Fsocyrjbwmgusqqmaqoz

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

ホルモンバランスとニキビの関係性って?今日から始めたい5つの習慣

2018.05.25

ホルモンバランスとニキビはとても複雑な関係です。大人の肌はとても敏感で化粧水、化粧品などで細かくスキンケアをするべきです。ホルモンバランスとニキビの関係性とホルモンバランスとニキビの関係を良くする習慣を考えてみましょう。

  1. ホルモンバランスによるニキビとは
  2. ホルモンバランスとニキビの関係
  3. ホルモンバランスの乱れによるニキビ
  4. ニキビのタイミング ~ホルモンバランスによるニキビ~
  5. ホルモンバランスによるニキビを防ぐ5つの習慣
  6. 【ホルモンバランスによるニキビを防ぐスキンケア】①ハーブティーを飲む
  7. 【ホルモンバランスによるニキビを防ぐスキンケア】②ビタミンAとDを多めに摂取
  8. 【ホルモンバランスによるニキビを防ぐスキンケア】③オメガ3脂肪酸が含む食品
  9. 【ホルモンバランスによるニキビを防ぐスキンケア】④リラックスする時間を設ける
  10. 【ホルモンバランスによるニキビを防ぐスキンケア】⑤ニキビがひどい場合は経口避妊薬を使用してみる
  11. 【番外編】スキンケアを徹底する
  12. まとめ
W7lrnlevbjj0f3plrl2p
ホルモンバランスの乱れによるニキビは「慢性のにきび」とも言われています。 化粧水や化粧品に気を使ってスキンケアをしている人でさえ起こります。 多くの10代以上の女性は、月経周期の直前に皮膚が悪化していることが分かります。通常、期間が始まる約10日前です。月経周期の異なる時期に悪化する可能性のあるあらゆるニキビは、ホルモン性ニキビと呼ばれることがあります。この時に薬、化粧品、化粧水によってケアをする人も多いでしょう。 月経周期の前半において顕著な生殖ホルモンはエストロゲンであり、後半では、プロゲステロンというホルモンの分泌が高まります。これは皮脂の生成を刺激する作用があります。さらに、女性ホルモンの一つのテストステロンの相対的なレベルが上昇し、皮脂生成をさらに刺激し皮脂の過剰分泌をもたらします。 一部の方には、そのホルモンバランスの乱れが生殖器系の重大な問題を示すことがあり、中にはホルモン療法を使用してバランスをとることがあります。
Muxje4yiavrsbrhwk7c9
引用: http://xn--sck3cz99uh3rhjz.jp/%E9%9D%92%E3%83%92%E3%82%B2/kokunaru/
Mfr8ej6dwbzfii5pglu4
10代の思春期の時期のニキビと違い、大人のニキビはホルモンバランスの乱れにより起こる「吹き出物」となります。大人のホルモン性のにきびは、あなたのお肌に大きな影響を与えます。それは、女性がホルモンの分泌量が多く、高い活性化が見られる年齢で多く発症します。 特に、20代~30代は、妊娠、出産、授乳(授乳)の激しいホルモン変動に罹りやすくなる傾向があります。それだけ、ホルモンバランスの変動によりお肌の調子が悪くなるということです。 しかし、出産や妊娠による要因だけでなく、遺伝による生まれつきの体質も、ホルモンバランスとニキビの関係に大きく関係しています。スキンケアを徹底することも必要です。
Xcd5ze8bh2umyp3z63x1
引用: http://simplyposh.com/category/acne-treatments/
Ltbzdapzs5y4zqzeydjg
大人のホルモン性ニキビはあなたの顎と顎の周りに発症しやすくなります。 大人のホルモンの乱れの兆候の1つは、その顔にできるニキビの位置です。あなたの顔周辺に炎症を起こしたニキビ、特にあなたの顎と顎の周辺にニキビができている場合は、それはおそらく大人のホルモン性ニキビの可能性が高いです。 ホルモンバランスの乱れがあなたの顔の皮膚の毛穴を詰まらせ、皮脂の分泌量が多くなっている状態です。 これは、体内の過剰なホルモンが、あなたの顎の周りにある多くの皮脂腺を刺激するためです。これらの余分な皮脂腺は、あなたの肌をホルモン性のニキビ肌にしてしまいます。 顎と顎の周辺の箇所はホルモン性ニキビの非常に一般的な場所ですが、顔の側部(頬)に沿ってもニキビが発症することがあります。
Fvexieai77vr46xzpzei
引用: http://intreviews.com/what-is-the-best-acne-treatment-for-a-14-year-old/
M9el8hbohwau97ej8hvu
大人になってからのホルモン性ニキビは、女性の月経周期のような周期的なパターンで現れる傾向があります。女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステロンの分泌が月経周期によって変化しているからだとされています。閉経後の女性でさえも、エストロゲンやプロゲステロンのレベルは毎月変化しますが、閉経前の女性よりは低いため、大人のホルモン性二キビの影響は低下します。しかし、閉経前の女性はホルモンバランスが乱れがちになりますので、ホルモン性ニキビの影響を大きく受けます。ニキビの発症は毎月同じ場所で起こる傾向があり、通常、特定の肌の毛穴が以前のにきびによって拡大された結果とされています。 また、ストレスを感じている時期はホルモンバランスが乱れる要因となり、ニキビが発症しやすい時期になります。ストレスホルモンであるコルチゾールは、他のホルモンにも影響を及ぼし、それらがすべて狂ってしまう可能性があるからです。 毎月の月経周期のホルモンの変動に敏感に感じる、そして、かなり急なストレスを抱えている女性は、自分自身が大人のホルモン性ニキビを発症しやすい体質と習慣になっていることを認識する必要がありそうです。
Op7fnqdxbhkuur2txnrg
引用: http://sassydove.com/skincare-reviews/acne-treatment-reviews/
薬、化粧品、化粧水によってケアをする等様々な対象方があると思いますが、以下の5つの週間があれば未然に防ぐことができるでしょう。
Qy5fsmubz2gjdoarjbmc
Efvbahycuzaqpwvp3h1k
ハーブティーには女性ホルモンのバランスを整える作用があります、女性ホルモンのバランスをとるために使用されるハーブは、月経前不快気分障害(PMDD)および月経前症候群(PMS)の治療に非常に有用であることが示されており、ホルモン性にきびを効果的に治療するために使用されています。 「マカ」は根菜であり、伝統的には南米原産の薬として使用されてきました。それは植物由来のエストロゲン活性効果があり、女性ホルモンのプロゲステロンレベルを上昇させる可能性があります。
F3kfzglctz5bx4gxcjrq
引用: http://www.herbteamaster.org/introduction/
セリ科の多年草のドンクアイ(Dong quai)またはトウキ(Angelica sinensis)は、伝統的な中国医学で使用されるハーブであり、女性の健康に関係する問題を改善するために使われることがおおいハーブです。それらは、抗炎症効果を持っています。ドンクアイ(Dong quai)は、更年期症状を治療するために閉経中に一般的に使用されています。なぜならば、ドンクアイ(Dong quai)は女性ホルモンのプロゲステロン分泌を促進し、エストロゲン分泌を抑制する効果があるからです。 ブラックコホッシュ(black cohosh)またはシミシフアラセモサ(Cimicifuga racemosa)は、閉経時に、主に更年期症状の軽減に有効であることが示されています。女性ホルモンのバランスをとるために伝統的に使用されているハーブの一種です。また、ホルモンバランス対策としてメディカルハーブという飲み物も販売されています。そのハーブの効果を生活の一部に取り入れて、ニキビの炎症や発症を予防してみてはいかがでしょうか。
R6vvhkfjlawwpwerltwp
引用: https://qnet-india.in/amazing-health-benefits-celesteal-herbal-teas/
Of4yqvaete7hadjuhoif
ビタミンAとDをあなたの食生活に取り入れる習慣をおすすめします。ビタミンAとビタミンDは、あなたのホルモンのにきびの治療にとても役立ちます。ビタミンAとビタミンDは、ホルモンのバランスを助ける効果と皮膚の健康を促進する効果があります。忙しい毎日ではなかんか食事から摂取する時間が無い場合は、ビタミンAとビタミンDをサプリメントで摂取することもできます。しかし、なるべく食事、食習慣からビタミンAとビタミンDを摂取する事を心がけましょう。また、ビタミンDは摂取した後、太陽の下で15分を過ごすことによって十分なビタミンDを得ることができます。ビタミンAが豊富な食品には、卵黄、サツマイモ、ホウレンソウ、ニンジン、カボチャ、ブロッコリー、赤唐辛子、マンゴー、アプリコット、豆類、肉や魚のような果物が含まれます。 ビタミンDが豊富な食品には、魚やタラ、牛乳、ヨーグルト、チーズ、スキムミルクなどの乳製品が含まれます。
Mgmemudmi2usbjlkczb3
引用: https://www.quora.com/What-is-the-importance-of-Vitamin-D-What-types-of-food-contain-Vita
Twllqj5bdbbgqf3mv5vd
オメガ3脂肪酸の推奨用量の消費は、ホルモン性にきびにはとても効果的です。ホルモン性ニキビに関連する疾患である多発性嚢胞卵巣症候群(PCOS)は、オメガ3脂肪酸の高い食事に切り替えることによって効果的に治療することができます。オメガ3脂肪酸が高い食品には、 〇種子とナッツ類:亜麻仁と亜麻仁油、クルミ 〇魚油:サーモン、イワシ、サバ、ホワイトフィッシュ、 〇ハーブとスパイス:バジル、オレガノ、クローブ、マジョラム 〇野菜:ホウレン草、発芽した大根の種、ブロッコリー などが挙げられます。食事の際に、これらの食品を積極的に摂取することで、ホルモン性のニキビの発症を抑えることができます。
G3dtdb8hwyz8a4n6jh9t
引用: http://shizenryouhou.com/wp/?p=8960
Gohab3nbmrce9nsdrrs3
ホルモン性にきびの要因の一つのストレスに対処する方法として、リラックスする時間を意識的に設ける必要があります。仕事や勉学で忙しい毎日を送る現代の環境において、リラックスする時間はどうしても減らさざる負えない状況になりがちです。しかし、どうしてリラックスする時間が必要かというと、身体の副腎が卵巣と同じくらい多くの女性ホルモンの一つ、テストステロンをあなたの血流に放出するためには、身体の血流を身体全体に循環させる必要があるからです。ストレスと過労があなたの日常生活の一部である場合は、リラックスした心の中で毎日2〜3時間過ごしてみてください。笑う、創造的なクリエイティブな思考をしてみる、または瞑想する。あなたの内なるストレスを解消し、ストレスケアをしてください。
Ju8gblptwguvsupwyfqd
引用: http://womanista.com/wellness/2015/04/12/10-ways-to-relax-right-now/
Oxyu5kiune0mwcfahsty
ニキビがひどいと思われる場合は、皮膚科医の治療方法のホルモン補充療法を選択する方法があります。にきびの最も一般的な治療はピルを使用したホルモン療法です。ピル(経口避妊薬)のタイプと投薬は、にきび治療のにとても効果的で、特に若い女性に非常に有効的である可能性があります。 ピル(経口避妊薬)を使用した治療は、ホルモン性ニキビの女性を救うことができますが、重大な副作用を伴う可能性があります。副作用には、めまい、頭痛、体重の変化、胃の不調、うつ病、胸痛、心臓病のリスク増加(特に喫煙している女性)、息切れ、乳房の塊、また、乳癌、深部静脈血栓症および脳卒中のリスクを増加させることにも関与しています。使用の際には、有資格の医療専門家と相談して、治療のリスクとメリットについて十分理解する必要があります。
化粧水、化粧品などをケアしてスキンケアを徹底することで未然にホルモンバランスによるニキビを防ぐことができます。化粧水、化粧品に気を使ってみましょう。今後おすすめの化粧水、化粧品についての記事を公開致しますので読んでみてください!
Ypqyjilbicr1biydmikf
引用: http://www.wisebread.com/the-5-best-acne-treatments
ホルモンバランスとニキビの関係、今日から始めたい5つの習慣についてお送りしましたが、いかがでしたか。 女性の身体はとても繊細で、ホルモンの影響を大きく受けることが分かりました。 身体のケアと同時に、ホルモンバランスのケアを始めてみてはいかがでしょうか。 シャルメールには薬、化粧品、化粧水によってケアをする方法も載っておりますのでそれらの記事も是非参考にしてください。