X3fswsynntvyralan5sl

効果

CATEGORY | 効果

二日酔いにラムネに含まれるブドウ糖が効果的?食べるタイミングは?

2018.07.12

ラムネが二日酔いに良いと、人気が上がってきています。二日酔いの原因となるアセトアルデヒドの分解に、ラムネの、中のブドウ糖が、脳に糖分を送ることで、肝臓の機能を活性化する効果があります。ラムネを食べることで二日酔いが解消さるといわれています。食べるタイミングは?

  1. ラムネとは?
  2. 二日酔いに効くラムネとブドウ糖の関係
  3. 二日酔いとラムネのメカニズム
  4. なぜ二日酔いにラムネ駄菓子を食べると良いの?
  5. 二日酔いに良いラムネはどのラムネ駄菓子でも同じ?
  6. 二日酔いにラムネを食べると効果が上がるタイミング
  7. 二日酔いにラムネを食べると効果の出るのは何粒食べれば良いの?
  8. 二日酔いにラムネを食べると効果は何時間続くの?
  9. 二日酔いにラムネを食べるときの注意点
  10. まとめ
引用: http://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1707/22/qk_ramune-1.jpg
ラムネの、あの独特のビンは、イギリス製で発明者の名前を取って付けられました。日本では徳永玉吉(徳永硝子の創業者)氏が日本に初めてラムネビンを量産しました。時代の移り変わりとともに、1953年をピークに減少し、現在はピークの5分の1ほどになっていますが、夏の定番ドリンクになっています。100年以上も昔にイギリスからやってきたラムネは、現在も変わらず飲まれ続けています。
引用: https://cdn.bg-mania.jp/images/2018/03/tbm_20180330123515.jpg
ラムネには清涼飲料水とラムネ駄菓子があります。ラムネ駄菓子は1881年に、埼玉県の川越市で初めて発売されています。最初はラムネの清涼飲料水は、当時は高価だったので、子供たちに安価なラムネの味を提供するために作られたのです。ラムネ駄菓子の原材料は、ブドウ糖・クエン酸・片栗粉と添加物ですが、企業によって原材料は違っています。
引用: https://i0.wp.com/kamome-times.com/wp-content/uploads/2015/05/82d6f6e34d93ddfeae44e2f5eb80f7a12.jpg?fit=600%2C400&ssl=1
ラムネは錠剤の形をした、個体の菓子。ラムネとは日本で広く愛飲される清涼飲料水である。(一部抜粋)

引用: http://www.saitama-qq.jp/_src/sc973/ramune03.png
ラムネとブドウ糖の関係を見てみました。ラムネの原材料はブドウ糖ですが、ブドウ糖が主でないのもあります。あるお菓子製菓のHPによると、材料のブドウ糖は90%とあります。現在多忙なビジネスマンたちは、ラムネの駄菓子の材料を知って、二日酔いにはラムネ駄菓子と、人気がジワジワと口コミで広がっています。
引用: https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/33/01/c012cac1a06c6d9be5464c3cde41d412.jpg
ラムネ駄菓子の現成分は、ブドウ糖、タピオカでん粉、着色糖、ミルクカルシウムが原材料になっています。あとは添加物が入っていますが、企業によってマチマチです。また、この人気の秘密は錠剤になっていて、外見的に薬を飲んでいる感じなので、会社などでも食べやすいため人気がでているといわれています。アルコールを分解するとアセトアルデヒドがでてきます。
引用: http://gooday.nikkei.co.jp/atcl/report/14/091100015/092300001/alchol.jpg?__scale=w:250,h:339&_sh=0330710680
これは有害物質の毒素を持っていて、これが肝臓で分解されます。アセトアルデヒドが分解されると酢酸や二酸化炭素と水などに分解されて、体内からでていきます。飲みすぎますと、分解するときに大量のエネルギーが必要となります。エネルギーの素となるのがブドウ糖なのです。この、ブドウ糖を豊富に含んだラムネ駄菓子が、二日酔いに良い理由が分かります。
引用: http://yoga-salon0.asia/zero/wp-content/uploads/2017/05/%E9%85%B5%E7%B4%A0%E3%82%BF%E3%82%99%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%83%E3%83%88.jpg
二日酔いのメカニズムは、アルコールを摂取すると、アセトアルデヒドに分解され、酵素により酢酸に変わり、最終的に二酸化炭素と水になって体外に排出されます。しかし、そのアルコール量が多すぎると、肝機能がアセトアルデヒドを分解することができず、体内に残ってしまいます。この、アセトアルデヒドは有害物質の毒素を持っているので、二日酔いなどの原因を引き起こすのです。
引用: http://www.ikedansc.jp/column/img/henzutsu/sansyashinkei.jpg
体内にアルコールが入ってくると、肝臓が働きます。アルコールの量が多すぎると肝臓機能が低下してきます。働きすぎてエネルギーが枯渇してきます。分解できないアルコール(アセトアルデヒド)が脳に廻って脳の血管を膨張させます。そうすると、脳の周りの神経に影響を与えて、酔っぱらった状態になります。
引用: https://www.mitsui-sugar.co.jp/story/oshiete/images/energy_il02.png
そこへ、ラムネの原材料のブドウ糖を身体に入れると、脳を活性化させて、肝機能のエネルギー源となるのです。脳のエネルギー源となるのは、ブドウ糖だけで、脳には脳関門という関所があって厳しいチェックが行われています。ブドウ糖は脳を活性化させる唯一の栄養素で、二日酔いの原因は糖分の不足によるものという説もあります。ブドウ糖は単糖類で、これ以上分解できない栄養素なので、吸収も早いのです。
引用: https://www.uushop.co.jp/images/goods4/42744/42744-02.jpg
二日酔いにラムネ駄菓子を食べると良い訳は、上に書きましたメカニズムを知ることです。二日酔いの原因はアセトアルデヒドによるものと、水分不足によるものがあります。ラムネは丁度アセトアルデヒドによる原因を改善することのできる商品だということです。その理由は、ラムネにはブドウ糖が90%成分として入っていて、脳に必要な糖分は、ブドウ糖が一番早く吸収されるからです。
引用: https://cdn.images-dot.com/S2000/upload/2017050400026_2.jpg
ラムネ駄菓子の全てが、ブドウ糖で作られている訳ではありません。ラムネの、成分のブドウ糖が90%入っているのは森永製菓のラムネですが、ラムネを買うときは、成分がブドウ糖90%以上の物を購入すると良いでしょう。他に春日井製薬の「ラムネいろいろ」や京都綿市場珍味の喜久屋「ブロックラムネ」などがありますが、公式ページでもブドウ糖の数量は書かれていません。
引用: http://yomiuraclub.com/wp-content/uploads/2018/01/%E3%83%A9%E3%83%A0%E3%83%8D%EF%BC%91-225x300.jpg
企業によっては企業独自の成分を研究し、美味しい駄菓子を作っています。ラムネ駄菓子も二日酔いに良い駄菓子として売り出した訳ではないので、二日酔いに良い駄菓子が消費者に求められれば、また、そのような商品も開発されてくるかも分かりません。
引用: https://pbs.twimg.com/profile_images/422044319038451712/c51OusM6_400x400.jpeg
二日酔いにラムネを食べるとありますが、二日酔いになったタイミングでラムネを食べても、効果は遅くなります。やはり、食べるタイミングは、アルコールを飲む前や、飲んでいる最中に、飲んだ後にラムネ菓子を食べると、肝臓の機能を活性化させます。だからといって、無茶飲みをすると、取り返しがつかなくなりますので、くれぐれもお酒は飲みすぎないことが大切です。
引用: http://www1.plala.or.jp/HIDEYUKI46HONMA/Gazou/JPEG/RAMUNE-1.jpg
ラムネの二日酔いに良いタイミングが分ったら、どれぐらいの粒を食べたら効果があるのでしょうか?カロリーが1本29gあたり、110キロカロリーで、ラムネの適量は5~10粒程度が良いといわれています。食べ過ぎると糖尿病などの病気を併発する可能性もありますので、食べすぎには注意が必要となります。
引用: http://www.ritz-carlton.jp/files/6c0bf3a44f75f1d0d52c9fca24fce234.jpg
二日酔いにラムネを食べると、効果は何時間続くのでしょう。それは2~3時間しか持続しないとのことですので、こまめに取り入れることが大切になってきます。ラムネ駄菓子を食べるタイミングは、アルコールを身体に入れるまえや、アルコールを飲んでいるタイミングで食べると、アルコールで弱った肝機能がまた活性化します。
引用: https://100tech.me/wp-content/uploads/2017/11/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88-2017-11-25-14.18.49.png
大体2~3時間つづくので、2~3時間少し前ぐらいのタイミングで食べると、二日酔いを起こすことはないのではないでしょうか?しかし、多量にアルコールを飲みすぎると、身体に悪いので、まずは飲みすぎないことですね。
引用: http://www.kashikoku-insulin.jp/patient/images/patient_3-2_img08.jpg
二日酔いにラムネを食べるときの注意点は、いくらブドウ糖は二日酔いに良いからといって、食べ過ぎると高血糖を起こしてしまいます。そのため良い効果がでるどころか、多量摂取のため膵臓が働き過ぎになって、糖尿病になる可能性もでてきます。
引用: https://img.dmenumedia.jp/bibeaute/wp-content/uploads/2018/02/pixta_29365888_S-450x383.jpg
何事もほどほどが大切で、「過ぎたるは猶(なお)及ばざるがご如し」で、何事もやり過ぎは良くなく、足りないことと同じなので、良いからといってそればかり求めると悪くなります。
引用: http://www.wakasanohimitsu.jp/site/files/00273/E38396E38389E382A6E7B39602.jpg
二日酔いにラムネに含まれるブドウ糖が効果的?を見てきましたが、ブドウ糖は私たちの身体のエネルギーとなる栄養素です。その栄養素が枯渇したら、人間の機能も低下してきます。ラムネの駄菓子で、たとえ二日酔いが解消されたところで、何回も飲みすぎを繰り返していると、やはり体には良いとは言えません。
引用: http://www.inship.jp/special/1504/img/02/002.jpg
二日酔いにはブドウ糖がアセトアルデヒドの分解に必要で、ラムネにはブドウ糖が豊富に含まれているので、二日酔いになる前に、ブドウ糖補給を忘れないようにすることが必要です。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1707/22/qk_ramune-1.jpg