Geo6thimm1blw2gdvgp4

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

ニキビ跡のクレーターはどうすれば消えるの?効果のある美容液と治療法

2018.10.29

目立つし、気になるニキビ跡のクレーター。クリニックで治すにはお金がかかるからなかなか踏み出せない・・・ニキビ跡を自分での治し方はないのでしょうか?そんな凸凹クレーター跡を目立たなくしていくことができる人気の美容液や効果、治療法を種類別に紹介!

目次

  1. ニキビ跡のクレーターを治すことはできるの?
  2. クレーターのセルフケアでの治し方
  3. クレーター跡は目立たなくすることができる!
  4. ポイント① 【美白】
  5. 凸凹ニキビ跡専門美容液 【アクレケア】
  6. クレーター跡を完全に治したい人
  7. 肌のターンオーバーを整える化粧品
  8. クレーター跡のケアにオススメ! 【化粧水・美容液】
  9. ニキビ跡の種類別 【治し方&オススメ化粧品】
  10. ニキビ跡は専用の化粧品&エイジングケアで改善!
10176
引用: https://sokkadayo.jp/wp/wp-content/uploads/2015/01/10176.jpg

ニキビ跡の種類

Ato 2
引用: https://otonanikibi-sayonara.com/wp-content/uploads/2018/01/ato-2.png

赤いニキビ跡は皮脂の分泌が進みニキビの炎症がおこった際にダメージを受けた肌が赤くなってしまうのが原因です。毛細血管が透けて見えるのが赤みの原因なのですが、赤みの場合は自然に治ることが多いのも特徴です。

茶色のシミが残るニキビ跡は色素沈着が原因。メラニンがくすみ・シミとして残ってしまうことにより発生します。このニキビ跡は、炎症が酷くなるとメラニンが真皮まで入ってしまい消えにくい色素沈着になることがあります。

一番やっかいなのがクレーター型のニキビ跡。クレーターになるのは、ニキビが酷く炎症をおこしたことが原因でニキビの周辺組織が破壊されて皮膚細胞を壊してしまい最終的には真皮までダメージがいってしまいます。

クレーター跡の種類と特徴

Tvdfge1ukyrfgq1r8rps
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRI6sr3HoIIjyRtA2hZIsx-fOHp8LX0J1Lkn4pqlC9Sz3GDU-o4

ダメージが真皮までいってしまうと、ターンオーバーが乱れて皮膚の再生ができなくなりダメージを受けて凸凹になった部分がそのまま残ることに・・・これがクレーターと呼ばれるニキビ跡です。クレーター跡にも種類があり、種類ごとに原因や治療法も変わっていきます。

ローリングタイプ

他にも、脂肪層まで炎症が進んでしまい脂肪が委縮して皮膚が陥没する【脂肪組織の萎縮】や【深真皮瘢痕】という真皮まで深く・広くえぐられたクレーター跡もあります。こちらは光の反射具合によって目立ちやすいという特徴もあります。

ローリングタイプは、穴の表面積が広く緩やかなUの字を描く形で4㎜以上の直径があるニキビ跡のことをいいます。大きめですが浅いタイプのクレーターなので凹みが広く目立つのが特徴!

いくつもできてしまうと波のような凸凹になってしまい真皮までダメージを与えることもあるので注意が必要です。ニキビ跡の赤みのような自然治癒はできないので病院やセルフケアなどをする必要があります。

アイスピックタイプ

アイスピックタイプは、表面積が狭く真皮まで深くえぐられている円錐状の凹みのニキビ跡です。穴の大きさは
2㎜ほどで小さめですが、注意したいのが表皮や真皮までダメージをを与えている場合もあるということ。そうなってしまった場合は、ターンオーバーを促進したりレーザーなどで治療をしても改善することは難しいでしょう。

ボックスタイプ

ボックスタイプのクレーター跡は穴の底が平らな凹型で浅いクレーターになっているのが特徴です。深さは表皮・真皮の中間くらいまでで、穴の境界線がくっきりと見えるので目立ちやすいニキビ跡でもあります。

1 / 8