Gcvyws0vln8uyycznjkr

ツボ

CATEGORY | ツボ

二日酔いを治す方法は?吐き気に早く効く食べ物やツボを紹介します

2018.07.17

辛い二日酔いの吐き気を治す方法には、手軽で簡単に行えつつ効果抜群のアイテムがあります。今回は、早く治したい辛い吐き気や胃のムカムカを抑えるツボや胃腸薬と、おいしく食べ物で二日酔いを治す方法などをご紹介します。簡単なので是非試してみて下さい!

  1. 二日酔いにどうしてなるのか
  2. 二日酔いを治す方法①柿
  3. 二日酔いを治す方法②アロエ
  4. 二日酔いを治す方法③トマト
  5. 二日酔いを治す方法④シジミ
  6. 二日酔いを治す方法⑤「魚際」を押す
  7. 二日酔いを治す方法⑥「卒谷」を押す
  8. 二日酔いを治す方法⑦「期門」を押す
  9. 二日酔いを治す方法⑧「胃兪」を押す
  10. 二日酔いを治す方法⑨第一三共胃腸薬
  11. 二日酔いを治す方法⑩ガスター10
  12. 二日酔いの辛さから抜け出そう!
Sc3holcuqctsbaq3zsc7
二日酔いは辛い頭痛と吐き気に悩まされるので、誰しも避けたいものです。原因としては、アルコールを肝臓が代謝した時に発生する「アセトアルデヒド」にあり、アセトアルデヒドを分解する酵素の働きで水と酢酸に代謝できればいいのですが、翌日までアセトアルデヒドが血中に残っているとその毒性から吐き気や胃のムカムカに苦しむことになります。
Dtalbn51k7bnicj36lxn
Cxuksqtxxqmsjdbzea0d

二日酔い対策はあるのか

Mwgot8cugssezuiar093
二日酔いの改善に効果がある食べ物や、胃のムカムカを早く抑える薬などがあります。食べ物としては、ウコンが人気でドリンクやサプリとなって売られていますが、他にも柿、トマトなどの普段の食卓に出てくる食べ物で効果的なものもあります。薬はお酒の飲み過ぎで荒れた胃を回復させる効果があり、早く二日酔い改善効果を出したいときにはおすすめです。
「柿が赤くなれば医者が青くなる」という言葉があるように、柿には豊富な栄養素が含まれており、二日酔いの不快な症状にも効果がある食べ物です。柿には「タンニン」という成分があり、肝臓の働きをサポートします。NHKのあさイチによる調査で、日本酒を飲む前に柿を食べると、食べないで飲んだ時に比べてアルコール濃度は約36%減、飲んだ後で食べると約33%減、日本酒を飲みながら食べると約47%減という効果があったとしています。

柿酢でタンニンをとろう

柿酢エキス 約1か月分×3袋 C-510-3
価格 ¥ 5,400
3カプセル当りに柿酢エキスが450mg入っています。サプリになっていることで飲みやすくなっています。リプサの柿酢エキスサプリは、無駄なパッケージコストや広告費を削減していることで、お求めやすい価格設定になっています。安心の鹿児島県産柿酢エキスです。
アロエには主成分である「アロエチン」によって肝臓の解毒作用を活性化し、肝臓の負担を軽くする働きがあります。またアロエチンに加え、ビタミン・ミネラル・アミノ酸などの栄養成分が肝臓の働きを助け、代謝の回復をサポートします。アロエチンが肝機能を回復させるので、血液中にあるアセトアルデヒドの分解が促進され、結果的にアロエの働きは二日酔いの改善に効果的だといえます。

ヨーグルトでおいしく

[冷蔵] 森永乳業 アロエヨーグルト 118g
価格
舌触りが滑らかで、爽やかな味わいのヨーグルトに、みずみずしい食感があるアロエ葉肉が入っています。アロエだけを食べ物としてとるのは難しいですが、ヨーグルトになることで手軽においしくいただけます。飲み会の帰りにでもコンビニで購入できるのでおすすめです。
トマトに含まれる「リコピン」に二日酔いを防止する効果があるとされています。トマトの水溶性成分とリコピンを摂取させたマウスにアルコールを投与し、血液中のアルコール濃度を測定したところ、水溶性成分を与えたマウスのアルコール濃度が大きく低下したという効果が実証されています。トマトは、お酒の場で重宝する食べ物としてだけでなく、飲み物としてとることもできるのでおすすめです。

トマトジュースでリコピンをとろう

デルモンテ リコピンリッチ トマト飲料 900g×12本
価格 ¥ 3,306
トマトの機能であるリコピンが、デルモンテ食塩無添加トマトジュースの1.5倍量配合された濃厚な味わいが魅力のトマトジュースです。完熟トマトの甘みとうまみが病みつきになります。食べ物としてのトマトより、保存も長くできるのでトマトジュースとしてのリコピンの摂取がおすすめです。
シジミには「オルニチン」という成分が豊富に含まれており、肝機能を活性化させる効果が期待できます。またオルニチンにはアンモニアの解毒効果のあるので、身体の疲労回復効果も期待できます。オルニチンは、他の食べ物から取りずらい成分なので、シジミは優秀な二日酔い予防食材といえます。

味噌汁で相乗効果抜群

ハナマルキ 減塩 からだに嬉しいしじみ汁 12食×5個
価格 ¥ 1,609
1食当たり、しじみ約80個分のオルニチンを配合したシジミ味噌汁です。味噌汁なら胃がムカムカして食欲がない時にも食べやすいのでおすすめです。味噌汁には肝臓に脂肪が溜まるのを防ぐ「コリン」という成分も含まれるので、オルニチンとの相乗効果で肝臓をサポートします。
魚際(ぎょさい)は、二日酔いで胃がムカムカして吐き気がひどい時、アセトアルデヒドの排出を促すツボとして早く効果を実感できます。手の平と手の甲の境目が魚際の場所です。指で刺激しても効果はありますが、線香の火を1~1.5cmほど近づけ、熱さを感じたら離すという「線香灸」を7回繰り返す方法もあり、やけどに気を付ける必要がありますが、早く効果を実感できます。
卒谷(そっこく)は、耳の一番上から指2本分の高さにあるツボです。親指をツボの位置にあて、イタ気持ちいいぐらいのところで約5秒間程度刺激します。ゆっくりと指の圧を緩めながら、またこの流れを数回繰り返します。二日酔いの頭痛を抑える効果だけでなく、辛い吐き気も抑える効果が期待できます。見つけやすいツボなので、ちょっとしたときに手軽に押すことができます。
期門(きもん)は、二日酔いの吐き気を早く解消させるためのツボです。飲む前に刺激をすることで、吐き気や悪酔いを抑える効果が期待できます。場所としては、両側の乳頭と肋骨が交わるところで、押すツボは体の右側です。両手の指を重ねながらあて、上体を倒すようにして刺激します。お腹に近いツボなので、あまりに吐き気がひどい時は逆効果になりかねないので注意が必要です。
胃兪(いゆ)は背中にあるツボです。場所は背中と腰の間で、肋骨の一番下の高さにあります。その場所から背骨のラインに沿って、左右2個分外側にあります。左右それぞれに親指をあて、約5秒ほどツボを押します。押しずらい場合は床に寝て行ったり、テニスボールをツボの位置に置き刺激することもおすすめです。胃のムカムカを改善する効果が期待できます。
【第2類医薬品】第一三共胃腸薬〔細粒〕a 60包
価格 ¥ 1,566
第一三共胃腸薬は、飲み過ぎによる胃のムカムカを改善する効果が期待できる薬です。作用としては、「銅クロロフィリンナトリウム」と「カンゾウ末」が、荒れた胃の粘膜を修復し、胃酸などから胃粘膜を守ります。また「4つの制酸成分」が、過度の胃酸を抑え胃痛を鎮めます。生薬も配合されているので、弱った胃の働きを改善してくれます。速効性が高いので、早く吐き気や胃のムカムカを抑えたい人におすすめの胃腸薬です。
【第1類医薬品】ガスター10<錠> 12錠 ※セルフメディケーション税制対象商品
価格 ¥ 1,467
ガスター10は、飲み過ぎによる胃の不快な症状に効く薬です。胃酸の分泌をコントロールすることで傷付いた胃をサポートします。直径7㎜の小粒で飲みやすい糖衣錠になっています。ガスター10はH2ブロッカーを含んだ薬で、ヒスタミンより先に胃粘膜のH2受容体と結びつくことで、余分な胃酸の分泌を抑え、早く胃の不快な症状(胸やけ、胃のムカムカ、胃痛)を改善します。
辛い二日酔いの症状は、ちょっとしたことでしっかり対策することができます。トマトのような定番おつまみでも二日酔い対策できますし、帰宅後の入浴中にツボ押しマッサージをしてあげると、翌日の二日酔いの不快感を軽減できます。食べ過ぎ・飲み過ぎには胃腸薬をうまく使って、しっかり荒れた胃を修復してあげましょう。今回の要点をおさえて、楽しく飲み会シーズンを乗り切っていきましょう!
Dyigtrpwbhpiuravb4ap
Vy4lqwdv30fssqpq2ub5
Fnam91unge3cjquwamxe
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Bi5oSB1Awqp/?tagged=%E5%86%B7%E3%82%84%E3%81%97%E3%83%88%E3%83%9E%E3%83%88%F0%9F%8D%85