Conly8vwtu6whtbs0t9k

美容

CATEGORY | 美容

ウエストの位置は腹囲と場所が違う!正しい場所と測り方を徹底解説!

2018.07.16

皆さんはウエストの場所,位置を正確に把握していますか?ウエストが腹囲だと思っている人が多いかもしれませんが、実はそれは違うんです。この記事では間違いやすいウエストの位置や測り方などをしっかりとご紹介します。夏のボトムスを買う前に計測してみましょう。

  1. ウエストの位置、知ってますか?
  2. ウエストの位置はどこ?
  3. ウエストと腹囲の位置は違う
  4. ウエストの測り方~女性~
  5. ウエストの測り方~男性~
  6. ウエストの位置を測る時の注意点は?
  7. ウエスト位置を正確に測るタイミングは?
  8. ウエストの平均値・女性
  9. ウエストの平均値・男性
  10. 理想のウエストサイズは?
  11. ダイエットに有効な測定位置は?
  12. どうしてダイエット中にウエストや他の位置を計測するの?
  13. ウエストの位置を知って、もっと魅力的な体を意識しよう!!
ウエストの位置がどこなのかと改めて尋ねられたら、皆さんはどこだと答えますか?
私を含む多くの人が、腹囲をウエストだと思っているかもしれませんが、実はウエストはもう少し上、腹囲とは場所が全く違うんです。
Vabde6cljucjgyrhwmii
また、その測り方も男女で微妙に違うので、ちゃんとした測り方を知って計測しなおしてみると、もっと自分の体型にあった洋服を選ぶことが出来るかも。
この記事ではそんなウエストの正しい場所や測り方を、しっかりとご紹介していきますよ!!
Aowjdlkqpjqyzgi2zyku
それではまず、ウエストの場所がどこなのかを確認することから始めましょう。
ウエストの場所は、お腹で一番くびれているところです。おへそより少し上がウエストラインです。
肘を軽く曲げたあたりだったり、体を傾けて折れ目になる場所がウエストです。多くの人の場合は、おへそよりも2センチほど上になるのではないかと思います。
Nngzrncwtjuesqrbazbh
ウエスト=腹囲、と思っている人も多いかと思いますが、腹囲は場所が違います。
腹囲は、おへそ周辺のお腹周りのサイズのこと。健康診断で測定されることが多い場所でもありますね。
引用: http://otokonokoibana.com/wp-content/uploads/2015/08/DB88_hunhun15163150-thumb-815xauto-15880.jpg
腹囲の数値が大きいと、メタボを疑われることも。健康な体を維持するためにも、場所が違う腹囲の数値にも関心を持ちましょう。
引用: https://nnir.jp/wp-content/uploads/2017/12/WaistLine_02.jpg
それではここから、男女別にウエストの測り方をみていきましょう。
まずは女性から。手元にメジャーを用意して、鏡の前に立ち、早速やってみてくださいね。
P1ookgpkoll8mokgmfwd

測り方

1.真っ直ぐ立った状態で、ウエストの位置を確認しましょう。一番細くくびれている部分です。
分かりづらい場合は上半身を傾けて、折り目がついたところです。
2.メジャーを背中から一周させて、おへその下あたりで交錯させます。メジャーは地面と水平を保ちましょう。
3.息を軽く吐いた後に、交錯した場所の数値を確認しましょう。その数値がウエストサイズです。
Jmlatsdcxp4k0sxkpcr5
男性の場合、測るのはおへその位置になります。つまり、男性の場合は腹囲とほぼ同じサイズになります。
引用: http://hakkyu.com/wp-content/uploads/2015/07/2d917875483921a0f6f88b3a711f9483_s.jpg

測り方

1.両足を肩幅に広げて立ち、両腕を自然におとします。
2.メジャーをおへそ周りにぐるっと一周させて、そのサイズを測りましょう。
引用: https://oliva-production.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/uploads/item_image/image/7347/middle_388159cc-7a00-4607-916e-1a18b0012029.jpeg
ウエストを計測するときは、メジャーを水平に保って測るようにしましょう。鏡の前で確認しながら測るのがおすすめです。
また、無理にお腹を引っ込めたり、メジャーで強く締めすぎないように気をつけてくださいね。あくまでも自然な立ち姿で計測しないと、継続して数値の変化を見ていく時に、参考にならなくなってしまいます。
手元にメジャーがない場合は、紐と定規を使って計測することも可能です。メジャーの代わりに紐を使って、その紐の長さを測りましょう。
Evsdicyagfqtqtbastxu
ウエストを正確に計測出来るのは、空腹時です。食後でお腹がぽっこり出てしまっているときは避けましょう。
また、特に女性の場合は、体のむくみでもサイズが変わります。体が疲れを感じていないタイミングで計測するようにしましょう。
また、朝や夕方など、計測する時間も決めておくと、より一貫性のあるデータが取れると思います。自分のタイムスケジュールと相談して、どの段階で計測するのかを決めましょう。
Fw2dsn8j1diutmtcpghn
それではここから、ウエストの平均値をみていきます。まずは女性から。日本人女性のウエストサイズの平均値を知っていますか?
日本人女性の平均値は、65~70センチと言われています。身長や年齢によって変わってきますので、簡単にご紹介します。
女性のウエストサイズの平均は20-24歳で67.0cm、25-29歳で67.6㎝、30-34歳で68.1cmと、年齢の変化と共に約5mm~6mmずつウエイトサイズが大きくなっていきます。

女性は男性と比べると、年令による増加が小さい傾向にあります。やはり女性は体型維持に関する意識が高く、年齢が上がっても体型をキープ出来ている人が多いからではないかという推測が出来ますね。
引用: https://toremo.jp/wp-content/uploads/2017/11/shutterstock_614603819.jpg
一方、男性のウエストサイズの平均は、どんな数値になっているのでしょうか。
日本人男性のウエストの平均値は、70~90センチと言われています。年齢や身長によって異なりますので、年齢における平均値をご紹介しますね。
男性のウエストサイズの平均は、20-24歳で72.9cm、25-29歳で77.9㎝、30-34歳で81.5cmと約30mm~50mmずつウエイトサイズが大きくなっていきます。

引用: https://oliva-production.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/uploads/item_image/image/5993/middle_b2c9378a-ab15-45ff-a0c9-face317dbb04.jpg
男性は20代から30代にかけて代謝が低下して、同じ食事でも内臓脂肪に変化しやすくなってしまうことが多いそうです。若い頃に比べて腹部に脂肪がつきやすいのは、そういう理由からですね。
そのため、定期的に程よく運動をして、基礎代謝と体型を維持していくことで、メタボリックシンドロームの予防にも繋がりますよ。
引用: https://oliva-production.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/uploads/item_image/image/7344/middle_56fb5830-2a94-4a33-bd49-09d302a4142f.jpeg
それでは、理想のウエストサイズはどれくらいの数値なのでしょうか。
引用: https://img.dmenumedia.jp/bibeaute/wp-content/uploads/2017/10/kubire4.jpg

女性の場合:身長✕0.38

男性の場合:身長✕0.43

女性のサイズを測る指針として、大手下着メーカーのワコールが導き出した『ゴールデンカノン』という数字があります。
身長に対して、バストは0.54、ウエストは0.38、ヒップは0.54、太ももは0.31をかけた数字が理想値と言われています。
Pbfuxvg5pi8hatoffmik
ウエストのくびれが欲しくて、夏に向けたダイエットに挑戦している方もいらっしゃるかと思います。
この記事で紹介した方法でウエストを測定し、理想値をはじき出してそれに近づけるのも良いかと思いますが、実は、ダイエットはウエスト1箇所のみならず、合計3箇所計測しておくことをおすすめします。
その場所は、ウエスト(おへその5cm上)、腹囲(おへその上)、下腹部囲(おへその5cm下)です。
この3箇所を定期的に同じ状態で計測して、経過をみていきましょう。
Dsjhxipwfvjz7bkblc7e
ウエストは体脂肪の変化が出やすく、ダイエットの効果を実感しやすい場所です。しかし、見た目だけでは中々実感することが出来ません。
そこで定期的に測定することで、体重以外の数値変化を目に見える形にします。少しでもウエストや他の場所が細くなっていれば、効果を実感してモチベーションの維持に繋げることが出来ますよね。
引用: https://www.queensway-group.jp/dcms_media/image/171010_%20%282%29.jpg
また、人によって脂肪が減りやすい場所が違います。ウエストだけ計測していると変化を実感出来ないかもしれませんが、他の2箇所も計測することで、細かい変化に気がつくことが出来ますよ。
とはいえ、1日や2日では成果が出にくいので、1~2週間に一度計測するのがおすすめです。
引用: https://www.queensway-group.jp/dcms_media/image/171010_%20(4).jpg
くびれたウエストは女性らしさの象徴ですよね。自分の身長から理想のサイズを計算して、一度、現状と比較してみましょう。
ウエストを知ることは、自分の体型の現状を知ることにも繋がります。メジャーがなくても紐と定規があれば計測することが出来るので、一度しっかり測ってみませんか?
男女によって計測する位置や計算の数値も違います。これから薄着になる季節ですし、過剰な内臓脂肪は病気にも繋がりかねないので、ここで一度自分の体型を知って、より魅力的な体を意識しましょう!!
引用: https://img.dmenumedia.jp/bibeaute/wp-content/uploads/2017/10/kubire14.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.shopjapan.co.jp/content/shopjapan/pc/diet_labo/waist/article_004/_jcr_content/par/column/col1/imagebox_0.img.jpg/1498456754879.jpg