Nc6swzqypadvdnl9xiio

美容

CATEGORY | 美容

ホワイトニングって効果ある?実感するまでの期間やコツなど解説!

2018.07.16

「ホワイトニング=歯の黄ばみや色素沈着を取り除く」ことです。でも実際に得られる効果や、ホワイトニング効果の持続性やその後ケアのやり方ってご存知ですか?実はホワイトニング方法によって違います!どれくらいの期間・回数をやれば実感があるのかやコツを紹介します!

  1. ホワイトニングの種類について
  2. ホワイトニングの種類と効果をみてみましょう!
  3. オフィスホワイトニングの効果
  4. ホームホワイトニングの効果
  5. デュアルホワイトニングの効果
  6. セルフホワイトニングの効果
  7. もっと身近に!自宅でできるホワイトニング!
  8. ホームホワイトニングの効果
  9. ホワイトニング歯磨き粉の効果
  10. 歯のマニキュアの効果
  11. 歯のホワイトニング美容液の効果
  12. まとめ
大きく分けると、歯医者さんで行うホワイトニング、またはそれ以外に分かれます。もっと簡単に言うとホワイトニングする際に使用できる薬剤の種類が違います。
歯医者さん在籍で受けられるホワイトニングは、歯に沈着した色素を漂白するホワイトニングです。使用する薬剤の主成分は、過酸化水素や過酸化尿素を使います。特に漂白力の高い高濃度の過酸化水素の薬剤は、歯医者さんが在籍する医院でしか扱えません。
また、その他の歯医者さん不在のホワイトニングサロンでは過酸化水素が取り扱えないため、歯の表面のステインを落とすホワイトニングとなっています。
ホワイトニング方法により、費用、どれくらいの治療期間、どれくらいしたら効果が実感できるのか、持続期間など異なってきます。自分の日々の生活に適したホワイトニング方法を見つけ、続けていくことが歯を白く保つためのコツになります。
ホワイトニング方法は主に4種類あります。
歯医者さん在籍の医院のみ取り扱える施術。高濃度の過酸化水素が主成分のホワイトニングをオフィスホワイトニングといいます。白くなるまでの期間は最短でなんと1回!1回ではっきりとした効果が現れるのが特徴です。ただし薬剤やライトの種類によって効果や回数は変わってきます。どれくらい持続性があるかというと約3ヶ月~6ヶ月。
歯医者さんで提供される、過酸化尿素を主成分としたホワイトニングキットを使って、自宅で自分でおこなうのが、ホームホワイトニングです。衛生士または歯医者さんから直接ホワイトニングについて詳しい説明が受けた後、自分の歯型値のオーダーメイド・マウスピースを作成。また自宅でホワイトニングを始める前の歯のクリーニング(歯石や虫歯など)をおこなってもらうことによりホワイトニングの効果をより実感できるでしょう。白くなるまでの期間は約2週間をすぎた頃から。 どれくらい持続性があるかというと半年〜1年。
その他、ホワイトニングキットをネットで入手する事も可能です。ホームホワイトニングの場合、マウスピースが必ず必要です。ホワイトニング効果を最大限に得るコツは、いかに自分の歯型に合うかです。ネットでホワイトニングキットを購入した場合、マウスピース単体でも購入出来ますが、マウスピースが自分の歯型にキチンと合わなと、ホワイトニング効果は半減してしまいます。
オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用したものがデュアルホワイトニンです。より短い期間で効果を実感できます。白くなるまでの期間は 1回から2回ほど通院すると白さを実感します。どれくらい持続性があるかというと1年またはそれ以上効果が持続する方もいます。(何回通院するかなどコースによって異なります)
歯医者さんの不在籍のホワイトニングサロンで、自分でおこなうのがセルフホワイトニングです。サロンでは法律上、過酸化水素系の薬剤は取り扱えないため、漂白をしないホワイトニングになります。その為、どれくらいの期間の治療、または効果などは個人差が大きいです。
もちろん、歯科医と相談しながらホワイトニングをした方が、1回〜数回で効果が見えるので安心ですが、気軽に始められるかは別ですよね。どれくらいの期間やを実感するまでの期間などはさておき、これからご紹介するのは自宅で出来るホワイトニングケアとその効果です。
先ほどもご紹介したホームホワイトニングは、歯医者さんで歯型どりしてもらったオーダーメイドのマウスピースに薬剤を入れておこなう方法です。歯医者さんへ通院してホワイトニングしてもらうより、値段も時間も抑えられる自宅でおこなえるケアが人気です。また時間はかかりますが、最終的な効果は歯医者さんで行うオフィスホワイトニングより高いと言われています。効果期間が比較的長持ちするので、長い効果を期待する方や実感したい方におすすめです。

メリット

・自宅ホワイトニングケアの中でも効果が期待でき実感できる。 ・オフィスホワイトニングより費用が低コストで済む ・自分の歯質に合う薬剤を歯医者さんが直接選び、提案してくれる

デメリット

・継続しないと白さをキープできない ・費用が低コストだが、時間と手間がかかる ・歯医者さんに行って自分専用のマウスピースを作成しなければならない
ずばりホワイトニング歯磨き粉でのケアで良い点は薬局でいつでもどこでも買えるという手頃さです。どのホワイトニングは磨き粉商品においてもですが、「着色汚れをしっかり落として綺麗な白い歯に蘇らせる」という意味合いであり、歯を漂白して白くする訳ではありません。また種類や形状、使用頻度や使い方により個人差が大きいです。
歯医者さんでオフィスホワイトニングをした後のケアとしてホワイトニング歯磨き粉を使用したりという方におすすめです。ホワイトニング歯磨き粉には、通常の歯磨き粉に比べるとフッ素成分が多く含まれています。フッ素成分は、着色除去効果のある成分や歯を修復してくれる効果もあり、知覚過敏を軽減する効果も期あります。種類も豊富なので、どの歯磨き粉か迷う場合は歯医者さんへ相談してみるのも選び方のコツです。

メリット

・どこの薬局でも購入できる ・250円〜とリーズナブルな商品からある ・歯の黄ばみを落としてくれる ・いくつかのフレーバーの中から選んで楽しむことが出来る

デメリット

・自分の本来生まれもった歯の白さ以上、白くなることはない ・種類によって歯や歯茎に痛みを感じることがある ・歯を漂白してくれるわけではない
歯のマニキュアは、たった1日で、1回で白くできるホワイトニングです。薬局やバラエティストア、インターネットで購入することができます。均一に塗らないと色ムラができてしまい、不自然になりますが、コツを掴めば大丈夫です。ホワイトニングを受けられない妊婦さんや、ホワイトニングで白くなりにくい歯、神経のない歯や人工歯の上から使用可能です。持続期間はおよそ1日なので、今日だけは歯を白くしたい、といった方におすすめです。

メリット

・歯を削る必要がない ・妊婦さんでも使える ・ホワイトニングに適さない歯でも白くできる ・歯磨きで落ちる気軽さがある ・1500円~と塗るコツさえ掴めば比較的安価でできる

デメリット

・コツを掴むまで色ムラができやすい ・唇や歯茎についてしまうと落とすのが大変である ・歯と歯の間や噛み合わせ部分に塗れない
歯のホワイトニング美容液とはホワイトニング効果を補う美容成分が含まれた美容液。歯磨き粉やマニキュアに比べ費用が高めです。ホワイトニング初心者の方よりホワイトニング治療した事がある方が、その効果を感じ続けたい場合におすすめです。

メリット

・自分でブラッシングするだけでホワイトニング効果が継続できる

デメリット

・白さを維持するための経済的負担がかかる
いかがでしたでしょうか?普段から「ホワイトニング」という言葉をよく見かけるように、ホワイトニングの治療やケア方法もたくさんあります。選ぶコツは「自分の生活習慣に合わせること」、また「どれくらいで効果が欲しいのか」じっくり考えてホワイトニング方法を選びましょう!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BlIPmFSg_AS/?tagged=%E7%99%BD%E3%81%84%E6%AD%AF%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%84%E3%81%AD