Zxhy6xonb4gbbododukh

ダイエット

CATEGORY | ダイエット

おしりの筋肉痛が治らないのはなぜ?その理由とストレッチ法を紹介!

2018.07.14

おしりの筋肉痛が治らないのはなぜなのか…その理由が気になる人も多いでしょう。筋肉痛が治らないと痛いまま過ごすことになりますし、なんとかして治したいもの。そこで今回はおしりの筋肉痛や腰痛に効くストレッチやマッサージを紹介していくので気になる人は要チェック♪

  1. おしりの筋肉痛はずっと気になるもの
  2. おしりが筋肉痛になる理由
  3. おしりのストレッチや筋トレで筋肉痛になったら休ませよう
  4. おしりの筋肉痛に効くストレッチ方法【ハムストリングスストレッチ】
  5. おしりの筋肉痛に効くストレッチ方法【整体ストレッチ】
  6. おしりの筋肉痛に効くマッサージ方法
  7. おしりの筋肉痛の痛みを抑えるためのコリを取るマッサージ方法
  8. おしりの痛みの理由は筋肉痛以外にもある
  9. おしりの筋肉痛のような痛みが治らない場合は医療機関へ
  10. まとめ
Aanhaswn1hvubn5fyo9d
おしりの筋肉痛があると、一日中気になってしまいますよね。おしりの筋肉自体は普段あまり使わないものですが、おしり自体は歩く、立つ、座る…というときに使うことが多いため、筋肉痛が起きていると必然的に常に痛みを感じている状態になっていることがほとんどです。
X6jjhmh7cracata9f5s2
そんなおしりの筋肉痛は、様々な理由から痛みを感じてしまうことがあります。今回はそんなおしりのずっと治らない、気になってしまう筋肉痛がなぜ治らないのかその理由や、筋肉痛や腰痛に効くストレッチやマッサージ方法を紹介していくので、おしりの筋肉痛に悩んでいるという人は是非チェックしていきましょう。またおしりの筋肉痛がなぜ治らないのか、長期間治らない人のためにも考えられる理由をいくつか見ていくので、そちらもチェックしていきましょう♪
Ywdvswrzw42csdajpile
まずチェックしていくのが、おしりが筋肉痛になる理由です。なぜおしりの筋肉痛が起きてしまうのかについて、理由を見ていきましょう。

ストレッチや筋トレで筋肉痛が起きている

ストレッチや筋トレが原因で筋肉痛が起きてしまうこともあります。おしりをヒップアップさせたい、美尻になりたい、そういった理由から普段つかわないおしりの筋肉を使うと、当然筋肉痛になります。筋肉痛になるということはそれだけ正しくストレッチや筋トレの効果が効いているということでもあります。

歩きすぎ

長時間長距離を歩いてしまった、または立ちっぱなしの時間が長い場合にはおしりや腰に負担がかかり、おしりが筋肉痛、腰痛などを引き起こすことがあります。
Tjrteqpsnlfdiviemmyh
おしりのストレッチや筋トレで筋肉痛になった時、そのまま筋肉痛を我慢してストレッチや筋トレをしている人もいるでしょう。筋肉痛には耐えてストレッチや筋トレをしたほうが良いという声もあるため、そのまま実践してしまう人は多いですよね。しかし実はストレッチや筋トレで筋肉痛になったら筋肉を休ませるのが正解なのです。
X1k959fxmmxptjgchkgd
まず筋肉には負荷かかると、筋肉にダメージが入ります。普段使わない筋肉、または必要以上に筋肉を使うことによって筋肉はダメージを受け、傷ついてしまいます。そんな傷ついた筋肉は、元に戻ろうという働きをしていき、これを【超回復】と呼びます。丁度筋肉痛の時の痛みというのは、筋肉が傷つき超回復をしている証拠であると言えるわけですね。
E1xul8ylaualzwsugh1o
【超回復】によって回復した筋肉は、ダメージを受ける前よりも強くたくましいものに再構成されていきます。これが、筋肉が新しくつくということなのです。つまり筋肉痛が起きているということはしっかりと筋肉を新しくつけようと筋肉が働いている証なのです!
Wngargka25zh8mnwxpeu
しかし筋肉痛が起きている状態のままストレッチや筋トレを続けてしまえば、いつまで経っても筋肉は超回復せず、疲労したままになってしまいます。筋肉を効率的に作るためにも、ストレッチや筋トレをした後には痛みがなくなるまで超回復のために休息をしたほうが効率的だということですね。おしりのストレッチや筋トレで筋肉痛になったら、しっかりと休ませておしりの筋肉を発達させていきましょう。
引用: http://www.stretch123.net/drawable/stretch_029.gif
おしりの筋肉痛に効くストレッチ方法で最初に紹介をしていくのが、ハムストリングスストレッチというものです。これは筋肉痛だけでなく、ヒップアップ効果や筋肉のコリを解消効果も期待出来るものになっていて、筋肉痛以外では長時間立っているor座っている人も定期的に行うと良いおすすめのストレッチになっています。
こちらの動画を見てみると、筋肉痛、または肉離れに効果的なストレッチ方法を試すことが出来ます。筋肉痛を少しでも緩和したい、腰痛を和らげたい、そんな人は是非試してみましょう。
引用: https://sapporo.magazine.events/wp-content/uploads/2013/04/5453295_2-1024x682.jpg
次に紹介をしていくのが整体ストレッチの方法です。これは整体師が独自にストレッチを紹介しているものになっていて、おしりの筋肉痛や腰痛に効果的なものになっています。
このストレッチ方法は筋肉痛だけでなく、おしりが凝っている感じがするという場合にも効果的です。特にデスクワークをしている人はおしりが凝っていることが多いため、定期的に取り入れてあげるとおしりの筋肉を柔らかくすることが出来ます。
引用: https://panasonic.jp/massage/realpro/img/ep-ma88m/top_img05.jpg
おしりの筋肉痛に効くマッサージ方法を見ていきましょう。マッサージはストレッチと比べてダイレクトにおしりを刺激していくので、おしりの痛みを気持ちよく緩和していきたい…という場合には特におすすめです。
特におしりの痛みがなかなか引かない場合には積極的にやっていくのがおすすめ。また、筋肉痛になっていなかったとしてもストレッチや筋トレの後にやってあげることによって、痛みを軽減することにも繋がっていくため、おしりのマッサージはどんどんやっていきましょう。
引用: http://iwiz-spo.c.yimg.jp/c/sports/text/images/2014/1120/201411200003-spnavido_2014112000025_view.jpg
次におしりの凝りを取っていくマッサージを見ていきましょう。おしりの凝りが溜まっていると筋肉痛のような痛み、また筋トレをした際に痛みを感じやすくなることがあります。そうしないためにもいつでも柔らかいおしりでいるために、おしりの凝りを取るマッサージを定期的にしていきましょう。
マッサージを一人でやるのは難しそうと思えてしまいますが、テニスボールを用意すれば簡単にマッサージすることが出来ます。自分の力でやるよりも気持ちよく出来ますし、100均でテニスボールを購入することが出来るのも魅力的。またテニスボールはおしりの凝りを取るマッサージだけでなく、様々なマッサージに使うことが出来るアイテムなので持っていて損はないでしょう。
Ecv3wrseibfj2dkukwie
おしりの筋肉痛の痛みが治らない…その理由がイマイチよくわからないという人は、もしかしたら筋肉痛ではない可能性も考えたほうが良いでしょう。特にひどい腰痛や痛みを感じる場合には単なる筋肉痛ではない可能性が高いと言えます。
引用: https://image.jimcdn.com/app/cms/image/transf/none/path/s8ec5d245fc60f444/image/i7b551830f25e5a3c/version/1476403334/image.png
特に多いのが【坐骨神経痛】と呼ばれるものです。坐骨神経痛は丁度おしりに走っている神経が何らかの理由で圧迫されることにより、痛みやときには痺れというような症状が出てしまうというものです。放っておけば治るケースよりも、医療機関での治療が必要なケースも多いので注意が必要です。
Pqey5jaaktglozacljfe
筋肉痛以外の理由が原因でおしりや腰痛が痛い、その場合はすみやかに医療機関で受診や治療をするようにしましょう。特に痛みが治らない場合やなぜ痛いのか理由がわからない場合、マッサージをしても症状があまり良くならない場合には、プロの目で症状を見てもらったほうがいいのです。
N23edayk7rzmn6puwooi
特におしりや腰痛の痛みで多い坐骨神経痛は、症状によっては手術が必要なこともあります。早めに治療をしておかないと後から大変なことになる、という恐れも十分にあるため、おしりや腰痛の痛みがなぜか治らないという場合には受診をし、なぜ痛いのか理由を探っていきましょう。
Bz4iwfiznxj2dcsmm9ei
いかがでしたか?おしりの筋肉痛がずっと治らないとなぜ治らないのか理由が気になるものです。おしりの筋肉痛は時には腰痛にも関係していることも多いため、ストレッチやマッサージでおしりの筋肉をほぐしていくだけでなく、時には筋肉痛以外の理由を考えてみることも大切です。今回紹介したことはおしりの筋肉痛を緩和するストレッチやマッサージ、そして筋肉痛の他に考えられる症状なので、もし治らない状態が続くのであれば、一度医師に相談をして本当の理由を確かめてみることも検討していきましょう。