Pmu0fmsa03gizhp9aa8k

ごはん

CATEGORY | ごはん

美味しいとんかつの作り方!おすすめのアレンジレシピをご紹介!

2018.06.26

美味しいとんかつが食べたいと思ったとき、レシピや作り方、アレンジを知っておくと自分好みの美味しいとんかつを食べることが出来ますよね。今回はそんな美味しいとんかつの作り方に注目。アレンジレシピや下味など、美味しいとんかつの為のポイントを紹介していきます!

  1. 美味しいとんかつと言えば
  2. 基本的な美味しいとんかつの作り方【下準備】
  3. 基本的な美味しいとんかつの作り方【調理編】
  4. 美味しいとんかつを作る時の揚げ時間目安
  5. 下味に塩麹とはちみつ。美味しいとんかつを作る裏技レシピ!
  6. 科学的にも理にかなっている、有名シェフの美味しいとんかつレシピ
  7. 美味しいとんかつのアレンジレシピ【チーズとんかつ】
  8. 美味しいとんかつのアレンジレシピ【とんかつ甘辛ガーリック】
  9. 美味しいとんかつのアレンジレシピ【キャベトンカツ】
  10. まとめ
Nalganh7uhpztf3y0tl2
美味しいとんかつと聞いて、どんなとんかつを思い浮かべるでしょうか。やはり一般的においしいとんかつとして知られているのが【サクッ】とした衣に【ジューシー】な豚肉が絶妙にマッチしたとんかつですよね。サク、じゅわ…そんなとんかつはとても美味しいものの、なかなか自宅では作れない…と悩んでいる人も多いでしょう。
美味しいとんかつを自宅で作るためには、豚肉に下準備をしておくということや、揚げ方に工夫をしてみるのがポイントになっているのです。今回はそんな基本的な美味しいとんかつの作り方だけでなく、とんかつのアレンジレシピや下味の付け方について紹介をしていくので、美味しいとんかつを作りたいという人は是非チェックしていきましょう!
まずは基本的な美味しいとんかつの作り方を見ていきましょう!用意するものは【豚ロース肉120g】【塩少々】【黒胡椒少々】【小麦粉約大さじ1】【溶き卵1/2】【パン粉40g】で、1人前の美味しいとんかつを作ることが出来ます。

①油の準備

Iagezquen0ig3jjrwtqr
引用: https://www.instagram.com/p/BgIwpuxBohB/?tagged=%E3%82%B5%E3%83%A9%E3%83%80%E6%B2%B9
とんかつを作る準備をする前に、油の用意をしておきましょう。底の深い揚げ物用の鍋に油をいれ、温めておきましょう。

②豚肉の下準備

美味しいとんかつを作るために、豚肉はスジを予め切っておくことをおすすめします。こうすることによりとんかつを揚げた際、豚肉が縮むことなくジューシーに仕上がりやすくなります。そして包丁の背を使って、豚肉を表裏叩いて柔らかくしておきます。これらのことが終わったら、材料の塩と黒胡椒少々で豚肉に下味をつけておきましょう。
美味しいとんかつを作る準備が整ったら、いよいよ調理に移っていきましょう。途中油の温度が変わるため、一通り目を透してから調理に移っておくとスムーズに作っていけるのでおすすめです。

③衣をつける

下準備が終わった豚肉に小麦粉をつけます。余計な粉を叩いて、その次は溶き卵に付けていきます。この溶き卵に関しても余計につけすぎてしまうのは、衣が剥がれやすくなり、ベタっとした衣に仕上がりやすくなってしまうので、軽くつけるだけにしておくことがポイントです。最後にパン粉も最低限の量を付けて、小麦粉、溶き卵、パン粉を豚肉になじませるために3分から5分ほど時間を置きます。

④揚げる

用意が出来たら豚肉を挙げていきます。最適な油の温度は170℃で、3分揚げるのが一般的です。揚げすぎは衣が焦げてしまう原因に繋がるため、時間を計って揚げると良いでしょう。揚げたあとは予熱を使って3分から5分ほど時間を置きます。

⑤二度揚げして完成

予熱で豚肉に火を通したら、油の温度を180℃に揚げ、二度揚げしていきます。この時時間は30秒程度でさっくりと揚げるのがポイント。二度揚げすることにより、衣がサクサクカリカリ、中身がジューシーな美味しいとんかつが作れるのです!
基本的な美味しいとんかつの作り方でも紹介しましたが、だいたいどのくらいの揚げ時間がとんかつにはベストなのか、ということも見ていきましょう。まず、とんかつを揚げる際は【とんかつの厚さの二倍】ほどの油を用意しておく必要があります。しっかりと豚肉が油に浸り、揚がるようにすることが大切です。

一度で揚げる場合

二度揚げではなく一度でとんかつを揚げるならば、170度の温度で片面1,2分ずつだいたい5,6分揚げるのがおすすめです。揚げたあとには余分な油を切るために、5分ほど時間を置くようにしましょう。

二度揚げする場合

先程も紹介していきましたが、二度揚げする場合には170度の温度で3分、そのあと5分ほど予熱で火を通したあとに180℃の温度で30秒揚げるのがおすすめです。5分ほど予熱で温めている時に油の温度を揚げておくと良いでしょう。
続いて紹介をしていくのが、下味に塩麹とはちみつを使った美味しいとんかつのレシピです。こちらのサイトでは、とんかつ屋で食べるような美味しいとんかつを自宅で作りたい人に向けた作り方を紹介しています。
とにかく下準備に力をいれているとんかつの作り方になっていて、しっかりとしたお肉の味と衣のさくさく感を存分に楽しみたい、極上の美味しいとんかつを食べたい人にはぴったり。いつも作っているレシピの下味では何か物足りないという人や、お肉の味をもっと引き出した下味の付け方が知りたいという人には特におすすめ。一般的な作り方よりも多少手間はかかりますが、どうせ作るなら美味しいものを、という人は是非試してみてください。
次に紹介をしていくのがたくさんのレシピ本を出版している、水島弘史シェフが考案したとんかつの作り方。水島シェフは科学的な視点から美味しい料理を作ることを研究しているシェフでもあり、とんかつでもその研究をされています。そんな科学的にも理にかなっている、美味しいとんかつレシピをこちらのサイトでは紹介をしています。
水島シェフのレシピは基本的な美味しいとんかつの作り方とはまるで違います。え、これで大丈夫なの…?と思えてしまいますが、安い豚肉がまるで高級な豚肉を使ったかのような極上のとんかつに仕上がるので、是非信じて作ってみてください。
続いて美味しいとんかつをさらに美味しく食べたい人に向けて、アレンジレシピを紹介していきます。まず紹介をしていくのがチーズとんかつ。豚肉のジューシーさとチーズのとろりとした食感と濃厚な味わいがやみつきになる、絶品アレンジレシピです。
子どもたちにはもちろんのこと、チーズ好きの人や女子会などに最適なアレンジレシピになっているため、チーズが好きな人は是非チャレンジしてみてください。作り方や材料も基本的な作り方とあまり変わりませんが、チーズが入っている分、衣はしっかりと付けなくてはいけないのでそこだけは注意が必要です。
こちらの美味しいとんかつレシピはソースをアレンジしたものになっています。普通のソースではなくちょっと変わったソースでとんかつを食べてみたいという人にはぴったり。
とんかつ自体の作り方は基本的な作り方や他にも紹介しているレシピを参考に作ってみてもOK。レシピにも記載されていますが、にんにくや七味唐辛子の量を調節することによって、また違った味わいを楽しめるので、とんかつソースをアレンジしてみたい人は是非試してみてください。
引用: https://imgc.eximg.jp/i=https%253A%252F%252Fimage.excite.co.jp%252Fjp%252Ferecipe%252Frecipe_thumb%252Fb%252F9%252Fb91c9ec112582e56195441798d2adbbf%252Fh%252F800%252F886cd5acc0c86c57d244f928016b994b.jpeg&small=638&quality=70&type=jpeg
最後に美味しいとんかつアレンジレシピとして紹介をしていくのが、通称キャベトンカツ。とんかつというときゃべつの千切りがセットになっていますが、そのキャベツも中に閉じ込めた一口で豚肉のジューシーさもキャベツのさっぱり感も楽しむことの出来るレシピになっています。
作り方も基本的な美味しいとんかつのレシピにちょっとした手間と工夫をプラスしているだけなのでとても簡単。肉と野菜を一緒に食べられるようなレシピが知りたいという人にもおすすめのレシピになっています。
Qxkx7bizp6tgvjy2zzrj
いかがでしたか?美味しいとんかつを自宅で作れたら、好きな時に自分好みの美味しいとんかつを食べることが出来るものです。今回紹介した作り方やアレンジレシピ、そして下味などを参考にして是非美味しいとんかつを作ってみてください。