A7b3glyys1i8klizlsdx

美容

CATEGORY | 美容

歯茎マッサージは器具がなくても指でできる?方法や効果を徹底解説!

2018.07.14

「歯周病と言われたけれど、どうすればいいの?」、「歯茎のケアを知りたい」という方に、これから歯周病を改善するマッサージの方法と効果についてご紹介します。歯茎マッサージは、指や器具、塩を使うと、小顔効果もありますのでおすすめです。

  1. 歯茎に塩を付けた指や器具でマッサージをすると歯・美容・体の健康に良いって本当?
  2. 歯茎にこんな症状が起きていたら歯茎に塩を付けた指や器具で効果抜群の歯茎マッサージがおすすめ!
  3. 歯茎に塩を付けた指や器具で歯茎マッサージをすると良い効果①歯茎が引き締まり歯が健康になって歯周病を防ぐ
  4. 歯茎に塩を付けた指や器具で歯茎マッサージをすると良い効果②代謝が良くなって小顔に
  5. 歯茎マッサージをして歯周病を防ぎ小顔になるための指でする歯茎マッサージの方法をご紹介!
  6. 歯周病を防ぎ小顔になるための歯茎マッサージの方法①歯茎マッサージの前に口の中を清潔にする
  7. 歯周病を防ぎ小顔になるための歯茎マッサージの方法②奥の歯茎から歯茎に塩を付けた指で優しくマッサージ
  8. 歯周病を防ぎ小顔になるための歯茎マッサージを成功させる為にできること
  9. 歯茎マッサージをする時の注意点
  10. 歯茎マッサージをして体を健康にしよう
Yoswueozamtdckkw0wwi
歯茎の健康は、全身の健康を左右するほど大切なことです。ところが、「最近、なんだか歯ぐきがむず痒くて痛みがある」、「口臭がするようになった」、「歯茎が腫れていて、歯ブラシをすると出血をするようになった」、「歯ブラシをしているのに、お口の中がねばねばして、不愉快」というお悩みがあるなら、それは、歯周病になってしまっている可能性があります。歯周病は、細菌が感染しておこる炎症性の疾患ですが、進行していくことで、歯周ポケットが深くなり、歯を支えている歯槽骨が溶けていきます。やがて歯を支えることが出来なくなり、歯が抜けてしまうという恐ろしい病気です。進行性の病気なのですが、毎日の正しい歯茎マッサージで予防が可能です。器具など、体の健康を守るために、歯茎を強く、健康にしていきましょう。
Wwdsihkxgt7mc4ybsoki
Oupkkwhjvfittzkavuyz
歯茎を歯周病から守るためには、今お口の中で、歯周病が進行していないか、日頃からチェックをしておくことが大切です。歯周病は、深く、静かに進行していく細菌性の病気ですから、歯茎の状態を日々確認しておくと良いでしょう。もしも、歯ぐきから出血があり、歯茎がヒリヒリして、むず痒くなっていたり、歯医者さんに行ったときに、一度でも、歯肉炎や、歯周ポケットが深くなっているといったことを言われたなら、歯周病予防を始めたほうが良いでしょう。歯周病は、毎日のケアが大切です。自宅で簡単に出来る歯茎に塩を付けた指や器具で効果抜群の歯茎マッサージがおすすめです。歯茎マッサージを行うことで、どんな効果があるのかこれからご紹介します。
Wb4142algdyr6pvi9gu2
Yqwllidktqr3kvmvgvid
歯周病の原因には、「歯の清掃が足りない」、「不規則でストレスがたまりがちな生活習慣」、「はぎしりなどで歯に負担をかけることをしている」、「歯に合っていない義歯」、「歯石がたまっているのに、歯医者で歯のクリーニングを長期間受けていない」、「遺伝やホルモンバランスの崩れ」などが挙げられます。歯周病を予防するために、歯茎マッサージをすると、歯を支えている歯の土台である歯茎の血流が促されて、リンパの流れが良くなります。歯茎マッサージを続けることで、歯茎が引き締まり、しっかりとしてきますのでおすすめの方法です。
Zd0rh55eepv00fejmvu0
Jdjczu7yaxaxfkhwq7ch
歯茎をマッサージすると、歯茎の血流が良くなりますので、お顔のむくみがすっきりと取れやすくなるうれしい効果があります。続けていくうちに、お顔周りがすっきりとして、小顔に見えるようになるでしょう。実は、歯茎には、ツボが沢山ありますので、意識してマッサージをしていくことで、健康を促進してくれますし、リラックス効果も抜群です。美容を意識しているなら、代謝を良くして、美しい小顔に出来る歯茎マッサージをしましょう。
Ut3h36p6go9zd0a7wl1n
Hvlzg9diyh8wf5ktl3tm
歯茎マッサージは、歯の健康や、小顔効果、全身の体調を整えてくれる素晴らしい効果があることをお伝えしてきました。「歯茎マッサージって難しそう、不器用な私にも出来る?」、「歯茎マッサージは体に良いって分かったけれど、どうやってすればいいの?」という方に、これから、初心者さんでも簡単にすることが出来るマッサージの方法についてご紹介します。指を使って、歯茎マッサージをすることが出来ますよ♪歯周病を防ぐための注意点、歯茎マッサージの方法を知って、美しいピンク色で健康な歯茎になりましょう。
Kvpzus8sprysp0s3vgwx
Fw86pdruxhlqxznrpyae
歯周病になると、歯茎が痛かったり、歯がぐらぐらしてしまい、とても不愉快ですよね。歯周病は進行していく病気ですから、早めに予防を心がけなければいけません。歯周病は、口の中の細菌が増殖して、歯に炎症を起こすので、歯をいつも清潔にする必要があります。マッサージをする時は、いきなり指でマッサージをするのではなく、最初に、塩を付けた歯ブラシで、歯をしっかりと磨きましょう。口の中のプラークを清掃して減らしてから、マッサージを行うようにしましょう。
Tozuwhw31whbiuu3z7rq
Wmvvp265tf5wfxkg34k1
歯茎のマッサージをする方法をご紹介します。最初に、奥歯からマッサージを始めましょう。親指と人差し指で奥歯の方にある歯茎を挟み、優しく指圧していきます。強くすると痛いので、気持ちよい程度にとどめましょう。徐々に前歯の方に移動して、マッサージをしていきましょう。これを上の歯、下の歯両方に行います。唇をめくって、唇の付け根の方もマッサージすると良いでしょう。一日一回、上の歯と下の歯と合わせて3分程度行いましょう。朝、歯ブラシをした後、入浴の時など、時間を決めて毎日行うと効果的です。歯茎マッサージをして、歯茎の血流を活性化させ、余計な老廃物を排出させてしまいましょう。
Lm6bcsemuo5kg9fgt9ue
Mghx55klnzgctdjxrjsj
歯の健康を保つためには、日々の歯ブラシによる清掃と、指等でするマッサージがとても有効ですが、汚れをすべてを取り除くことは難しいでしょう。セルフで頑張って予防をしているつもりでも、どうしても、汚れが取り切れないところが出てきてしまいがちです。いつの間にか、歯石が出来てしまうことがあります。歯石は、歯周病を進行させる原因になりますが、自分で取ることは難しいでしょう。困った症状にならないように、歯医者さんに行って、歯石を取ってもらうことをおすすめします。歯医者さんで、3か月に一回、半年に一回等、定期検診をして、歯のクリーニングをすると、困った歯石を除去し、歯の健康チェックをしてくれますのでおすすめです。歯の定期検診は、混んでいることもありますので、早めに予約して行くようにしましょう。数千円かかりますが、歯周病になって歯を失った後の義歯の金額に比べれば安いものです。歯医者さんの検診に行くことで、歯の健康を守り、節約にもなりますのでおすすめです。
Vv97f3dtcx6sjdi6xv57
Uzyfyc3t2ysanmyh9pgp
歯茎マッサージをする時は、力を入れ過ぎたりしないようにしましょう。血流を良くしたいと思って、つい力を入れてしまうと、歯茎を傷める原因になり、歯に良くありません。指で優しくマッサージをしましょう。特に、歯周病が気になっている歯茎はとてもデリケートな状態ですから、最初は、優しくなでる程度に歯茎マッサージをしても良いでしょう。歯ブラシや塩を使う時は、歯茎を傷つけないようにソフトに行いましょう。
Trizz9my88yhxnebsu74
Fbm270dobxy5uhydtiyi
歯茎マッサージを指でする方法についてご紹介してきました。指で行う歯茎マッサージは、とても簡単なので、早速今日から始めてみてはいかがでしょうか?続けていくうちに、お顔周りがすっきりとしてきて、美容にも効果的ですよ♪歯の健康を守るために、毎日ケアを継続することで、体のバランスを整えて、年を重ねてもおいしく食事を摂っていきましょう。
Mzzqgw1ibrw3pllzhsrh