Klsvikymjci4xrtj4oze

ごはん

CATEGORY | ごはん

美味しい肉じゃがの作り方のコツとは?実は豚肉がポイント!?

2018.07.01

美味しい肉じゃがの作り方ってご存知ですか?今回は美味しい肉じゃがの作り方を紹介!豚肉を柔らかくするコツやポイントと共に、家庭料理の代表でもある肉じゃがを紹介していくので、美味しい肉じゃがを作りたいという人は是非チェックしていきましょう!

  1. 美味しい肉じゃがといえば?
  2. 美味しい肉じゃがの作り方のポイント【食べる2時間以上前に作ろう】
  3. 美味しい肉じゃがの作り方のポイント【ジャガイモの煮崩れを防ぐコツ】
  4. 美味しい肉じゃがの作り方のポイント【豚肉を柔らかくするコツ】
  5. 基本的な美味しい肉じゃがの作り方
  6. めんつゆを使った簡単な美味しい肉じゃがの作り方
  7. 鶏肉の美味しい肉じゃがの作り方
  8. 牛肉の美味しい肉じゃがの作り方
  9. 時短!圧力鍋の美味しい肉じゃがの作り方
  10. まとめ
家庭料理の代表格とも言える肉じゃが。しかし実際自宅で作ろうと思っても、荷崩れをしてしまう、豚肉などの肉が固くなってしまう、といった悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。肉じゃがは家庭料理の代表格であるものの、実際美味しい肉じゃがを作ろうと思うとコツやポイントも必要なもの。
今回はそんな意外と難しい肉じゃがを美味しく作るためのポイントやコツを紹介。特に豚肉を使った肉じゃがは豚肉の甘さが活かされたものになるので、豚肉を使った肉じゃがを中心に紹介もしていきます。また、甘みを活かした豚肉の肉じゃがの基本的な作り方だけでなく、鶏肉、牛肉、そして圧力鍋を使った作り方など、肉じゃがの作り方をいくつか見ていきましょう。
肉じゃがは自分好みに作ることが出来れば美味しさを自分なりに追求していけるものでもあるので、今回紹介した作り方を基本として自分なりに応用していくと良いでしょう。肉じゃがの作り方の中で疑問がある、なかなか上手くいかない、そんな悩みを抱えているという人は是非チェックしていきましょう。
まず基本的に美味しい肉じゃがを作るためには、食べる2時間以上前から作ることがポイントになっています。これは豚肉や鶏肉といった肉の種類に限らず、肉じゃがは時間を置いたほうが味が染み込み確実に美味しさを増すという理由から、大きく時間を取ったほうが良いというわけなのです。
肉じゃがは加熱して作ったあと、冷ましていくことで具材に味が染み込んでいきます。そのため肉じゃがの調理時間とは別に、肉じゃがを冷ましていく時間を確保したほうが確実に美味しくなるというわけなのです。たとえば夕飯に作った肉じゃがを次の日に食べたらより味が染み込んでいるというのも、冷ますことによって味が具材に染み込んだ結果だと考えるとわかりやすいでしょう。
肉じゃがを上手く作れないという人の中には、ジャガイモが煮崩れしてしまうという悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。ジャガイモを肉じゃがで作る時には下処理をしておくだけで肉連れを防ぐことが出来るのです。
ジャガイモを一口大に切ったあと、すぐに調理をするのはNG。ジャガイモが煮崩れしてしまうという人の多くはすぐに調理をしてしまっているだけなので、このポイントさえ抑えてしまえば煮崩れしない肉じゃがを作ることが出来ます。そのポイントというのが、一口大に切ったあとに水に5分から6分ほど水にさらしておくだけ。水にさらすことによってアク抜きが出来るため、荷崩れ防止に繋がるのです。
次に豚肉を柔らかくするコツを紹介していきます。豚肉などの肉が固くなってしまうという人は、このコツを意識して作ってみましょう。
肉じゃがの作り方には豚肉などの肉を炒め、そこから野菜を加えて油をなじませる…というのがよくみる作り方です。この作り方に関しては問題ないものの、肉に火と通すことに意識しすぎて炒めすぎてしまっている、というのが肉が固くなる原因になっているのです。肉を炒めるとコクが出るため、肉の色が変わる程度まで炒め、その後はすぐに野菜を投入して炒めるようにしましょう。
基本的な美味しい肉じゃがの作り方をチェックしていきましょう。基本的な作り方さえわかれば、あとは紹介したコツやポイントを参考にしていくだけで美味しい肉じゃがを作ることが出来ます。
この作り方では肉じゃがの基本的なことを紹介しているので、まずは基本的な肉じゃがの作り方をチェックしたいと思う人は是非見てみてください。初めて肉じゃがを作ろうと思っている人にも、かなりわかりやすく紹介しているのでチェックしていきましょう。
次に紹介をしていくのが、めんつゆを使った簡単で美味しい肉じゃがの作り方になっています。たくさんの調味料を使った肉じゃがは美味しいものの、調味料が自宅にない場合には少し面倒くさいと感じてしまう人もいるでしょう。そんな時にはめんつゆを代用するだけで、美味しいめんつゆを簡単に作ることが出来るのです。
めんつゆは様々な合わせ調味料の代用にも使えるため、この肉じゃがの作り方は調味料をめんつゆと水しか使いません。めんつゆだけでも十分に味付けは出来ますが、具材からダシが出ることによってより美味しい肉じゃがに仕上がります。簡単に肉じゃがを作りたい、そんな場合や味付けにいつも失敗してしまうという場合にはめんつゆを使ってみてください。
次に紹介をしていくのが、豚肉ではなく鶏肉の美味しい肉じゃがの作り方です。豚肉や牛肉よりも鶏肉を使った肉じゃがのほうが好きという場合や、いつもとは違った肉じゃがを楽しみたい場合には、是非この作り方を参考にしてみてください。
基本的に作り方は豚肉の肉じゃがと変わりません。豚肉を鶏肉に変更するだけなので、とても簡単です。鶏肉は火が通りにくいものの、肉自体が柔らかいため、少し炒めすぎてもそこまで問題ありません。肉が固くなってしまうという人は鶏肉に変更してみるのもおすすめです。
Puom7nufhdpbhbbkrsgi
引用: https://www.instagram.com/p/Bkhsv0-leGS/?tagged=%E7%89%9B%E8%82%89%E3%81%98%E3%82%83%E3%81%8C
次に紹介をしていくのが、牛肉の美味しい肉じゃがの作り方です。豚肉や鶏肉よりも牛肉の肉汁溢れる感じが好み、という人には牛肉で作る肉じゃががおすすめ。牛肉で作る肉じゃがは豚肉や鶏肉では味わえないしっかりとした濃厚な風味を楽しむことが出来ます。
Jlrst1xjyl6avp4ojydk
引用: https://www.instagram.com/p/BgGQzfRFIiB/?tagged=%E7%89%9B%E8%82%89%E3%81%98%E3%82%83%E3%81%8C
こちらも基本的には他の肉じゃがの作り方とは変わりません。ただし肉と野菜の炒める順番は他の作り方とはやや異なるため、そこだけは注意が必要となっています。牛肉は豚肉と比べて炒めすぎると固くなってしまうため、固くなりすぎないように注意をしながら炒めるようにしましょう。
最後に紹介をしていくのが圧力鍋を使った肉じゃがの作り方です。圧力鍋を使った作り方は時短になり、一気に具材に味を染み込ませることが出来るためとても簡単です。作り方に関しては基本的な肉じゃがの作り方とは大きく変わりないものの、加圧の調整や加熱時間には気をつけるようにしましょう。
圧力鍋さえあれば、必要以上に時間をかけて作る必要もないので、冷ます時間だけを考えれば2時間以上も時間をかけなくてもOKです。時間がない場合や簡単に肉じゃがを作りたいという場合には、是非圧力鍋での作り方をチェックしていきましょう。
いかがでしたか?美味しい肉じゃがの作り方やコツ、ポイントを知っていればいつだって美味しい肉じゃがを自分で作ることが出来ます。豚肉が柔らかく具材がしっかりと染み付いている肉じゃがはとても美味しいので、今回紹介したことを参考にして是非作ってみてください。また、今まで豚肉の肉じゃがしか作ったことがなかったという人は鶏肉や牛肉を使った肉じゃがを作ってみてください。いつもと違った肉じゃがを楽しむことが出来るのでおすすめです。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/8/82/Brainsed_pork_and_potatoes_%283089327692%29.jpg/1200px-Brainsed_pork_and_potatoes_%283089327692%29.jpg