Rl9r8tgaa07cnykk5too

対処法

CATEGORY | 対処法

二日酔いの熱はどうしたらいい?吐き気の対処法と頭痛薬をご紹介!

2018.07.13

二日酔いに熱?と驚きましたが、良くあることのようです。二日酔いに熱がでて、頭痛や吐き気がしたときの対処法について見てみました。二日酔いに熱がでたときの頭痛や吐き気の対処法は、薬で治すのが良いのでしょうか?詳しく調べてみましたので参考にして頂けると幸いです。

  1. 二日酔いと熱
  2. 二日酔いの吐き気と頭痛と熱のメカニズム
  3. 二日酔いの頭痛と熱
  4. 二日酔いの吐き気と熱
  5. 二日酔いの吐き気と頭痛と熱
  6. 二日酔いの吐き気と頭痛と熱の対処法
  7. 二日酔いの吐き気と頭痛と熱の市販薬・制酸薬
  8. 二日酔いの吐き気と頭痛と熱の市販薬・BCAA(分岐鎖アミノ酸)
  9. 二日酔いの吐き気と頭痛と熱の市販薬・アルピタン
  10. 二日酔いの熱はどうしたら良い?まとめ
引用: http://hangover.nanapipi.com/img/snapcrab_noname_2015-4-16_21-22-6_no-00.jpg
二日酔いの時に熱が出るのは、いろいろな原因があります。その中に質の悪い睡眠は、血中のアルコール濃度が高くなって、脳を麻痺させる睡眠です。交感神経と副交感神経のバランスが悪くなり、質の悪い睡眠になり、夜中に何度も起きてしまいます。
引用: https://thechange.jp/wp-content/uploads/2014/07/5c470c69a9f0b2d0786ad75ccc29b471-e1473987022692.jpg
お酒を飲んだ翌朝は睡眠不足で疲れが取れなくて、体調が変化して免疫力の低下が起こります。肝臓はそのとき、アルコールの分解に一生懸命働いていて、細菌やウイルスの影響で発熱することがあります。二日酔いで熱が出るのは、二日酔いが原因ではなく、免疫力の低下から熱が出ることがあります。
引用: https://wakuwakutuhan.jp/a13/w46.png
二日酔いのときに、吐き気や頭痛が起こって、熱が出ることは良くあります。二日酔いのときに熱を出すメカニズムは、次のようになります。アルコールを飲むと、エタノールはアセトアルデヒドに肝臓で分解されます。アセトアルデヒドには、血管を拡張する働きがあるのです。アセトアルデヒドが翌朝体内から排出されると、急激に血管が収縮します。血管が急激に収縮すると、血液の流れが悪くなります。
引用: https://www.fizz-di.jp/wp-content/uploads/5/9/590d4a2d.png
私たちの身体はもともと、低温になると、病原菌が身体に侵入すると対処できないので、身体を守るため体温を上げるようにインプットされています。二日酔いで、一時的に体温が下がった場合、身体を守ろうとして、体温を上げ病原菌が侵入してきても身体を守っているのです。短時間で、体温が上がったり下がったりするので、自律神経の体温調節機能が狂いだします。
引用: https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/health/assets/imgs/symptom/38_futsukayoi/imgs/index/img02.jpg
ですから、微熱が出ることは二日酔いの場合当たり前といえば、当たり前のことなのです。しかし、35度以下(低体温症)38度以上(高熱状態)の場合は、迷わず医師の診断を受けることが必要です。この36度~37度の熱に対しては、安静が一番で、安静にしておくことが回復の最も早い方法です。対処としては頭痛薬などを飲んでまた、胃や肝臓に負担掛けるより、安静にすることが一番大事です。
引用: http://alcohol.doctorwhite.net/wp-content/uploads/2016/01/SnapCrab_NoName_2016-1-23_17-46-15_No-00.jpg
アルコールを飲むと、胃や腸を通ります。アルコールは粘膜にダメージを与え、胃酸を過剰分泌させることがあります。肝臓が処理する前に、胃や腸がアルコールの影響で弱ってしまうので、弱った機能を復活させるには肝臓の働きが不可欠です。しかし、肝臓はアルコールの処理に手がいっぱいで、修復まで手が回らず、一時的に免疫力が低下して、細菌やウイルスの関係で熱がでます。
引用: https://www.skincare-univ.com/images/articles/11507/11507-1.jpg
また、アセトアルデヒドが大量に増えたため、アセトアルデヒドが脳に侵入することがあります。アセトアルデヒドは血管を拡張する働きがあるので、脳の血管が拡張されて、脳の周りの神経が影響を受けて、頭痛がすることがあります。この場合は、脳の血管がアセトアルデヒドによって、むくみを生じることになるので、むくみを取り除くと、頭痛は治ります。
引用: https://www.babycome.ne.jp/img/womensmedica/297-1.jpg
二日酔いの時に吐き気や嘔吐、腹痛などが伴って、熱が出てくる場合、急性膵炎が疑われます。急性膵炎に何度も掛かっていると、慢性膵炎になる確率も多く、大量にお酒を飲む習慣がある人で熱が出る人は、一応病院での検査をすることを、おすすめします。膵臓を悪くすると、熱がでたり治まったりして、だんだん膵炎やすい臓がんに進行する場合もあります。
引用: http://hangover.nanapipi.com/img/snapcrab_noname_2015-4-17_12-12-51_no-00.jpg
アルコールが胃酸の分泌を促し、胃酸過多の状態となり、吐き気や下痢、食欲不振になります。肝臓は飲酒に夜アルコールの分解を最優先で行うので、低血糖状態になるため、脳に糖分がいかなくて、頭痛、だるさ、筋肉痛の症状が現れる
引用: http://hangover.nanapipi.com/img/snapcrab_noname_2015-4-17_13-20-26_no-00.jpg
お酒の飲みすぎは、食べ過ぎ同様胃もたれや、胸やけを引き起こす。アルコールは胃を刺激して、食べたものを消化するため、胃酸の分泌を促します。胃酸は強い酸性で、アルコールの刺激によって、胃の粘膜の働きが弱っていると、不快な症状う引き起こす。
引用: http://www.emotion.net/blog/udata/meneki011.gif
アルコールを飲むと免疫力低下になります。飲んでいるときに、インフルエンザなどに感染する可能性があるので、できるだけ手を念入りに洗います。アルコールを飲むと肝臓が分解しているときに血管が拡張します。血管が拡張して脳がむくんで、アセトアルデヒドの毒素が痛みを増強します。お酒を飲むと、トイレに何度もいったり、喉が渇いて水が飲みたくなったりします。
引用: https://www.d-healthcare.co.jp/content/uploads/2018/01/eating180130_1-500x333.jpg
アルコール頭痛はガンガンと波打つ痛みが起こりますが、水毒による頭がボーとして顔がむくみます。アルコールが分解されるアセトアルデヒドには、血管を拡張する作用があります。拡張した血管が周りの神経を圧迫し、炎症を起こすことで痛みが発生します。
引用: https://www.selfdoctor.net/q_and_a/2003_12/alcohol/images/il_15.gif
アルコールやアセトアルデヒドの影響で、広がった血管から水分が漏れ出し、それにより血管を取り巻く組織、脳にむくみが発生し、神経を圧迫して痛みの原因となります。アセトアルデヒドが増強すると、痛み増強物質が発生し、炎症がますますひどくなり痛みも酷くなります。痛みの原因は血管の拡張・脳のむくみ・痛み増強物質によるものです。
引用: https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20150530%2F54%2F5839104%2F42%2F550x400x0cb2430947027239d4240f42.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg&op=r
二日酔いで高熱が出て、頭痛や吐き気を誘発する場合は、二日酔いぐらいと思わないで、病院での検査をおすすめします。熱は、自分の免疫が何かと闘っているとか、炎症を起こしているときにでるものです。二日酔いで高熱が出る人は、やはりしっかりとした診断を受けることが大切です。膵臓が披露していると起こることがありますので、膵臓は1度壊れると再生はできません。酷くならないうちに検査を受けた方が良いでしょう。
引用: https://www.mag2.com/p/news/wp-content/uploads/2018/05/shutterstock_734788171-650x401.jpg
二日酔いで吐き気や頭痛がでて、微熱がでている場合は、身体が疲労しているので、安静にしているのが一番ですが、どうしても薬を使う場合は、吐き気などある場合、胃腸を整える薬を使うと良いと思います。対処法は頭痛薬などの薬を使うと、肝臓が疲労を起こしているので、できるだけ肝臓に負担をかけない対処法が一番です。そのためには、熱が取れるまで安静にしておくことが大切です。
上でも書きましたが、35度以下の低体温や、38度以上の熱がでている場合は、迷わず医療機関の診断を受けましょう!
引用: https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/medley-medicine/otcimages/4987028178620_1_20150125.jpg
アルコールの飲みすぎで二日酔いになって前日嘔吐したときは、胃が荒れているので制酸薬が胃酸を抑えます。これは「乳酸菌製剤」「整腸剤」中枢神経を抑える、吐き気止めに効くので飲んだ方が良いですが、二日酔いの対処法は、胃腸薬や肝臓の機能促進の薬以外は、できるだけ飲まないようにして、胃を荒らさないことです。
制酸薬・・・胃液中の塩酸を化学的に中和し、胃酸過多や消化性潰瘍などの治療に用いる薬。重曹・マグネシウムなど。

【第2類医薬品】サクロンS 34包
価格 ¥ 2,481
【第2類医薬品】パンシロンAZ 36包
価格 ¥ 1,269
BCAAとはロイシン・バリン・イソロイシンの必須アミノ酸のことで、身体のたんぱく質を増やす働きがあります。肝臓の解毒作用や、アルコール代謝を促進し、肝機能を向上させる働きがあるのです。
マイプロテイン BCAA 分岐鎖アミノ酸 (トロピカル, 250g)
価格 ¥ 3,280
漢方の「五苓散」料エキスを2300mg配合した内服薬で、タクシャ・チョレイ・ブクリョウ・ビャクジュツ・ケイヒの5つの生薬からなって、身体の中の水分を調整し水毒の改善をして、アルコール頭痛や、二日酔い、吐き気などの症状に効果をもたらします。
【第2類医薬品】アルピタン 12包
価格 ¥ 1,584
二日酔いのときにでる、36度~37度の熱は、私たちの身体が、病原菌に負けないように熱を出しているので、安静にして身体を休めることが一番です。対処法として頭痛薬は胃や肝臓が低下しているので、できるだけ飲まないようにして、水分をこまめに摂ることが大事です。ただし、高熱の場合は迷わず病院を受診しましょう!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://alcohol.doctorwhite.net/wp-content/uploads/2016/01/SnapCrab_NoName_2016-1-23_17-46-15_No-00.jpg