Jsegqmxaejpfrpiyqkyz

暮らし

CATEGORY | カテゴリー

X脚の矯正!日常からできるリハビリ方法紹介!立ち方や歩き方が大事

2018.07.23

X脚を矯正するには、整体に通う方法もありますが、時間がなかなか取れない、といった方もいらっしゃるでしょう。歩き方や立ち方などの普段の生活の中での行動に気をつけるだけでも、矯正の効果が期待できリハビリになります。この記事では日常生活の中でできるX脚の矯正方法をご紹介!

目次

  1. X脚とは?
  2. X脚を矯正するには?
  3. 日常生活でできるX脚矯正~立つ
  4. 日常生活でできるX脚矯正~歩く
  5. 日常生活でできるX脚矯正~座る
  6. 日常生活でできるX脚矯正には、矯正だけではないメリットが
  7. 日常生活でできるX脚矯正~簡単ストレッチ
  8. X脚矯正お役立ちグッズ~インソール
  9. X脚矯正お役立ちグッズ~矯正ベルト
  10. おわりに
Tbdequi64p5lg4jronm5
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSJBYJQ5QuKdYJGniq10gMhVzK94f288b3bZYx-rQHR2a-_buq1

X脚は、立った姿を正面から見たとき、両方のひざが内側に曲がって足首は外側に向いている状態で、「X」に見えるのでX脚と呼ばれています。

X脚になる原因

2歳から6歳までは、誰でもX脚で、成長の過程で脚もまっすぐに成長していくものですが、もともとX脚になりやすい骨格だったり、日常生活での立つ、歩くといった動作のクセや生活習慣もX脚の原因になる可能性があります。

片足だけに重心をかけて立つ、ガニ股や内また歩き、横座りなど、ついつい無意識に行っている動作がX脚の原因になっていることも多いのです。

E2lxr7i51zarava9fhy6
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcR68JWoMscWs4nFu_-gj-DvK39V1skOI2t2zytLGvorOVYL70GL

「立つ」「歩く」「座る」といった日常動作に、日ごろから気をつけている、といった方は多くないでしょう。毎日頻繁に行う動作だからこそ、ついつい無意識に間違った動作をしていることが多く、その間違った動作が習慣になってしまっているのです。

H6ifwxwyzptqzkvcbslz
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQvmTnIqJnq0DBpiOV5XNkUV9C6caIiNoZ5dcnKWh_oHaE5tryC

片足に重心をかけて立つ「やすめ」の姿勢や、脚を組んで座る、身体が「楽」に感じる姿勢やポーズは身体には影響があることが多いです。疲れているときでも常に正しい姿勢や動作を保つ必要はありませんが、なるべく正しい姿勢や動作になおしていくことがおすすめです。

X脚のデメリット

美しい脚は、「まっすぐ」が基本です。X脚だと見た目が美しくないのはもちろん、X脚の人は、骨盤が前に傾いている傾向にあるので、ひざや腰に負担がかかって、ひざ痛や腰痛、そして肩こりの原因にもなります。

また、むくみやすい、冷え性、下半身太りなど、美容に良くないこともたくさんあります。

Zutxmf97jytzpse01gey
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRACzS14SjMxgEihvGsU4B7r2ii_kKfc3mtVQeVPq-4-3ciMQ6f

ミニ丈のボトムスがおしゃれに着こなせない、といった外見上の悩みのほかに、美容や健康への影響も大きいX脚。
今は、外見だけの悩みしかなくても、将来、ひざ痛や腰痛に悩まされるようになる可能性もあります。早めにリハビリして矯正するのがおすすめです。

整形外科や整骨院、整体に通うといった方法もありますが、通う時間がなかなか取れない、続けて通うことが難しいといった方には、日常生活での立ち方歩き方などの動作に気をつける方法だけでもリハビリ効果が期待できるので、おすすめです。

Pxtzl9dbbjbjvxacdn2p
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSHnLkq4-kPSFLC34TmqGsrLKo-5FnsfQtcxewAclIC6RsevGZW

「立つ」「歩く」「座る」は毎日、頻繁に行う動作です。普段無意識に行っているこれらの動作に気をつけて意識的に行うことで、X脚矯正へのリハビリになるでしょう。大人になってからでも、十分効果は期待できる方法です。

どの動作も、正しく立つ、正しく歩く、正しく座ることを意識して行うのは最初はたいへんです。なかなかくせが治らずくじけそうになることもあるでしょう。でも続けていって慣れてくると「正しい」のが当たり前になってきますので、気づいたら直す、を気長に行うのがこの方法のポイントです。

1/5

続きを読む