Ml4ajdgnuuspri279ksy

ごはん

CATEGORY | ごはん

美味しい煮物作り方とは?野菜を上手に煮るコツなどを徹底解説!

2018.07.01

美味しい煮物ってご飯がどんどん進んでいきますよね。今回はそんなご飯が進む美味しい煮物を紹介!煮物の基本的な作り方やコツ、野菜を上手く煮る方法など、煮物に関する美味しいレシピを紹介していくので煮物好きさんは是非チェックしてみてくださいね!

  1. 美味しい煮物を作るにはコツを抑えることが大切
  2. 美味しい煮物のコツ【野菜の下茹で】
  3. 美味しい煮物のコツ【調味料の黄金比】
  4. 美味しい煮物のレシピ【ぶりと大根の煮物】
  5. 美味しい煮物のレシピ【かぼちゃの煮物】
  6. 美味しい煮物のレシピ【大根と牛肉の煮物】
  7. 美味しい煮物のレシピ【鶏肉とじゃがいもの煮物】
  8. 美味しい煮物のレシピ【大根と手羽の煮物
  9. 美味しい煮物のレシピ【長芋の黄金煮】
  10. まとめ
Gi9phufebi3dig0b7sbv
引用: https://www.instagram.com/p/BkXG2rll1Xl/?hl=ja&tagged=%E7%85%AE%E7%89%A9
美味しい煮物を作るためには、コツを抑えることが大切です。そのため、コツを知らないまま作ってしまうと上手く煮物を作ることが出来ないと悩みを抱えてしまう人も多く、逆にコツを知っている人からすれば煮物を作るのは意外と簡単である、と思っている人も多いのです。それだけ煮物を作る上ではコツを掴むことが何よりも大切だと言えるわけですね。
Fxq34fredojhw4bzw6u8
引用: https://www.instagram.com/p/Bkl-T80l7DG/?hl=ja&tagged=%E7%85%AE%E7%89%A9
今回はそんな煮物を作る上でのコツについて紹介をしていきます。煮物を作る上ではどんなことを意識していけばいいのか、特に野菜に関してはなかなか柔らかく煮ることが出来ないという悩みを抱えている人も多いため、そんな悩みを抱えたことがあるという人は是非チェックしてみてください。
Hg82zwpygjk2lcbuqrf6
引用: https://www.instagram.com/p/Bkl_N5Pl6-T/?hl=ja&tagged=%E7%85%AE%E7%89%A9
さらにそんなコツもいかせる美味しい煮物のレシピもいくつか紹介をしていくので、何か煮物を作りたいけどなかなか決まらないという人や初めて煮物作りにチャレンジするという人は、紹介していくレシピを参考に、美味しい煮物を作っていきましょう。
煮物を作る上で悩みの種となりやすいのが、野菜が固いまま煮えてしまうというものでしょう。煮物は素材の柔らかさをいかしたものになりますし、柔らかいほど煮汁がよく染み込んでくれるため、美味しい煮物を作るためには柔らかく野菜を煮るというのはとても重要な事だと言えます。
野菜にもよりますが、基本的に煮物で使う野菜は【水から茹でる】【切ったあとは水につける】という下茹でや下処理をすることによって、柔らかく煮ることが出来るようになります。基本的に固い火が通りにくい野菜は水から茹でることが多いため、たとえば人参や大根などは水のうちからじっくりと茹でていくと良いでしょう。じゃがいもの場合は水にさらすことによって柔らかくなるため、是非活用してみてください。
Eg3dwpiu26jwvblnokmc
引用: https://www.instagram.com/p/BklZSREhv25/?hl=ja&tagged=%E7%85%AE%E7%89%A9
煮物を自分なりに作っていく上では、調味料の黄金比を知っておいて損はありません。レシピを参考にして作れば調味料もレシピ通りに入れれば問題ありませんが、たとえば少しでも自分好みにしたい場合や、自分で考えて味付けをしたい場合には、調味料の黄金比を知っておくと何かと便利です。
F6szetq7pkhigqzsnqtd
引用: https://www.instagram.com/p/BklHV4EhRA9/?hl=ja&tagged=%E7%85%AE%E7%89%A9
まず煮物の基本ともなる黄金比は【出汁10:醤油1:みりん1】というものになります。味を調節する際にはこの比率を基準にして考えてみると、味付けに失敗せずに美味しい煮物を作ることが出来るためおすすめです。この黄金比は基本的に色々な煮物に活用していけるので、是非覚えておいてください。
煮物の定番でもあるぶりと大根の煮物の作り方を紹介していきます。ぶり大根はシンプルな煮物ながら、ぶりと大根のダシが染み込んでいてご飯がどんどん進む美味しい煮物の一つ。出来れば作れるようにしておきたいと思っている人も多いでしょう。
この作り方ではぶりや大根の下処理や下茹での方法も記載してあるので、初めて煮物を作るという人でも安心。わかりやすい作り方をチェックしながら美味しい煮物を作ることが出来ます。冷蔵庫でも2日程度ならば保存出来るので是非作ってみてください。
意外と作り方を知らないという人も多いかぼちゃの煮物。美味しく煮ることが出来れば美味しくて甘いかぼちゃを味わうことが出来るため、かぼちゃが好きな人やかぼちゃの煮物が好きな人にとっては必ずマスターしておきたい煮物だと言えるでしょう。
かぼちゃの煮物はいかに美味しい甘じょっぱい煮汁を作るかがポイントになっていますが、このレシピに記載されている比率で合わせれば美味しいかぼちゃの煮物を作ることが出来るはずです。甘さをプラスしたいという場合には、味見をしながら砂糖をプラスして調節してみてくださいね。
大根の野菜特有の苦味と牛肉の肉汁が煮汁として染み込む美味しい煮物、大根と牛肉の煮物の作り方になります。大根と牛肉の煮物は、ただの野菜の煮物よりもスタミナを付けたい人におすすめで、牛肉好きな人には是非とも食べてもらいたいレシピになっています。
野菜の中でも大根は柔らかくなりにくいものですが、この作り方にも書いてある通りに下茹でをすれば柔らかい大根に仕上げることが出来ます。炒めすぎてしまうと牛肉が固くなってしまうため、炒める時間については注意をしましょう。
Fldccsyntvp6nsvthlgr
引用: https://www.instagram.com/p/BkfgHs8B2Wh/?hl=ja&tagged=%E9%B6%8F%E8%82%89%E3%81%A8%E3%81%98%E3%82%83%E3%81%8C%E3%81%84%E3%82%82%E3%81%AE%E7%85%AE%E7%89%A9
煮物の定番でもある鶏肉を使った、鶏肉とじゃがいもの煮物です。鶏肉は火が通りにくいものの、火が通るととても柔らかく、煮汁もよく染み込んでくれるため煮物との相性は抜群です。しかしじゃがいもに関しては上手く火を通さないと固いままになってしまうため、扱うのが苦手と感じている人も多いのではないでしょうか。
先程も紹介した通り、野菜の中でもじゃがいもは茹でる前に水にさらすことによって火が通りやすくなるという特徴があります。そのまま調理をしてしまえば煮る時間によっては上手く煮ることが出来ないということもあるため、レシピにも書かれている通り、じゃがいもを切ったあとは水に5分ほどさらし、その上で使うようにするのが柔らかく煮るコツになります。
鶏の手羽先を使った大根の煮物のレシピは、子供から大人まで美味しく食べることが出来る人気の煮物になっています。作り方は先程紹介した鶏肉と大根とあまり変わりませんが、大根は下茹ですることによって柔らかくなり、煮汁も染み込みやすくなるため作り方に記載してある通りに処理をするようにしましょう。
手羽先も大根も予めサっと茹でることによって、柔らかく、そして煮汁が染み込みやすくなります。レシピの中には下茹でをせずに作るものもありますが、これらは柔らかく具材を煮るためのコツになるため、なかなか柔らかい煮物が出来ないという人は他のレシピにも応用してみると良いでしょう。
意外と難しいと思われがちな長芋の煮物の作り方になります。この煮物の魅力というのは美味しさはもちろんのこと、長芋と煮汁が合わさることによって出る黄金のような美しい色になるというものでしょう。まさしく黄金煮と呼ぶに相応しい作り方だと言えます。
見た目が美しい長芋の黄金煮の作り方はとてもシンプルです。特に下茹でをするということもないため、煮物を初めて作るという人や、手間をあまりかけずに煮物を作っていきたい人にはおすすめ。夕飯にもう一品おかずが欲しいという時に作ってみるのもいいでしょう。
いかがでしたか?美味しい煮物のレシピに注目をしていくと、どのようにすれば美味しい煮物を作れるのか見えてきますよね。今回紹介したコツや野菜を上手く煮る方法など、煮物の作り方を意識して作っていけば、お店で食べるような美味しい煮物が出来上がるはずです。煮物が好きという人や煮物にチャレンジしたいと思う人は、是非試してみてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://imgc.eximg.jp/i=https%253A%252F%252Fimage.excite.co.jp%252Fjp%252Ferecipe%252Frecipe%252Fb%252Ff%252Fbf65b9ac3f29d94ba96201234695f8ca%252F0212dcd3d274a54631a1c149446e8581.jpeg&small=350&quality=100&type=jpeg