Nwihlcuag6s7vudfvlfq

ダイエット

CATEGORY | ダイエット

おしりダイエット尻をリセット!簡単に引き締められる方法をご紹介!

2018.07.11

おしりは知らない内に脂肪がついて、大きく弛んでしまうことも少なくありません。弛んだお尻を美尻へと引き締めリセットするためにはどんな運動やダイエット方法を行えばいいのでしょうか?気になるおしりの簡単なダイエット方法で綺麗なおしりにリセットしちゃいましょう!

  1. 弛んだおしりをリセットしたい!効果的なダイエット方法はある?
  2. ダイエットでリセットしたいほどおしりに脂肪がつきやすいのはどうして?
  3. そんなおしりをダイエットでリセットするのに効果的なのは?
  4. おしりだけをリセットさせて痩せさせるエクササイズダイエット 1.ヒップアップ体操
  5. おしりだけをリセットさせて痩せさせるエクササイズダイエット 2.中殿筋トレーニング
  6. おしりをリセットするようにダイエットするにはリンパマッサージもおすすめ
  7. おしりをリセットするためのダイエット中には食事にも気を使おう
  8. おしりをリセットするようにダイエットさせるなら体の冷えに気を付けよう
  9. おしりの脂肪をリセットするダイエットでも水分補給はしっかりと
  10. おしりを意識的に動かして、脂肪をリセットしよう!
Ew7maw3el3313mc6vn6m
いつの間にか脂肪や贅肉がついてしまい、弛んで人に見せられない、水着なんてもってのほか!というような状態になりがちなのがおしりです。脂肪や贅肉がついてしまうことで重く分厚いおしりが弛んで後ろ姿がまるでずっと年上に見えてしまうということを経験した人もいるのではないでしょうか?
Dhazk6rqtflzauqbkscx
年相応の綺麗な美尻に引き締めたい、ダイエットしたいという人に今回この記事では美尻にするためのダイエット方法や簡単にできる運動についてをリサーチしてまとめてみました。どうしておしりに脂肪がついてしまうのか、どういった運動などを行えば効果的なのかということも合わせて参考にしてみてくださいね。一緒に美尻を目指しましょう!
Iigv7oz1bwtriqokpyus
まずはどうしておしりにそんなに脂肪がつきやすいのか、ということについて知っていきましょう。おしりというのは女性の体の中で一番脂肪がつきやすい部位なのです。他のお腹やウエスト、二の腕などよりもずっとずと太りやすい部位ともいえるのです。その理由がおしりという体幹の部分の脂肪が落ちるのは最後の方であるということ、意識して筋肉を動かさないと痩せられないというのもあります。
K2ctog83mipydrrb7xzn
女性の場合は妊娠から出産までの間、お腹の中の赤ちゃんをしっかりと守れる土台を体で作らなければなりません。その土台となる一つが脂肪であるため、重さに耐えられるようにお腹周りやおしりなどがどうしても脂肪がつきやすく、大きくなりがちになる性質であるということもあります。動かすことが少なく、それだけ脂肪の付きやすい性質でもあるおしりだからこそ、大きくなりやすいですし、弛んだ状態などにもなってしまうのです。
Dhvr7qbsjepflulhg2vp
おしりをダイエットで美尻に変えるためにおすすめな運動はいくつかありますが、一番おすすめな運動は筋トレです。おしりの筋肉をしっかりと動かしてあげることで、筋肉が鍛えられると共に脂肪が燃焼し、鍛えられた筋肉によっておしりが引き締められて吊り上げられるようになります。
Goq468gymoekb10cycxn
意識的に動かさなければ鍛えられない筋肉であるため、最初の内はしっかりと、徐々にその筋トレを維持程度にまで落ち着けるようにするとモデルのような美尻にすることにも繋がります。あまりやり過ぎるとおしりががちがちになってしまうので、ほどほどの回数と量にしながら最低限の脂肪は残すようにしてください。
N9ymdleevjsjatksehbl
大殿筋を鍛えるときのやり方:①床に四つん這いになり、片足を体と平行かそれ以上にまっすぐに上げる。②この状態で、足を曲げないようにして上げられるところまで上げ下げする。③普段体が固い人は無理をしない程度にできるところまで行うようにすること。
Mxyuliud3syeqhbtc865
中殿筋を鍛えるときのやり方:①大殿筋の時と同じ四つん這いの状態から、そのままの姿勢で股関節を回すようにして足を横に旋回していく。②上半身から横へ平行90度、膝から先がそれ以上上を向かないようにすることがポイント。
Ejmqo5e1ip93hy7jbirp
やり方:①寝っ転がって片肘をついて、テレビを見るような恰好で横寝をする。②この状態で下の足は膝をつけたまま上の足をその上に沿わせる。③互いの足をそろえて足先を上に向けたままの状態で股を開いていく。④足先をしっかりとあげ、足先を左右話さずにぴったりとつけるようにする。⑤閉じる際には動かす側の上の膝が下の膝についてしまわないようにぎりぎりで止める。
Hhfvxr5ltwc5btz1jivo
Phy9dq7nmezejhasn9fn
脂肪がついてしまうとリンパの流れを阻害してしまい、さらにむくみなどの原因にもなってしまうこともあります。上記では簡単な運動エクササイズについても紹介しましたが、このエクササイズと一緒にリンパマッサージも行うようにすると、リンパの流れも促進されて老廃物なども流されるのでよりおしりを引き締めることにも繋がります。
Vecrzwupathoxefxlnj0
大殿筋の周辺をリンパマッサージする場合は、お尻の平を下から上へと少し力を入れながらさすり上げます。この時、必ず抹消から中心の方へと流すイメージでやってみましょう。中殿筋の周辺をリンパマッサージする場合はおへそからおしりの後ろ、やや上にある腰に向けて流すような形でさすりあげます。この部分はかなり固くなりやすい部分でもありますので、一度揉み解してから流してみるのも効果的です。
Xowb9ocgci4hdl7qjrct
おしりを簡単な方法でとはいえ、ある程度しっかりと運動させて痩せさせるのであれば食事にもきちんと気を使うことが大切です。お肉を鶏肉にしたり、野菜を多めに摂ったりと痩せやすい体の状態に持って行けるような食事のメニューにするとおしりが美尻になるという以外にも、他の部位がすっきりとしてくれるでしょう。脂っこいものなどは極力控えるようにして、せっかく落とした無駄な脂肪がまたつかないようにしてあげる必要があります。
V7gvvyvbzhj09jv9efto
Pf7lyoiaac9792mgtorm
体が冷えている状態だと、運動をすることで筋肉を温めるのに時間がかなり必要になります。そのため、上記で紹介した簡単なエクササイズなどの運動でのおしりのダイエットや引き締めに対して、効果を得るためにかなり時間が必要になるともいえます。特に女性は冷え性などで体が冷えやすいということも相まって、痩せにくい体になってしまうことも少なくないでしょう。
Eaeiv7dndwdmdunglzqf
そんな冷え気味の女性の場合は、簡単な運動の場合ほど先にサウナに入ったり、温めのシャワーを浴びたりして体を温めてから運動に取り組みましょう。体が温まっていることで筋肉も運動で簡単に温まりやすくなるので、より代謝を高めてくれます。おしりも痩せやすく、美尻になりやすい状態にしてくれるでしょう。
Msztuvkj31rjhhbasx7d
簡単な運動やエクササイズ方法を紹介してきましたが、おしりが引き締められたとしても脱水症状などで倒れたりすると元も子もありません。簡単な運動やエクササイズ方法とはいえ、汗をしっかりと掻くことも多いものです。そのため、季節などによってもしっかりと水分補給をするようにしましょう。適度に水分を摂って体の状態を良い状態に保つのも、美尻に引き締め、綺麗な体を作るのに必要なことですよ。
Lasq9jr7bxnmawnkwndg
Ipxpbr1rybzorbvpjaom
おしりというのは意識しなければふとした時に動かすこともないという部位でもありますから、意識して筋トレやエクササイズをしてあげることで脂肪やむくみで弛んでしまったおしりを引き締め、吊り上げることができるようになります。筋トレやエクササイズ以外には、むくみを解消させるためのリンパマッサージも良いですし、歩くときなどにも少しおしりを意識して歩いてみると効果的かもしれません。気になるおしりの脂肪をリセットして、美尻にダイエット成功させるためにも、軽い運動から少しずつ始めて行きましょう。無理せず適度に頑張って継続することが一番大切です。自分に合った運動やエクササイズで美尻を目指していきましょう。
Gzsih6oufvjphq1mjso8