Vffakdoyjbgzgwvgdo2c

暮らし

CATEGORY | 暮らし

ホルモンバランス改善!女性におすすめ漢方、ハーブティーを紹介!

2020.07.14

ホルモンバランスの変化に影響され、体調のリズムを崩しがちになっていませんか? ホルモンバランスを改善するための漢方やハーブティーを紹介します。 多くの女性が悩むホルモンバランス問題を改善しましょう!

  1. ホルモンバランスの乱れとは?改善はできるの?
  2. ホルモンバランスが乱れるとどうなるの?
  3. ホルモンバランスを改善する生活習慣とは
  4. 【ホルモンバランスを改善】食事で十分な量のタンパク質を食べる ~ホルモンバランス改善~
  5. 【ホルモンバランスを改善】定期的な運動  ~ホルモンバランス改善~
  6. 【ホルモンバランスを改善】ストレスの管理方法を学ぶ  ~ホルモンバランス改善~
  7. 【ホルモンバランスを改善】瞑想、ヨガなどが有効?
  8. 【ホルモンバランスを改善】良質な脂肪の魚を食べる  ~ホルモンバランス改善~
  9. 【ホルモンバランスを改善】漢方ハーブティーを飲む
  10. 結局ホルモンバランスをどう改善するの?まとめ
Rzc9o1pc2sm42hpdfddt
「生理の周期が乱れている」・「月経の期間が短い」など経験された女性は多いのではないでしょうか。これは女性ホルモンが順調に分泌されていない状態を意味しています。しかし、身体の組織の一部の「視床下部」、「脳下垂体」、「卵巣」というホルモン分泌にかかわる組織器官のうち、どの組織の期間が作用していないのかというはっきりとした原因は、検査しないと分かりません。各組織器官のホルモンの分泌状態は、血液検査で血中に含まれるホルモン量を測測定することで判断できます。ホルモンの増減の変化で、どの組織の器官がホルモンバランスの乱れと関係しているのかが分かります。それだけ、ホルモンは繊細で神経質な物質であると同時に、デリケートなケアが大切です。
K4wghii2yliyzxo0elfe
Uqj1lmymyzovdipdhqsd
引用: http://www.tarumi-labo.com/special/22/
Pxb4x5qlmtyod6t6xkj0
引用: https://felice-kaori.com/article/9392
Dn9hwu46ol7cfit8y6ey
女性ホルモンバランスの乱れの症状の一つは、生理不順(月経不順)や無月経となります。その原因として、生理不順や無月経が継続している場合は、ホルモン分泌のバランスが悪化している状態だからと言えます。そして、自律神経の調子が崩れて、カラダ中に影響が現れてきます。その症状は、頭痛やめまい、のぼせや冷え、精神不安定等の全身に症状が出てきます。原因は、脳の組織の一部、間脳の視床下部の器官が、自律神経の中枢器官によるものだからです。他の症状として、不妊、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)、体重の変化、痙攣、乏しい性欲、脱毛または異常な髪の成長、子宮筋腫、ほてり、にきびの発生、記憶力の低下の問題、行動の変化などです。 ホルモンバランスの乱れが、様々な症状を引き起こす原因になる可能性があります。
Aysajpm9nolipb2xyui3
Skvxdjpm3had7epnpetn
Nnmwvcf6dnlfepkdnjhf
引用: https://drprem.com/health/natural-protein-sources-health
日々の食事の中で、適切な量​​のタンパク質を摂取することは非常に重要です。 食事中のタンパク質は、筋肉、骨、および皮膚の健康を維持するために、あなたの身体が独自に作ることができない必須アミノ酸を供給し、身体を作る基となります。 さらに、タンパク質は、食欲および食物摂取を制御するホルモンの分泌に影響を及ぼします。 タンパク質を摂取すると、「飢餓ホルモン」グレリンのレベルが低下し、満腹感を助けるホルモンの生成が刺激されます。ホルモンバランスの健康を最適化するために、専門家は最低20〜30グラムのタンパク質を1食ごとに消費することを推奨しています。これは、各食事にこれらの高タンパク食品を含めることで簡単に行うことができます。適切なタンパク質を消費すると、食欲を抑制し、満腹感を感じるのを助けるホルモンの生成が誘発されます。1回の食事あたり最低20〜30グラムのタンパク質を目指してください。
Ifj5zyna49njyryijarq
Nknbz6vgnlowecuzadl8
身体活動はホルモンの健康に大きく影響します。運動の主なは、インスリンレベルを低下させ、インスリン感受性を高める能力である。インスリンは、いくつかの機能を持つホルモンです。 1つは、細胞が血流から砂糖とアミノ酸を取り込み、エネルギーと筋肉を維持するために使用されることです。けれども、高いインスリンの値の状態はとても危険です。炎症、心臓病、糖尿病および癌に関連しています。糖尿病の原因はこのインスリンが大きく関係しています。 しかし、多くのタイプの有酸素運動、筋力トレーニング、持久運動を含む身体活動が、インスリン感受性を高め、インスリンレベルを低下させることが判明しています。 肥満女性の24週間の研究では、参加者のインスリン感受性および「アディポネクチン」(抗炎症効果を有し、代謝を調節するのに役立つホルモン)のレベルが増加したと示されました。
Ng7suujsoe5dbtsuybip
引用: http://www.chatelaine.com/health/fitness/how-nature-can-benefit-your-health-and-happiness/
身体が活動的であることは、テストステロン、および成長ホルモンなど、年齢とともに低下する筋肉維持ホルモンのレベルを高めるのにも役立つ可能性があります。 軽度~中程度の運動、エクササイズの定期的に歩くウォーキングさえ、これらのホルモンレベルを上昇させ、潜在的に身体の強度と生活の質を向上させる可能性があります。 抵抗運動とエアロビクストレーニングの組み合わせが最良の結果をもたらすと思われますが、定期的にあらゆるタイプの身体活動を行うことはホルモンバランスを改善するには効果的です。 筋力トレーニング、エアロビクス、ウォーキングまたは他の種類のエクササイズを行うことにより、老化過程において疾患のリスクを軽減し、筋肉量を維持するようにホルモンバランスを調整することが可能です。
Ohwlixs1vxf4wqudf3nr
E0culgssbjzzhgnhv2cd
ストレスはあなたのホルモンに大混乱を起こすことがあります。ストレスの影響を受ける2つの主要なホルモンは、コルチゾールおよびアドレナリンです。 コルチゾールは「ストレスホルモン」として知られています。これは、体が長期的なストレスに対処するのに役立つからです。私たちが危険にさらされているときに走ることを私に指示する役割を果たします。 アドレナリンは、即時の危険に対応するための精神的興奮状態をあなたの体に提供する戦闘ホルモンです。 しかし、数百年前とは異なり、これらのホルモンは主に捕食者からの脅威によって誘発されましたが、現代においては、忙しい人々の日常生活の外部の環境によって引き起こされます。社会的環境が原因によりストレスフルな生活に晒されている状況です。 それによって、人間の身体は慢性的なストレスを抱えることになり、コルチゾールの値を上昇させ、腹部の脂肪の増加を含む過剰なカロリー摂取および肥満になりやすい傾向にあります。 また、上昇したアドレナリンレベルは、高血圧、急速な心拍数および不安を引き起こし得る。しかし、コルチゾールとは異なり、アドレナリンは慢性的に上昇する可能性が低いので、毎日の生活習慣により予防できます。
Yintca3a68nbywbklw4c
引用: http://www.countryliving.co.uk/wellbeing/news/a180/mental-health-benefits-nature-outdoors-study/
Yos3cvpoudad4abkm58v
これらの症状に対処するためには、瞑想、ヨガ、マッサージ、リラックスした音楽を聴くなどのストレスを軽減する方法を身に付け、コルチゾルのレベルを下げ、ホルモンバランスを調整できることを示しています。 ある研究によると、マッサージ療法が平均して31%のコルチゾールレベルを減少させるだけでなく、気分上昇ホルモンのセロトニンレベルを28%、ドーパミンレベルを平均して31%増加させることを発見しました。 忙しい現代の生活の中では、時間がないと思っても、少なくとも1日あたり10分~15分をストレス解消の活動に費やしてください。瞑想、ヨガ、マッサージ、心地よい音楽を聴くなどのストレス軽減行動は、ストレスホルモンのレベルを正常化にします。
Qcp3ldhfln0sgjp63zng
引用: http://blog.goo.ne.jp/lululin6834/c/1f6165d1acecef4555bb51d1c2f8c781
Z3u0ypb80yx1dy2bfzcg
良質な脂肪を含む魚は、優れた抗炎症特性を有する長鎖オメガ3脂肪酸の最良の供給源です。 研究によれば、ストレスホルモンである「コルチゾール」と「アドレナリン」のレベルを減らすことを含め、女性ホルモンを含む様々なホルモンの健康に有益な効果をもたらす可能性があります。 長鎖オメガ3脂肪酸の摂取量を増やすと、肥満、多嚢胞性卵巣症候群および妊娠糖尿病に関連するインスリン抵抗性が低下する可能性があるとの調査もあります。 妊娠前に糖尿病にかかっていない女性では、妊娠中に妊娠糖尿病が発症します。 2型糖尿病と同様に、それはインスリン抵抗性および血糖値の上昇の症状が見られ、ホルモンバラランスの不均衡が原因とされています。 ホルモンバランスの健康を最適にするには、サーモン、イワシ、ニシン、サバのような1週間に2回以上、これらの良質な脂肪を含んだ魚を摂取することが大切です。
Fevebhw8j3autsjzzfae
引用: https://www.bbcgoodfood.com/recipes/2195659/the-best-salmon-fish-cakes
Phbcnplkbh2yl0tvi3tb
漢方やハーブティーもホルモンバランスの改善に有効です。 漢方やハーブティーは一般的に体にいいものであるとされていますが、 その所以の一つが漢方やハーブティーの持つホルモンバランス改ざん効果だとされています。 おすすめの漢方やハーブティーは以下のものです。
【漢方】
山本漢方製薬 大麦若葉粉末100% 徳用 3g*44包
価格 ¥ 980
【ハーブティー】
メスマー カモミール 25P
価格 ¥ 518
Hftvrvuv1rurvglmrrba
引用: https://inshapeapex.com/hormone-replacement-therapy-women-bhrt/
人間の身体には様々なホルモンが機能しています。ホルモンの不均衡は、肥満、糖尿病、心臓病およびその他の健康問題の原因となる可能性があります。定期的に運動し、健康的な栄養価の高い食品を消費することは、あなたの健康状態を改善するためにとても効果的です。 日常生活の習慣によりホルモンバランスが改善できる方法を知ることで、まだホルモンバランスが崩れた経験が無い方には予防対策として、そして、ホルモンバランスが乱れている方には治療方法の一つとして活用してみて下さい。