Kx29masthkcu78mnwftb

ドリンク

CATEGORY | ドリンク

二日酔いにはos-1がいい?その効果と吐き気への予防法をご紹介!

2020.08.05

熱が出た時の味方、os‐1。誰でも1度は薬局などで見かけた事がありますよね。そんなos‐1が二日酔いの予防や解消に効果的だと噂があります!os‐1は本当に二日酔いの症状である吐き気や頭痛などに効くのか?またos‐1のゼリータイプではどうなのか?徹底解析します!

  1. 二日酔い解消でよく聞くos‐1とは?
  2. os‐1の特徴
  3. 二日酔いの原因とは?
  4. 二日酔いにはos‐1が効果的って本当?
  5. 二日酔いに効く!os‐1の正しい飲み方
  6. os‐1には種類がある!どれも二日酔いに効果的?
  7. 二日酔いに効果的な経口補水液はos‐1だけではない?
  8. os‐1とスポーツドリンクの違い
  9. 飲み方次第で二日酔いになりにくい!
  10. 二日酔いにはos‐1で対処しよう!
Vnkd2dvvtcm8qz01dmj3
引用: https://www.otsukakj.jp/en/healthcare/medicalfoods/os1/
os‐1「オーエスワン」とは経口補水液で、電解質と糖質のバランスを考えられてつくられています。下痢や嘔吐、発熱などで脱水症状になってしまった時に主に活躍します。経口補水液は体への吸収もはやく、os‐1は経口補水液の中でも優れており、医療現場でも活躍しています。病院の他にも薬局やスーパーなどでも販売されるようになり手軽に入手する事ができるようになりました。CMが放映された事で一般家庭にも身近な存在の経口補水液になりました。
Gdkliratsvzgkgjdkamv
引用: https://matome.naver.jp/m/odai/2144035185472802701/2144037697483675903
os‐1は乳児頃から高齢者まで幅広く飲んでいただけます。しかし、年齢によって1日の摂取量が決まっているので自己判断で飲むのは控えましょう。また、os‐1を健康の状態で飲む事は禁止されていませんが、健康状態が更に良くなる訳ではありません。栄養ドリンク感覚で飲むのは控えてくださいね。
Scfithmimiffrxdqmmqm
二日酔いの原因は様々あります。その人の体質やその時の飲み方、飲むお酒によっても二日酔いの原因は変わってきます。自分がどの二日酔いのタイプなのか当てはめながら考えてみましょう。

脱水症状

Kn6xawiae9ejxktfjnwh
二日酔いの原因で1番多いのが脱水症状によるものです。お酒を飲んでいるので水分は足りているように感じますが、お酒には利尿作用があり尿と一緒にビタミンや糖なども減少されていきます。脱水症状で引き起こす不快症状は「頭痛」「吐き気」「胃の不快感」「食欲不振」「目眩」などがあげられます。お酒を飲んだ以上に体内の水分は失われていくので、飲めば飲むほど脱水症状になる可能性が高くなります。

アセドアルデヒド

Jzie6vvje7p4uyeaapij
アセドアルデヒドも二日酔いの原因に多く、不快症状に悩まされる方がいらっしゃいます。アセドアルデヒドはアルコールが肝臓に辿り着き、そのアルコールを分解する時に発生する成分です。肝臓の機能が正常であればアセドアルデヒドも分解されますが、飲み過ぎたりすると肝臓の働きが追い付かず飲んだ翌日にもアセドアルデヒドが残ってしまい、これが二日酔いの原因になります。主に「頭痛」「吐き気」「体のだるさ」などが症状として現れます。

メタノール

Fndsnngrjby90mksowhy
通常のアルコールはエタノールが含まれていますが、メタノールはお酒を作る過程で発生します。メタノールのエタノールの同様、血液中に吸収されます。しかし、メタノールは肝臓での分解がアルコールよりも遅いので翌日まで残ってしまう事が多いです。メタノールはアルコールの度数が高ければ高いほど含まれていると言われています。

アデノシン

Gxgrrjlf91nkexbnorki
アデノシンは日本酒に多く含まれており、主に頭痛の症状がでます。アデノシンには血管拡張作用があり、ズキズキとした偏頭痛が起こりやすくなります。一般的な量を摂取するのであれば、血流を良くしてリラックス効果も得られます。しかし、日本酒などを飲みすぎてしまうことで血管が拡張しすぎてしまい二日酔いになります。
Nputbybp0qs0mdexu6gk
二日酔いには様々な原因がありますが、中でも1番多いのが脱水症状です。ですので、経口補水液であるos‐1は二日酔いに効果的と言えますね。経口補水液は体内への吸収もはやいので脱水症状が原因である場合は効果もはやくあらわれます。中ではos‐1を飲むと「まずい」と感じる方も多いようですが、これは体内の水分が奪われていない状況、脱水症状ちなっていない時はそう感じやすいようです。実際に脱水症状になっていると体が水分を欲しているので「まずい」という感覚もありません。
Ux6kmwn3tly1a01gad5a
また、普通の真水でも二日酔いの脱水症状に効果的ですが、二日酔いの時は胃の中が荒れている状態なので真水よりは少し塩分が含まれているos‐1やスポーツドリンクの方が胃への負担は少なくなります。os‐1が手元にある場合にはos‐1を飲むようにしましょう。
Rpshoavu3kjo9wbx6pjm

寝る前に飲む

Wsp6ugwrzereaq0o3aot
お酒を飲んだ後は基本的に水分が体内から抜けてしまっています。なので、寝る前にos‐1を摂取する事で翌日の二日酔い予防にもなります。二日酔いになりたくない方や少しでも翌日の不快感を軽減させたい方にはおすすめの方法です。os‐1をアルコール後に摂取すればアルコールの濃度も薄めてくれるので悪酔いなどの予防にも効果的です。

常温で飲む

Hv6dvbhddnol85tijnxx
os‐1をキンキンに冷やして二日酔いをスッキリさせたい!と思う方もいるかと思いますが冷たい飲み物はNG。胃への負担を重くしてしまいます。os‐1は凍らせたりもできますが、二日酔いの時には控えましょう。1番効果的なのは常温の状態なので、二日酔い解消にも予防にも常温で常備しておくのがおすすめです。

容量を守る

G44yjljp48w874ubyz7n
引用: https://www.os-1.jp
二日酔いになりたくない、または、二日酔いを早く治したい一心でos‐1を多量に摂取するのはやめましょう。os‐1には1日の目安量が年齢により定められており、たくさん飲めば飲むほど健康状態になるわけではありません。1日の目安量は記載されているので、それに従いゆっくりと少しずつ飲む事が大切です。os‐1は多量摂取すると塩分過多になってしまう可能性があります。
Sewxo4gujxcocsuv8pca
引用: http://sports-crowd.net/detail.php?no=847
os‐1には種類があります。その場に応じた状況で飲みわけられるのが便利ですね。しかし、販売されている場所などは違ったりするので、自分かが欲しいos‐1はどこで発売されているのか確認しておきましょう。今回はドリンクタイプ以外の2タイプご紹介させていただきます。

ゼリータイプ

Vgmfaqgow0baxe8bxsn5
引用: http://shop.satsudora.com/shop/g/g4987035576211/
os‐1にはゼリータイプがあります。ドリンクタイプとは違い水分を受け付けない状況でもゼリータイプは比較的飲みやすくなっています。また、ドリンクタイプとゼリータイプは味も少し違うと口コミで話題です。ゼリータイプは爽やかな後味なのでドリンクタイプが苦手な方はゼリータイプがおすすめです。

パウダータイプ

Hiyiqgv7uee7tifggjip
引用: https://www.os-1.jp/faq/17/
os‐1のパウダータイプは1リットル用と500ml用の2種類あります。ドリンクタイプとゼリータイプはドラッグストアや医療機関で購入できますが、パウダータイプは大塚グループの通販サイトでしか購入できません。パウダータイプもゼリータイプもドリンクタイプ同様、二日酔いに効果的です。
Xx6w2qfyy6of6qkyqvd3
引用: https://athtrition.com/170331/
経口補水液はos‐1の他にも様々な種類があります。どの経口補水液も二日酔いに効果はありますが、1番二日酔いに効いたと声が多いのはダントツでos‐1です。医療機関でも活躍するos‐1なので安心して飲めるのも嬉しいですね。しかし、経口補水液にも様々な味があるので自分の飲みやすい物をさがすのもおすすめです。
W2h2sarw7kprt80jhc6g
引用: https://www.google.co.jp/amp/s/withnews.jp/amp/article/f0150823000qq000000000000000W00o1101qq000012387A?source=images
スポーツドリンクも二日酔いに効果的だと聞いたことありますよね。そんなスポーツドリンクとの違いは体内への吸収のはやさです。スポーツドリンクには糖分が含まれているので電解質の吸収を妨げてしまいます。なので、手っ取り早く脱水症状を治したい時には経口補水液がおすすめです。しかし、スポーツドリンクも効果的であり二日酔い予防にもなるので上手く飲み分けるのがいいでしょう。
Serot2n3rl01tmoywpvc
辛い二日酔いは飲み方でも予防する事ができます。二日酔いは吐き気や頭痛など日常生活に影響をもたらすので、極力なりたくないですよね。二日酔いになりにくい飲み方はお酒と同量、もしくはお酒より多い量水やお茶を飲む事です。お酒と並行して飲む事で体内のアルコール濃度を下げ、悪酔いによる吐き気なども予防してくれます。しかし、飲み会の席で水を頼める状況ではない時は飲み会が終わった後に多めの水分補給をするようにしましょう。それだけで翌日の吐き気や頭痛を緩和できます。
Azie7gwypbab4pwcccbs
引用: http://healthcare.itmedia.co.jp/hc/spv/1601/07/news006_2.html
いかがでしょうか?辛い吐き気や頭痛に効果的なos‐1。コンビニなどでは販売していないので、ドラッグストアなどで見かけたら買い置きしておくのがおすすめです。またパウダータイプなどをポケットに忍ばせておけばお店でも水があるだけで溶かして簡単にos‐1が飲めるので、状況に応じて二日酔いを対処してください!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.os-1.jp/products/os1/