Noimage vvtcu3

おすすめ

CATEGORY | おすすめ

インナーマッスルの器具を使った鍛え方!おすすめの方法や効果を紹介

2018.07.17

身体の外からは見えないインナーマッスルの鍛え方には、器具を使った効果的な方法があります。基礎代謝を向上させてダイエットを効果的に行えるだけでなく、姿勢の改善などさまざまなメリットがある器具を使った女性におすすめのインナーマッスルの鍛え方や効果をご紹介します。

  1. インナーマッスルとは?
  2. インナーマッスルの鍛え方・器具
  3. 器具を使ったインナーマッスルの鍛え方~ダンベル
  4. 器具を使ったインナーマッスルの鍛え方~エクササイズバンド
  5. 器具を使ったインナーマッスルの鍛え方~バランスボード
  6. 器具を使ったインナーマッスルの鍛え方~トレーニングチューブ
  7. 器具を使ったインナーマッスルの鍛え方~腹筋ベルト
  8. 器具を使ったインナーマッスルの鍛え方~バランスボール
  9. 器具を使ったインナーマッスルの鍛え方の注意
  10. おわりに
C5pvtqqmsq9dw5ln9xpa
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcT5MMmT4WR_lhNCf82QMWzim3yynWjZG7KdwCInsc97U-f9DH_h
インナーマッスルとは、いわゆる「筋トレ」をして鍛えられる、目に見える外側の筋肉ではなく、「インナー」の文字通り、身体の内側にある筋肉のことです。外から見える筋肉は、上腕二頭筋や内転筋など身体の箇所によって名前がついています
これに対してインナーマッスルは、具体的にどこの箇所の筋肉を指す、といったものではありません。骨格や内臓の近くにあると言われていて、「身体の奥にある筋肉」を総合してインナーマッスルと呼んでいるといっていいでしょう。
Pnrspen7mmaeqfxnbadv
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRNktaLyPZZkO41DeJ-150NOF62e_Vaw8MnqI1psR1mao9q5MbY1Q
身体の外側にある筋肉は「身体を動かすためにある筋肉」、インナーマッスルは「身体の内部を安定させて、身体全体のバランスを良くするための筋肉」ともいえます。では、この目に見えない身体の奥にある筋肉をどうやって鍛えたらよいのでしょうか?

インナーマッスルを鍛えるとどんな効果があるの?

一般的にいう「筋トレ」で身体の外側の筋肉を鍛えると、基礎代謝を上げて脂肪を燃焼しやすくする、カロリーの消費を促す、体温を上げるなどといった効果があるといわれています。
Ibybp1x6qgrzaery3wtx
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcS3_ILqfkynW93oZFJ3yPw7w6YqZ3BGuHa8FnbO6rxQuH_pfPD8
インナーマッスルは、鍛えることで姿勢が良くなりバランスの良い身体になる、関節や内臓の位置が正常な場所に戻る、といった目に見えない身体内部をととのえることで、基礎代謝をアップさせていく効果が期待できます。
引用: https://karacare-media.com/wp-content/uploads/2017/12/KD_10-1-1.png
インナーマッスルを鍛える方法は、ヨガなどの呼吸法を中心にしたものもありますが、器具を使ってトレーニングする方法もあります。器具を使ったほうが効果的に鍛えることができるでしょう。筋トレでは、重いダンベルや過重な負荷をかけて行うのが一般的ですが、インナーマッスルを鍛えるときは、軽めのものを使いフォームをきちんと守って行うことが大切です。
Neb9zdad1knnkc4ncyye
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTZwnDc0UdtVFchB9HOmypqABScJDQw00pjXsDaLaBxXJrpNFus
インナーマッスルを鍛えるための器具は、バランスボール、ダンベル、バランスボード、腹筋ベルトなどさまざまな種類があります。自分の鍛え方、ダイエットやトレーニングの方法やスケジュールなどに合わせて選ぶのがおすすめです。女性には軽めのダンベルやバランスボールなどがおすすめです。
Apxnuvufobsyafjhx4z2
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSZNy1GSY2q2hlLaJckRVmKIJQJs8UVZ3yyod7krsNWwvyjJmi1ag
インナーマッスルを鍛えるのにもっとも手軽でおすすめなのは、やはりダンベルで鍛える方法です。1~3㎏の軽いものが女性にはおすすめです。ダンベルを使うと、肩の関節付近のインナーマッスルを効果的に鍛えることができます。
PROIRON ダンベル「2個セット1kg/2kg/3kg/4kg/5kg/8kg/10kg」ダンベルセット ソフトコーティングで [筋力トレーニング 筋トレ シェイプアップ 鉄アレイ 鉄アレー]
価格 ¥1,680(セール価格)
ダンベルの重量:2kg サイズ:(約)幅17.96cm×奥行7.5cm×高さ7.08cm 材質:スチール/ネオプレンコーティング 入り数:2個セット ※ 明るいロゴと重量の表記は簡単に見えます※ 両側のボトムはストレートで転がりにくい。(アンチ・ローリング(Anti-Rolling)なデザインは置きやすい)※ 握りやすくて汗をかいても滑られません※ 鉛とフタル酸(フタル酸エステル)がありません※ 胸、肩から二頭筋、三頭筋まで、様々な部位の筋トレニングに使用できる。

使い方

鍛えたい部分を意識して使うことが大切です。肩より上に持ち上げる、ひじを伸ばして前後に振る、両腕を左右に開いて水平に保つ→下ろすなど、実にさまざまな使い方ができます。ただし、勢いをつけて振り上げたり持ち上げたりすることは避けてください。軽いものでも、運動に慣れていない方だと衝撃で痛めてしまう可能性があります。無理せずゆっくり行うことを意識してくださいね。
Whlkvwddfera7pnmkfun
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRSPNvnAyWwNWLujyJZnwZ2vuz4REdUaliPM8lsW32bLus9VzOt
エクササイズバンドも、インナーマッスルを鍛えるのに効果的で、気軽に使えて女性にもおすすめです。。似た器具にトレーニングチューブがありますが、伸びるゴム素材で帯状のものがエクササイズバンドです。どちらも性能には違いはあまりありません。値段や好みで選ぶとよいでしょう。
エクササイズバンド Disifen トレーニングチューブ レジスタンスバンド 強度別5本セット ループバンド レーニング用ゴムバンド 1年保証期間
価格 ¥1,050(セール価格)
【エクササイズのメリット】:Disifenトレーニングバンドトは全身の筋肉が鍛えて、上半身 下半身の肩、腕、腹筋、背筋、お尻、太もも ( ハムストリング )、ふくらはぎの筋力トレーニング筋肉を狙って的確に鍛え、メリハリして引き締まったBODYを目指せます。筋力アップし ・ 姿勢矯正 ・ 関節の痛み ・ 全身の 引き締めに役立って、健康維持、ヒップアップ、筋力UP、関節 UP、ストレッチ 効果、ダイエット など に効果的です。 【100%天然で安心な素材】:天然ラバーバンド、フレキシブルラテックス、抗老化破損から、滑らかで光沢があり、安全な無毒表面、変形しない。自宅で筋力トレーニングのために設計されたバンドは健康維持、ダイエット、肩こりや腰痛防止に効果的です。 【強度レベル】:弱い:GREEN(緑) やや弱い:BLUE(青) 普通:YELLOW(黄) 強い:RED(赤) とても強い:BLACK(黒)。自分の筋力場合によって敵なレジスタンスバンドを選んで多く部位の筋肉をトレーニング、ヨガ、美尻は簡単になります。 【ポータブルで便利だ】:弊社のトレーニングチューブは収納袋を付いて、ループバンドを利用して軽量で省スペースなので、 フィットネス ジム や ヨガ などに行けない方でも 自宅 旅行先 どこでもエクササイズが可能です。 【保証やサポート】: ご購入日から30日間に初期不良および正常な使用範囲内で自然発生した故障、破損、その他の不具合があった場合、各種ご対応もしくは返金でのご対応をさせて頂きます。

使い方

伸ばして使います。ゴム素材は伸ばしきるときに一番負荷がかかりますので、その性質を利用して繰り返し「伸ばす→縮める」の動作を行うことが効果的な鍛え方になります。軽い素材なので、力がなくてダンベルだと続かないといった女性におすすめです。
W3ayrzvvbx8l7qzewzdo
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSlDYqTiFOk3eXP7HcCdfO9NBVO_kqIlb7Yn8r9Fj4WBV4M-UBlFA
不安定なものの上に立つとき身体は自然にバランスを取ろうとします。不安定なバランスボードの上にバランスを保って立つには、おしり、太もも、おなかの筋肉が大切なので、これらの部分のインナーマッスルを鍛えるのにバランスボードを使うのは効果的な方法です。バランスボードは両足を軽く広げたくらいの大きさなので、場所も取らず立とうとするだけで鍛えられるお手軽さで女性におすすめです。
Katelia(カテリア) バランスボード バランスディスク シェイプアップ 体幹 トレーニング エクササイズ コア マッスル ダイエット 直径36cm トレーニング一覧書付
価格 1980円(セール価格)
【トレーニング一覧書付】このバランスボード(バランスディスク)に数分乗るだけで、手軽に、日々の運動ができます。このボードに立つだけで、普段使わない筋肉を使い、運動不足解消にもなります。 バランスボードに乗って姿勢をキープする事で、インナーマッスルが自然に鍛えられ、このバランスボードを使用後にトレーニングをする事で脂肪燃焼率が上がります。 このアイテムを活用し、腕立て伏せや2個使用する事で、スクワットなどできます。内転筋、外転筋のバランスを均等にしてくれるようにできるのも、こういったバランス感覚を刺激されるグッズが有効です。 野球のバッティング、ピッチング練習などにも応用でき、投打のフォーム調整にも使える商品になっています。 【サイズ】 縦36cm 横36cm 厚さ5cm 【重量】約580g 【カラー】 ブルー×ブラック(ブルーの部分の色が多少写真より濃い傾向にあります。)

使い方

シンプルに「バランスよく立とうとする」ことで、インナーマッスルを鍛えます。両脚で立つことに慣れてきたら、前後左右に体重をかけてバランスを取っていくのも効果的な方法です。ただし、「傾きに対して、逆方向に無理に戻す力をかけないこと」を守ってくださいね。逆方向に無理に戻す力をかけると、転倒してしまう可能性がありますので危険です。
L3iny9h4qgvqg5zimq4m
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQTw4OJI5ElVdheH-YYQSvl4K2h3d0udyv9G8uw6S_ho8uLumj1
トレーニングチューブも女性におすすめの器具です。同じゴム素材でできているエクササイズバンドと似ていますが、エクササイズバンドは「帯状」、トレーニングチューブは「チューブ(管)」と形が違います。
TheFitLife トレーニングチューブ スーパーハード 2本セット/4本セット選択可能 天然ラテックス製 ゴムチューブトレーニングに最適 トレーニングゴムチューブ 筋トレ ストレッチ リハビリ 4レベル負荷 体幹トレーニング 収納ポーチ付
価格 ¥ 1,899
★【最大178kgの負荷調整】:11、34、54、79㎏の4本のトレーニングチューブが揃っていますので合わせて最大178kgまでの負荷調整が簡単にできます。ゴムは自在に伸縮し変化し運動の多様化を多く生み出すことができます。肩甲骨・腕・肩・胸・足など広範囲に体を鍛え、理想の体を作ることが出来ます。 ★【優れる安全性】:プレミアムラテックス素材を使用し、滑りにくいです。それに、スーパーハードのトレーニングチューブとして最高強度の引っ張りに耐えます。長い期間に使用してもケガのリスクが少なく、初心者から上級者まで幅広くご使用できます。 ★【安くて使い勝手】:トレーニングチューブを使ったチューブトレーニングは誰でも少ないコストで効率的なトレーニングができます。サッカー・野球・バスケ・水泳の様な伝統的なスポーツとは違い、初心者でも自宅・オフィス・公園・学校・ジムなどで行え、お好みの時間にゆっくり進めることができます。 ★【持ちやすく省スペース収納】:鉄アレイやヨガボールの様な大型運動器具や運動用品より、トレーニングチューブは小さくて収納ポーチに収納できますので、自分の家でも、屋外でも、どこでもお持ちいただけます。家での収納は小さなスペースしか必要としません。 ★【製品の保証について】:購入日から一年間の保証しております。また商品に不備があった場合、全額返金あるいは交換対応させていただきます。交換返金の際はご注文番号をお申し付けください。

使い方

伸ばして使います。伸びるほど負荷が増すので、ダンベルなど重さがある器具と違って、使い始めより伸ばした最後の方で最も負荷が大きくなります。この「伸ばす→縮める」を繰り返し行うことが、インナーマッスルを鍛えるのに高い効果が期待できます。エクササイズバンドと同じく器具そのものに重さがないので、力のない女性におすすめです。
巻くだけで腹筋効果が得られるというもっともお手軽な方法です。どんな軽めの器具を使ってもやっぱり運動は苦手という女性におすすめです。

使い方

ベルトから送られる電気の刺激(EMS)がインナーマッスルまで到達して腹筋を振動させるので、まさに「おなかに巻く」だけです。種類も豊富で、値段も数千円~3万円を超えるものまで幅広くあります。安いものはどうしても壊れやすい、故障しやすいといった可能性が高くなりますので、選ぶときは安すぎないものを選ぶのがおすすめです。
Ujxdeivgt79cgcf5zimh
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQ5mDYgL27XgfUncJw3VAv_UGIDRupkZd_WnggXRq5STghRA0YT
インナーマッスルを鍛える器具のなかでも、人気の高いバランスボールは「弾力のある大きなボール」というシンプルですが、座るだけで体幹や腹筋が効果的に行えるので、女性にはとてもおすすめの器具です。丸いボールの上にバランスを保って椅子のように座り続けるのは難しいものです。体幹や腹筋を使っていることが実感できるのでモチベーションアップにも役立ちます。
YACONE バランスボール 65cm ヨガ ボール ヨガ バランスボール エクササイズボール トレーニング アンチバースト仕様 バランスボール 腹筋 トレーニング エアーポンプ付き  ダイエット器具 運動不足解消
価格 ¥ 2,000
【素材&滑り止め】安全無毒のPVC 素材を採用し、バランスボール表面は滑り止め機能があるので、効率的に運動できます。 【破裂防止】200kgまでの重さに耐えられます。アンチバースト仕様搭載で、万一穴があいてもゆっくり空気が抜けます。 【エアーポンプ付き】専用の空気入れポンプ付きなので、すばやく簡単に空気を入れます。使わないとき、栓を抜いて良い、収納に便利です。 【ストレス解消】バランスボールの弾力を利用した様々なポーズをとることでインナーマッスル強化の運動に役立ちます。疲れた時にはボールに全身を乗せて、身体全体を伸ばしてストレッチ!ストレスを解消できます! 【適用場合】女性だけでなく男性やお年寄りなどにも適用、自宅、ジム、アウトドア、室内にも活躍します。

使い方

基本の「バランスを取って座る」だけでなく、バランスボールの上に寝そべることで背筋を鍛えたり、両足の間に挟んで内また部分のインナーマッスルを鍛えたり、バランスボールの上に両足を置いて仰向けになって、おしりを持ち上げたり腹筋したりと、さまざまな使い方ができます。
引用: https://www.life-rhythm.net/wp-content/uploads/2017/12/shutterstock_335175245.jpg
インナーマッスルを鍛える器具は、筋トレの器具と違って重さもなく使い方も簡単なものが多いです。しかし、軽いのでつい力を入れて振り上げたり伸ばしすぎたりして筋肉を傷めてしまう、不安定なボールやボードではバランスを崩して転倒するなどの危険があります。軽くて手軽に使える、女性におすすめの器具だからこそ使用方法や回数を守って効果的にトレーニングを行うことが大切です。
Pfjfszbdwo3px2jb36mx
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRdS6vHWStlWg2uWJI4paZgajNp65uY9unua-BTvvH8XvNMRxB-
Pw5ky1nlzqug4syvgnfc
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSMKfXXq6mc5ZPzpGFyMB9QVshI2FAjSDb9SeKg7RSRZymGN6Du
インナーマッスルを鍛えることは、ダイエットや姿勢の良さなど外見をととのえてくれる効果だけでなく、身体の内側をも健康にしてくれる効果が期待できます。外側の筋肉は鍛えすぎるとムキムキになってしまいますが、インナーマッスルは鍛えると女性らしいしなやかできれいなラインの身体を作ってくれるでしょう。インナーマッスルを効果的に鍛えて、健康的で美しいボディを手に入れてくださいね。
Q4ojuzm36w27al3zr5im
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSDbNi9ZLMbLcu_sgXBt8mg5xjHg2BW3_DGPqWqlbWGKhASppMd