Dydlvclimde2bepcjexr

ダイエット

CATEGORY | ダイエット

お腹の脂肪を筋トレで落としたい!女性向けのマッサージ方法も伝授!

2018.07.13

お腹についた脂肪は筋トレやマッサージなどを駆使しなければ中々落ちないため、女性にとって悩みの種です。腹筋運動などの筋トレは特にきついものばかりなこともあって継続しにくいという人も少なくないですが、今回はお腹の脂肪を落とせるやりやすい方法を紹介します。

  1. お腹の脂肪を筋トレで落とすにはどうすればいいの?
  2. 筋トレで中々お腹の脂肪が落ちない理由を探ろう 1.食事のカロリーオーバー
  3. 筋トレで中々お腹の脂肪が落ちない理由を探ろう 2.単純な運動不足
  4. 腹筋を鍛えてお腹の脂肪を落とす筋トレ方法 1.スクワット
  5. 腹筋を鍛えてお腹の脂肪を落とす筋トレ方法 2.腹式呼吸 ドローイン
  6. 筋トレ以外でお腹の脂肪を落とすマッサージ 1.リンパマッサージ
  7. 筋トレ以外でお腹の脂肪を落とすマッサージ 2.腸もみマッサージ
  8. お腹の脂肪を落とすなら、筋トレと有酸素運動を組み合わせよう
  9. 食事のカロリーにも気を付けてみると◎
  10. 自分がやりやすい組み合わせでトレーニングを続けよう
Ajvpdbh7otkbsggokf4u
腹筋を始めとした筋トレはダイエットなどにも効果的だからということで、女性がダイエット中の運動に取り入れることも少なくありません。しかし、筋トレをするだけではどうにも脂肪が落ちないので、それ以外の運動やマッサージなども取り入れる方法でダイエットを成功させようとする女性の方が多くいます。腹筋の筋トレなどもやり始めると以外ときついものが多いので継続するのが難しい、ということでやめてしまうというのも脂肪が落ちない理由としても挙げられるでしょう。
Al1b6cnzgmq8dkd8xmqm
では、一体どのような腹筋に対する運動やマッサージを行えばより効果的に脂肪を落としてダイエットを成功させることができるのでしょうか?女性にとって気になるその運動方法やマッサージ方法についてを今回は詳しく調べてみました。ダイエットを成功させるためにもしっかりとポイントを把握して取り入れてみましょう。
Gseepjcwoklrvgve1nx2
運動方法などを知る前に、まずはどうしてお腹の脂肪が落ちないのかということについてを知っていくことが大切です。脂肪が落ちない理由の一つとして食事のカロリーオーバーが挙げられます。いつも食べている食事はどういったものを食べているのか覚えていますか?脂っこいものや味付けの濃いものを好み、中には毎食コンビニやファミレスなどで外食にしているという人もいるかもしれませんね。
Vwnw3dj2heykjbm26zot
しかしそんな食事はカロリーが高く、いつもの運動量や体の代謝などによってはエネルギーに転換しきることができず、脂肪として蓄えられてしまうことも多いのです。特に女性の場合は体の性質からも男性より脂肪を蓄えやすいので、カロリーオーバーで太りやすくお腹周りに脂肪がつきやすい原因となるのです。
Fjgenbl1wlgscreyi1bo
脂肪が落ちない理由は食事以外にも、単純に運動不足ということも可能性として高いものです。通勤手段が電車や車などの場合、徒歩や自転車などに比べてどうしても運動量が不足します。運動を一定量行わなければ脂肪は燃焼されてくれませんので、こうした運動不足が脂肪を蓄えてしまう原因として食事と同じくらい問題視する女性も少なくありません。
Zgcj4uftzwq8ix7b9l0a
また、こうした運動不足による筋トレなどで鍛えた筋肉が衰えてしまうということもあるでしょう。女性の場合は男性よりも筋肉がつきにくいため、せっかく腹筋などを筋トレなどの運動で鍛えたとしても継続しなければなりませんし、その筋肉を効果的に活用するためにも運動量をある程度こなすことが必要不可欠になります。運動不足の状態はさらに太りやすい状態の体になっているともいえるでしょう。
Qojxeu5aovbpuful2go9
では腹筋を鍛えてお腹の脂肪を落とすための筋トレ方法についてを紹介していきます。最初はスクワット。足の筋肉を鍛えるトレーニングと思われがちですが、消費エネルギーも他の筋トレよりも多く、お腹の筋肉にも影響するのでお腹痩せに多くのダイエッターが取り入れるようになりました。
やり方:①安定した足場で両足を肩幅開いて立つ。②バランスがとれるように両手を床と平行に伸ばすか胸の前で組む、または頭の後ろに沿えておく。③かかとに重心を置いて、おしりを突き出すようにしながら腰を落とす。この時息を吸いながら腰を落とすと◎。④太ももが床と平行になったらゆっくりと姿勢を元に戻す。戻す時には息を吐きながら戻す。
Fze5qehgoxxocdrhkehl
T7iz6qqt7uuof7emty2d
腹式呼吸を利用して腹筋やインナーマッスルを鍛えて脂肪を落とすことが出来る方法です。きつい筋トレが苦手な女性や、ちょっとした時間に筋トレがしたい女性の毎日の習慣におすすめです。
やり方:①姿勢を正して立つ、または仰向けの状態で膝を立てる。②鼻からゆっくりと息を吸い、お腹を5秒ほどかけて膨らませる。③お尻の穴を締めてゆっくりと口から息を吐きながらお腹をへこませていく。④一番へこんだところでその状態を呼吸しながら30秒キープする。⑤10回を1セットとして、1日に2セットを目安に行う。
Emjkrtn70fef2cttqv6p
Vo0o9xzg5tyan1bzbdy4
引用: http://e.usen.com/enjoy-u/396/
お腹のリンパマッサージを行うことでお腹周りのむくみを始め、脂肪を流しやすくすることが出来るようになります。お風呂上りなどの血行が良い状態などに行うと効果的です。
やり方:①両手の指でへそ周りのお肉をつかみ、左右交互に揉み解していく。②両手の手のひらでへそ周りを時計回りになでていく。③両掌の指先を足側に向けた状態で、足の付け根に向けてリンパを流していく。④10回ほど、時間にして1分程度を繰り返してマッサージする。優しくなでるだけできちんとリンパは流れるので強すぎる力に気を付けて。
Hdxxbdhgmscvoczchyqf
Tbw7ksj7nd2msawrlbpc
脂肪を分解することができる胆汁の中でも古いものを外に排出し、新しい胆汁酸を作り出すことを促すことが出来るマッサージです。内臓脂肪が減りやすくなるだけでなく、女性が悩みやすい便秘も解消することが出来るようになります。
やり方:①椅子に浅く腰かけたら、足を少し開くようにする。②両手の指をおへその3㎝ほど下の部分に差し込んだ状態で息を大きくゆっくりと吸う。③息をゆっくりと吐きながら体をゆっくり倒していく。④指先を差し込んだままの状態で、時計回りに3回ぐるぐると回す。⑤息を吸いながらゆっくり体を起こして終了。
Uv24qeaeiiom8ezwszux
Fl0umb0ycztrqtdxii55
脂肪を落とすのであれば実は筋トレと一緒に有酸素運動を行うことがおすすめの方法の一つです。ジョギング、ウォーキングなどを筋トレの後、体が温まった状態で行うことで筋肉が温まりやすくなり、脂肪が普通に行うよりも早く燃焼させられるようになる期待が出来ます。
Qc1qabnzucav5dxwkfax
普通有酸素運動を行うと、開始後30分してからようやく脂肪が燃焼し始めるものですが、筋トレ後の体が温まっている状態、そして腹筋などの筋トレを行うことで鍛えられた筋肉が脂肪をしっかりと燃焼してくれるので、軽く筋トレを行った後などに有酸素運動を取り入れてみるとより効果的に脂肪を燃焼させることが出来ます。
P6fo4ptfervd13dsggqx
脂肪を燃焼させ、スリムな体を手に入れるのにやっぱり重要なのが食事のカロリーに気を付けることです。毎日の運動量や燃焼できるカロリーというのは人によって違ってきますから、あまり運動をしないという人がこれからダイエットを始めようとするのであれば、ある程度カロリーを控えながら運動を始めた方が効果的です。
Xarjiy6cy6c60k8h5mxc
運動を始めたからと言って、今までの様な食生活を続けていてもきちんと痩せられる、というわけではありません。まずはカロリーを抑えつつもきちんとした食生活を送るようにして、痩せ始めたらそこから十分なカロリーを摂ることができるように少しずつお肉の種類を変える、脂ものを一食に入れるなどの工夫していくようにしましょう。
Hayjyq8s2dyaxu1twkkc
継続は力なり、というようにお腹の脂肪を落とすためのトレーニングも継続していくことが大切です。途中でやめてしまうと女性の場合は衰えていくばかりでもう一度そこまで戻すのに大変な思いをすることになります。トレーニング方法やそのほかの運動などの組み合わせは自由自在、自分が一番継続しやすいものを選んで、毎日少しずつでもトレーニングを積んでいきましょう。
Ufonj5ckdnn89jocahtz