Vrv7hsr5jagciliztjxy

暮らし

CATEGORY | 暮らし

ホワイトニングマウスピースって?市販の値段や使用時間などをご紹介

2018.07.24

ホワイトニングに使用するマウスピースをご存知でしょうか。この記事では、ホワイトニングマウスピースについてご紹介します。使用するジェルや市販のアイテムは安い値段なのか、使用時間はどれくらいなのかについて解説していきましょう。

  1. ホワイトニングマウスピースについて(市販の値段や使用時間など)①:ホワイトニングキット
  2. ホワイトニングマウスピースについて(市販の値段や使用時間など)②:ホワイトニングのフロー
  3. ホワイトニングマウスピースについて(市販の値段や使用時間など)③:ホワイトニングの費用は安い?
  4. ホワイトニングマウスピースについて(市販の値段や使用時間など)④:マウスピースの作成
  5. ホワイトニングマウスピースについて(市販の値段や使用時間など)⑤:マウスピースの手入れ
  6. ホワイトニングマウスピースについて(市販の値段や使用時間など)⑥:安い市販のマウスピース①
  7. ホワイトニングマウスピースについて(市販の値段や使用時間など)⑦:安い市販のマウスピース②
  8. ホワイトニングマウスピースについて(市販の値段や使用時間など)⑧:注意ポイント
  9. ホワイトニングマウスピースについて(市販の値段や使用時間など)⑨:ホワイトニングのメリット
  10. ホワイトニングマウスピースって?市販の値段や使用時間などをご紹介のまとめ
Q6xrqvdnzquoy93sx13q
ホームホワイトニングに欠かせないホワイトニングキットについて解説していきましょう。ホームホワイトニングにおいては、マウスピースを作ってもらいます。歯医者さんに通い、おおよそ1週間程度で完成しますね。「明日からすぐに」というのは、専用のマウスピースにおいては対応できませんので、十分ご注意ください!
Iwq2awkhstzom4k6eihl
マウスピース以外では、ジェルが必要になります。これは薬剤になりますね。ジェルにより、歯の汚れを落としていくことになります。注射器のようなタイプがメインでしょう。ジェルの濃度を選ぶこともでき、濃度により効果が異なります。
Nfjwmyb3jcty7cmmni3d
ホワイトニングマウスピースを使用したホワイトニングのフローについてご紹介します。まずは、しっかりと歯磨きをしましょう。歯磨きしなければ、ホワイトニングが効果的に実践できません。そしてマウスピースにジェルを入れていきます。歯1本につきジェルを1粒入れて、歯茎のいたみなどがないようにたくさん入れないようにしましょう。
Zwq5fyhphc2o2l09ydhm
そのあとは、ジェルをしっかりと伸ばしていきます。もちろん、上下のマウスピースがありますので、両方にジェルを塗るようにしてください。そして、口の中につけていきます。ジェルがはみださないように、慎重につけていきましょう。頻度としては、1日に1回が目安ですね。時間は2時間程度でしょう。痛みなどが出た時はやめるべきですが、できるだけ毎日続けるようにしてください!
Gvjxkbg6fcnlr1ognsgq
ホワイトニングの費用ですが、2万円から4万円が目安でしょうか。もちろん歯医者さんによっては、もっと安い値段でできることもあります。注意点としては、保険が適用されないことでしょう。自宅でホワイトニングするのでれば、一度マウスピースを作れば、それを使い続けることができ、薬剤を別途するだけで節約できますね。
Yjapbtmzdbslkoubdivr
歯医者さんに通わず、マウスピースを購入することもできます。歯形が合わないかもしれませんが、すくなくとも安い値段で購入することは可能でしょう。もちろん、ジェルなどの薬剤がついているとしても、お医者さんに通うよりは、安い値段ですよ!
M42v81v0nfz4rnpvfkrw
マウスピースの作成につていお伝えします。まずは、お医者さんからカウンセリングを受けますね。そのあとに、口内を確認し、レントゲンをとることもあります。そのあと、歯が汚れている場合は、クリーニングをして、マウスピースの型どりをしますね。マウスピースが完成したら、使い方などをレクチャーしてもらいます。
Edpkw5lm8a5rrsqnpf1q
虫歯があったり、歯周病の場合は、すぐにホワイトニングできません。虫歯・歯周病が悪化してしまうからですね。なので、口の中をしっかりチェックするのです。虫歯などは、レントゲンをとらないと発見できないこともありますので、たいていはレントゲンをとることになるでしょう。
Numc8msvzmqpdcqqijll
歯の汚れがあると、ホワイトニングの効果が弱まりますので、しっかりとクリーニングしますね。そしてマウスピースの作成ですが、約7日間で完成します。はやければ、その日のうちに出来上がる時もありますよ。薬の塗り方や時間などを説明をしっかりと聞き、適切にホワイトニングしてくださいね。
O0raebzomrsvhsbhemyn
マウスピースは、しっかりとメンテナンスしないと、清潔さを保てませんね。ジェルが残ったままだと、不衛生です。なので、歯ブラシを使って、きちんと磨くようにしましょう。マウスピースは、変形しないように、やわらかい素材の歯ブラシ・ぬるま湯でケアすると良いですね。
Xymh40xupg7cxnomkvxn
歯ブラシでなければ、スポンジでも構いません。とはいえ、研磨剤のはいった歯磨き粉の使用はNGですね。マウスピースが破損するかもしれませんよ。液体系の歯磨き粉であれば、マウスピースを傷つけることなく、キレイにクリーニングできるでしょう。
B2tfpicyuzfotwx7vsxe
マウスピースは、専用のケースにて保管してください。もちろん保管する際は、しっかり乾いているのか確認しておきましょう。水がついたままだと、カビが生えてしまうかもしれませんよ。不衛生なマウスピースは、口の中を汚してしまいますね。
サンシャイン社 マウスピース 上下セット
価格 ¥ 828
市販のマウスピースですね。通販で購入することができます。歯形に合わないかもしれませんが、安い値段で購入できるのは嬉しいポイント。
Bsyxms8dj27iok2prosy
LAMKS社 ホワイトニング用マウストレイ上下2セット(4個入り) 日本語説明書付き。オパールエッセンスやクレストの効果促進!
価格 ¥ 1,390
このアイテムも、市販のマウスピースです。歯形に合わせてマウスピースを作ることができますよ。もちろん安い値段ですので嬉しい!
Jtw5jmi6oa3ieotafgbw
Pjp5ymrx8p4tzwdhuhtq
マウスピースの注意点は、自分の歯にマッチしていないと、ホワイトニングできない可能性があるでしょう。そして、薬剤の量も重要ですね。量が足りないときは、均等にキレイに仕上げることができないかもしれません。また、家でホワイトする際は、しっかりと歯の汚れを落とすようにしましょう。そうしないと、高い効果を期待できません。
Yyhbd679jujf6dyxik8t
ホームホワイトニングしている際、もしかしたら、歯や歯茎に痛みがでてしまうかもしれません。その場合は、頻度を減らすようにしましょう。ホワイトニングを続けてしまうと、さらに深刻になってしまうかもしれません。時間なども調整しながら、痛みの出ないようにホワイトニングしてください!
Wctj2x8dqtztcesvhjq6
ホームホワイトニングのメリットとしては、比較的刺激が少なく、薬剤の濃度が低いため、知覚過敏になりにくいことが挙げられますね。別のホワイトニングであればレーザーなどを用いる施術になりますし、もしかしたら、白さを長いことをキープできないかもしれません。
Fkzqnnqqbbxterldiluq
ホワイトニングをした後は、ワインやコーヒーなどの歯が着色してしまう飲食物は避けるようにしてください。なによりも、歯磨きは重要ですよね。マウスピースの使い方や薬剤の使用方法もしっかりと守るようにしましょう。そうすれば、長い期間、白さを保ることができるでしょう。
Aunjyzp7prytgah1ojmc
ホワイトニングマウスピースについて、さまざまな角度からご紹介してきました。ホームホワイトニングに欠かせないアイテムは、ホワイトニングキットです。それは、マウスピースとジェルなどの薬剤ですね。ジェルをはみ出さないように丁寧にマウスピースに塗りましょう。
E7wzjjcrhu7cygwi0qpk
ホワイトニングマウスピースは、歯医者さんでも作ることができますが、費用をおさえたいのであれば、通販などで市販のアイテムを購入することができます。とはいえ、歯形に合わないかもしれませんので、ご注意ください。使い方、薬剤の濃度、メンテナンス、注意ポイントなどについても理解を深め、正しくホワイトニングしてくださいね!