W6w5y9dmusrxv2ncukos

ドリンク

CATEGORY | ドリンク

美味しいほうじ茶のおすすめは?人気商品や入れ方までを徹底解説!

2018.06.28

今、国内でも人気が高まっているほうじ茶。カフェインが少ないのでリラックスタイムにも有効ですが、美味しい入れ方や人気商品を知っていますか?この記事では急須ややかんを活用した美味しい入れ方から人気・おすすめ商品まで、ほうじ茶のいろはを徹底的に解説します。

  1. 美味しいほうじ茶を飲みたい!!
  2. ほうじ茶ってどんなお茶?
  3. ほうじ茶の種類は?
  4. 美味しいほうじ茶、飲むとどんな効果が得られる?
  5. 美味しいほうじ茶、選ぶ時のポイントは?
  6. ほうじ茶の美味しい入れ方は?
  7. 人気の美味しいほうじ茶①:茶工場のまかないほうじ茶
  8. 人気の美味しいほうじ茶②:ほうじたて ほうじ茶
  9. 人気の美味しいほうじ茶③:一保堂茶舗 ほうじ茶 ティーバッグ
  10. 人気の美味しいほうじ茶④:ハラダ製茶 やぶ北ブレンド徳用ほうじ茶
  11. 美味しいほうじ茶で病気知らずになろう
今、日本国内で人気が高まっているほうじ茶。自宅に備えている人も多いのではないでしょうか。
カフェインが少なく、その香ばしい香りからリラックス効果も高いため、女性を中心に子どもから大人まで楽しむことが出来ます。
Yiiiypp7l2iolv1a8isf
とはいえ、ほうじ茶がより美味しいと思える入れ方を知っていますか?知っていると日常のティータイムをより楽しむことが出来ますね。
今は急須ややかんを使わなくても手軽に飲むことが出来るほうじ茶も増えているので、あわせてご紹介します。
Imjyibse1ipnmw5mebni
それでは最初に、ほうじ茶がどのような特徴のあるお茶なのかを簡単にご紹介します。
ほうじ茶は、茶葉を煎じた日本茶の一種です。緑茶の茶葉は緑色ですが、ほうじ茶の茶葉は赤茶色になるまで強火で煎じられています。
D0zapa2at5lwrw4trssd
そのため、独特の香りがあるのに口当たりがまろやかで、苦味や渋味がほとんどないのが特徴。刺激も少ないので、食事中に飲むお茶としてもおすすめです。
お茶のランクとしては、煎茶や玉露よりも下になりますので、番茶や玄米茶と同等です。
そのため、決して高級感のあるお茶ではありませんが、ほうじ茶が根付いている京都では、料亭で、厳選された茶葉によるほうじ茶を出していることもあるようですよ。
ほうじ茶、と、一言で言っても、いくつかの種類に分類されます。

ほうじ番茶

番茶を焙じたお茶のことを指します。地域によっては、番茶のことをほうじ茶と呼ぶこともあるようです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/5115lI8HYIL.jpg

京番茶

京都府南部で作られているほうじ茶です。燻したような独特の香りが特徴的ですね。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71FqQYheyyL._SL1024_.jpg

加賀棒茶

石川県で作られている、茎茶を焙じたお茶のことを指します。石川県で「番茶」というと、この加賀棒茶を指すことが多いようです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61JzaCTqJBL._SL1000_.jpg

雁ヶ音ほうじ茶

一番茶でも茎の部分だけを選りすぐって作られています。口当たりがまろやかで、香りが良いのが人気です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51uCVngNgJL.jpg

ほうじ煎茶

一番茶や二番茶からより上質な葉を選りすぐって作られています。焙煎に高度な技術が必要で、甘い独特の香りがポイントです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71fc71Zm2bL._SL1024_.jpg
ほうじ茶を飲むことで、体にはどんな嬉しい効果が期待出来るのでしょうか。
ほうじ茶は緑茶などと同じ茶葉を焙じて作られているので、基本的な成分は緑茶などと同じです。
主な成分は「タンニン」や「カフェイン」、「ビタミン類」ですので、美肌効果やアンチエイジング効果、ダイエット効果などに期待が持てますね。
そして、高温で焙じる際にカフェインが飛ばされるので、ほうじ茶は他の日本茶よりカフェインが少なくなっています。
苦味や渋みも少ないことから、子どもからお年寄りまで、また、胃の負担が小さいので病気の人でも安心して飲めるお茶として、医療施設や介護施設でも飲まれることが多くなっています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71g8gKxvD-L._SL1000_.jpg
ほうじ茶、ど、一言で言っても、今は多種多様な形態で販売されています。どれを選べば良いのか迷っている人は、下記のポイントを参考にしてみましょう。

じっくり入れるか、手軽に楽しむか

茶葉が持っている香りや旨味をじっくり楽しみたい人は茶葉で、手軽に楽しみたい人はティーバッグを選びましょう。ボトルに入れて職場に持っていきたい人は、ティーバッグがおすすめです。

種類や品種で

前の項目で解説したような品種ごとの特徴で選んだり、使われている茶葉の部位などで選びましょう。
ほうじ茶本来の味を楽しみたい人は、ほうじ番茶やほうじ煎茶を選ぶのがおすすめです。味もしっかり抽出されるので、やかんなどを使って大量のほうじ茶を作りたいときにもおすすめです。

一ヶ月で飲みきれる量を購入しよう

これはどのお茶にも言えることかもしれませんが、時間の経過と共に、香りが薄くなっていきます。遅くとも一ヶ月程度で飲みきれる量を購入しましょう。
目安としては、一人分のほうじ茶を約130gだとすると、茶葉は約3g必要になります。ティースプーン1杯分くらいだと思ってください。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41BuGA35aGL.jpg
それではここから、ほうじ茶の美味しい入れ方を具体的にご紹介しましょう。
ほうじ茶は他のお茶と同様に、急須を使う入れ方がほとんどです。ただ、やかんや土鍋などを使う人・地域もありますし、近年はより手軽に楽しめるティーバッグも人気です。
ほうじ茶の美味しい入れ方は、やかんなどを使って沸騰させたお湯を使い、短時間で抽出するのがポイント。香りが引き立ち、より美味しく感じることが出来ます。
加えて、ほうじ茶は1煎目で成分がでてしまうので、入れ直す場合は茶葉を変えるのがおすすめです。やかんの中のお湯ももう一度沸騰させましょう。
また、ほうじ茶の中にはタンパク質が含まれているので、時間が経過すると変質していきます。その日のうちに飲み切るようにしましょう。
ほうじ茶を入れる手順は、下記の通りです。
1.急須に茶葉を入れます。茶葉の量はパッケージ裏などで確認しましょう。
2.やかんなどで沸騰させたお湯(おすすめは沸騰したてのお湯)を入れて、30秒間蒸らします。
3.湯呑にそそいで完成です。
やかんでお湯を沸騰させて、美味しいお茶をじっくり楽しみたいですね。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51D8RpWyQhL._SL1500_.jpg
それではここから、人気・おすすめのほうじ茶を、より具体的にご紹介します。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81zTtWNgrcL._SY606_.jpg
日本のお茶処といえば静岡ですが、この茶葉は静岡県牧之原市の秋摘み番茶を使っています。
強火で一気に仕上げた香りの高いほうじ茶は、ほのかな甘味と、さっぱり爽やかな味わいが特徴です。茶工場でも愛飲されている美味しさなので、ほうじ茶を日々飲み続けたい人におすすめですよ。
大井川茶園 茶工場のまかないほうじ茶 300g
価格 ¥ 588
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51EopEiZiWL.jpg
加賀棒茶を使ったこのほうじ茶は、澄み切った上品な味と香ばしい香りがポイント。リピーターも多く、人気の高い茶葉です。
この「ほうじたて」に使われているのは、二番茶の茎。こだわりの詰まったお茶を手軽に楽しみましょう。
丸八製茶場 ほうじたて
価格 ¥ 1,076
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61gY%2BpIgnqL._SL1000_.jpg
手軽なティーバッグタイプでまずオススメしたいのが、一保堂茶舗のほうじ茶ティーバッグ。宇治製法で作られたお茶をティーバッグに凝縮しました。
ティーバッグとは思えないほど上品な味わいと香りで、お茶が好きな人から高い支持を得ています。自分用だけでなく、ちょっとした来客にも対応出来ますね。
一保堂茶舗 ほうじ茶 ティーバッグ25袋入り
価格 ¥ 1,080
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61IYHfpbteL._SL1000_.jpg
とにかくコストパフォーマンスが良いティーバッグ。50袋を500円以内で購入出来るので、家族で飲みたい人などにおすすめです。
茶葉は国産のみを使っていたり、粉が少ないのも人気のポイント。個包装になっているので持ち運びにも便利です。家でも職場でも手軽にほうじ茶を楽しみたい人は選んでみてくださいね。
ハラダ製茶 やぶ北ブレンド徳用ほうじ茶 2g×50P
価格 ¥ 464
自宅でも職場でも手軽に楽しんでいる人が増えているほうじ茶。緑茶よりも飲みやすく、体にも優しいので、これから更に定着していくと思われます。
香りや味わいをじっくり楽しめる茶葉タイプや、手軽に使えるティーバッグまで、市場に並ぶほうじ茶もバラエティ豊かなラインナップになっています。
お気に入りのほうじ茶を見つけてリピートするも良し、色々な味を飲み比べて違いを楽しむのも面白いですよ。
この夏はほうじ茶を生活に取り入れて、病気知らずの健康な体を作りましょう!!
Rhoczwhtlkyvgxgibhwy