Yxnegntbgqje17bxamw2

ドリンク

CATEGORY | ドリンク

二日酔いの嘔吐の原因は?食べ物や薬など治す方法も徹底解説!

2018.07.09

会社での飲み会や新年のお酒。打ち上げや様々なイベントで飲みの席に行く方は多いですよね。しかし、そこで厄介なのが二日酔いです。二日酔いは嘔吐を伴う事もあり、その原因を知ってる方は少ないです。嘔吐の症状が出た時に効く食べ物や市販薬など治す方法をご紹介致します!

  1. なぜ二日酔いになるの?
  2. 二日酔いで嘔吐が止まらない原因とは
  3. 二日酔いの嘔吐を治す方法
  4. 二日酔いで辛い嘔吐症状に効く食べ物
  5. 二日酔いの嘔吐を抑えてくれる市販薬
  6. 二日酔いの時にしてはいけないNG行動
  7. 辛い嘔吐は避けたい!二日酔いの予防方法
  8. 二日酔いで嘔吐してしまう前にできる予防薬
  9. 嘔吐だけではない!二日酔いの症状とは?
  10. 正しい知識で二日酔いの嘔吐を予防しよう!
Ilxxmtdvaubzhv5j7oie
肝臓に運ばれたアルコールが分解される時に発生するアセドアルデヒド。このアセドアルデヒドが肝臓で処理しきれないと二日酔いの原因になります。適度ね量のアルコールなら問題なく処理できますが、飲みすぎると肝臓に負担がかかるので処理しきれなくなります。

血糖値の低下

Ze5iix5fvruqsajlfayk
アルコールを分解する時、血液中の酸素や糖質を消費してしまいます。血液中の酸素や糖質が下がってしまうと頭痛や吐き気の原因となります。

胃液の分泌

Jpfnre4wpx3o7zcl9h6w
アルコールには胃を活性化させる性質があり、胃が活性化すると胃酸が過剰に分泌されてしまいます。食べ物が消化され胃が空の状態に胃酸が分泌すると吐き気や下痢などの原因になります。

脱水症状

J0x0m6vzm8wznr0ssjh9
お酒を飲んで脱水症状というのはなかなか理解し難いですよね。しかし、アルコールには利尿作用があり、飲む量が多ければ多いほど出ていく水分も同じくらいの量が排出されてしまいます。自覚症状はなく知らず知らずの内に脱水症状になっている事が多く、吐き気も脱水症状の一因になっています。

水分補給

Uyul5civbtphwmwqqwlq
二日酔いで吐き気を催している場合、脱水症状になっている事があるのでまずは水分補給をするのが得策です。普通の水でも効果はありますが、おすすめなのは経口補水液やスポーツドリンクです。少量の塩分は空っぽの胃にも優しく、前日に飲みすぎ荒れた胃にも刺激が弱いです。また、適度に糖分を補給するのも必要なのでスポーツドリンクがおすすめです。

しじみの味噌汁

Odfwobytakow64rxxzlx
昔からしじみは二日酔いに効くと言われている食べ物です。しじみには肝機能を高める性質があり、中でもしじみに含まれるオルニチンは二日酔いを抑えてくれる効果があります。お味噌汁には適度な塩分も含まれているので塩分補給と共に脱水症状の時はおすすめです。

たまご

G94gsvgjwpsyzx6znq56
卵は二日酔いを解消する食べ物として大活躍してくれます!黄身には二日酔いの原因である物質を分解する効果があり、白身には肝機能を修復する効果があります。朝ごはんとして卵をとる方も多いので手軽に二日酔いを治す方法としておすすめです。二日酔いで気分が優れない時はお粥などに卵を溶いて食べるのもいいですね。

フルーツ

Crzk8ghmjtl3be8wtyyn
フルーツには肝機能の促進を促す効果があるものが多く、気持ちが悪い二日酔いの時でも比較的食べやすい食べ物です。特に二日酔いの時おすすめなフルーツが、「グレープフルーツ」「りんご」「柿」などです。柿など季節によっては手に入りにくい物もあるので飲み会が予めいつ頃になるか決まっていたら先に買っておくのがおすすめです。

鶏胸肉

Wx57a03kloc1e5mkaftu
鶏胸肉にもアルコールの分解を促進する効果があります。しかし、二日酔いの朝に鶏胸肉を使った料理を1から作るのはなかなか辛いですよね。そんな時は簡単に手に入る鶏胸肉で代用しましょう。コンビニなどで販売されているサラダチキンは鶏胸肉を使われている事が多いのでコンビニで簡単に二日酔い解消の食べ物が購入できます。
基本的に自然に出てしまう嘔吐反応は出した方が楽になり、無理に吐き気を止めるよりは身体にも良いとされています。なので、吐き気があるだけで無理矢理吐こうとしたりするのは絶対にやめましょう。基本的に吐き気を止める薬は医師からの処方でしか受け取れず市販薬は医師が出している薬の種類とはまた違った成分のものになります。しかし、病院に行く暇がない時やどうしても吐き気を止めたい方には市販薬で一時的に解消するおすすめ市販薬をご紹介致します。

ソルマックプラス

Nx8rmuyjyc66j6arbcbt
引用: http://netshop.create-sd.co.jp/shop/g/g4987117398816/
二日酔いや悪酔いに効く市販薬。吐き気の症状や胃の不快感、胸焼けなどに効果があります。肝臓の働きを助けてくれる製薬配合の胃腸薬です。

太田胃散(内服薬)

Gpx6bvwyxib2qyw8a3ow
引用: https://www.natural-pharmacy.jp/jp/item/detail?item_prefix=TF&item_code=140770&item_branch=001
飲み過ぎで弱っている胃を正常に近づけてくれる、ミント風味のスッキリしたドリンク。太田胃散はCMなどでも良く見かける有名な薬品ブランドなので安心して内服薬できます。

さらにお酒を飲む

O8mwjeol5dz0lj58jrwy
二日酔いの状態で更にお酒を飲むと脳が麻痺して一時的に不快な症状は抑えられます。しかし、その行為は絶対にやめましょう。二日酔いは肝臓の機能が低下しているので更に回復を遅らせてしまいます。一時的の治す方法を選ぶよりは完全に治すことを心がけましょう。

汗を大量にかくことを避ける

A3moj6v5fmozwn424aky
二日酔いは脱水症状になっている事が多いので汗をかいて体から水分が奪われる行動はやめましょう。しかし、体が温まる程度の軽い運動なら代謝を高めるのに効果的なのでスポーツドリンクなどで水分補給をしながら適度に動きましょう。

薬の服用

Rsxy7iztbe4qpymlptmw
普段から薬を内服している方はアルコール摂取する時、注意が必要です。アルコールは薬の効果を妨げる原因にもなりますが、化学反応で有害な物質が出てしまう場合もあります。薬を内服している方はかかりつけの医師に相談した上で薬を飲むようにしましょう。

空腹の状態で飲まない

Vhyd8uoemfkjftaijdds
空腹の状態でアルコールを摂取してしまうと胃への刺激が強く胃を荒らしてしまう原因にもなります。アルコールを摂取する前に少し食事をしておくと胃の機能が働きアルコールの分解もしてくれるので二日酔いや悪酔いの予防になります。

適度にお冷を挟む

Ew74thta23d56q4pg2mt
アセドアルデヒドは水分を補給する事で体から出すことができます。水を飲むことで結果的にお酒を飲みすぎる防止にもなるので、酔いが回る前にこまめに水分補給をするようにしましょう。

一気に飲みすぎない

Jygbijhtrcdhs3w1dfg6
アルコールは体質によっても大きく変化します。同じ量を飲んでも二日酔いになる方と二日酔いにならない方がいます。アルコールを摂取しすぎないのが二日酔い予防として1番の方法ですが、その場のテンションで一気に飲むのもおすすめはできません。急激にアルコールを摂取してしまうと肝臓の機能が追いつかず二日酔いになりやすいので自分のペースで飲むようにしましょう。

ウコンの力

Zhc4rcbqubkjo0gidu2e
引用: http://www.osaketo.jp/blog/ukon-power/
二日酔いに効くとされているウコンの力。しかし、ウコンの力は飲み会の前に摂取するのが良いとされています。ウコンの力には様々な味が販売されているので、ウコンが苦手な方も自分に合った味を見つけられます。

ヘパリーゼ

Klavizok0wweay65gvli
引用: https://www.yamada-denkiweb.com/9573250010
CMでも良く見かけるヘパリーゼ。お酒を飲む前に服用するのがおすすめです。ヘパリーゼは様々なタイプが販売されており、中でも有名なのがドリンクタイプのものです。コンビニなどでも気軽に手に入るので飲み会の前に1本飲むと予防になります。
Ex3uqjq0mzpcux9mkn4s
二日酔いは嘔吐の症状だけではなく、身体に様々な不快症状をもたらします。二日酔いの症状によって治す方法も変わってくるので自分がどのタイプでどのように治す方法があるのか調べておきましょう。一般的に二日酔いの症状としてあげられるのは、「頭痛」「吐き気」「胃の不快感」「体のほてり」などがあります。
Ocpjcrkd4bhx5tuokgku
いかがでしょうか?お酒の席では切っても切れない関係である二日酔い。二日酔いになってしまうと日常生活もままならず苦痛な時間を過ごす事になりますよね。そんな二日酔いは予め予防する事が効果的!予防しても二日酔いになってしまう方は二日酔いの正しい治す方法を頭に入れ込み、少しでもはやく解消するようにしましょう。