Rqeejf8hnx826fmyuaib

解消

CATEGORY | 解消

二日酔いのツボがある?頭痛や吐き気を解消してくれる部位を徹底解説

2018.07.13

二日酔いのときにツボを押すと、二日酔いが解消されると聞きますが、本当でしょうか?二日酔いで頭痛がするときのツボは?吐き気がするときのツボは?二日酔いを解消するツボ押しの方法や、コツについて詳しく調べて見ました。二日酔いの解消をツボ押しで解消!

  1. 二日酔いの間違いない対応は?
  2. 二日酔いのツボについて
  3. 二日酔いのツボの押さえ方の方法
  4. 二日酔いのツボの刺激のコツ
  5. 二日酔いに効く東洋医学でいうツボと経路
  6. 二日酔いの倦怠感・疲労感を解消するツボ押し方法は?
  7. 二日酔いで頭痛を解消するツボ押し方法は?
  8. 二日酔いで吐き気を解消するツボ押し方法は?
  9. 二日酔いで顔・足のむくみを解消するツボの押し方の方法
  10. まとめ
引用: https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20140118%2F17%2F1333077%2F1%2F414x414x003ec4c7b7555648d71b843c.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg&op=r
二日酔いで一番対応しなければならないことは、水分補給です。二日酔いの原因はアルデヒドによるものと、脱水にあります。ですから、まず、水分補給を考えることが必要です。水分補給にはスポーツドリンクが一番二日酔いには効果があります。水やミネラルウォーターでも良いのですが、身体の中は糖分や塩分も失われているので、糖分や塩分、ミネラルの入ったスポーツドリンクが良いのです。
引用: http://maddonna.net/wp-content/uploads/2017/11/kuensan.jpg
そうすると、尿の量も増えるので、アルコールを排出しやすくなります。また、ビタミン類やクエン酸は肝臓の機能を助ける働きがあるので、それらを多く含む食べ物を食べると良いです。これらの成分は、アセトアルデヒドを分解促進する効果があって、吐き気の解消につながります。柿、トマト、梅干し、アロエヨーグルトなどを食べるとアセトアルデヒドを早く分解してくれる可能性があります。
引用: https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20120914%2F10%2F1273290%2F30%2F220x240x1e45748261ccb83830c27332.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg&op=r
二日酔いにツボを押すと、特に自律神経に働きかけて、不快な症状を和らげます。自律神経が乱れると、内臓器官の働きが悪くなります。自立神経の働きには、血圧や呼吸、体温調節をするなど、無意識に行われる人間の生きていく上で欠かせないものです。ツボを押すことで、中枢神経を経由して、脳に刺激が伝わり、自律神経をコントロールする視床下部に伝わって、臓器や器官の回復が行われるのです。
引用: https://i1.wp.com/xn--mnqr9hza298nsvu4q9b1ig.com/wp-content/uploads/2018/04/91A92C0A-9761-41E7-8773-79096B5AD855.jpeg
引用: http://1star.info/wp-content/uploads/2014/08/8b4330ac835f93680b733269ab0dfcaf.jpg
二日酔いのツボを抑える方法としては、指の押さえの強さなどが関係してきます。基本的には指3本をそろえてツボを押していると、どれかの指がツボを押さえていることになるので、間違いなくツボが抑えられます。3本の指は薬指・中指・人差し指の3本の指です。押さえるのが3本あてにくい場所は、1本の指でもかまいません。1本の場合は少しずらしながら押さえて、気持ち良い場所を探し、良いと感じた場所を軽く押しながら回します。
引用: https://ourage.jp/wp-content/uploads/2016/04/b18410c755394f489e069fe9ef1c9187.jpg
ツボの刺激のコツは、3本の指をそろえ、ツボが中指にあたるように、軽く押しながら回して、皮膚ごとに回して刺激します。皮膚の上を滑らせるのではなく、痛みのあるところは、ジン割と抑えるだけでも効果があるので、ツボの辺りを押さえて、痛みのあるところ、気持ちの良いところを、ジン割と軽く押します。
引用: http://npure.co.jp/bunbun/wp-content/uploads/2015/12/vol53-1.jpg
以前は西洋医学と東洋医学は、相反するところがありましたが、現在は東洋医学の良いところを、西洋医学でも取り入れて、お医者さんにもよりますが、患者にとってよりよい治療が行われるようになりました。東洋医学は古代から続いている医学です。この、経絡(けいらく)は生命エネルギーと血液と体液の通り道ということですね。体液は今でいうリンパ液のことでしょうか?
引用: http://kagetsu-clinic.or.jp/_src/sc170/k_08_image_02.gif
東洋医学では経路という考えがあります。経路は気(生命エネルギー)血(血液)水(体液)の通り道とされていて、血管やリンパ管の様なイメージ。ツボに刺激を与えると、経路を通じてカラダのさまざまな場所に作用し不調や痛みなど改善したり、和らげたりできるのです。

引用: http://zench.jp/wp-content/uploads/2017/01/tubo_asisanri.png
足三里というツボは、吐き気・胃腸の不調・腹痛・下痢などに効きますが、その他にひざ痛や足のしびれ、足の不快感などに効いて、また、歯槽膿漏や歯痛にも効くといわれています。二日酔いで吐くに吐けないときに押すと、自然に吐くことができるそうです。
引用: https://benkatu.com/wp-content/uploads/2017/10/images.jpg
足三里(あしさんり)ひざの皿の外側にあるくぼみから、指4本分下。すねの骨の外側にあります。

照海の照は光を照らす意味があって、海は経脈中を移動する気があります。全身の健康を高めて、血液の流れを良くし、身体の熱のバランスを良くします。照海を押すと、痛みがジーとでてきて、関節痛・頭痛。腰痛・肌荒れなどに効くといわれています。
引用: http://pic.pingguolv.com/uploads/allimg/170805/154-1FP5133324.gif
また、冷え・便秘・腰痛・更年期障害・耳鳴り・めまい・ほてり・夜の頻尿などに効くといわれています。親指をツボにあてて、ゆっくり3~5秒押しては、ゆっくり離す動作を3~5分程度やります。効果は朝起きたとき、夜寝る前が特によく効きます。
引用: http://choukirei00.com/wp/wp-content/uploads/2016/07/729650bb3e52b849d7c9574b6a416bf7-300x300.jpg
照海(しょうかい)内側のくるぶしのとがったところから、親指1本分下にあります。

引用: http://www.geocities.jp/bio_balance_harmony/gb05.gif
懸顱は顔のむくみや、目の充血、慢性頭痛や眼精疲労、集中力低下のときに押すと効果の見える場所で、強く押して気持ちいい程度に押すと良いでしょう。
引用: http://www.idononippon.com/blockcalendar/assets_c/2011/02/0226%20GB-05-thumb-210xauto-1644.jpg
懸顱(けんろ)側頭の髪の生え際のライン上でおでこの高さぐらいの部分にあたります。

引用: http://sandyspa.jp/blog/wp-content/uploads/tenchu.jpg
天柱は頭痛や肩こりに効くツボで、特に緊張性頭痛に効くツボだといわれています。頭の使いすぎ、二日酔い、ストレス過多などのときに頭痛がおこります。神経伝達物資であるセロトニンが、大量放出され血管が広がり、知覚神経に触れ頭痛が起こるメカニズムです。頭の中心に向かって、後ろから両手で頭を包み込んで、親指をツボにあてて押し上げます。頭痛は脳からのサインなので、悪化する前にツボ押しで解消することが大切です。
引用: http://biken-k.com/user_data/img/tsubo06.jpg
天柱(てんちゅう)首の後ろの生え際。頸椎の脇のくぼみにあります。

引用: http://www.lialani.jp/wp-content/uploads/2017/03/kiji_g-03.png
内関は胸から胃にかけて、痛みや不快解消に効くツボです。乗り物酔い、二日酔い、吐き気などに効き、心の悩みや動機などにも効きます。内関は平衡感覚を正常にする働きがあり、胃の不快や吐き気などをやわらげ、乗り物酔い、二日酔いに効きます。内関は夜寝れない悩みを、改善させるツボでもあります。内関を3秒押して、3秒かけて指を離しますが、この時あまり力を入れすぎないことです。
引用: https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-61-6b/oowadakinseihukuin/folder/1372396/59/65325859/img_0
吐き気など感じたら、このツボを押して解消できるかも知れません。内関は自律神経のバランスが崩れ、交感神経が優位に立って、動機、めまい、腹痛などが起こります。内蔵機能と深い関係を持っているツボで、消化器系の症状を解消するのに効果的です。
内関(ないかん)手首のシワの中央から、指3本分ひじ側よりにあります。

引用: http://yukyu-h.com/mame/tub_img/danchu-push.jpg
膻中は心と心臓を守る働きがあり、胸の痛み、苦しさ、不安、イライラ、のどの痛みなど解消してくれます。中指をツボに当、身体の中心に向かって5~6回痛みの加減をしながら押します。膻中は東洋医学で、気会のツボとして言われていて、すなわち、精神を安定さるツボです。親指の腹をあてて、軽めの強さで3~5分程度押します。
引用: https://ourage.jp/wp-content/uploads/2016/04/c7442500cd7ede2da169bdcd7a62be0c.jpg
膻中(だんちゅう)巨闕(こけつ)膻中=胸骨(胸部の中央の骨)の真中 巨闕=へその中央から指8本分上にあります。

引用: https://fitter.cosme.net/media/bid/album/0/596/381/37f5cb079dd04d8ba2c89f7451119346.jpg?target=550x100
天容は顔のむくみや、足のむくみを解消するツボで、頭痛・肩こり・寝違え・首コリを解消できるといわれています。左右のツボに両手の人さし指をひっかけて、後頭部にむけて押します。効果は首コリを解消して、滞ったリンパの流れや水分の排出を促します。頭痛・首の疲れ・寝違え・歯の痛み・小顔などに効くといわれています。
引用: https://image.tcmwiki.com/image/%E5%A4%A9%E5%AE%B9/tianrong.jpg
天容(てんよう)顔を横に向けたときに、斜めに出る太い筋と下あごの角の間にあります。

引用: http://livedoor.blogimg.jp/freelydiet-vitamina/imgs/6/5/65f5bd97.jpg
三陰交は冷えのツボで、頭痛・全身倦怠・食欲不振・下痢・生理痛などの解消によく効きます。息を吐きながらゆっくり押します。息を吸いながら離します。一度に3回程度続けます。押す力は控えめにします。肝経・脾経・腎経の3つの陰経が交わっているので、三陰交は、更年期障害と深いかかわりがあるそうです。押し方は足の外側から、人差し指を骨にひっかけるような要領で押すと確実です。
引用: http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/t/tq61xw6a/20141201/20141201174842.jpg
三陰交(さんいんこう)内くるぶしの中央から指4本分上、すねの骨の後ろの縁にあります。

二日酔いのツボがある?を見てきました。東洋医学では、このツボ押しで、病気を解消する人が多く、胃の痛み、二日酔いの吐き気などは、即効性はあることがあります。ツボを押す方法もあまり、強く押さないで、優しく押す方法の方が効果はあるようです。二日酔いで吐き気を感じたら、ツボを押して解消しましょう!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i1.wp.com/xn--mnqr9hza298nsvu4q9b1ig.com/wp-content/uploads/2018/04/91A92C0A-9761-41E7-8773-79096B5AD855.jpeg