Bxr5zeagvkqgpxodraja

ファッション

CATEGORY | ファッション

【レザージャケット手入れ】ブラシを使うおすすめの簡単方法を紹介!

2018.07.01

男女ともに購入することも多いレザージャケットは手入れをきちんとしなければカビが生えたりして、酷い状態になってしまいます。しかしレザージャケットの手入れはなんだか複雑そうだな、とも思ってしまいますよね。そんな人にブラシなどを使う簡単なおすすめお手入れ方法を紹介します。

  1. レザージャケットはどう手入れをすればいいの?
  2. レザージャケットの手入れはどういった用途で行われるのか
  3. 買ったばかりのレザージャケットの手入れの方法
  4. 普段のレザージャケットの手入れの方法
  5. レザージャケットが泥などで汚れてしまった時の手入れ方法
  6. レザージャケットが油分を含んだ汚れで汚れた時の手入れ方法
  7. レザージャケットが雨に濡れてしまった時の手入れ方法
  8. レザージャケットは年に1~2回油分を補給してあげるのがおすすめ
  9. レザージャケットの手入れは簡単そうだけど丁寧に
  10. レザージャケットを手入れして、長く味のあるジャケットを使おう
Idh7vorlvllx1fap0phk
レザージャケットを購入して、おしゃれも楽しくこなせているけれど、ジャケットにきちんとした手入れをしなければジャケットの良い風合いや味わいというものがきちんと出てきてくれません。また汚れや雨などによる水分をきちんと処理しておかなければせっかくのジャケットが台無しになり、今まできれいに着てきたものを失ってしまいます。そんなジャケットの手入れというとなんとも手順が複雑そうですし、もともとどういった手入れをすればいいのか方法がわからないという人もいると思います。今回この記事ではそんなレザージャケットの手入れの方法について、ブラシを使った簡単なものなどを始めとしたおすすめのものを紹介していこうと思います。
Elyrrapkakplpud9sfjv
Cpma6ghird6wdoii5mkq
レザージャケットの手入れというのは基本的に予防措置のために行われるものです。ブラシや防水スプレーなどを使うことで水濡れによるジャケットの被害やカビの発生、ジャケットの破れなどが起こらないようにするために手入れを行うのです。ジャケットを着ることで生まれる独特な風合いなどを壊さないためにもしっかりと手入れをしていくことも大切です。予防のため、独特の風合いのためにもきちんとした手入れをしていきましょう。きちんとした手入れがあなたの自慢のレザージャケットを守ること、生み出すことにつながります。
Nbtvhtfc9fldrycw38mc
Byp53tp4nfzrijcdu8z3
買ったばかりのレザージャケットを手入れする場合、その手入れのポイントは防水加工をするというところです。必要になるのは防水スプレーとブラシです。レザージャケットをハンガーにかけたら、先にブラシで軽く汚れを拭き取り、ジャケットから30㎝ほど離れた場所から全体にムラなく防水スプレーを吹きかけたら、乾いた布で綺麗に乾拭きして仕上げます。こうして防水スプレーを吹きかけることで、突然の雨や汚れ、そして着ていたときに外食した時などについた食べこぼしなどからジャケットを守ることができるようになります。乾拭きをすることでジャケットの油分が出てき始めるので、綺麗な光沢のジャケットにも徐々に仕上がり始めるでしょう。
C3rbgkniv00rif9wxujr
Maboxcjsi43pnsirmjt9
レザージャケットというのは季節によっては毎日のように着ておしゃれなどを楽しむ人も多くいます。そんな普段使いのレザージャケットは1週間に1回程度、手入れすることがおすすめされます。その時にはやわらかい馬毛ブラシか乾いた布を使って、なるべく優しく乾拭きするという方法になります。レザージャケットは上記で触れている通り、乾拭きすることによって皮から油分がにじみ出てきますので、光沢のあるジャケットになります。また着用期間中は基本的に体温でジャケットが温められ、油分が出てくるようになりますのでオイルの補給なども必要ありませんので、手入れの中でも手間がそれほどかからず簡単な手入れになるでしょう。
Yyxybgdoudyiljpjsoqb
Cmflqrwjdfwdpygaxaxg
雨の日に着て行ったはいいものの、雨の日の泥跳ねなどのトラブルに見舞われてしまうということもあります。せっかくのジャケットに泥が付いてしまったらどう手入れをして対処すればいいのかというと、固く絞った濡れタオルで拭き取るという方法で取り除くのです。レザージャケットは水は厳禁ですから、かなり固く絞ってなるべく水で濡れないようにして、汚れを拭き取った後は乾いた布できちんと乾拭きして水気をきれいに拭き取ってください。泥汚れ以外の、油性の汚れでない場合はこの方法で綺麗に汚れを取ることができます。しかし水気は厳禁ですのでタオルの濡具合などには十分に注意しましょう。
Drpmwytrj4uuhchpttwk
W7dbqqijusw3cdxcdzmd
泥汚れを始めとした油分を含まない汚れの落とし方は上記で説明しましたが、油分を含んでいる汚れの場合はまた別の方法で汚れを落とすようになります。油分を含んだ汚れの場合は、オイルで汚れを落とします。柔らかい布で先に簡単に乾拭きして、その後保革油を指で取り、汚れた部分になじませたら最後に乾いた布でその油をふき取って手入れは終了です。
Fj12wlyezpbzgiwz1yox
Pvwdxfkmpnpkplocdueg
泥汚れや油汚れ以上にあり得るのが雨に降られるということです。通り雨や酷い大雨など、傘を差せないような唐突なものから傘を差していてもどうしても濡れてしまうような状態になることも多くあります。しかしレザージャケットに水というのは上でも軽く触れていますが厳禁です。雨に降られてしまったのであれば乾いた布ですぐさま水分をよく拭き取りましょう。ごしごしと拭くのではなく、ポンポンと軽くたたくようにして拭いてください。その後は陰干しでゆっくりと乾かしましょう。乾ききる前にオイルで油分を補給してあげると雨によって受けたダメージを軽減することができます。乾ききったら乾いた布などで余計な油分を拭き取って手入れは完了です。
Rxtgjc2qlxey2pdf7pmc
Js12zbqqk1pn345stief
レザージャケットの柔らかさは油分の量に比例します。油分が不足してしまうと線維が固くなってしまい、破れやすくなってしまう原因にもなるのです。そのため、シーズンが終わったのであれば、次のシーズンでもきちんと着られるように油分を補給してあげましょう。準備する物は豚毛ブラシ、固く絞った雑巾、乾いた雑巾、柔らかいシャツの端切れ、マスタリングペーストまたはミンクオイルです。
O1nrsbctcb2pozftrona
まず豚毛ブラシでレザージャケットの表面をお手入れします。ジッパーの裏などについている汚れは固く絞った雑巾で拭いて取り除き、その後乾いた雑巾で水分を拭き取ります。その後はオイルを指で取り、両掌で刷合わせたら、手のひらでレザージャケットの表面に薄く塗り広げます。手のひらのオイルが無くなったら再度補給して細かいところも塗り広げます。この時あまり塗り過ぎると余分なオイルがカビの原因になりますので、注意が必要です。塗り終えたらハンガーにかけて少し時間を置いたら、お好みのTシャツの切れ端で拭いて仕上げてください。
Mzyyx7zz4xkhh4a2bmf3
レザージャケットの手入れの方法を紹介してきましたが、どれも単純な作業ではありますが簡単だからといって雑にしてはいけません。きちんとした手入れをするということは、レザージャケット少しずつ自分だけが生み出せる風合いにしていくということでもあります。そのため雑にしてしまえばおすすめされて購入した、自分のお気に入りのレザージャケットを台無しにしてしまいます。簡単な作業であっても丁寧に、おすすめされたり自分で満足して買ったジャケットを長持ちさせられるように気を付けましょう。
Fkrqqky1iougkrd3ef0o
Ns59n5kab3k5noobclq6
レザージャケットの手入れ方法について、いかがだったでしょうか?ジャケットの手入れには柔らか目のブラシを持っていると楽になるため、一本はブラシを持っていることをおすすめします。特に馬の毛や豚の毛を使った柔らかいものがおすすめですが、ジャケットの状態などによって使うのに適したものが変わりますので、ブラシを買う時には店員さんなどに意見を聞いてみたりすると良い意見をもらえるかもしれません。大事なジャケットですから、丁寧に手入れをして長く使って自分だけの風合いを出してみてくださいね。
Qdvagzekxt2jjkkhe3pd