Phhelxpazebhtcleuiyo

おすすめ

CATEGORY | おすすめ

インテリアのコツを教えて!色の配置でリビングを北欧風に!

2018.07.10

家具や色の配置を変えるだけで、様々なテイストのリビングを楽しむことができます。インテリアのコツを掴めば、おしゃれな北欧風のリビングだって作れるんです!この記事では、リビングを北欧風にするインテリアのコツを8種類ご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

  1. インテリアでリビングを北欧風に
  2. 【北欧風】インテリアのコツ①アクセントカラー
  3. 【北欧風】インテリアのコツ②照明
  4. 【北欧風】インテリアのコツ③観葉植物
  5. 【北欧風】インテリアのコツ④生地・柄
  6. 【北欧風】インテリアのコツ⑤収納方法
  7. 【北欧風】インテリアのコツ⑥木製のアイテム
  8. 【北欧風】インテリアのコツ⑦家具・色の配置
  9. 【北欧風】インテリアのコツ⑧壁の利用
  10. まとめ
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQgE2wgDV8Kvexv8DcrXeiFkc_zwevpOm_4-sZVaEkA7Ix5qlWZ
リビングを素敵な空間に仕上げてくれるインテリア。インテリアのコツを掴めば、おしゃれな北欧風のリビングだって簡単に作れちゃうんです。今回は、リビングを北欧風にするインテリアのコツを8種類ご紹介します。ぜひチェックしてみてください。
引用: https://moderendom.net/wp-content/uploads/2013/05/apartament-s-privlekatelen-interior-v-london-1g.jpg
まず最初にご紹介する北欧インテリアのコツは「アクセントカラー」です。北欧インテリアの基本は「モノトーン×アクセントカラー」からできています。ベースのモノトーンカラーに好みのアクセントカラーを加えることで、おしゃれな北欧インテリアにグッと近づきますよ。
引用: https://all-about-design.de/wp-content/uploads/2016/04/modern-schlafzimmer.jpg
アクセントカラーには自分の好きなカラーを選びましょう。おすすめは華やかさのある「ビビットカラー」です。ビビットなカラーを選べば、落ち着いたモノトーンに華やかさがプラスされて、さらにおしゃれな印象になります。

アクセントカラーの実例

引用: https://i.pinimg.com/originals/97/c7/ab/97c7abcd4f89d7a47c1c23d257110857.jpg
こちらのお部屋では「ブルー」がアクセントカラーになっています。ベースのモノトーンカラーによるモダンな雰囲気に加えて、ブルーカラーで爽やかさや落ち着いた印象がプラスされていますね。

アクセントカラーの実例

引用: https://kinarino.k-img.com/system/press_images/001/167/593/b0c366920877d038c9863fcd11774e0d6a5b5f9b.jpg?1517382078
こちらのお部屋では「水色」がアクセントカラーになっています。シンプルなモノトーンと色鮮やかな水色の組み合わせが素敵ですね。アクセントカラーをカーテンと枕の2つのみに使うことで、より水色の色彩が映えています。
引用: http://dlofre.jp/shop/blog/assets_c/2012/09/IMG_5396-thumb-430x286-6380.jpg
二つ目にご紹介するインテリアのコツは「照明」です。おしゃれな照明の基本は「光の組み合わせ」にあると言われており、複数の照明を使うことでおしゃれな空間を演出することができます。ぜひ、インテリアに照明を取り入れてみてはいかがでしょうか。
引用: https://pds.exblog.jp/pds/1/201012/16/59/c0156359_9463894.jpg
照明には様々な種類がありますが、特に「スポット照明」と「間接照明」の2つがおすすめです。例えば、複数のスポット照明を配置すれば、より部屋を明るく照らすことができます。間接照明を配置すれば、モダンな印象に加えて温かさややさしい雰囲気をプラスしてくれます。

照明の実例

引用: https://folk-media.com/wp-content/uploads/2017/07/media-1-219-600x450.jpg
こちらのお部屋では「間接照明」が使用されています。木材のナチュラルなインテリアに間接照明を組み合わせることで、さらに温かみのある素敵なお部屋に仕上がっています。間接照明の「色」にもこだわりが感じられますね。
引用: http://exgardenbu.com/wp/wp-content/uploads/2015/09/IMG_15571.jpg
三つ目にご紹介するインテリアのコツは「観葉植物」です。北欧インテリアといえば、おしゃれな観葉植物を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。観葉植物をインテリアに取り入れると、おしゃれな印象になるのはもちろん、部屋全体が温かみのある落ち着いた印象に仕上がります。
引用: https://kinarino.k-img.com/system/press_images/001/046/236/b0774986a4c9c9929ca37abab74320b12d0feaf0.jpg?1500632401
さらに、観葉植物と相性が良いのは北欧風の部屋だけではありません。どのようなテイストのお部屋でも観葉植物はマッチしてくれます。「おしゃれなインテリアを飾りたい!」「北欧インテリアを目指したい!」という方は、ぜひ観葉植物を取り入れてみてはいかがでしょうか。

観葉植物の実例

引用: https://kinarino.k-img.com/system/press_images/001/046/390/d365bd5591f88ad7525d84aa926b8fab7bf247a6.jpg?1500638270
こちらのお部屋では大きめの観葉植物が飾られています。観葉植物の緑によって部屋全体に温かみが感じられますね。また、太陽の光が当たりやすい窓際に飾ることで、より観葉植物の美しさが引き立てられています。
引用: http://cdn.decoist.com/wp-content/uploads/2014/08/Fabulous-black-and-white-living-room-composition-with-trendy-decor.jpg
四つ目にご紹介するインテリアのコツは「生地・柄」です。北欧インテリアといえば、ベースのモノトーンによるモダンな雰囲気が魅力の一つです。しかし、インテリアによってはシンプルすぎて見えることも…。そんなときは、生地や柄にこだわることでさらにおしゃれな空間にすることができます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61CGyhdXtUL.jpg
カーテンやテーブルクロスなど大きめのアイテムに柄ものを取り入れてみましょう。大胆な柄のアイテムを取り入れるだけで、部屋の雰囲気がグッと変わります。また、生地の質感によっても部屋の印象を変えることができます。イメージに合わせて様々な生地・柄を取り入れてみてください。

生地・柄の実例

引用: https://image.rakuten.co.jp/cocoterior/cabinet/b/scm68.jpg
こちらのお部屋では植物がデザインされた柄物のカーテンが使用されています。柄物のアイテムを一つ取り入れるだけで、部屋全体がパッと明るい印象になりますね。植物柄のカーテンは観葉植物の代わりにも良さそうです。
引用: http://www.sterior.com/rack_shelf/img/falley-shelf01.jpg
五つ目にご紹介するインテリアのコツは「収納方法」です。収納ボックスを利用してもいいですし、壁面を使って見せる収納にしてもいいですね。最近では、おしゃれな収納ボックスや簡単に壁面に取り付けられるウォールシェルフなども発売されています。収納方法を工夫して、スッキリとしたお部屋を作りましょう。

収納方法の実例

引用: https://folk-media.com/wp-content/uploads/2017/07/media-7-173-600x750.jpg
こちらのお部屋では収納に壁面を利用しています。細々としたアイテム類を「見せる収納」にすることで、お部屋がよりおしゃれな印象になります。収納スペースがあまり確保できないという場合にも活躍しそうですね。椅子を置けば小さなテーブルとしても使用できます。
引用: http://space-design.info/wp/wp-content/uploads/2016/08/photo_coordinate_02.jpg
六つ目にご紹介するインテリアのコツは「木製のアイテム」です。ナチュラルな木製のアイテムを使用することで、シンプルすぎず程よい温かみのある部屋に仕上がります。木製のアイテムが多くなるほどナチュラルな印象に、木製のアイテムが少ないほどモダンな印象の部屋になります。

木製のアイテムの実例

引用: https://p.limia.jp/resize/o3/image/3367/gallery/15609/2377d6073ba8ecb75e1970b1c58ad984.jpg
こちらのお部屋では木製のテーブルとチェアが使用されています。周りの観葉植物と合わさって、とてもナチュラルな印象に仕上がっていますね。木による温かみも感じられます。テーブル、椅子、棚などの大きめのアイテムを木製にすると、部屋の雰囲気がグッと変わりそうです。
引用: https://orange-house-jp.com/sekou/12_renovation/images2016_12_2/img_01.jpg
七つ目にご紹介するインテリアのコツは「家具・色の配置」です。家具をどのように配置するか、色のアイテムをどこに使うかによって部屋の印象がガラリと変わります。スッキリとした北欧風に仕上げたい場合は、家具を置きすぎない・ベースはモノトーンカラーで彩色は少なめにすることがおすすめです。

家具・色の配置の実例

引用: https://inzak.jp/wp-content/uploads/2017/10/nordic-interior-thumb-600x371.jpg
こちらのお部屋ではホワイトカラーをベースにして、複数の観葉植物が飾られています。アクセントカラーの代わりに観葉植物の緑を利用するのもおすすめです。真っ白な家具の中に鮮やかな緑が美しいですね。
引用: https://i.pinimg.com/originals/9f/67/71/9f6771ab67c178964e737710c5f04a16.jpg
最後にご紹介するインテリアのコツは「壁の利用」です。壁に様々なアイテムを飾ることで、一気におしゃれな印象のお部屋に仕上がります。例えば、好きなデザイン・柄を飾れるファブリックパネル、おしゃれな絵画などがおすすめです。ウォールシェルフを利用して収納スペースを作るのもいいですね。

壁の利用の実例

引用: http://blog-imgs-82.fc2.com/e/v/e/everydaywitheandk/fc2blog_20150901105804172.jpg
こちらのお部屋では壁を利用してウォールシェルフ・ファブリックパネル・時計と3つのアイテムが飾られています。ウォールシェルフには小さめのインテリアや植物を飾るのにぴったりなアイテムです。鮮やかな花がデザインされたファブリックパネルは飾るだけでおしゃれな空間に。皆さんもぜひ試してみてはいかがでしょうか。
引用: https://folk-media.com/wp-content/uploads/2017/06/media-9-35-600x449.jpg
いかがだったでしょうか。今回は、リビングを北欧風にするインテリアのコツを8種類ご紹介しました。北欧風のリビングを作るには、アクセントカラーや観葉植物などがポイントです。ぜひ、ご紹介したインテリアのコツを参考にして、素敵なリビングを作ってみてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://vipworks.net/wp-content/uploads/2015/05/050915face.jpg