Oirjugxhm1y3ru9zrpvl

暮らし

CATEGORY | 暮らし

お腹を壊す食べ物や時間って?薬や治す方法もご紹介します!

2020.08.05

一定の食べ物などを食べた時などにお腹を壊すことがある、と言う人も少なくありません。つい食べてしまったりすると時間を置いて後々酷い腹痛に悩まされることも。薬などで治すのも良いけれどお腹を壊す原因や理由についてもしっかりと調べておきましょう。

  1. お腹を壊す理由は何?原因を調べて理解しよう
  2. お腹を壊す理由や原因 1.牛乳を飲んだ場合
  3. お腹を壊す理由や原因 2.低カロリー甘味料
  4. お腹を壊す理由や原因 3.水分
  5. お腹を壊す理由や原因 4.暴飲暴食
  6. お腹を壊す理由が分かったならやるべきこと 1.時間をかけて体を慣れさせる
  7. お腹を壊す理由が分かったならやるべきこと 2.刺激物を避ける
  8. お腹を壊したときの薬の使用はなるべく抑えて
  9. お腹を壊す前にしておきたいこと ストレスをなるべくためないようにする
  10. お腹を壊す理由で対処法を考えよう
Whyetypfb0r2n9mk0v5z
お腹を壊してしまう原因は人によってさまざまですが、その症状を治すことが出来ないまま、食べ物などを気を付けてなんとかしているという人も少なくありません。中には急な腹痛や便意などにも対応できるように、水無しで飲むことができる薬を常備していると言う人もいるでしょう。
Tmj81nqjpervowzynf4g
ではどうしてお腹を壊してしまうのか、食べ物や水などの飲料、腸内環境の状態などいろんなところに目を向けて原因を追究しなければならない腹痛について、今回この記事では詳しくリサーチしてみました。いつも悩んでいる腹痛や下痢などの症状を改善するためにも、自分の症状などと比較しながら見てみてくださいね。
Xteofv5evh89ccjisoal
牛乳を飲むとお腹を壊すと言う人は特に多いのではないでしょうか?小さな子供から大人まで、牛乳をあまりのみ過ぎたくはないという理由に、「お腹を壊してしまうから」というものを挙げる人は少なくないでしょう。そんな牛乳を飲むとお腹を壊してしまう原因は牛乳に含まれる乳糖(ラクトース)だと言われています。
A8nmdtp7qwk7t2cjcjai
この乳糖というのは赤ちゃんの頃には乳が栄養源ですので、十分な分解酵素が体の中に存在していますが、年齢を重ねて乳以外の栄養源を食べるようになることでどんどんと減少していき、この分解酵素が不十分な状態で摂取すると下痢を引き起こし、下痢とはいかなくてもお腹の張りやおならなどの原因にもなることがあります。アイスクリームを大量に食べたときにも同様のことが起こりますが、チーズやヨーグルトなどは時間をかけて発生した発酵菌が分解してしまうので、大量に食べてもお腹を壊すことはありません。適量を毎日飲むことで分解酵素が活性することもありますが、多く摂取するのを控えることで症状を抑えることができます。
Zybfpyittgaqrj7xaydb
カロリーを控えてダイエットや糖質などをある程度制限していきたいと言う人にとって嬉しい低カロリーの甘味料なども実はお腹を壊してしまう原因として挙げられることもあります。こうした低カロリーの甘味料に含まれる糖アルコールというのは完全に吸収されない性質であるため、大量に摂取することで下痢やお腹の張り、おならと言った症状の原因となることもあります。
Y7oudgy6b58t3crgvhul
この低カロリー甘味料というのは現在いろんなものに使われている材料でもあります。菓子やパン、水産の練り物や調味料類に珍味など、普段食べているもののほとんどに含まれているということも少なくありません。だからこそ、普段何気なく食べたものでお腹を壊す場合はこうした低カロリー甘味料によるものであるということを考えた方が良いでしょう。なるべく相性の悪い低カロリー甘味料を把握して避けるようにするのが一番の解決策ともいえますが、日常的に摂取することで体が慣れるとも言われています。しかし無理をせずにだめだと思ったら避けた方が良いでしょう。
Ccxwbhpuzah4scdrynf0
下痢やお腹の痛みなどを引き起こす原因として牛乳と同じように挙げられることが多いのが、水分です。水を飲みすぎたり、旅行先など普段飲んでいる水ではないものを飲んだりすることでお腹を壊してしまうということも少なくないはずです。これを「水あたり」と言い、お腹を壊すのと同じような症状のほかに、嘔吐などの症状にも悩まされることもあるでしょう。
G0mqvberirsloqso16cu
海外などに旅行に行ったときに起こりやすい症状で、発展途上国の細菌汚染された水や、ヨーロッパなどのミネラルの多い硬水などが原因であることが多いようです。特に硬水の場合は、普段私たちが軟水を飲んでいることが影響して、胃腸がびっくりすることで引き起こされるものですから、海外旅行先などではなるべくミネラルウォーターや沸騰させた水を飲むようにするなどの対処が必要になります。
Cjvhxh2qssi6bu8scmxn
お酒の席や何かのお祝いの席などの場合、アルコールが入ることもあってついつい食べ過ぎ飲みすぎの状態になってしまうこともあるでしょう。そうすることでお腹の痛みや吐き気などの症状を訴える人もいます。こうした暴飲暴食もお腹を壊してしまう原因の一つとして挙げられます。
Ugmqsac0ds56zsm7i4zx
こうした食べ過ぎ飲みすぎの状態は、大腸の水分量のバランスを崩してしまい、結果として下痢などの症状を引き起こしてしまう原因になります。大腸は消化物の水分を吸収しながら適度な固さにして便として排出させる働きがあります。その水分量を調節するバランスが崩れることで便秘になり、悩まされることにもなります。またアルコールなどの刺激物による胃腸の荒れは腹痛を引き起こすことにもなるでしょう。なにかを沢山食べた後にお腹を壊してしまう、と言う人はこうした暴飲暴食を避けて節度ある量の飲食を心掛ける必要があります。
Kd9pktbmryy9omfjjdjh
お腹を壊してしまう理由や原因が食べ物にある場合は、それを避けることも一番良い解決法ですが、何らかの付き合いや飲み会などで食べなければならないこともあるのが社会人です。そうしたことにも対処できるように時間をかけて少しずつ体を慣れさせてあげるようにすると困ることも少なくなるでしょう。
Hokclrgkrwtmjcjqgqiq
無理をせずに少しずつ食べる量を増やして適量までに持っていくという時間をかける方法ではありますが、意図せず食べてしまった時などに薬などにすぐに頼ってしまう状況や、痛みに困ってしまう状況を抑制し、打破することにも繋がってくれる方法でもあります。少しずつ食べている中でも治すことを意識しながら行うことで、かける時間は決して無駄にはならないものになるはずです。
Fznd7vcjoz7iupfkxuvl
お腹を壊す理由が暴飲暴食や一定の食べ物や飲み物である場合はそれを避けることが一番安定した治す方法ともいえます。特に胃腸が弱い人やストレスなどによって胃腸の状態が悪化することがあると言う人は、コーヒーなどのカフェインが含まれているものや、アルコールなどを始めとした刺激物の含まれているものを避けるということが一番おすすめです。
Ogjjq0hpyvl0drhl14vj
時間をかけて体を慣らすのも食べ物などによっては良いですが、それ以上に体に出る腹痛の症状などがひどいという場合が多い刺激物は無理をせずに避けた方が賢明です。毎日コーヒーなどを飲んでいるが、腹痛に悩まされることがある、と言う人などは少し量を減らして、代わりに水などを飲んでみるということをおすすめします。カフェインを含むものは利尿作用もありますので、体の中の水分量が減少する原因。下痢などの症状を引き起こすことにも繋がります。
Btlx9amoopvgu7oyddfl
お腹を壊したときに、下痢や腹痛などを何とか抑えるためにも薬を服用して症状を緩和させようとする人も少なくありません。特に通勤中やそのほかの移動中、少なくともすぐにトイレに駆け込むことが出来ないときや、外すことが出来ない場合に時間をかけずに症状を治す、抑えなければならないときには薬を重宝することも多くあります。
Ymvgbfganprw20bymde6
そうした症状を治す、抑えるための薬だとは言ってもあまり飲まない方が良い症状というものも存在しています。それが下痢です。下痢というのは感染症などの細菌原因で引き起こされてしまうこともあるため、出してしまうことで腸内にそうした菌を残さないことにも繋がっています。便秘薬などを使用し、症状を抑えて便を出さない場合は菌が腸内に残ってしまい、治すのにも支障をきたしてしまうことも少なくありません。薬を服用するのはなるべく抑えて、原因が分かっているのならそちらを対処する方がおすすめです。
Rdhpiwkwzblnwzbmyzyk
お腹を壊してしまう原因としては酷いストレスが影響しているということもあります。極度の緊張状態やストレスが溜まっている状態というのは、腸内における働きなどにも影響が出てしまい、結果として腹痛になることもあるのです。仕事関係などにおいて特に多い腹痛理由にも上がるものですので、そこに食べ物などが関係した腹痛理由などが加わるとそれはもう痛い思いをすることにもなるのです。ストレスを溜めないように発散方法を考える、緊張しすぎないようにリラックスする方法を考えてみるのをおすすめします。
Cqa6ojbuaassoo97uhas
Ngzw4sfq3jnamdtwviqd
お腹を壊したときにはどうして壊すことになったのか、というものを考える必要があります。そうすることで薬を飲むよりも効果的な対処をすることも出来るようになるでしょう。無理に薬で抑えるのではなく、きちんと原因や理由に対して対処しましょう。
Kaujm8uxmpl6jk4kocbt