが分かりやすいでしょう。
Ipjfhr4oxuxcynfyh3js
洗濯物の中にはひどい汚れやにおいのある物がありますが、そうしたものの中にタオルも入りがちです。そんな汚れやにおいを取るために、洗剤をたっぷりと入れてしまう人もかなり多くいます。上記でも軽く触れていますが、洗剤と言うのは多くても少なくても問題があり、雑菌の繁殖やごわごわしたタオルの原因にもなってしまうものの一つです。そのため必要になるのが洗剤をきちんと適正量で使うという事です。
Mj8aiybbx6nsg52ed2yq
洗剤の適正量というのは、メーカーや販売されているシリーズなどによってそれぞれ変わってきます。そのため洗剤を使う前にはきちんと裏面を見て適正量を把握して、洗濯機の中に投入しましょう。雑菌の心配もなく、ふわふわとしたタオルのためにも洗剤の量と言うのはとても重要なポイントですよ。
Aaropyrg4glcjwfbkqqr
洗濯する時に洗濯機に水の量をお任せして洗濯しているという人がほとんどですが、この洗濯の際の水の量もタオルのふわふわとした感触に関係しているポイントの一つです。普段着などの洗濯の際には構いませんが、タオルをふわふわにさせたい場合は少し水の量を多く調整してみると良いでしょう。水の量を多くすることによって、他の洗濯物もタオルもまるで泳ぐように洗濯槽の中で洗濯されます。これによってパイルが潰れることも、倒れることも防止することができるので、ふんわりとしたものに仕上がります。
O7kbq89wh5htgrtxr8kb
たっぷりの水で洗う事によって、パイルなどは確かにつぶれたり、倒れたりすることはありませんが、水の量に対して洗剤の量を変える場合は適正量が微妙に変わってくる可能性もあります。その点だけ注意しておけば、とても良い仕上がりに洗い上げられますので、試してみる価値のある洗濯法です。洗い上げたらなるべくすぐに洗濯機から出し、干してあげましょう。
Rbegye17grbbkel44y1d
洗濯後のタオルのパイルというのは寝てしまっていて、そのままの状態はもちろん、十分に処置をしてあげなくては固い使い心地のタオルになってしまうのです。そんなタオルをふわふわの状態に戻すために、タオルを干すときに10回ほど上下に振ってあげましょう。洗濯後のタオルを両手で持って上下に振った後干すと驚くほどふんわりとした仕上がりになります。きちんと形を整えて、パイルを立ててあげることが一番必要になりますので、これを徹底してみるとより良いものになるでしょう。
J8uq7pxodhpjfmjjbztz
Ypzui7gsieuq5lz4yrey
柔軟剤、というだけあって使えばふんわりとした肌触りや柔らかい使い心地のタオルや服にしてもらえると思いがちですが、実は柔軟剤というのは繊維の表面を滑らかにするためのものになります。他の服や下着などの場合はそれでも十分かもしれませんが、タオルの場合、その柔らかい使い心地や肌触りなどはパイルのおかげで成り立っています。それどころか、逆に柔軟剤を毎回毎回使うことで吸水力が低下したり、パイルが抜けてほつれてしまうことの原因にもなってしまう可能性もあります。卸したてなどの新品に近いタオルの場合はむしろ必要ありません。固くなってきたときに10回に1回程度の頻度で使うと、タオル生地の良さを長く活かしながら使うことができるようになります。
Irsfvjgd5jsot9woj4kf
Fj2h3cz8eedmkxksn0vc
タオルを洗濯し、ふわふわとしたものにしたいのであれば、柔軟剤を使うよりも実はクエン酸を入れた方が効果的でおすすめだったりします。クエン酸は洗剤を中和してくれますので、これまで洗剤などの影響でごわごわしていたタオルのそれ以の固くなり、ごわごわにしてしまう洗剤の影響を抑制することができます。汚れはしっかりと落としつつも洗剤の影響を抑えられるのでおすすめです。
Eerkqevavqtnjrr95yn8
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61fTVEuHzDL._SL1000_.jpg
柔軟剤を入れると逆効果になるとは分かっていても、やっぱり他の洗濯物と一緒に洗うのだから、柔軟剤を入れたいという人に、ここでおすすめの柔軟剤を紹介します。一番のおすすめの柔軟剤は、「レノア」の「オードリュクス イノセント」になります。世界の調香師が監修したということもあって香りも良く、それでいてふんわりとした衣類を仕上げてくれます。タオルに使った場合、まるで高級ホテルのような仕上がりになってくれるという事でとても人気の柔軟剤です。柔軟剤を選ぶのであれば、こちらが一番のおすすめになります。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61xbJQ%2B4kGL._SL1041_.jpg
【まとめ買い】 レノア オードリュクス 柔軟剤 イノセント 本体 600ml + 詰め替え 480ml
価格 ¥ 1,689
Ju1wxoobwky5f74kg03h
汗を拭う時、顔を拭くとき、体を拭くときなどちょっとした時にタオルがふわふわの仕上がりであることが分かると気持ちよさと少しの幸せの感覚を覚えます。ごわごわしたタオルだと、逆に残念に思ったりがっかりした思いだったり、そうした感情を覚えることも少なくありません。毎日のタオルの洗濯を少し変えてみて、毎日ふんわりとしたタオルを楽しみましょう。
Toojszhkrn1fdpffghjk