Qubrcfyu3omkxcjzdcti

掃除

CATEGORY | 掃除

カーテンのカビ落とし方は?原因や正しい洗濯方法を徹底解説!

2020.08.04

カーテンのカビって厄介ですよね。そんな時カーテンのカビの落とし方を知っておくと、カビに悩まずにカーテンを綺麗に洗濯することが出来ます。今回はそんなカーテンのカビに注目。カビが出来る原因や洗濯での落とし方、また漂白剤を使った落とし方について注目していきます。

  1. カーテンのカビに悩む人は多い
  2. カーテンにカビが出来る原因【結露】
  3. カーテンにカビが出来る原因【湿気】
  4. カーテンのカビの落とし方【手順1】
  5. カーテンのカビの落とし方【手順2】
  6. カーテンのカビの落とし方での注意点【洗濯機洗いがOKか確認しよう】
  7. カーテンのカビの落とし方での注意点【漂白剤でのつけ置き時間を守ろう】
  8. レースカーテンのカビにはカビキラーがおすすめ
  9. カーテンにカビを発生させないためには
  10. まとめ
引用: https://100tech.me/wp-content/uploads/2017/12/kab.jpg
カーテンのカビに悩む人は決して少なくありません。むしろ普段見落としがちのカーテンだからこそ、気づいたら大きなカビがカーテンに出来ていた…なんてショッキングな光景を目の当たりにしたことがある人も多いでしょう。それだけカーテンのカビは意外と身近にある悩みのタネだと言えます。
引用: http://business-up286.com/wp-content/uploads/2016/06/DSCF7597-thumbnail2.jpg
さらにカーテンのカビについてはすでに深く根を張ってしまっているものが多いため、落とし方がわからない、どのように洗濯をすればいいのかわからない、と悩みを抱えている人もいます。カーテンは普通の洗濯方法とは違うだけでなく、さらにカビの落とし方にも注目をしなければならないと考えると、途方にくれてしまうのも無理はありません。
引用: https://stat.ameba.jp/user_images/20171016/20/junsendopro/79/80/j/o0480027014050228358.jpg?caw=800
今回はそんなカビが出来たカーテンの洗い方を紹介していくと同時に、カーテンにカビが出来る主な原因を2つと、カビの落とし方、そして頑固なレースカーテンについたカビの落とし方についても紹介をしていくので、カーテンのカビに悩む人は是非チェックしていきましょう!
引用: https://wellnesthome.jp/wp/wp-content/uploads/2017/01/image01-1140x761.jpg
カーテンにカビが出来る季節と言えば秋から冬にかけてでしょう。秋から冬というものは、部屋の温度と外の気温の差が開いてくる季節であり、それによって窓に結露が生じるようになります。そんな結露によって生み出された水分がカーテンへと染み込んでいき、カビが繁殖していく原因になっていると言えるわけなのです。
引用: https://www.money-sense.club/wp-content/uploads/2016/12/keturo2.jpg
特に冬場は寒さから暖房をつける人は少なくないでしょう。そうすることによr,余計に外と中での気温差が激しくなり、結露が増えていきます。室温的にもカビはすくすくと成長しやすい環境でもあるため、冬は特に結露によってカーテンに頑固なカビが出来やすい時期だと言えるのです。
引用: http://www.linen-linen.com/wp-content/uploads/2017/10/IMG_7310.jpg
結露の他にも湿気もカーテンにカビが出来る原因の一つです。湿気と言えば特に梅雨の時期には注意をしなければなりません。冬の結露ほどカビが出来る環境ではないにしても、湿気が多い時期でもあるため、部屋の換気を怠ってしまうとカーテンにカビが出来やすくなってしまうのです。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRzWKHOfo1EzaFZsgyWbYxvN2hEsC-nL-ULDh8_plDUa25Pe9NPVg
また梅雨の時期などの湿気でカーテンにカビが出来るということは、他にも部屋のどこかにカビが出来ている可能性が高いと言えます。部屋の湿度が高ければ高いほど、カーテンだけでなく他のものにもカビが繁殖してしまう可能性が高くなるため、適度に除湿をし、湿気を含んだカーテンにならないように気をつけていきましょう。
引用: https://casy.co.jp/wordpress/wp-content/uploads/f99a12d3de5622c7741d15e7e7c8803b.jpg
早速カーテンのカビの落とし方を見ていきましょう。まず、カビの生えたカーテンをそのまま洗濯機で洗濯をするのはNG。そのまま洗濯をしてしまえばカーテン全体にカビが広がる恐れや洗濯槽にカビが付着することになりかねません。よりカビが広がり、最悪衣服にまでカビが付着する可能性すら出てきてしまいます。
引用: https://erikarie.info/wp-content/uploads/2015/09/20150918104302001.jpg
そうならないためにも、洗濯機で洗濯をする前にはカーテンを漬け置きしてカーテンのカビを取り除く必要があります。カーテンを洗濯機で洗濯をする前には、【酸素系漂白剤】を使ってカーテンをつけ置きしていくのがおすすめ。酸素系漂白剤でカビの生えたカーテンをつけ置きすることにより、カビを根こそぎ落とすことが出来るのです。
引用: http://syufutie.com/wp-content/uploads/2017/04/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%86%E3%83%B3%E9%87%8D%E6%9B%B9%E3%81%A7%E3%81%8A%E6%89%8B%E5%85%A5%E3%82%8C.jpg
特に塩素系漂白剤は液体よりも粉状のもののほうが、カビを落とす効果が高いと言われています。塩素系漂白剤でカビを落とす際には、しっかりと落としたいという期待を込めて粉状の塩素系漂白剤を使ってみるのが良いでしょう。
引用: https://tguchi.s3.amazonaws.com/uploads/topic_item/image/27528/retina_pixta_5594419_S.jpg
塩素系漂白剤にカーテンをつけ置きしたら、いよいよ洗濯機で洗濯をしていきます。この時カーテンが傷まないように洗濯ネットを使用するということや、洗濯機に機能があるのであれば【おうちクリーニング】などの優しく洗うコースなどを洗濯するのがおすすめです。
引用: https://d17uhz2kob7es4.cloudfront.net/images/pictures/images/000/005/374/pixta_523336_S-thumb_480.jpg?1511506677
また洗濯機で洗濯をする際、出来るだけ脱水の時間をかけないのもポイント。脱水の時間をかけてしまえばそれだけカーテンを傷めてしまう原因にもなるため、出来るだけて身近に洗濯機での洗濯を済ませたほうが良いというわけなのです。
引用: http://img02.ti-da.net/usr/w/o/o/woomacoodiary/4.16.1_2.jpg
脱水後はカーテンをそのままカーテンレールに取り付け乾かすだけ。これによりカーテン自体の生地の重さによってちょうどよく引き伸ばされていくため、洗濯による縮みを防止出来るのです。他の方法で乾かしてしまうと、カーテンのサイズが合わないなどの問題に直面してしまうこともあるため、カーテンはカーテンレールに取り付ける、といことを絶対に忘れないようにしましょう。
引用: https://tguchi.s3.amazonaws.com/uploads/topic_item/image/27526/retina_pixta_7600174_S_2_-____.jpg
カーテンのカビの落とし方には注意点があります。それは洗濯機洗いがOKなのか、それともNGなのか、ということです。カーテンについている洗濯ラベルをチェックしてみるとわかりますが、カーテンの生地や装飾によっては洗濯機洗いがNGのものがあるため、その場合は手洗い、またはクリーニングで洗うことになります。
引用: http://livedoor.blogimg.jp/yoshi_mama/imgs/0/5/05243717.jpg
また、洗濯機洗いがOKのものでも、ゴシゴシと擦るようにつけ置きしてしまうのはカーテンの生地を痛める原因になるため、カーテンは優しく扱うということを意識するようにしましょう。中には洗濯機洗いOKのものでも、洗濯をしたら生地を傷めてしまいそう…という心配なものもあると思うので、その場合は手洗いで洗濯することをおすすめします。
引用: http://livedoor.blogimg.jp/yasiomasu/imgs/2/7/2724d7c3.jpg
次に紹介していく注意点が、漂白剤でのつけ置き時間です。だいたい30分から1時間程度というのが目安としてよく耳にするつけ置き時間ですが、漂白剤によってつけ置き推奨時間は変わってきます。あまり長くつけすぎてしまうと、生地を傷つけてしまう原因になるため、必ず漂白剤でのつけ置き時間は守るようにしましょう。
引用: http://livedoor.blogimg.jp/yoshi_mama/imgs/8/1/8144c1cc.jpg
また、つけ置きをする場所はカーテンの生地がしっかりと浸るところがベスト。大きなカーテンの場合には浴槽に漂白剤とお湯をいれて漬け込んでいる人も多いため、カーテンを付けられるような手頃なサイズの容器がない場合には浴槽を利用して、つけ置きをしていきましょう。
引用: https://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com/vp/29aa70472e0998ea56480341c8deef1f/5B92A930/t51.2885-15/s640x640/sh0.08/e35/29414782_444804125957092_5994332322831269888_n.jpg
レースカーテンのカビの落とし方が知りたい、という人もいますよね。レースカーテンは普通のカーテンと比べるとカビが出来やすく、なおかつ落としにくい厄介なものです。実際レースカーテンの場合はカビの落とし方を試しても、完全にカビを落としきれないということもあるため、出来るだけカビを作らない、カビが出来たらすぐに対処する、ということを徹底していくことがおすすめです。
引用: http://korotaiken.up.seesaa.net/image/E382ABE383BCE38386E383B3E382ABE38393E58F96E3828AE5898D.JPG
そんなレースカーテンのカビにおすすめなのがカビキラーを使った落とし方。確実に落とせるかはレースカーテンのカビの繁殖具合によりますが、カビキラーをカビ部分に吹きかけて、漂白剤同様にしばらくつけ置くことで、レースカーテンのカビを落としやすくなります。つけ置きをしたあとは、カビの部分を優しくこすることによって、カビを落とすことが出来ます。最後は洗濯機で洗濯をし、カーテン同様にカーテンレールに吊るして乾かして終了です。
Qapskht9xpp3wown8x6o
カーテンにカビが生えると、カーテンを洗う手間も増えてしまうものです。そうならないためにも出来るだけカビを発生させないことが大切です。原因を見てもわかるとおり、湿気や結露に弱いため、たとえば結露防止テープを窓ガラスに貼るということや、除湿、または換気を出来るだけやって、カビを作らない環境つくりをすることが大切です。
引用: https://www.yururimaaruku.com/wp-content/uploads/2016/05/a37aebaf0ecb797bef801e2738205155.jpg
また、こまめにカーテンを洗うのもおすすめです。汚れがあればあるほどにカビの頑固さは頑ななものになってしまうため、3ヶ月~半年に1度はカーテンを洗うようにして、出来るだけカビを作らない環境を整えていくようにしましょう。
K1sbxo5sxhwbyideiaid
いかがでしたか?カーテンのカビに悩む人にとって、洗濯は億劫なもの。しかし今回紹介したカーテンのカビの落とし方を試していけば、カーテンのカビを取り除くことが出来るのです!またカーテンのカビが出来る原因や漂白剤の効果を知っておくことも、カーテンのカビと上手く向き合っていくためのポイントになるので、今回紹介したことを意識して、日頃からカーテンは新品同然、カビも気にならないピカピカのものにしていきましょう!