Zagkwagogumadcg7v2x8

ライフ

CATEGORY | ライフ

ホルモンバランスは検査ができる?方法、費用は?東京の病院も紹介!

2020.07.14

ホルモンバランスの乱れによる体調の変化を経験されている女性は多いと思います。 ホルモンバランスはいくつかの方法により検査できることをご存知でしょうか。 個の記事では検査方法や費用、更に東京の病院も紹介します!

  1. ホルモンバランスの検査が必要な場合とは?
  2. ホルモンバランスの検査方法
  3. 〇血液検査方法 ~ホルモンバランスの検査方法~
  4. 〇唾液による検査方法 ~ホルモンバランスの検査方法~
  5. 〇尿検査方法 ~ホルモンバランスの検査方法~
  6. ホルモンバランス検査結果はどのように解釈すればよいのか?
  7. ホルモンバランス検査が出来る東京の病院一覧
  8. 東京都内の病院①
  9. 東京都内の病院②
  10. 東京都内の病院③
  11. 東京都内の病院④
  12. 【ホルモンバランス検査】まとめ
Yfljti16jt8nwbxufrfh
ホルモン検査はいつ必要ですか?その疑問に対して、女性を3つのグループに分けました。 ホルモン検査のメリットが享受できる人とそうでない人を理解するのに役立てて下さい。 ①不妊の問題を抱えている女性。診断ツールと治療ツールとしてホルモン検査が重要です。多くの不妊の問題は月経周期の不規則が要因の可能性が高く、不妊治療専門医師はあなたに正しいサポートと適切な治療方法を判断するために何が間違っているのか、どこに問題があるのか、を理解する必要があるためとみられます。費用は掛かりますが非常に有効な手段とされています。
D8eo6u2unia8x9djof6h
引用: https://geneticaclinic.com/hormone-normalization-therapy/
②ホルモン不均衡の通常(一般的な)の症状を有する女性。女性の大半が経験することになる閉経。自身が更年期症状になっているかどうかを確認する試験はありますか?その疑問に対する短い答えは「いいえ」です。あなたは1年間の生理期間が無い場合は、更年期の可能性が高いです。この症状の場合はホルモン検査は必要ありません。症状のパターンは非常に個人差があり、症状も様々です。最適なの治療方法は栄養の基礎を構築し、正しい基本栄養素をバランスよく摂取し、ライフスタイルを改善させることです。
C5rrg8psw5dir0b09yxb
引用: http://www.nulifeinstitute.com/hrt-women-hgh.php
③ホルモン不均衡の重度の症状を有する女性。若い女性でも特に最近多くなってきている排卵障害、または難治性の症状を持つ女性のためには、ホルモン検査が不可欠となります。 多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)、子宮筋腫、診断された脱毛症(抜け毛)、および他のより重篤なホルモン障害の問題を扱う場合、あなたのホルモンの問題がどこにあるのかを知らないと、治療することはできません。適切な治療方法を判断するために、ホルモン検査は必要となります。
Qbnjybtts9ukdfgtmh5s
引用: http://www.mygynae.co.uk/hormonal-imbalance-in-women/
B4cepblfpo0jplznhqia
ホルモンバランスの検査方法には、3種類のテスト方法があります。血液検査、唾液による検査、尿検査の3つです。そして、その検査方法を行う場所にも違いがあります。ホルモンバランス検査用のキットを使用した、自宅での検査。そして、婦人科による専門医療機関で受けるホルモンバランス検査。しかし、ホルモンを検査するための完璧な方法はありません。それぞれのテストにはメリットと限界があります。また、それぞれの方法でかかる費用も変わってきます。それぞれの検査の長所と短所を見てみましょう。
Selazqv09qunluaskxyn
引用: https://healthyliving.azcentral.com/is-fasting-necessary-prior-to-hormone-testing-12246253.html
Rzbbnu7qpseyyglrxcac
血液検査はホルモン検査を試みる一般的な方法であり、優れたアプローチ方法であると考えられています。それは女性ホルモンの一つのテストステロンの活動レベルと唾液による検査と尿検査では判断できないータルレベルの両方を検査することができます。血液検査にもいくつかの制限があります。第1に、時間内に単一のその時点でのホルモン状態を検査するだけであり、ホルモンは毎日および毎月のリズムによって変化することができるので、より多くの時間的変化のホルモン状態の情報が必要となることがあります。また、生物学的ホルモン補充(療法)を行っている場合は、ホルモンバランスの血液検査を容易に使用できません。その治療は、がん治療において再発予防のために行う治療方法であり、癌にとってホルモン作用を取り除く事は、或る意味癌の進行を抑える有効な癌治療の方法として使用されています。ですので、ホルモンの血液検査は使用が難しいのです。また、病院での検査ですので費用も多くかかります。
J79mrsbqywbbwzvluuty
引用: https://blogs.consumerhealthdigest.com/hypersecretion-of-growth-hormone.html
唾液検査は、複数の唾液のサンプルを経て毎月の月経周期などのホルモンの変動をチャート化(数値化)することで、ホルモンレベルの変化情報を検査します。血液検査が定点的にホルモンバランスを検査するのに対して、唾液による検査は、ホルモンバランスの変動を検査でき、唾液検査の特徴的な長所の点です。しかし、制限もあります。 1つは精度です。すべての唾液の検査では、物質の濃度が高いほど、試験の精度が向上します。唾液検査の問題点は、唾液中のホルモン濃度が血液や尿よりもはるかに低いことです。これにより、血液や尿と同じくらい正確に唾液検査により、ホルモンバランスを一貫して測定するのがずっと難しくなります。こちらも病院での検査となりますので多くの費用がかかります。
Jnqfbrreegghhtnl9h9d
引用: https://www.verywell.com/what-is-inhibin-b-2616449
さらに、出血による血液の混入は、検査結果に影響を及ぼし、人工的に高レベルに見えることがあります。唾液pHによる酸性かアルカリ性か、などの他の要因も結果に影響する可能性があります。唾液による検査技術が向上するにつれて、多くの場合で正確で再現性のある結果を提供する能力が向上しました。しかし、唾液中のホルモン濃度がはるかに低いため、唾液ホルモンを検査する場合では、一貫性と信頼性の高い精度を確実に保証することは難しいです。 けれども、血液検査や尿検査と異なり、唾液による検査は医療機関だけでなく、自宅でキットを利用して手軽に検査できるメリットがあります。医療機関に行くのが難しい、忙しい方にとっては選択肢の一つとして唾液による検査はおすすめです。 検査キットの提供情報: http://sacjapan.site/?page_id=88
Whveye5j5gy8hwxvrxhb
引用: http://www.yourhormones.info/practical-information/laboratory-tests/
Ubpy3owzhxydzthuvgkw
尿検査は3種類の女性ホルモン、エストロゲン(エストロン、エストラジオール、エストリオール)をすべて検査し、抗がん性があると思われるホルモン値などの有用な情報を提供します。検査は血液や唾液よりもコストがかかり高価ですが、血液や唾液パネルよりも多くのホルモン値やホルモン代謝物を検査できます。その結果、ホルモンバランスによる症状がより深刻な場合には、特に役立つ高いレベルの検査結果、ホルモンバランス情報が得られるメリットがあります。 24時間の尿中ホルモン値にもいくつかの制限があります。主な問題は、体内で尿中に排泄されているホルモンだけを測定することです。排泄ホルモンはしばしば組織や血中濃度と相関するが、必ずしもそうであるとは限りません。この方法は、24時間にわたって尿をすべて採取する必要があるため、不便な面があります。自宅で検査は難しく、婦人科のある医療機関での尿検査方法の受診が適正です。こちらも病院での検査となりますので費用がかかります。
Sozkzpoiwdaetg9zkl7w
代表的な女性ホルモンの一つのエストロゲンには、エストロン、エストラジオール、エストリオールの3種類があります。エストロゲンレベルは毎日、毎時、さらには分単位で変動します。エストロンは一般に閉経後に増加しますが、エストリオールは通常妊娠とともに上昇します。エストラジオール(最も一般的に測定されるエストロゲン)は、月経周期を通じて変化し、閉経後には低く、安定したレベルに低下します。高いエストロゲンの値は、子宮筋腫、体重増加、糖尿病、または高血圧に関連している可能性があります。低いエストロゲンレベルは、典型的には閉経後に自然的に発生するが、特定の遺伝的障害、極度の運動、および食欲不振でも起こり得ます。
Tokoxjvm59kyyxnyzznd
引用: http://www.bestchinanews.com/Health/10338.html
そして、2つ目の代用的な女性ホルモン「プロゲステロン」は、排卵後の血中のプロゲステロンレベルは、妊娠のために子宮を準備するため増加します。低いプロゲステロン値は、閉経期および更年期症状が出る閉経期前に見られます。また、若い女性の不妊症や妊娠の可能性に問題がある可能性が高い事を意味しています。若年性更年期障害に悩まされる女性も、このプロゲステロン値が低くなります。高プロゲステロンは、妊娠、副腎不均衡、およびいくつかの形態の癌の症状によって引き起こされる可能性があります。
Vwsfn0dhjqcesy5af5z0
引用: http://www.vaidam.com/cost/fibroid-removal-myomectomy-cost-in-india
テストステロンは、卵巣と副腎の器官によって自然に生成されます。テストステロンレベルは刻々と変化します。高レベルのテストステロンは、不妊症および/または多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の問題を示す可能性があります。そして、テストステロンの値は、閉経後に徐々に低下してゆきます。しかし、テストステロンの値の大幅な減少は、高いストレスによるホルモンの乱れの可能性があります。 大量のストレスを受けている場合は、女性ホルモンのバランスを崩し、うつ病、疲労および他の症状を引き起こす可能性も高くなります。
Y9y19rcmutwulzrlpayp
上記では検査方法を紹介させて頂きましたのでここからは東京都内のホルモンバランス検査を出来る病院を紹介します。費用等は各ホームページにてご確認下さい。
Dtevkz4lcn7vkz86saej
引用: http://www.tokyo-ladies.jp/
Nd9mmezvfjrcsapqkzsf
V8dchaln2mz6wxmwq6pa
C3cuuvmco01itvgmsc6c
Rrat1mklmo880ghjsfm2
引用: https://www.bangkokhospital.com/index.php/en/diseases-treatment/royal-hormone
ホルモンバランスの3つの検査方法と、その疑問点に対する解説をお送り致しました。 ホルモンバランス検査の理解はいかがでしたか? 女性の身体を適切にケアして、健康的な身体を維持してゆきたいですね。