Gg3l1thj43falklg3kbt

ドリンク

CATEGORY | ドリンク

二日酔いにトマトジュースがいい?予防効果や量、タイミングを紹介

2020.08.05

二日酔いの予防にトマトジュースが効果あり!不快な頭痛や胃が気持ち悪い、吐き気といった二日酔いの症状を予防するために飲みたいトマトジュースの量やいつ飲めば良いのかとタイミングなどを紹介していきます!辛い二日酔いに悩まされている方必見です。

  1. 二日酔いにトマトジュースの効果がすごい!
  2. 二日酔い、トマトジュースのなにがいいの?
  3. トマトに含まれているリコピンの抗酸化作用が二日酔いに効果あり!
  4. トマトジュース苦手な方はどうしたら良い?
  5. 二日酔いで、トマトジュースを飲むタイミングはいつ?
  6. 二日酔いを予防するにはトマトジュースたくさん飲んだほうが良い?
  7. ちなみに・・・トマトジュース割りにしておけば二日酔いは防げる?
  8. 二日酔い、トマトジュース以外で予防するには?
  9. 頭痛にもトマトジュースが効果あり?
  10. 二日酔い対策にトマトジュース試してみてくださいね
Skk8nbtlxquxuvsvim4w
二日酔い予防に効果があると言われているもので、トマトジュースが有名なのはご存知ですか?トマトジュースとお酒の相性は抜群で、ブラッディメアリーや、レッドアイというカクテルがあるほどです。
このトマトジュースはお酒との相性が抜群なだけでなく二日酔いの予防としての効果も抜群で、二日酔いにならないために積極的にトマトジュースを飲んで二日酔いの、不快な症状を防いでいる方も多くいるほどです。
Oyxmistw9lkaug0h9y52
トマトジュースをどれだけの量飲めば良いのか、いつ飲んだら効果があるのかと言った疑問を徹底解説していきますね。
Qbgqjruzacsts1n8onzw
このトマトジュースが二日酔い予防の効果があると言われているのには、ちゃんとした理由があります。トマトジュースは、もちろんトマトから作られています。このトマトには、リコピンという成分が含まれています。リコピンと聞くと、美白に効果的な成分としてお肌にとって効果のある成分として知っている方も居るのではないでしょうか。
このリコピン、女性の間では、美白効果のある成分として有名ですが、その理由にはリコピンの持っている抗酸化作用にあります。抗酸化作用とは、簡単に説明しますと、私達の身体は何らかの原因によって酸化していき、老化現象や、シミ・シワなどをもたらしています。この酸化を止めてくれる作用のことを抗酸化作用といいます。つまり、私達の体の内側で、老化やガン化してしまう細胞を守ってくれているということです。
Isypipxbixlzm2yicd6e
お酒を多量に飲むことによって、私達の身体は多少ながらダメージを追っていますが、本来私達が持っているダメージ修復のお手伝いをしてくれている成分が、トマトに含まれているリコピンです。リコピンは、デトックス効果のある成分ということですね。
Jnuxowtrqfmq81khjrrz
また、トマトに含まれている栄養成分が、アルコールの代謝を早めてくれるとも言われています。アルコールの代謝がスムーズに行われると、体内に残ってしまう有毒成分がそれだけ排出されていくということですから、二日酔いの不快な症状を引き起こしてしまう原因物質が少なくなり二日酔いの予防に効果があると言われています。
Hnjubejvbt8zezaj4vkj

フレッシュトマトが食べれるならトマトを食べても◎

また、野菜の中でもトマトは好き嫌いの分かれる野菜の一つでもあります。フレッシュトマトやケチャップは大丈夫だけど、トマトジュースのどろどろとした感じが苦手という方も多いのも事実です。二日酔いの予防をしたいけれど、トマトジュースが苦手という方は、無理にトマトジュースを飲んでしまうと気持ち悪いとなってしまう恐れもありますので、無理はされないようにしてくださいね。
また、トマトジュースはだめだけど、フレッシュトマトは食べれるという方は、フレッシュトマトをお酒を飲む前に食べることで二日酔いの予防に効果があるかもしれません。トマトサラダなどで食べてみてはいかがですか?
Mb38hfu0pq0079jpamwl

お酒を飲む前の事前に飲む

Pogfpsbznuptiorel0mb
トマトジュースで二日酔いを予防するには、お酒を飲む前に予め飲んでおくことがおすすめ。先に飲んでおくことで、お酒の量自体をへらすことも出来るため一石二鳥です。また、カクテルとしてブラッディメアリーや、レッドアイなどのカクテルとしてお酒と同時に飲むことでもアルコールの代謝スピードを早めてくれるためおすすめです。二日酔い予防のトマトジュースをいつ飲めば効果的かというと、お酒を飲む前か、お酒を飲んでいる最中が一番効果が見込めるかもしれません。
Boqwiovhjvhantyqt6cv
かといって、お酒の代謝を早めてくれるからとブラッディメアリーやレッドアイなどを飲みすぎてしまうと元も子もないのでお気をつけてくださいね。

二日酔い後でも挽回可能かも⁉

Sjh4zqc3qkyk4xh0bj79
もちろん、お酒を飲んだ後の二日酔いの頭痛や気持ち悪いといった症状が出ているときにもトマトジュースを飲むことはおすすめです。トマトにはリコピンだけでなく、アルコール分解時に使用した、ビタミンなども豊富に含まれているため、頭痛や気持ち悪いと言った症状をやわらげてくれるはずです。

吐き気やもたれで胃が気持ち悪い場合は?

Ufifcgfelbmi7x9rn4qq
二日酔いの症状で、頭痛や胃のもたれ、胃が気持ち悪いといった症状がある場合には、トマトジュースが二日酔いに効果があると行って無理に飲むのはNG。体調と相談されてから飲むことをおすすめします。

量よりもタイミングが重要です

二日酔い予防にトマトジュースは効果的ですが、量をたくさんとったところで、体内でアルコール代謝が2倍3倍となるわけではないため量をたくさん飲むことよりかは、いつ飲むかというように、タイミングを重視されたほうが良いかもしれません。また、アルコールの分解には、アミノ酸や糖分などの他成分も必要ですので、トマトジュースを大量に飲んだだけでは絶対に二日酔いの不快な頭痛や気持ち悪いと言った症状にならないというわけではないためご注意をされてくださいね。

レッドアイ(トマトジュース+ビール)やブラッディ・メアリー(トマトジュース+ウォッカ)

昔から親しまれているカクテルで、ビールとトマトジュースを組み合わせたものや、ウォッカとトマトジュースを組み合わせたカクテルがありますが、これだけを飲んでいたら二日酔いが必ずしも防げるわけではありません。二日酔いの不快な症状が起こってしまうには、体調や、お酒の量なども関係してきますので注意をされてくださいね。
V9opvabcgenr3bxgzevd
二日酔いを予防するには、やはりお酒の量をセーブしておくことが第一です。お酒を飲む前に、食事をしっかりしておいたり、お酒を一杯飲んだら、ノンアルコールの飲み物やお茶などを飲んだりすることが重要です。
D5k0vrl0dexas2ybokts
また、いつもは二日酔いにならないのに、二日酔いになってしまったという方もいるかも知れません。二日酔いは、お酒の量だけでなく体調にも左右されてきます。お酒を飲む前に胃の調子が気持ち悪い状態や頭痛のある状態だと翌日の二日酔いの症状もひどくなることがありますのでお気をつけてくださいね。
Q5wkatadarxxonhfvdzq
二日酔いの不快な症状に、頭痛や、胃が気持ち悪いといった症状がよく挙げられます。この頭痛や、気分が悪い、気持ち悪いといった不快な症状のひとつの頭痛にもトマトジュースが効果が有りといわれています。二日酔いでの頭痛は、血中に有毒性のアセトアルデヒドという毒素がまわって起こると言われています。トマトには、リコピンのほか、ビタミンやマグネシウム、ミネラルなどが含まれています。このマグネシウムやミネラルが頭痛にとって効果があると言われているため、いつも頭が痛いという方にも積極的に摂取して欲しい食材です。
二日酔い予防にはトマトジュースが効果があることを説明してきましたがいかがでしたか?トマトジュースはそのまま飲んでも良いですし、料理などでいつでも使用することも出来るので日頃から飲用しておくのもおすすめ。二日酔い対策だけでなく、アンチエイジング効果もあるのでいつものおやつ代わりに飲むように習慣づけるのもよいかもしれませんね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://instagram.com/p/BkCzDJIFDEK/