Ggqubaepisnug62rttnc

美容

CATEGORY | 美容

ホワイトニングの料金っていくら?値段や相場の違いの理由とは?

2018.07.17

昔よりも一般的になってきた歯のホワイトニング!歯を出して笑った時に白い歯が見えると素敵ですよね。でも実はホワイトニング治療の料金は保険適用外!そこで今回はホワイトニングの料金の相場や、おすすめの店とその違い、選び方のポイントや施術方法をを見ていきましょう!

  1. ホワイトニング治療は保険適用外
  2. ホワイトニング方法の種類によって治療料金の相場も変わる!
  3. 安さで選ぶなら「ホームホワイトニング」がおすすめ
  4. ホームホワイトニングの料金相場は、1万円~4万円程度
  5. 即効性を求めるなら「オフィスホワイトニング」がおすすめ
  6. オフィホワイトニングの料金相場は1.5万円〜5万円程度。(1回あたり)
  7. 長所をかけあわせた「デュアルホワイトニング」もおすすめ
  8. デュアルホワイトニングの料金相場は、5~10万円程度
  9. ネットのホワイトニングキットは超安い!
  10. クリニックでのホワイトニングが高い理由
  11. オフィスホワイトニング料金で選ぶ際の注意点
  12. ホワイトニング治療を始めるにあたってかかってくる料金
  13. 初回時の料金
  14. 治療後のメンテナンス料金
  15. 追加料金が発生する場合もあり
  16. ホワイトニングができない場合
  17. まとめ
ホワイトニング治療は、保険が使えません。よって全額自費負担となるので、一般治療に比べると高い料金になります。ホワイトニング治療にかかる料金はあらかじめ把握しておくことをおすすめします。自由診察枠にあたるので、地域やクリニックにより料金の相場に違いがあります。他にも治療を受ける回数やホワイトニング治療の種類により料金は変動します。
ホワイトニング治療は主に3種類あり「ホームホワイトニング」と「オフィスホワイトニング」と「デュアルホワイトニング」です。ポイントとして、この3種類のホワイトニング方法は「医師の指示のもと使用出来る」点は同じですが、料金の相場が違います。料金の違いのポイントは「治療期間」「希望する白さ」「白さの持続期間」です。
Wcn212lb6qxbtionksex
引用: https://www.pakutaso.com/20150354079post-5298.html
まずクリニックへ行く前に ・希望の歯の白さ ・どのくらいの期間をかけてホワイトニングを行いたいのか ・どのくらいホワイトニング治療に時間を割けるか ・どのくらいの予算で考えているのか
Mv8nthjj45gvier9vmum
引用: https://www.pakutaso.com/20160743210post-8495.html
上記の項目についてクリニックへ行く前にある程度決めておくことをおすすめします。そうすれば医師が「現状の歯の状態や色」をチェックした上で最適なホワイトニング方法を医師の視点からおすすめしてくれます。
Relrj8hdn3bgoakyfcg9
引用: https://www.pakutaso.com/20151259336post-6398.html
ホームホワイトニングとは、自宅でホワイトニングをおこないます。使用するマウスピースと薬剤は、クリニックで購入します。クリニックで自分の歯型から自分専用のマウスピースを作成してくれます。また就寝中に使える寝ながらホワイトニングできるものもあります。

おさえるポイント!

自宅で自分の都合にあわせて使用できるメリットがあります。デメリットは他のホワイトニング治療と比べ、治療期間や効果がでるまでに時間がかかるという点です。目安として効果が実感出来るのは1〜2ヶ月ほど過ぎたころです。
ホームホワイトニングの場合、一度マウスピースを作成すれば、何度でも繰り返し使用することができます。その後はホワイトニング剤の費用のみがかかることになります。薬剤の種類や濃度など種類がたくさんあるので、歯医者さんと相談して決めましょう。大体2980円〜からホワイトニング剤が購入できます。
オフィスホワイトニングは、クリニック内で行われるホワイトニング方法で、通院治療です。医師や専門家が高濃度の薬剤とライト照射を用いて施術をおこなうので、ホワイトニング効果は1回の施術でも高い効果を感じることができます。

おさえるポイント!

即効性があり効果も実感しやすいメリットがあるので、結婚式やイベントごとが間近に控えている場合におすすめです。デメリットは料金の相場が若干高くなります。
オフィスホワイトニングの場合、「1回あたりの値段」という点で、自分の目的の歯の白さによって通院する回数が変わってきます。日本人の平均的な歯の色からすると、白くて綺麗な歯と思われるようになるまで約2〜4回ほどの通院が必要です。そのためトータルで考えると値段が高くなります。
デュアルホワイトニングとは、「ホームホワイトニング」と「オフィスホワイトニング」の所を長所をかけ合わせた治療方法です。

おさえるポイント!

芸能人のような白い歯を目指す方向けで、ホワイトニング治療後も効果が一番長続きしやすいメリットがあります。デメリットはホワイトニング治療の中で、最も高額となる方法です。
ホワイトニング治療の中で、料金の下限が一番高くなっていることがわかりますが、最も高額なホワイトニング法です。口腔内の状態や、使用する薬剤、器材によっては、総額費用が10万円を超えることも珍しくありませんが、しかし他のワイトニング治療に比べ、効果を実感できる期間や効果の持続期間も圧倒的に高いです。
今ではホワイトニングに使うホワイトニングキットはネットでも購入でき、且つ値段も安いです。ではなぜクリニックとネットでのあいだで、費用の差があるのか見ていきましょう!
多くの場合、オフィスホワイトニングよりも、セルフホワイトニングサロンやエステにおけるホワイトニングは、クリニックで行うホワイトニングよりも料金が高いです。もちろん、セルフホワイトニングサロンやエステでも保険適用外です。 料金の違う理由として、そもそも両者の「ホワイトニング」の意味が違います。

おさえるポイント!

セルフホワイトニングサロンやエステサロンで行うホワイトニングとは、歯を「元の白さ」に戻すことを目的としています。 クリニックで行うホワイトニングとは、漂白成分のある薬剤を使用し、歯を本来の白さ以上にすることを目的としています。クリニックで使うホワイトニングの薬剤は資格を持っている医師しか使用出来ません。そのため料金が高くなります。
Qk8qkufzyl8ocmj1gbru
引用: https://www.pakutaso.com/20160324085post-7354.html
オフィスホワイトニングは保険適用外の美容治療にあたるので、クリニックにより料金に違いがあります。値段は違えど、施術方法は基本的にどこのクリニックも同じです。よって値段による、歯が白くなる効果に大きな違いは、ほとんどありません。そのため、初めて受ける場合は、クリニックでは、価格や平均的な通院回数などを電話で聞いてみるのも1つの方法です。
Q0fjlfj9q8wjvxygwfu7
引用: https://www.pakutaso.com/20140610174post-4266.html
何度も言いますが、ホワイトニングは保険適用外。(クリニックにより、初回時の歯のクリーニングは保険適用になります。)追加料金が発生するポイントがいくつかあります。自分の現状の歯にあてはめながらチェックしていきましょう!
Foqed2zio2l49vfsgvob
引用: https://www.pakutaso.com/20161038295post-9319.html
ホワイトニング治療をするにあたり、まずは現状の歯のチェックが必要です。虫歯・歯石など表面にくっついた汚れをクリニックで落としてからホワイトニング治療を受けることにより薬剤の浸透が変わってきます。この初診がホワイトニング治療に含まれていない場合は追加でお支払いする事になります。
Swjaacsbgabuv3ahjdvp
引用: https://www.pakutaso.com/20160603161post-8102.html
オフィスホワイトニング後は、歯は白くなります。しかしそのまま放っておくと2~3か月後から、だんだん元の色に戻り始めます。そして1~2年も経過すると完全に元通りの色になってしまいます。 そのため、少しでも施術直後の白い歯を維持するためには、3か月〜半年に1回くらいのペースでメンテナンスが必要です。このメンテナンスにかかる料金の相場は、1回あたり数千~3万円前後と見積もっておきましょう。
En4hhc3zhdwe1ikchaoc
引用: https://www.pakutaso.com/20170938244post-13039.html
オフィスホワイトニングは本体の料金のほかに、現状の歯の状況により別途で追加料金がかかる場合があります。例えば歯石やたばこのヤニの汚れが歯の表面こびりついている場合など、クリーニング料金がかかります。専用の医療機器を使用し、ホワイトニング治療を開始する前に、これらの汚れを落とす作業をおこないます。 クリーニング料金の相場は5千〜1万円と見積もっておきましょう。
Oelrmswgh6ri782t2h3m
引用: https://www.pakutaso.com/20170943244post-13041.html
またオフィスホワイトニングをするにあたり、施術料金は12本や20本などクリニックにより本数が違います。もしより多くの本数のホワイトニング治療を希望する場合は、追加料金が発生してきます。あらかじめ見積もりをお願いしたほうが無難です。
Wjon04i897fqfxm7nnmq
引用: https://www.pakutaso.com/20170940244post-13040.html

妊娠中や授乳中の人

ホワイトニング治療が直接妊娠中や授乳中の母体に影響を与えるという報告はありません。ただしホワイトニングの薬剤に含まれる過酸化水素は、敏感な時期である母体にとって刺激になる可能性があるので控えた方がおすすめです。
Z6azinxz7vntoc51f1z9
引用: https://www.pakutaso.com/20150418104post-5409.html

虫歯がある人

虫歯や歯周病がある場合、炎症を起こしている歯肉に薬剤が染みこみ、しみる可能性があります。まずは虫歯の治療を行い、医師の指示のもとでホワイトニング治療を始めましょう。

歯ぎしりをする人

歯ぎしりにより歯がすり減っている人は、エナメル質が剥がれていたり歯にヒビが入っていたりする場合、ホワイトニング治療により更に知覚過敏になる危険性が高いです。まずはその原因である歯ぎしりを改善してから、医師の指示のもとホワイトニング治療を開始した方がが望ましいです。
Yuhlytvdmcqngq088dzo
引用: https://www.pakutaso.com/20140543122post-4126.html

神経がない歯

歯の神経を失った歯は、だんだんに黒っぽく変色してきます。神経のない歯にホワイトニング治療を行うと、白くなりますが通常より時間がかかります。またほとんどの場合、ホワイトニングで白く変わるスピードよりも黒く変色するスピードの方が早いので、効果をあまり感じられません。 この場合、神経がない歯や歯ぐきの黒ずみには、「ウォーキングブリーチ」という施術方法があり、象牙質の漂白が可能ですが、通常のホワイトニングの薬剤とは違うので、追加料金がかかります。
Tstn4hawgkks0szliuon
引用: https://www.pakutaso.com/20161149313post-9459.html

義歯や被せもの、詰め物がある人

ホワイトニングはあくまでも自分の歯を白くするものであり、義歯や被せもの、詰め物には対応できません。ホワイトニングによって自分の歯の色みと義歯の色味に違和感が出来た場合、色を揃えるために義歯を作り直す必要があります。その場合の再治療代は保険が効かないので、自由診療になります。
いかかでしたでしょうか?昔に比べてホワイトニング治療は一般的になってきましたが、保険適用外でもあり、まだまだ値段の高い世用治療です。ホワイトニングの種類・値段の違いや効果など、人それぞれ選ぶポイントは違うと思います。自分に最適なホワイトニング方法を検討して美容治療を始めましょう!