Rdkhx64y2gykdqm8tuix

暮らし

CATEGORY | 暮らし

ホワイトニングのデメリットとは?歯に与える影響や危険性を解説!

2018.07.24

「歯のホワイトニングにデメリットはあるのか?」と気になる人も多いのではないでしょうか。そこでこのページでは、ホワイトニングのデメリットについてご紹介します。後悔・失敗談、危険性、影響、歯科の選び方についても触れていきましょう!

  1. ホワイトニングのデメリットについて(歯への影響・後悔の失敗談・危険性など)①:ホワイトニングの仕組み
  2. ホワイトニングのデメリットについて(歯への影響・後悔の失敗談・危険性など)②:自分流はNG
  3. ホワイトニングのデメリットについて(歯への影響・後悔の失敗談・危険性など)③:痛みアリ?
  4. ホワイトニングのデメリットについて(歯への影響・後悔の失敗談・危険性など)④:変色などに注意
  5. ホワイトニングのデメリットについて(歯への影響・後悔の失敗談・危険性など)⑤:溶ける?
  6. ホワイトニングのデメリットについて(歯への影響・後悔の失敗談・危険性など)⑥:成分について
  7. ホワイトニングのデメリットについて(歯への影響・後悔の失敗談・危険性など)⑦:避けるべき人
  8. ホワイトニングのデメリットについて(歯への影響・後悔の失敗談・危険性など)⑧:歯科の選び方①
  9. ホワイトニングのデメリットについて(歯への影響・後悔の失敗談・危険性など)⑨:歯科の選び方①
  10. ホワイトニングのデメリットとは?歯に与える影響や危険性を解説!のまとめ
Akeyssljdrocgmo5tbjb
ホワイトニングのデメリットについて詳しくご紹介する前に、まずは、ホワイトニングの仕組みを見ていきましょう。歯科でホワイトニングする際、過酸化水素という成分のはいった薬剤を用いることになります。過酸化水素の入った薬によって、歯の汚れや着色を漂白し、歯のエナメル質を変化させるのです。
L7vpb4l5zwf9e6wdk7jf
ホワイトニングは、歯を白くみせるものであって、象牙質を変化させるものではありません。過酸化水素を使用できる量は決められていますが、濃度が濃ければ濃いほど、しっかりとホワイトニングすることができる一方、歯ぐきなどにも刺激がありますね。ホワイトニングの成分については、後述しましょう。
I48twkkkthg3pluykglu
ホワイトニングをみようみまねで、自分流でやるのは避けてください。歯科で処方されたものではなく、市販の薬剤などを適当に扱ってしまうと、歯にダメージを与える可能性があるでしょう。ホームホワイトニングという方法で、自分で歯を白くすることもできますが、必ず使用方法などは守ってくださいね。
Oay5ibrdhpromlwnntcd
海外のホワイトニング薬剤を、自分で輸入することもできますが、とても危険です。薬の種類によっては、規定以上の成分が含まれていることもあり、「安いから」という理由だけで使用するのは避けましょう。口の中にダメージを受け、そもそもホワイトニングできないリスクも考えられます。
Tmsxsi1peudhtublygiy
ホワイトニングのデメリットとしては、施術後に痛みがでる可能性があることでしょう。痛みやしみは、薬剤の影響で知覚過敏になっている状態です。過酸化水素の濃度にもよりますが、時間が経つにつれて、痛みがひいてきますので、安心してください。
O4h4ahndpfoa2vhocmmz
過酸化水素の濃度次第では、長い時間痛みがでることもあるでしょう。虫歯があったり、歯が欠けている場合は、余計に痛みがあると言われています。1日経てばすっかり痛みがひくことも考えられますが、もし長い日数痛みがあるようであれば、歯科に通うようにしてください。
Dgpuzqtuxs50t0szxoxp
ホワイトニングすると、意外と歯の根元の黄ばみが際立つことがあります。歯の汚れで、薬剤にムラができたなどの理由で黄ばみが目立つこともあるでしょう。ホワイトニングした後は、できるだけ歯に着色してしまうような飲食物は避けるようにしてください。また、歯の斑点だけが白くならずに目立つことも考えられます。斑点は、ホワイトスポットと呼ばれるものですね。
Mjzoujvgx650lbon33eo
歯科によるホワイトニングではなく、自分で行う際は、ムラが出てしまうこともあるでしょう。きちんと均一に薬剤がぬれていないため、色ムラになってしまうのです。歯ぐきの色が変わってしまうことも無視できません。濃度の濃い薬剤によって、炎症を起こしたり、白っぽくなることがありますね。
Qqcwiupazchjcxn8k7fp
ホワイトニングのデメリットとして、薬剤により、歯が溶けてしまうことが挙げられます。「脱灰」と呼ばれるもので、炭酸医療を摂取した際も、同様のことが起きるでしょう。つまり、日々の生活の中でも脱灰していることになりますが、歯にダメージがあるということですね。
B0wvzdxecwy8agqopyob
歯科によりますが、脱灰が起きないような薬剤を用いて、治療しているケースもあります。脱灰は、ほおっておけば、おさまるものですが、気になる人は、、脱灰が起きないような薬剤を用いている歯科に通院するべきですね。
Gswa69ug95zyhmt1hwrv
ホワイトニングの成分をチェックしていきます。上記でもご紹介してましたが、過酸化水素は含まれていますね。役割は、主に漂白です。安全な成分として定着していますので、食品に用いられることもあります。とはいえ、過酸化水素によって、炎症することも考えられますね。自宅でのホワイトニングの薬剤に歯、過酸化尿素が配合されているでしょう。これはほとんど過酸化水素と同一です。
Blvlxofvw1g7omeq4opt
よりホワイトニングに効果が出るように、チッ素・酸化チタンが配合されていることもあります。食べ物にも使用されている成分ですので、体に大きな悪影響はないでしょう。チッ素は、食べ物を固めるときに使われますね。たとえば、豆腐などがそうです。酸化チタンは、漂泊の役割があり、ホワイトチョコレートなどに使われていますよ。
Aqgcoohdro2huoipon4g
ホワイトニングをやらないほうが良いひとについて解説していきます。まずは、虫歯・歯周病のある人は、ホワイトニングの前に、それらを治すことになりますね。そうしないと、歯ぐきなどに大きなダメージがある可能性があります。歯が割れていたり、欠けている場合も、ホワイトニングを避け方がよいでしょう。神経に薬剤がしみわたることになり、ものすごくしみてしまうことが考えられますね。
Ubkxgmlw20a7dlyqbtx6
わるいという研究結果は出ていませんが、妊娠している人や、こどもを生んだばかりの人は、ホワイトニングしないほうがよいです。多くの歯科では治療することはなく、絶対に安全とは言い切れないものです。
Q2hgp5jm0wwxbzwtvvy6
最後に歯科の選び方について解説します。まずは、丁寧に診察してくれるドクターがよいですね。虫歯があったり、口内にトラブルがあれば、ホワイトニングできません。口コミなどをチェックして、どの歯科にすればよいのか決めたほうがよいですね。
Q9vnmrivytx5hp1uew3e
また、歯ぐきを守ってくれる薬剤を使用するドクターは信頼してもよいのではないでしょうか。こうした情報は、歯科のHPなどに載っていることがあります。不安であれば、電話・メールなどで確認するとよいですね。
Ztejwhekynzq6jypolsc
歯や歯ぐきに痛みがでてしまうこともありますので、痛み止めの薬などを出してくれる歯科もおすすめです。患者さんに対して配慮するドクターは、信用できるでしょう。痛みがひどい場合などは、その鎮静剤を飲むようにしてください。
Z4xnafvh8lp6y5wd5yub
ホワイトニングを始める前に、しっかりと歯のクリーニングをしてくれる歯科であれば、信用してもよいでしょう。きちんと表面の汚れをとりのぞき、ホワイトニングの効果を高めることができます。上記でお伝えしてきた歯科の選び方は目安ですので、評判などを聞きながら、自分に合ったクリニックを選びましょう。
B8e9kuddset3ibbxcpdm
ホワイトニングのデメリットについてまとめてきましたが、参考になりましたでしょうか。基本的にはドクターを信頼しても平気ですが、自己流でホワイトニングするなど、ムチャな方法は避けるようにしてください。
Wt18szi8bwozcjmhfsa2
歯をきれいにすることで、口を開けて笑うことに躊躇することがなくなるでしょう。正しく賢くホワイトニングしてくださいね!